寂しくなった朝市

エルザおばさんの八百屋は6月末に。チーズ屋のクリストフ、肉屋のブリューノは7月半ば・・・次々にバカンスで6週間の店じまい。朝市のあちこちにぽっかり穴が開いている。
長すぎ!と最初は思ったけど、彼らの労働時間を聞くと、それぐらい取らないと割りが合わなそうだ。

11区(バスティーユ)と13区(オーギュスト・ブランキ)の朝市に出しているエルザおばさんは「10時に起きる」
なーんだ、私と一緒、と言いそうになったら、夜の10時なのだ。トラックに野菜・果物を積み込んで、パリ近郊の町からまず13区に着き、店の準備。旦那さんを残し、エルザがバスティーユに着くのが午前4時頃。「たいてい私が一番乗りだね」
店員さん5名が到着し、野菜・果物を綺麗に並べ、値段をつける。最初のお客は7時すぎにやってくる。

これだけ準備するのに2時間はかかるそうだ。

パリの朝市

浮気せず、20年近く通っているこの八百屋で、私はVIP待遇(!)。コリアンダーやミントの香草はタダだし、いつも何かプレゼントしてくれる。最近ではイチゴを買ったことがなかった。

チーズ屋のクリストフは、午前2時起きで5時に到着。バスティーユの朝市は14時近くまでやっているから店をたたんで帰り、チーズたちを冷蔵庫にしまうと18時近く。なんと長い一日。

さて“行きつけ”を失った私は、デフォルトで残っている店に並ぶ。「どうせ数週間のお客」とぞんざいに扱われるか、「夏の間に新規客をゲット!」と愛想がいいか、態度は真っ二つに別れる。

生牡蠣&白ワインの立ち食いは中国人観光客に人気。

パリの朝市

かって牡蠣はRのついた月だけと言われていたけど、これはルイ15世が決めた(つまり冷蔵庫がなかった時代)ことで、衛生上は夏でも食べられる。でも夏場は不妊の牡蠣で味が違うとか。牡蠣が雌になったり雄になったりできる器用な生き物とは知らなかった。

休暇の商店の場所は服やアクセサリーの店になる。

パリの朝市

寂しくなった朝市でパッと華やか花屋さん。オランダからくる花は新鮮で安い。

パリの朝市

最近のお気に入りは大輪のアジサイ

パリの朝市

こっちは10日以上持っている。

パリの朝市

茎を斜めに切って、中の白い部分を取り除くと長持ちすると教わった。
そう、朝市で面白いのは専門家の知恵やコツを教えてもらうことだ。おまけも嬉しいけどね。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

自由 VS 旧弊、モラルの対立

大気汚染でビルが霞んで見えるテヘランの街。そこで年老いた母と暮らすニルーファー、35歳、独身。
服の仕立アトリエを仕切り、再会した男友達とデートする幸せな女性だ。しかも美人。
ある日、母親が病院に担ぎ込まれ、お医者は、
「前にも言ったはずだ。公害のひどいテヘランにいたら死んでしまう。今度こそ田舎に転地させなさい」

イラン映画『un Vent de liberte/自由の風』

すぐに家族会議。兄2人と兄嫁2人は、ニルーファーが母親と一緒に転地することに決めてしまう。
「お前は独身だし子供もいない」
「でも仕事があるし、ここは私の街なのに・・・」
「エゴイストなことを言うな。お母さんがどうなってもいいのか?」
「それとこれは違うでしょ!15日交替にしない?」
「娘の高校があるのにそんなことできるか」
借金のある兄はアトリエを売って、その返済に充てようとする。
自由に、“近代的な女性”として生きていたニルーファーは、突然中世に引き戻される。

「なぜ私の人生を家族が決めるの ?!」

イラン映画『un Vent de liberte/自由の風』

いい感じの関係になっている彼も「テヘランから離れると、公害が恋しくなる」というほどのテヘラン好きだ。
家族の言いなりになって、仕事も恋も捨てなければならないのか?
イラン映画『un Vent de liberté/自由の風』

高校生の姪がニルーファーに味方するとこが、世代の交代を象徴。

イラン映画『un Vent de liberte/自由の風』
photos:allociné

検閲が厳しくて、イラン映画が長いこと寓話的なものが多かったそうだ。若い世代の監督が、欧米的な自由なモラルと、旧弊的な考え方の対立を描く作品を作り始めている。

その対立は、程度の差はあれどこの国にもあるだろうけど。
「(日本で)子供を迎えに行く父親は出世コースを外れる?」という記事を読んだ。
子育て世代の大部分が「父親も育児に参加すべき」と答えているのに、「男は稼ぎ、女は育児・家事」という一時代前の“決まり”や、「残業しなければ出世しない」というような企業の体質が足を引っ張る。
保育施設の足りなさも問題だけど、一番時間がかかるのは、考え方や世間の目を変えることだ。

Un Vent de liberté
Benham Bezadi/ベナム・ベザディ監督作品
主演:サハール・ドラチャヒ、アリ・モサファ
1時間24分
パリで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



コレット、長寿の理由

「すべての良いものには終わりがあります。驚くべき20年間の後、12月20日、コレットは扉を閉めることになりました。コレット・ルソーはのんびりしたい年齢になり、コレットなしで“コレット”は存在しません。
このお店はSaint Laurentになります。何度もコラボレートした著名なブランドがこのアドレスを引き継ぐことを、私たちは誇りに思います・・・」
インスタグラムで閉店を伝えたコレット。

コレット閉店

1997年、コレット・ルソー&サラの母娘が、サントノレ通り2013番地に開いた3フロア700㎡のお店。
《スタイル・デザイン・アート・フード》という英語のキャッチに、コスモポリタンな場所にしよう、という野心が表れ、事実その通りになった(逆に言えば、フランス人は少なかったわね)

コレット閉店
photo:20minutes

2年間、コレットの近くにオフィスがあって、時々覗いた。
聞いたことのないデザイナーの服を「誰が着るの?」(着こなしが超難しそう)「誰が買うの?」(値段・・・)と物色。
Julien David, Thom Browne, Mary Katrantzou・・・などコレットのお陰で有名になったデザイナーやブランドは多い。

コレット閉店

直営店でしか売らない方針の高級ブランドも、コレットのウィンドウだとOKした。
毎回ソルドの先駆けをしても怒られなかった。
地下のウォーターバーはスノッブなだけかと思ったら、意外と美味しいし。
「ブティックというよりファッション雑誌に近いかも」とサラ。

確かに、コレットにはいつも人が多い(ファッションウィークの頃は特に)わりに、コレットの袋を下げて歩いている人が少ないと言われる。それでも盛衰の激しいコンセプトストア界で20年栄えた訳は?
『フラストレーション』がマーケティングのキーワード。
ストックを置かない(つまりすべて1点もの)方針は、お客に決断を迫る:明日はもうないかもしれない。そうなったら大後悔する。すぐ買うしかない(なるほど・・・)
衝動買い、インスタとSnapchat、《See now/buy now》の世界だ。
今を生きること、を実践して20年。コレットとサラ母娘は引け際も潔い。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






億万長者の米大統領が好きじゃないフランス人は、“エマニュエル・マクロン、トランプ氏を革命記念日に招待”に「えー !?」「なんでー ?」と騒いだもんだ。
7月14日の軍事パレードで、2人は並んで座り、こんなに寄り添う場面も。

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:le Figaro

今度はマダムに寄り添う・・・

マクロン夫妻&トランプ夫妻

「国際政治舞台の不思議なカップル」とNYタイムズ。「貿易、移民、地球の温暖化について顕著な見解の違いを、彼らは過小評価しようとしている」

マクロンがトランプを招待した下心(のひとつ)は、“地球温暖化に対するパリ協定離脱をなんとか翻させよう”だ。
パリでの歓待に満足のトランプ大統領は仏大統領との関係は「very good」(この人の使う形容詞は限られている)で、「パリ協定について何か起こるかもね」とほのめかす。
The Independent紙は「パリ協定離脱決定の逆転に、扉を開けた」と期待するが、あまりにコロコロ変わるトランプ発言に、喜ぶのは早いという声が多い。

さて、その前日 、マクロン夫妻がトランプ夫妻をアンヴァリッドに案内した時、

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:AFP

ブリジットに「あなたは大変お元気そうだ」とトランプ氏・・・ここまではいいけど、彼女のボディを指さして「素晴らしい!」と付け加えるのを忘れなかった。
このセリフが“行きすぎ”と批難の雨。これまでも女性をオブジェと見るような発言で叩かれたトランプ氏、全く懲りないわね。

夜はエッフェル塔のジュール・ベルヌ(シェフ:アラン・デュカス)で“ケチャップなし”の夕食。
メラニア夫人はトリコロールのドレス

マクロン夫妻&トランプ夫妻
photo:orange actu

NYタイムズは「トランプ氏の嗜好-ステーキにケチャップどっさり、チーズバーガー-を知る者には驚くべき夕食」
その驚くべきメニューとは:
-パテ
-野菜のファルシ
-舌平目のオランデーズソース
-牛フィレのロッシーニ風(フォアグラとトリュフ添え)木苺ソース
-スフレ・オ・ショコラ


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




空港で半日暮らす

さて6時間つぶさなければ。ストックホルムは45㎞の距離だから戻ってもしょうがない。
14の島からなり30%が海、瑞々しく素敵な街で、私たちはヘルシンキより好きになった。
お城はちょっと陰気だけど、市庁舎が美しかった。

市庁舎の上からの眺め

ストックホルム 眺め

眼下の超デザインな建物がセントラル・ステーション

ストックホルム 眺め


空港ロビーの椅子に座って、しばし全力疾走の疲れとストレスを癒した私たちは、とりあえずお昼を食べよう!空港に隣接するSky Cityに赴く。ちょっと歩くけど時間は売りたいほどある。
ここでもメニューの数は少なく、スェーデン名物(!)ミートボール、ハンバーガー、シーザーサラダ・・・

必ずキュウリのひと塩とレッドベリーがついてくる。肉団子(ごく平凡な)とマッシュポテトで20ユーロは高い。

ストックホルム 食事

シーザーサラダも定番メニュー。ここのは鶏がから揚げになっていて一番美味しかった。約20ユーロ。

ストックホルム 食事

ヴァーサ博物館近くで食べたスモーガスボード。黒パンの上に「わー海老たっぷり!」と喜んだら、分厚いマヨネーズの上げ底になっていた。これが18ユーロは詐欺・・・

ストックホルム 食事

ストックホルムも物価は高いけど、ヘルシンキより微かに安いのでは。
お昼の後、免税品をウロウロしたり(あと4時間)
あらイブラヒモビッチさん、香水まで作ったの?(あまりいい香りじゃなかった)

イブラヒモビッチ香水

いつも慌ただしく通過する空港は、”旅立つ人と帰ってくる人がすれ違う、物語のある場所”で、ここに一日座って観察したら面白いだろう、と思っていた。実際やってみると、そんなに面白くない。スーツケースを転がしながら人が行きかうだけ。
『ザ・ターミナル』のトム・ハンクスを思い出した。

読みかけのミステリーを読んだりしたりで(あと2時間半・・・)
やっと私たちを乗せた飛行機はロワシーへと飛び立った。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ