プレス評が良くて観客の評判が悪い時、どちらを信じるべきか?当然、後者だ。
アルノー・デプレシャンの最新作『les Fantômes d’Ismaël/イズマエルの幽霊たち』がその例。
それなのに、キャストがすごい(マチュー・アマルリック、マリオン・コティアール、シャルロット・ゲンズブール)、カンヌのオープニング作品・・・などのミーハーな好奇心に負け、観に行ってしまった。(第一、誘った人がみんな「アレ、つまんなそう」と乗ってこなかった。)
イズマエル(マチュー・アマルリック)は映画監督・脚本家。弟にインスピレーションを受けて、外交官イヴァン(ルイ・ガレル)の映画を撮っているところだ。徹夜、アルコール、タバコ、薬漬けの彼を支える彼女、シルヴィア(シャルロット・ゲンズブール)。
そこへ20年前に姿を消し、誰もが死んだと思っていた妻、カルロッタ(マリオン・コティヤール)が現れる。

「あなた、イズマエルのパートナー?」「・・・」「私は彼の妻よ」と、まるでお天気の話をするみたいに。

アルノー・デプレシャン『イズマエルの幽霊たち』

アルノー・デプレシャン『イズマエルの幽霊たち』

「自分が引き裂かれそうになったからいなくなったのよ」
「君は俺の人生を引き裂いた!」
「私にはあなたが必要なの」
「俺は必要じゃない!」
それでもシルヴィアは、イズマエルがカルロッタを忘れていなかったことを感じる。

・・・そこまではまぁいいんだけど、それに弟イヴァンの人生が平行して語られ、イズマエルが撮っている映画が挟み込まれ、過去・現在が何の断りもなく変わり訳が分からん。デプレシャンの混沌とした頭の中に投げ込まれたようで、一刻も早くここから抜け出したい(=早く映画館を出たい)と思うけど、左右に座っている人たちを踏み越えて出ていく勇気はなく、映画が終わるのを待つばかり。(第一、イズマエルもこの状況に正気を失い、撮影を中断して北フランス、ルーベの実家に逃げ込む。)

マチュー・アマルリックは正気と狂気の境目みたいな役が多いけど、ここではそのカリカチュア。そういえば朝市で隣にいたことがあったけど、服のまま寝たようなシワクチャのシャツとズボン、染ムラのある髪はボサボサで、映画で見るのと全く一緒だった。

どこか似ている(特にボサボサ頭)デプレシャンとアマルリック。トリュフォー&ジャン=ピエール・レオーみたいなデュオ。

アルノー・デプレシャン『イズマエルの幽霊たち』
photos:allociné

プレス評の中にも「躁鬱で、一貫性がなく繋ぎ合わせたような作品」(Nouvel obs)
「デプレシャンは、アヴァンチュール、愛、ノスタルジー、若いころの夢、過去の現在の対立・・・など、彼が執着するテーマを再び取り上げているが、要素がたくさんありすぎてついていけない」(Figaro scope)など全く同感の批評もある。
「マリオン・コティヤールでも救えなかった」とはイギリスのThe Guardian。

一方、絶賛しているプレスがあるんで平均点が上がっているんだけど、なぜ絶賛するんだろう?
自分(批評を書いた人)の頭の中も同じように混沌としていて感情移入できた?
サイコロジカルに入り組んだデプレッシャンの世界を評価しなかったらバカと思われるから?
映画が終わったとき、周囲のブツブツざわざわから、退屈したのは私だけじゃなかったのがわかった。
『キングス&クィーン』や『クリスマス・ストーリー』は良かったのに・・・

Les Fantômes d’Ismaël
アルノー・デプレッシャン監督作品
主演:マチュー・アマルリック、マリオン・コティヤール、シャルロット・ゲンズブール
1時間58分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
深刻なギャンブル好きで借金で首が回らなかった父親が亡くなった。息子の良多(阿部寛)は同じ“病”を受け継いでいる:15年前に1冊小説を出したが後が続かず、探偵事務所に勤め、部下にお金を借りては競輪場に走り、妻には離婚され、ひとり息子の養育費も払えない。その息子に、かって賭け事に溺れる父親に失望した子供の自分が重なるのだ。

息子の真吾役、吉澤太陽君が自然で上手い。

海よりもまだ深く

良多の拠り所は母親の淑子(樹木希林)、あの父にしてこの子あり、と思いながらダメ息子をすっぽり受け入れる。
海よりもまだ深く・・・

海よりもまだ深く

良太と元妻・響子と息子が母親のアパートに来たとき嵐になる。母親は「こんな嵐の中、帰っちゃダメよ」と繰り返し、3人は渋々泊まっていくことに。でもそこに母親の画策を感じないではいられない・・・

『海よりもまだ深く』、フランスのタイトルは『Après la tempête/嵐のあと』
是枝さんの名前はハイフンが入る。入れないとKoreeda(コリーダ)になっちゃうから。

海よりもまだ深く
photos:allociné

『誰も知らない』『歩いても歩いても』『海岸diary』も家族の問題を扱った作品だけど、この作品はより私小説っぽい。「自分の父親のことを描きたかった」と是枝さんがどこかで話していた。観て後悔はしなかったけど、前の作品のほうが好き。ちょっと私小説すぎる気がした。
「一部のフランス映画に似てきた」と息子。
そうかも。クリスマスに家族が集まる、親が死んで子供たちが実家にやってくる、という時にそれまで水面下にあった秘密や感情が噴出する・・・よくあるテーマだ。フランス人は登場人物の誰かに感情移入できるんで飽きないで観ているけど。
「フランスでこの作品(『海よりもまだ深く』)に感情移入できるのは日本オタクだけじゃない?それに良多のダメ男ぶりがちょっとカリカチュアすぎる」
でも批評はかなり良かった。前作より“弱い”という批評はあったけど。

私の周囲で観たフランス人は口を揃えて「おばあちゃんがスゴイ」と言っていた。能天気に息子や孫が来たのを喜んでカレーを解凍したりしているけど、実はすべてお見通し。『歩いても歩いても』でも河瀬直美監督の『あん』でも彼女の存在感が後々まで印象に残った。
最近、日本映画批評家大賞でダイアモンド大賞を取られたことを読んだ。「あと1年」なんて言わないで!彼女が出る映画、もっともっと観たい人がフランスにもたくさんいますから。

『Après la tempête』
是枝裕和監督作品
主演:阿部寛、樹木希林、真木よう子、小林聡美
1時間58分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



ウフフ・・・極右・国民戦線の分裂

日本ではあまり知られていないマリオン・マレシャル=ルペンは、ジャン=マリー・ルペンの孫、今回の大統領選で敗れたマリーヌの姪に当たる。

マリオン・マレシャル=ルペン
photo:nicematin

18歳でおじいちゃんの作ったFront National/国民戦線に入党。2008年(地方選挙)、2010年(地方地域選挙)では落選。2012年のフランス議会総選挙でヴォークリューズ県第3選挙区から立候補し当選。22歳、大学生、フランス共和史上最年少の国民議会議員になる。
彼女がしゃべるのを聞いていると、その頭の回転の速さと口の達者さに感心する。カエルの孫(姪)はカエル、いやカエルを超えているかもしれない。
2015年の地方地域選挙ではプロヴァンス=アルプ=コードダジュール(PACA)から出馬し、国民戦線の候補者の中で一番の得票比率で当選した。
マリーヌおばさんが党の“脱悪役”を図り、ジャン=マリーお爺ちゃんを追い出したことに反対。ジャン=マリーにとっては味方につけられそうな可愛い孫、マリーヌにとっては支持率が魅力の手強い姪、つまり双方にとって貴重な存在だ。

そのマリオン(この家族、やたらMのつく名前が多い)が、突然「政治を一時的に引退」と宣言。表向きの理由は“子育て”。あまりに彼女が不在なので、2歳半の娘から「マダム」と呼ばれたのがきっかけだ。「この子は私を母親と思っていない !?」

でも本当の理由は、一次投票と決選投票の間に行われた討論で、マリーヌが「惨憺たるもの」だったこと。
答弁を準備したフロリアン・フィリポ(国民戦線の副党首)らを「揃いもそろってバカ」と漏らし、こんな党とは距離を置きたい、ということらしい。
フロリアン・フィリポ(35歳)はHEC経営大学院、フランス国立行政学院を出た、党きってのエリート、党首マリーヌの“頭脳”だ。

極右FN副党首、フロリアン・フィリポ
photo: la dépêche

その彼が「国民前線がユーロ離脱を方針として掲げないなら、党を辞める」と言い出した。国民の75%がユーロ離脱に反対しているのを知って、マリーヌが「ユーロ・フラン二本立て」に切り替えたからだ。
「自分の信念に反することを擁護するために党に残りたくない。私は手段は何であれ、フランスの独立のために戦う。」

中枢の人間が2人もいなくなると(フィリポは“脅迫”かもしれないけど)党はぐらつく。マリーヌ・ルペンが敗北後おとなしくしているわけだ。今回は負けても5年後には勝つのでは?と心配されている極右FN。ますます分裂してほしいもんだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





種、皮、骨は身体にいい?

子供の頃、おばあちゃんに果物の種を食べると「お腹の中に木が生える」と脅かされ、お腹の中に、サクランボはまだいいとしても、スイカが生る図を想像して心配したもんだ。
ところが最近、ブドウの種は身体にいい

ブドウ種子

なぜなら種の油にはビタミンE、ポリフェノール、オメガ6が豊富で、血管を強くし、コレステロールLDL(悪玉)を下げ、アテロームの形成を防ぐ・・・その結果、心筋梗塞、脳梗塞の予防になる。さらにポリフェノールはビタミンEの5倍という抗酸化力を持ち、癌の予防になるそうだ。フランス人はブドウを皮ごと食べ、種も呑み込んじゃう人がいるけど、種はポリポリ“噛まなければ”効果がない。呑み込んだら素通りして出て行ってしまう。
ブドウ種を原料にしているコスメ、コーダリー。実家のあるシャンパーニュでは以前、種は捨てていたのに「最近、コーダリーが買っていく」そうだ。

オイルサーディンの骨

オイルサーディン

日本人なら昔から食べているのに、骨が喉に刺さると信じてあの微細な骨を取り除いて食べるフランス人(例えばうちの夫)が多い。骨はカルシウム源。フランス人にとってカルシウム源といえば乳製品。でもオイルサーディン100gはヨーグルト100gの6倍のカルシウムが含まれている。大体、”小魚の骨”というべきところを”オイルサーディンの”といっているのは、他の小魚を知らないからだ。

ほとんど生のブロッコリー

ブロッコリー

一緒に日本に行ったフランスの友達が、レストランでブロッコリーを食べ「コレ、生だわ」。伝統的にフランスでは野菜をグタグタになるまで調理する(ソース代わりになる)けど、ブロッコリーは“日本式”で食べるべき。ガン予防(肺・卵巣・前立腺・腎臓・・・)で世界的に注目を集めるこの野菜-フランスでは日本ほど一般的でない-長く茹でるとビタミンCはもちろん、スルフォラファン(解毒酵素、抗酸化酵素の生成を促進する)を破壊してしまうそうだ。

キウイの皮

キウイ

うぶ毛のような毛が生えているでしょ。あれが身体にいいそう。ビタミンC、フラボノイド(抗酸化)、ポタシウム(カリウム)が豊富で、高血圧、心臓疾患、ガン予防に効果。オーガニックのキウイをよく洗って皮ごと食べると「皮は気にならない」というけど、試してみよう。

トマトは調理して

トマト

ふつう野菜は煮たり焼いたりすると栄養分が破壊されるのに、トマトは逆(全然知りませんでした)。熱を加えることで、閉じ込められていたリコペンが解放される。リコペンは前立腺を筆頭にガン予防、心筋梗塞、脳梗塞の予防、さらに認知症の予防をすることが、2012年のフィンランドの研究で明らかになったそうだ。トマトソース、ピザ、トマト・ファルシ(よく作る!)・・・ケチャップさえ、生のトマトの2.5倍のリコペンが含まれている。

つまり、魚は頭や骨まで食べ、野菜はアルデンテに茹でる日本人は、言われなくても身体にいいことをしているってこと。
後は“種を噛む”のをマスターすればいいだけだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ブリジット・マクロンを「女クーガー」と命名したのはジャン=マリー・ルペン。クーガーは年下の男性が好きな中年過ぎ女性のこと。これを右派レピュブリカン党の議員がツィートして喜んでいた。この子供じみた(と言ったら子供に悪い!)嫌がらせにマクロンは、
「年齢差が逆だったら、誰も驚かないでしょう。むしろ“素敵”と言われる」
確かに。ドナルド・トランプとメラニアの年齢差は同じだけど、誰も指摘しない。

14日、大統領の権限移譲の式典で。ラヴェンダー色のスーツのブリジット。

ブリジット・マクロン、大統領就任式

シャルリー・エブド5月10日号の表紙はさらに意地悪で悪趣味。
お腹の大きいブリジットにキャッチは『この子は奇跡を生み出すわ』
(それに2人とも全然似てないじゃない。マクロンはニコラ・サルコジみたい・・・)

シャルリー・エブド、ブリジット・マクロンの表紙

ブリジット・マクロンは更年期でもう子供ができない、更年期になると女性としての魅力がなくなるという性差別的な皮肉が込められている。一方男性は原則的に死ぬまで子供が作れ、年とともに魅力の増す人もいる・・・サイテー

この表紙には批判多く寄せられた:
『ブリジットが夫より年上だってことはみんな知っている。それがどうしたって言うの。自分よりずっと若い妻がいる男性を風刺したらどう?』
『これを描いたのは女性ではありえない。こういう悪趣味の皮肉は男性しか描けない』
『シャルリー・エブドも程度が低くなったもんだ』
などなど・・・

中傷を向けられているのは妻だけでない:24歳年上を妻にしたのはゲイの“カモフラージュ”。
そして、Radio France社長マチュー・ギャレと交際しているという噂が流れた。
「もし私がマチュー・ギャレか他の誰かと二重生活をしているという人がいたら、その人が見たのは私のホログラム、私ではない。私はずっとブリジットを一緒にいて、しかも彼女に払っていない」と選挙集会の観客を笑わせたマクロン。
“払っていない”は、奥さんへの架空給与がすっぱ抜かれたフランソワ・フィヨンへの皮肉だ。
後日、雑誌のインタビューで、
「この噂の背後には2つの醜悪な考えがある:『年上の女性と暮らしているこの男がホモセクシュアルでないわけがない』という暗黙の女性蔑視。そして『なーんだ、彼はゲイなんだね!』というホモフォビー(同性愛嫌悪)。もし私がゲイなら、はっきり言っていた。今日、ゲイであることに問題はないんだから」(パリ市の前市長、ベルトラン・ドゥノエはゲイであることを公表して当選した)。

ブリジット&エマニュエルのカップルは外国では“現代的カップル”“上手くいっている再構成家族”と評価されているというのに。
男女関係では先駆者であるはずのフランス、時代錯誤の嫌がらせはいい加減にしてよ!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ