FC2ブログ

最後のチーズケーキと郵便局

外出禁止7日目
行きつけのパン屋の可愛い店員さんが、
「マダム、悪いニュースがあります」
「?!」
「チーズケーキがコロナで・・・」
「え!チーズケーキにウィルスが?」
ガハハと店員さんは笑って、「まさか」
彼女の説明によると、従業員数が減っているので、売れる数が少ないケーキを一時的に止めることにした。
そのマイナーケーキの中にチーズケーキが入っていたのだ。
甘いものがあまり好きじゃないわたしは、ここでチーズケーキしか買わない。
だからご親切に「今日のが最後」と知らせてくれたのね。残念だけど、それくらい我慢。

わたしのパン屋さんは東京にもリッパなお店があるMaison Landemaire

landemaire2 (2)


外出禁止8日目
「マスクと消毒ジェルがないので開けられません」と貼り紙があった郵便局が開いたので出かけたら、長蛇の列、と言ったらオーバーだ。前の人との間隔を2mくらい空けているので長いことは長いけど、人は多くない。

人がポツンポツンと立っているだけに見える”行列”。肝心の郵便局はこの10mくらい先。

外出禁止のパリ

15分くらいで入り口にたどり着くと、マスクの局員が立っていて「何の用か?」とひとりひとりに聞いている。「野菜を買いにきた」と言いそうになったけど、冗談を言う雰囲気ではなかったのでやめた。
中はかなり広いのに3人ずつしか入れない。見張りの局員に質問しようとして、10㎝くらい前に出たら、向こうは10㎝後ずさる。この用心深さ、エライ!
日本への郵便物はいつも通り送れると言われ一安心だ。

車が通らないので、ハトが道の真ん中をあるいている。歩行者天国!

外出禁止のパリ

・・・でもこれ、“外出禁止日記”と言いながら、外出のことを書いてる。矛盾といえばすごい矛盾だ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



春なのに・・・

「3月の雹/giboulée de mars」という表現まであるのに、毎日きれいに晴れる。皮肉なことに。
この天気なら、冬ごもりしていた虫たちがゾロゾロ出てくるように(啓蟄!)道もカフェのテラスも人で一杯のはずなんだけど。

いつも渋滞していたバスティーユ広場

パリ、バスティーユ広場

ヴォージュ広場。カフェの代わりに公園に人が集まったので、鍵がかけられた。

パリ、ヴォージュ広場

幽霊都市のようなパリは「いつもと違う魅力がある」という人もいるけど、やっぱり異常な、哀しい風景だ。
やっと春が来たのに。

地上階のうちのアパルトマンも、春分の日から陽が差す。

陽だまりを探す猫たち。タマは”デッキチェア”で

タマ

リュリュ!踏んづけそうになったじゃない!

リュリュ

娘は友達2人と田舎に籠っている。
「庭の桜につぼみ!」

田舎の空は青さが違う。

cerisiers Spoy2 (3)

東京の桜の写真は息子から送られてきた。

東京の桜

今年は花見の酒宴もないし(ないでしょ?)桜も拍子抜けしているでしょうね。
せっかく咲いたのに・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



を起こしているというニュースを聞いて、「でもあの人たち、既に閉じ込められてるわけだから何も変わらないじゃない?」

ヒステリーの原因は人口密度。
フランスの刑務所のオーバーブッキングは前から問題になっていて、6万1000人収容可能なとこへ7万人入っている。
コロナ感染の危険はムショの外より大だ。

この写真で見ると、そんなに密集してないけど。

フランスの刑務所、オーバーブッキング
photo:le Parisien

中国の刑務所では500人感染したというし、雑居房では1mの間隔なんて守れないだろう。

加えて感染予防のため面会禁止になったので、あちこちの刑務所で暴動、までは行かなくても騒ぎがあったそうだ。
検事や弁護士からも「大幅に出所させないと危ない」の声が上がり、中には、
「全員外出禁止になって、少しは受刑者の心境がわかるだろう」
という弁護士も。それはちょっと本末転倒じゃない。悪いことしなけりゃいいわけだから。

さて法相ニコル・ベルーベは、
-刑期の残りが2か月以内の受刑者を早めに出所させる。ただしテロ、夫婦間暴力の受刑者など危険人物は除く。
-これから軽い罪で入る人たちに待ってもらう(喜んで待つでしょう)
で、人口を5000人減らす方針。それも即刻。

夫婦間暴力と言えば、外出禁止以後増えている、というのは驚くに当たらない。
中国では外出禁止中に夫婦間暴力が2~3倍に増えたそうだ。
ところがSOS電話(3919)の数は半分近くに減っている。これは「暴力夫がそばにいるので電話がかけられない」から。
なるほど。犯人と一緒に監禁されているわけだ。恐ろしい。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



フランスではマスクが圧倒的に不足していて、コロナ最前線の医療関係者にさえ行き渡っていない。
「超緊急に必要だ。武器なしで兵士を前線に送ることはできない
とフランス医師同盟のプレジデント(なかなかうまいことを言う)。

医療関係者は最優先だけど、警官、薬局や食料品の従業員も、
「マスクなしでは怖くて仕事ができない!」
と抗議が炎上し、土曜日、健康相のオリヴィエ・ヴェロンが、
「2憶5000万枚のマスクを注文した。数週間で届く」

アニエス・ビュザンのパリ市長選出馬で、バトンタッチされたオリヴィエ・ヴェロンは神経科医。ビュザンもお医者さん(血液学)。

健康相 オリヴィエ・ヴェロン
photo:LCI

「なんで今頃!」と怒ったのは医師同盟だけではない。
2か月前、いや3か月前に注文すべきだった。
実は緊急に備えて「国のストック」マスクがあるそうだ(そんなこと早く言ってよ)。ストック数は目下8600万枚、うち500万枚が強力なFFPT2という。
「(注文マスクが届くまで)これを病院、開業医、老人介護者に優先的に支給する」
今の状態だと週に2400万枚が必要で、ストックは4日間も持たない計算だ。

「マスクをストックしている自治体や企業があるはずだ」と医師同盟。
「地方議会選挙投票のため膨大なマスクが用意された。2次投票が延期になったからその分がある。買いだめをした企業もあるはず。医療関係者に提供して欲しい」
という呼びかけたら、北フランスの町の市庁舎の屋根裏から3万枚、某企業の倉庫から1800枚・・・と“偶然のように”あちこちからマスクが出てきた。言ってみるもんだわね。
一方、LVMH社長ベルナール・アルノーは「中国の生産者に頼んで1000万枚のマスクを供給する」
ノートルダム寺院再建の寄付のときもそうだったけど、超富豪の企業がやると、なんだか売名行為のように聞こえてしまう。悪いけど・・・
まぁこれで薬屋さんでマスクが買えるようになれば一安心だ。

現在の薬局。「体温計なし、マスクなし、消毒ジェルなし、手袋なし」の貼り紙

フランス、マスク不足
photo:LP

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





コロナ治療薬、臨床テスト始まる

日本の感染者数、死者数は少なすぎる感じがするけど、日本人は握手しない、(挨拶代わりの)キスしない、清潔好き、なのでその結果かもしれない。
一方、フランス人(特に男性)に頻繁に手を洗わせるのは至難の業。
夫なんか手は一度洗えば清潔、と思っているらしく、食卓に直行してくる。
「手、洗って」と言うと、
「だって今日は外に出ていない」とムッとするのだ。
「あの歳で習慣は変えられないから見張るしかない」と娘。

パリを脱出してブルターニュや南仏で「隔離生活」をしている人たち(セカンドハウスを持っているんだからリッチ層だ)は、
「どうやら隔離とバカンスを混同しているようです」とニュースキャスター。
海岸でくっつき合って日光浴している人たち、複数で散歩している人たちが映った。
ニース市長は怒ってプロムナード・デ・ザングレを閉鎖した。
言うことをきかない子供からオモチャを取り上げるみたい。
その上、ニースをはじめコートダジュールの数都市で夜間の「couvre-feu/外出禁止令」が出た。
マクロン大統領が繰り返し言っていたように、わたしたちは”戦時中”なのだ。

ニース、プロムナード・デ・ザングレ閉鎖
photo:LaPresse.ca

隔離して感染者を増やさないようにする一方、コロナ治療薬の臨床テストが20日に始まった。

コロナ治療薬、臨床テスト
photo:AFP

フランスが率先して、ヨーロッパで計3200人の感染者(うちフランスは800人)を4つのグループに分け、
①グループにはエイズのアンチウィルスKaletraを投与。

②グループはKaletra+インターフェロン(病原体の体内侵入に反応して細胞が分泌するタンパク質)

エボラ治療薬として開発されたRemdesivir/レムデシビルを投与。この薬はアメリカから届くのを待っているのでテスト開始が少し遅れる。

④すべての対照実験と同様にプラセボ(薬の成分は入っていない偽薬)を投与。ただし他の感染者(テストに参加していない)と同じ肺疾患の治療薬や酸素呼吸は続けられる。

「例えば③グループの投薬で効果があったら、他のグループの患者が文句を言うんじゃない?」
「そうなったら全員、効果的な薬に切り替えるだろう」と夫。
逆に悪化した場合はもっと深刻だ・・・
でも患者さんの同意を得て実験するわけだから。まぁシロウトが余計な心配してもしょうがない。
結果が待たれる!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ