お医者さんもよく処方する咳止めシロップ&顆粒。
ブラックリストの筆頭は:
Bronchokod sans sucre toux grasse adultes(痰の絡む咳止めシロップ、ノーシュガー大人用)
成分のカルボシステインは去痰剤で、咳止めとしての有効性は実証されていない。2006年にHaute Autorité de Santé(健康権力機関)の意見により、健康保険が払い戻しを停止した。その上アルコールとパラベン(防腐剤)入り+副作用(下痢、胃痛、吐き気・・・)。害アリ効果ナシ払い戻しナシ・・・誰が買う?

処方箋ナシで買える薬


Exomuc toux grasse orange
Fluimucil Expectrorant sans sucre orange
この2つもお医者さんがよく処方する顆粒状の薬、処方箋ナシで買えたとは。どちらも合成のオレンジ味。前者と同じくカルボシステイン入りで咳止め効果ナシ。同じく健康保険が払い戻しをやめた。
お医者さんが知らなかったってこと?!

処方箋ナシで買える危険な薬

Toplexil Sans Sucre
Humex toux sèche oxomémazine sans sucre
オキソメマジン(抗ヒスタミン剤)入り、乾いた咳を止めるというシロップ2点。子供が小さい時(3歳から可)から何本Toplexilを買ったことか!大人用が今も3本くらいある(買ったのを忘れてまた買うから)。でも成分に害はなく、粘膜の渇き、目がかすむ、眠気など風邪薬によくある副作用。「次善の策として、時々夜飲むのはいい」そうで、ホッ、捨てなくていい。

処方箋ナシで買える薬

次に喉の痛み編。
Humex mal de gorge
2種の殺菌剤(リドカイン&ベンザルコニウム)入り、前者は局部麻酔薬でアレルギーの人は要注意。後者は喉の痛みへの効果が証明されていない。この手のスプレーは狙い定めないと上手く局部に届かず、舌に噴射して「ギャー不味い!」と、うがいしたり・・・私が方向音痴だからかと思っていたら「スプレーが局部に当たらないと効果がない」
私だけじゃなかった。

フランス、処方箋ナシで買える薬の危険


Angi-Spray mal de gorge
こちらも2種の殺菌剤(リドカイン&クロルヘキシジン)のコンビ。同じく局部麻酔薬(アレルギー注意)と効果が証明されていない殺菌剤。同じく局部に命中させるのが難しい。

Drill
Strepsils Miel Citron(蜂蜜&レモン入り)
この季節、薬局の目につく場所にズラリと並んでいる喉飴。喉が痛いといってひっきりなしに舐めている人がいるけど・・・上記と同じく効果が証明されていない2種の殺菌剤の組み合わせ。パスティーユひとつに2.5gの糖分(角砂糖半分)。
「それならふつうの蜂蜜かレモン入りの飴を舐めたほうが害がない」

処方箋ナシで買える薬

危険なリップクリームとか、害のある製品の検挙が相次ぐのは、私たちの日常が危険物質に囲まれているっていうことだ。
でもフランスで処方箋ナシで買える薬は約13%。スーパーで薬が買えるドイツでは44%、スェーデン41%・・・まぁマシと言うべきか。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

処方箋ナシで買える薬が危険だった

風邪をひいた時、お医者に行かず風邪薬を買って直しちゃおうという人は多い。
私も先週お医者に行かず(第一、かかりつけのお医者は休暇を取っていた)悪寒がひどいとパラセタモールを飲んでいた。1週間以上経っても良くならないので、ついにお医者に行くと、
「ウィルス性の咽頭炎、抗生物質を飲まないと治らないですよ」と言われ、処方された抗生物質を飲みだしたら急速に良くなった。
もっと早く行けばよかった、アホ・・・と思っていたところ、『処方箋ナシで買える危険な薬』が発表された。

掲載したのは『60 millions de consommateurs /6000万人の消費者』、経済・財務省付きの国立消費研究所/Institut National de la consommationが出している月刊誌の号外。
ニュースでも取り上げられたけど、雑誌の営業妨害になるから危険な薬の名前までは言ってくれない。仕方なく買ったけど、買ってよかった。
処方箋ナシで買える薬の筆頭はやっぱり風邪薬。ブラックリストに入ったのは:

処方箋ナシで買える危険な薬

Actifed Rhume Jour&Nuit
“有効成分”のプソイドエフェドリンは副作用が多すぎる(心臓循環系疾患、神経病、半睡状態・・・)上、風邪の症状への有効性は実証されていない。プソイドエフェドリンはアメリカでの覚せい剤作りに欠かせない物質だそう!
風邪ひいて薬局に行ったとき、何度この薬を買ったことか!ヤク中になるとこだった・・・

Dolirhume
頭痛薬の定番Dolipraneのrhume(風邪)ヴァージョンは、パラセタモールとプソイドエフェドリン入り。後者は殆ど覚せい剤で上記の副作用があるし、パラセタモールは頭痛、高熱にしか有効でなく単なる風邪(くしゃみ、鼻づまり、咳)には効かない。すなわち百害あって一利なし。

Neurofen rhume
イブプロフェン(非ステロイド系消炎鎮痛剤)とプソイドエフェドリン(覚せい剤!)入り。この2つは風邪の症状に効き目ナシ。15歳以下禁止、喘息、胃潰瘍、肝不全、腎不全、心不全、高血圧、前立腺障害・・・の人も禁止。心臓循環系疾患、神経病の副作用アリ。風邪を長引かせたほうがよっぽど安全だ。

Rhin Advil
これもイブプロフェン(非ステロイド系消炎鎮痛剤)とプソイドエフェドリン(覚せい剤)の組み合わせ。つまり重症の副作用の長いリスト。

この4つが一番危険で、他は「副作用はあまりないけど効果もない」薬。

友達に紹介されて一度行った一般医は、診察室でタバコを吸うぶっ飛んだ女医さんだけど、
「処方箋書くけど、風邪薬なんて効かないの。暖かくしてゴロゴロしてれば治るわよ」
彼女は正しかった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




親子離れ日記

娘はスーツケースを引きずって帰ってくる。中身は洗濯物と空のタッパーと絵の道具。
日曜に発つはずが、
「月曜の朝の美術史はもうやったことばかり、先生もつまんないからさぼる」
「・・・」
「午後は“瞑想の会”があるんだって」
「何それ?」
「さっきメールでお知らせが来たの。1時間、瞑想すると自分の姿が見えてくるんだって」
「あなた、学校じゃなくて宗教団体に入ったの!?」
「そうだね、行かない。じゃ月曜の夜のTGVね」
彼女は携帯であっという間にTGVを変更する。TGV MAX(一か月79ユーロでTGV乗り放題のパス、ただし16~27歳)は変更・キャンセルただなのだ。

月曜の夕方、さらに重いスーツケースを引きずって発っていく。洗濯済みの服とぎっしり詰まったタッパー。今回はポタージュ、ラタトゥイユ、ハンバーグ、鶏のバスク風、トンカツ、チリコンカン・・・をアングレームまで運んで行った。
食べることが大好きな子、彼女が発ったあとの冷蔵庫の空っぽさにしばし呆然となる。
その後数日は、
「〇×は冷凍できる?」
「××はいつまでに持つ?」
というSMSを頻繁に送ってくる。
かと思うと、切羽詰まった声で
「水道料金を払ってないんで水を止めるって通知が来た、どーしよう!?」
「それ脅しよ。料金払わなくても水を止めるのは禁じられてるの」

電気・ガス料金は「2週間以内に払わないと止める」という警告が来て、それでも払わないと止める(または供給量を減らす)ことができる。ただし11月1日~3月31日のTrêve hivernale(冬季休止期間)は電気・ガスを止めてはいけない(凍死の危険!)。
同じ理由からこの期間は家賃を払っていない住人を追い出すことも禁じられている。寒い国の知恵。
生きていくのに必要不可欠な水はというと、一年中止めてはいけない。

11月に入ったから、何も払わなくても追い出されたり止められたりしないから気にしない!とは言えないので、
「きっと前の住人から変更になってないのよ、電話してみなさいよ」
果たして変更されてなかったそうだ。

一人暮らしを始めたばかりの娘は、「生活するのってこんなにお金がかかるって知らなかった」(払っているのはこっちだけど)。
電気ガス・水はもちろん、インターネットも電話も“当然ある”ものだったのだ。私だってそうだった・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



声の出ない週末も悪くない

週末、私はテレビの前に寝そべってCanal+ à la demande(オンデマンド)で映画を観続けた。
Canal+ à la demandeはCanal+でかかった映画だけでなく、古い映画、Arteでかかった映画もリストに加わり、選択肢が多い。

ジャン=ピエール・メルヴィルの『Un Flic/リスボン特急』(1972)はこれで3回目?メルヴィル(『Le Cercle Rouge/仁義』(1970)『Le Samourai/サムライ』(1967)・・・)は何回観てもいい。
シモン(リチャード・クレンナ、写真の真ん中)はナイトクラブのオーナー兼ギャング。ある組織が大量の麻薬をリスボン行き特急で運び出そうとしているという情報を得て、横取りしようとする。

一方腕利きの刑事コールマン(アラン・ドロン)も同じ情報を得て、リスボン特急を追いかける。
コールマンとシモンはかっての戦友で、シモンの愛人カティ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はコールマンともできていた。
つまりみなさん、2つの顔を持っていた。

メルヴィルの映画は男たちが美しく、恐ろしくお洒落だ。
銀行強盗をする男たちのトレンチの着方、寝台特急の中のシモンのガウン姿なんて「モードのビデオクリップか?」と言いたくなる。

真ん中がシモン

メルヴィル『リスボン特急』

ドロンもカッコいいけど、この人は「俺は美しい」が顔に出ていて、 メルヴィルの撮り方がナルシズムをさらに助長する、という気がする。
彼が部下の刑事と乗り回している車に本署から電話がかかると、
「わかった。すぐに向かう。その後電話する」と無表情な顔で判を押したような答え。カッコつけすぎ。部下の刑事は電話を渡すだけの役で気の毒になる。

メルヴィル『リスボン特急』

そしてカトリーヌ・ドヌーヴが絶頂の美しさ。今、彼女がこの作品を観たら落ち込むだろう。

メルヴィル『リスボン特急』
photos:allociné

私がテレビを観ていると、必ず猫たちが寄ってくる。タマは私の上に寝て(6㎏が乗るとかなり重い)、リュリュは・・・

リュリュ

これ、字幕のときやられると困る。
他の映画で、ブノア・マジメルにも関心を示していた。リュリュは男の子なんだけどね・・・

リュリュ

週末アングレームから帰ってきた娘がお風呂場から叫んでいる。
「ファンデーションがなくて、授業に行くのやめようかと思った。目のクマが目立つのよ」
どう見たって、誰が見たって、クマなんかないのだ。”大クマ”のある私は「よく生きている」と思われているだろう。
「あ、コーダリーのFrench KIss、なかなかいい色じゃん」
「・・・・」
「持って行っていい?」
「・・・・」
私は返事をしない。声が出ないのもいいもんだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



風邪薬は映画!

朝起きると声が出なくなっていた。出そうと思えば出るんだけど、娘が、
「ギャーッ!すごいヘビースモーカーのオバアサンみたいな声」とケラケラ笑う。笑ってる場合だろうが。

前の晩、寒気がして気分が悪かったけど、いきなり声が出なくなるとは。週末に病気になるなんてまことにツイていない。
夫は出張でマラケシュに行っていて、「週末来たら?」と言われていたけど、帰りの飛行機が目から火が出るほど高くて諦めた。

友達と会う約束を断り、でも熱もないし寝込むほどじゃないし、こういう時は映画!
厚着をして、歩いて5分の映画館に赴き、ギリシャ人監督ヨルゴス・ランティモスの『Mise à Mort du Cerf Sacré/神聖な鹿の殺人』(原題『The Killing of a Sacred Deer 』

ヨルゴス・ランティモス『The Killing of a Sacred Deer』

スティーヴン(コリン・ファレル)は腕利きの外科医、眼科医の妻(ニコール・キッドマン)、2人の子供と大きな家に暮らしている。
裕福で幸せそうなブルジョア家族、なんだけど家庭には人間味がなくて会話もマニュアルっぽい。会話だけでなく、夜ベッドに入る時、妻は夫に「全身麻酔?」と尋ね、セックスの間“昏睡状態”を演じるのだ。

彼らのマニュアル生活に15歳のマーティンが登場する。彼の父親はスティーヴン執刀中に死亡した。

ヨルゴス・ランティモス『The Killing of a Sacred Deer』

同情を感じたスティーヴンは、プレゼントをあげたり、家に招待する。マーティンは家や病院に出没しだし、ますます“愛情”を要求し、それは脅しに変わっていく。
目には目を・・・

アメリカの家族にギリシャ悲劇を持ってきた。なぜかカンヌ映画祭でシナリオ賞を取ったけど、ギリシャ悲劇と現実に起こることがかみ合わなく、ストーリーに入り込めない。それを救おうとするのが主役の2人:有能な医師、良き夫、良き父という“殻”から、背徳的な地肌を垣間見せるコリン・ファレル。自分も不安だけど、人も不安にするのが上手く、何考えているのかわからないニコール・キッドマン。

ヨルゴス・ランティモス『The Killing of a Sacred Deer』
photos: allociné

帰って娘に「なんか後味の悪い映画だった」というと、
「ビョーキの時観たからよ。『ロブスター』はよかったのに」
子孫を残すことが義務付けられた近未来。45日以内に配偶者を見つけなければ動物に姿を変えられてしまう・・・という『ロブスター』は発想がオリジナルで、ユーモアもあった。
ヨルゴスさん、模索中?

Mise à mort du Cerf Sacré
ヨルゴス・ランティモス監督作品
主演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン
2時間01分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ