FC2ブログ

ついに!

「45日間のストで疲れたから一休みする」とはRATPのスト参加者のセリフ。
アンタに言われたくない!とはこのことだ。
誰もストをしてくれなんて頼んでない。

45日間通勤に苦労した人たちや、

Greve-a-la-RATP.jpg

売り上げが半減した店舗、レストラン、ホテルの身になってくれ。

そういえば、ストで得した人の中にパン屋がいる。もともとパン屋は(よほど不味くない限り)不況知らずと言われているけど、更に儲かった。理由は:
-通勤に時間がかかるのでみんな早く会社を出る。昼はパン屋のサンドイッチやサラダで済ませる人が増えた。
-デモのコースではデモ隊が腹ごしらえにパンやサンドイッチを買う。
-今まで地下に潜っていた人たちが地上に出てきた(どうりで人が多いと思った)ので、今まで毎日パンを買わなかった人も買う。

とにかく。20日の月曜日からRATPのストは一休み。「他の抗議方法を考える」
一休みと言いつつ、メトロ5番線、13番線、RER-B線は、未練がましく間引き運転を続けるそうだ。

この宣言がある前から、スト参加者は日に日に減り(スト参加中は給料が払われないから)久しぶりに7番線に乗れた。
ホームにメトロが入ってきて、ドアが開いたときは思わず感激!し、ハタと、この感覚、ヘンじゃない?
あんまり長く続いたので、ストと共に生きることに慣れてしまった?
お金を払っている公共交通機関が動くのは当たり前、感激することはないのだ。

お金といえばいいニュース。12月分のNavigoが全額払い戻しになるそうだ。
でも自動的ではなく、月末に立ち上がるサイトにNavigoの番号を入れて申請する。
既に偽サイトができているというからご用心。

公式払い戻しサイトのURLは決まっていて、
www.mondedommagementnavigo.com

お忘れなく!(わたしも忘れないようにしなくちゃ)

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



ストで得した人たち

誰でも思いつくのは・・・自転車屋。スト開始以来、レンタル、修理まで自転車関係は笑いが止まらない。
値段がブレーキになっていた電動自転車さえ2倍の売り上げ。
パリ市のレンタル自転車Vélib’はスト開始から毎日77.000人が利用。
レンタル電動自転車&キックスクーターのJumpも2.5倍だそうだ。

そしてもうひとり、笑いが止まらないのは現パリ市長、アンヌ・イダルゴさん。

パリ市長候補 アンヌ・イダルゴ
photo:FRI

彼女は評判が悪く、歩道と自転車用通路を広くする工事も胡散臭い目で見られていた。
パリの公害を減らし、持続可能な街へ、というスローガンはいいんだけど、あっちこっち掘り返すので渋滞し、バスは路線変更を強いられ、第一、パリから車を締め出そうなんて不可能じゃない?
できあがってみると広い自転車用通路はガラガラで「ホラ、見たことか」と。

ところが12月初めからこの通路は自転車で一杯になり、「おかげで安心して自転車通勤ができる」と好評。
そればかりか「自転車で移動するようになってから身体の調子がいい」「ストが終わっても続けるつもり」という人が続出している、と街頭インタビュー。イダルゴさんの7思う壺、ストに感謝・・・
そのタイミングで、先週土曜日、パリ市長再立候補を宣言した。パリ市の選挙は3月15-22日だ。

評判はよくないとは言え、対抗馬がパッとしないので勝ち目があるかも。対抗馬の代表と言えるのは:

バンジャマン・グリヴォー

パリ市長候補 バンジャマン・グリヴォー
photo:sudouest.fr

パリ市長立候補を決め、2019年3月にフィリップ首相のスポークスマンを辞める。現在はLREM(ラ・レピュブリック・アン・マルシュ)の議員(パリ5区)。自称「中産階級を代表」だけど、エリートのテクノクラートというイメージ。横柄、冷たいという評判。

セドリック・ヴィラニ

パリ市長候補 セドリック・ヴィラニ
photo:sudouest.fr

数学者、政治家。エッソンヌの議員。同じくLREMから立候補。
写真を見てもわかるように“変わり種”がウリ。でもこのネクタイと蜘蛛のブローチでパリ市を代表してほしくない。
エコロジーを掲げ、ヒダルゴに近い路線。

12月の投票意思アンケートではアンヌ・イダルゴがトップで22.5%。バンジャマン・グリヴォー17%、セドリック・ヴィァニ14%。
右派レピュブリカンのラシダ・ダチがグリヴォーと並んでいる。
このまま行くと現役市長が再選されそうだ。パリはずっと左派市長の街だし、この中から選べと言われたら、やっぱり経験のあるイダルゴさんだろうか。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



いい加減でスト終結?

ニュースに繰り返し「アージュ・ピヴォ」という言葉が出てくる。Age pivot/軸年齢=64歳。
年金改革案反対の理由のひとつだ。64歳まで働け、ということだろうけどそれだけではなさそう。
第一、この改革案はテクニカルでわかりにくい、政府の説明が足りない、と批判されている。
今さら人には聞けないし、と探したらル・モンドの解説が簡潔だった。

現在の制度では62歳から定年退職していい。でも年金額は満額とは限らない。
加担料を納めた期間が、法が定める43年間より短い人は、最初年金が減額され、67歳で自動的に満額になる。

改革案は、分担金を払った期間ではなくポイント制にし、同時に67歳満額もなくなる。
その代わり64歳を軸年齢にし、
-64歳以下で退職した人は年金減額。
-64歳以上で退職した人にはボーナス。
つまり2年余計に働けばご褒美が出る。

ポイント制なので、遅くから働き始めた人や、仕事を転々とした人には有利なシステムと言われる。
この案に猛反対しているのは、早くから(20歳前から)働き始め、現在の年金制度では62歳で定年できるはずの人たち。
62歳で退職すれば減額になり、満額のためには2年余計に働かなければならない。

お隣のドイツで定年年齢は65~67歳。目下、この67歳を69歳に引き上げようという提案がされている。
平均寿命が延び、老齢社会になった今、引き上げは必然なのがわからんか?

土曜日にフィリップ首相はこの軸年齢=64歳を「一時取り下げる」と発表した。

FR3の20時のニュースに出た時、久しぶりでアップの顔を見た。髭の一部がメッシュのように白いのね。

フィリップ首相

ストを終結させるためには、どっちかが譲歩するしかない。
フィリップ首相は切り札を出したつもりだったけど、それでストの終わりにはならなかった。

労組は、イデオロギーの違いで色々組合があり、代表的なのがCGT、CFGT、FO、CFTC・・・
その中のCGTとFO(Force Ouvrière)が改革案まるごと撤退を要求し、スト続行を決める。

でもスト参加者はずっと下降線を辿り、SNCFで6%、RATPで4.3%。
12月前半のピーク時は、なんとSNCF運転手の70%がストをしていた。
スト中は給料が払われないから(いくらなんでも!)1か月半も続くと家計は苦しくなってくる。
「いち降りた!」と仕事に復帰する人が増え、メトロも殆どの線がラッシュ時だけ動いている。
けど、ラッシュ時だけじゃ困るのよ。今週の終わりにはフェイドアウトするのではないか、は希望的観測だろうか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



“その時”考えること

「このまま死ぬんじゃないかとか、死ぬのが怖いとは全然思わなかった」と夫。
「?」
「頭の中は真っ白で、ただ呼吸することだけを考えた」
「動物的本能?」
「そう、サバイバル本能」
闘病のときアドレナリンが分泌されるのも、動物の闘争&防御の状態と一緒だ。

生き延びた夫は退院できた。
先生に「今日出ますか?明日にしますか?」と聞かれたそうだ。
それはあなたが決めることでしょう、と言いそうになるのを飲み込み、
「明日までいたら何が変わりますか?」
「何も変わりません。薬を病院で飲むかうちで飲むかの違いだけです」
と言うので、そんなら一日でも早く帰りたい。
「ティラノザウルスを食べさせられるのはもうごめんだ」

さようなら、お世話になりました!

pitie entree

私たちが一番心配したのは“肺の腫瘍”だった。
気管支炎だけであれだけ水が溜まるか?と集中治療室のお医者さんもその可能性をほのめかせていた。
あらゆる角度からのレントゲンでその疑いも晴れ、どっと安心した。

2週間で(入院前も3-4日寝込んでいたから)脚の筋肉は落ち、足元がフラフラしていた。
「君には随分心配と世話をかけたね」と珍しく殊勝なことを言い、そのお礼として何をくれたかというと気管支炎!
お医者に行ったら、「副鼻腔炎(sinusite)も併発してますね」
悪寒、咳、鼻、頭痛で私が寝込む番だ。

電話してきた会計士に言いつけたら、
「男はみんなそうだ」(この人、けっこうマッチョだ)
次に電話してきた義弟に言いつけたら、
「彼は自分が持っているすべてのものを君にあげたんだ」
「・・・・」
さすがモト弁護士。今はシャンブル・ドット経営だけど、続けていたらよかったのに・・・

P.S.お見舞いのコメントをありがとうございます。励まされました!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ストを恨む

毎日病院通いをした10日間は往復にひと苦労だった。病院に行く5番線は殆ど動いていない。
91番のバスは「4本に1本」。やっと来たバスはステップまで人が溢れて乗れず、次を待つことに。
タクシーは赤ランプばかり。待つより歩いたほうが寒くない。うちまで約45分。
オステルリッツ駅がある大通りを下り、サン・ベルナール河岸からシュリー橋を渡ると、彼方に7月革命の塔が見え始める。
橋から見る夜のセーヌ河は綺麗なことは綺麗だけど、ひどい渋滞。病院のマスクを捨てないで持ってくれば良かった。

やっと空車を見つけた日は「地獄で仏!」
しばらく走ったとこで運転手さんが、
「子供がひとりで留守番してるんで電話してもいいですか?」
お客に断りなく、友達や彼女と長々電話する運転手が多いので却ってびっくりする。
どーぞどーぞ。
「オスカー、パパだよ。今ひとり?」
「ウィ」
「〇〇は来なかったの?」
「ノン」
「ゲームしてるのかい?」
「ウィ」
「ご飯食べた?」
「ノン」
「パパは家の近くを走っているから何か届けるよ」
「ウィ」
電話を切ったあと、思わず
「息子さん、おいくつ?」
「12歳」
やっぱり。
息子がその年の頃、ゲームばっかりしていて返事は「ウィ」と「ノン」だったのを思い出す。

翌日はラッシュ時を避けて早めに病院に行った。日のあるうちに病院の姿を見るのは初めてだ。

本物の道路が通っている。

IMG_20200105_163404.jpg

えっ桜?気温は10度前後、だけどいくらなんでも早すぎない?

IMG_20200105_163734.jpg

思いがけない桜の花で、私は元気が出た。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ