愛すべき(?)男たち

親友のアダムとご飯を食べる。前回、枝豆の皮まで食べた人。同じレストランに行ったので、食べる前に言わなくちゃと思ったら、既に遅し。皮はなくなっていた。
「画期的なことがあった」とアダム。
彼と奥さんのカリーヌは、結婚記念日じゃなくて出会った日を祝うことにしているんだって。もう何十年も。
「プレゼントを探して歩いていたら、Pont Louis Philippe通りで日本ブティックを見つけた。そこで素敵な浴衣を買ったんだ。
“出会った記念日”にプレゼントをテーブルの上に置いたら、カリーヌがびっくり仰天するんだ。開けないうちに。そして僕へのプレゼントをその横に置いた。なんとそれが同じ店で買った浴衣!」
「それはスゴイ・・・」
問題の店は草分け的な日本グッズの店、KIMONOYA。センスがよくて、私も時々プレゼントを買う。
でも、アダムもカリーヌもその店を知らず「たまたま見つけて入った」というのがスゴイ。

久しぶりに会う友人ブリューノと一杯飲んだ。と言っても、彼は「目下酒抜きダイエット中」なのでトマトジュース。
「そういえば去年会ったときも酒抜きだったじゃない」
「一年に一度するから1年ぶりだ。君はデヴィッド・ボウイの話ばかりしてた」
「じゃ1年以上だ」と私。
彼とは本と音楽の趣味が似ている。
「この前、真っ青なことがあった」とブリューノ。
彼は妻子持ちで息子さんはうちの娘と確か同い年。ある夕刻、浮気予定の相手と待ち合わせのカフェに行こうとしていたら、歩道でタバコを吸っている息子にばったり。
「息子が〇〇で企業研修をしていることは知っていたけど、住所を知らなかった。それが待ち合わせのカフェの隣だったんだ」
「アララ・・・“パパ、ここで何してんの?”って?」
「まさにその通り!とっさに“何だと思う?”って答えて時間を稼ぎ・・・」
「“君を迎えに来たんだよ”とか?」
「“君の職場を見ようと思って”。そしたら、クール!って喜んで、一緒に帰るハメになった」と大笑い。
「でもその時は冷や汗もんだった。彼女はすっぽかしたし」
悪いことはできないってこと・・・



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

忍耐強い患者たち 『Patients』

歩く、食べる、身体を洗う、服を着る、そしてバスケットをする・・・事故で手足が麻痺したバンジャマンはもう何もひとりではできない。リハビリセンターに着いた彼は、同じように四肢や下肢の麻痺でリハビリを受けている人たちと知り合う。

最初は電話も持てなかった。

映画『Patients』

しばらくして車椅子に座れるようになったときは感激だった。ひとつめの自立。
手にフォークを固定してもらってひとりで食べれるようになる。またひとつの自立。
彼らが学んでいくのは“忍耐”。文句を言い、ケンカし、ヘトヘトになりながら、再び“生活する”エネルギーを見つけられるのは、仲間がいるからだ。ひとりでは立ち直れない。

車椅子仲間たち

映画『Patients』


Grand Corps Malade/グラン・コール・マラードというラッパーが、自伝をもとに監督した作品『Patients』。“忍耐強い人”と“患者”の意味。

映画『Patients』

彼はスポーツ万能で、特にバスケットは、高校の時クラブからスカウトに来るほど。1997年(20歳)、コロニー(子供たちの集団バカンス)のモニターをしているとき、浅すぎるプールに飛び込み、脊椎が移動して四肢が麻痺する。治る望みはあまりないと言われながら、1年のリハビリで、杖をついて歩けるようになる。2003年、Grand Corps Malade(大きな病める身体:彼は身長196㎝)という名前で、ラッパーとして初めてステージに立った。

この作品、泣かせるメロドラマになりそうでならず、ユーモラスで前向き。暖かい人間関係が描かれていて、『最強のふたり』にも通じるところがある。お奨めです。
それにラッパーが監督しているだけあって音楽がすごくいい。

例えば:The Roots«You got me»



NTM « That’s my people »



Patients
Grand Corp Malade & Mehdi Idir監督作品
主演:パブロ・ポーリー、スフィアンヌ・グラブ、ムーサ・マンサリー
1時間40分
フランスで上映中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





春が来た!

前の週末、バスティーユのボーマルシェ通りがブロカントになった。終わったことを書いてもしょうがないでしょ、と言われるかも。でも、このブロカントはパリのあちこちを巡回するそうなので。

久しぶりのお天気に誘われて、人がゾロゾロ。ファッション・ウィークの直後なので、業界っぽいお洒落な人にもすれ違う(この写真にはいない)。

バスティーユ、ブロカント

バスティーユ、ブロカント

なぜここにサボテンが?

バスティーユ、ブロカント

レトロな毛皮はブロカントによく出る。

バスティーユ、ブロカント

こんなのうちの物置にもある、というガラクタに混じって掘り出し物、なぜこれがブロカント?というもの(サボテン、ソーセージ、チーズ・・・)まで色々あって、見出したら止まらない。気がついたらメトロ一駅分以上歩いていた。つまり、帰るには“一駅分以上”歩くってこと。

前から、1920-30年代の脚の短いグラスを探していたら、あった!

バスティーユ、ブロカント

しかもクリスタル(指ではじいてピーンと音がしたら本物)。右側のグラス、6個で35ユーロを30ユーロにしてくれた。

うちに帰って「ブロカントだ」と騒いだら、娘が「あたしも行く行く!」と、遊びに来ていた友達を引き立てて出かけていく。
彼女はサボテンを4つも買って帰ってきた。

こっちは昨日通ったモンソー公園。滅多に来ない地区に用事があって、滅多に入らない公園を横切ったら、あ、桜!

モンソー公園

ようやく春、と嬉しくなる。うちでは猫たちが陽だまり争奪戦を繰り広げている。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




公共財産の横領などの疑いで、明日15日、判事の事情聴取を受けるフランソワ・フィヨン。
大統領候補を降りろ、という党の勧告に動かず、代わりの候補アラン・ジュッペが出馬を断り、結局“右派・中道の候補”として残った。選挙戦の要人たちが次々に辞職したのでチームを作り直し、新たに選挙運動をスタートしたけど、前途多難。
日曜日にジュルナル・ドゥ・ディマンシュが「フィヨンのスーツ!」をすっぱ抜く:彼はこの2月にArnysのスーツ2着、計1万3000ユーロ(約162万円)を友達にプレゼントさせていた。だけでなく、2012年から同ブランドで、計3万3500ユーロ(約418万円)のジャケットやスーツをキャッシュで買っている。
これを問いただされたフィヨンのお答えは「それがどうした?」「友達にスーツをプレゼントされるのは禁じられていない」

一見クラシック、でも身体にピッタリ合い、生地の光沢が違う。

フィヨンの衣装代

フィヨンの衣装代を聞いたときの左派候補ブノア・アモンの「ウッソー」

ブノア・アモン

法に触れるか否かではなく、モラルの、倫理の問題だ。奥さんや子供を雇うのは禁止されていないけど、実際に働いたか?が問題だし、就職難の時代に家族全員を優先し、高額の給料を払っていたのはモラルの問題。
定年62歳から65歳に(もっと働け)、週35時間労働廃止、分野によっては(病院など)週39時間、でも給料は35時間分(不況時は我慢してがんばろう!)などの経済政策を打ち出し、一方自分はお城に住んでArnysで服を買っていたら、国民は怒るよね。ふざけるな。
それにこんなプレゼントをもらうには、どんな便宜を図ったの?

さてそのArnys/アルニースとは、セーヴル・バビロンの、ちょうどエルメス・リヴゴーシュの対面にある、超がつく高級メンズブランド。季節色のジャケットやスカーフがディスプレイされたウィンドウによく見とれていた。

色やディティールがすごい。

Arnys/アルニース

2012年、Berluti/ベルルッティに買収されて、名前は変わったけど、店内にArnysが同居している。
ラインは『ラフなトラディション』。超高級素材を使ったベーシックで、すべてオーダー、それも細部までお客の注文に添う“グランド・オーダー”。ジャケット1着に80~100時間かける(自称)という。
フィヨンがベストドレッサーであることは前にも書いたけど、これだけ衣装代につぎ込んだら、ベストドレッサーじゃないほうがおかしい。
とにかく。政治界で類まれなクリーンさ、公明正大をウリにしていたフランソワ・フィヨン。実は、お金大好き、あれこれ画策して私腹を肥やしていたことが明るみに出ている。そして左派の分裂、フィヨンのスキャンダルにほくそ笑むのは・・・・マリーヌ・ルペンなのだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


家族か自由かの二者択一『Noces/婚礼』

ベルギーで、両親と兄妹と仲良く暮らす18歳のザイラはパキスタン人。とりわけ兄貴のアミールは、何でも打ち明けるほど近い。彼女が妊娠して随ろす手術をすることも兄は知っている。

映画『Noces/婚礼』

ある日、両親があらたまってザイラを呼び、3枚の写真を並べる。この中から結婚相手を選べ、と。夫となる男性はパキスタン人でイスラム教でなければならないのだ。
「だってこの人たち、パキスタンにいるのに・・・」
「スカイプで話して決めるんだ」と父。
「私もお父さんのこと、結婚する日まで知らなかったの。でも一緒になってとても幸せよ」と母。

結婚は、自分の愛する男性と結婚したい、とザイラ。両親を愛しているけど、“自分の人生を生きたい”という欲望のほうが強い。
アミールはザイラの気持ちを理解するものの、長男の彼には一家の名誉を守る、という任務がある。引き裂かれる兄。

慣習や世間体に縛られた両親は、娘の幸せを考えることができない。写真選びを拒否するザイラに、
「おまえが結婚しなければ、世間に顔向けできない」「私たちの人生はもう終わりだ」と怒鳴り泣き崩れる。
結婚を拒めば勘当され、家族とは2度と会えなくなる。
でも自分の未来を3枚の写真から決めるなんて・・・不可能な二者択一を迫られ、引き裂かれるザイラ。

ザイラ役のリナ・エル アラビ、綺麗なだけでなくすごく上手い。

映画『Noces/婚礼』


ベルギー人監督ステファン・ストレッカーの『Noces』

映画『Noces/婚礼』


2015年の『Mustang/ムスタング』を思い出させる。トルコを舞台に、イスラム教の戒律にがんじがらめになった家族と5人の娘の戦い。

でもステファン・ストレッカーは誰も悪者にしない。親は“それが娘の幸せ”と信じて疑わないのだ・・・と言っても、たった3人から、しかもスカイプで話しただけで生涯の伴侶を決めろなんて、どう考えてもシュール。“娘の幸せ”はぶっ飛んでいる。

日本でも世間体のプレッシャーや本人の焦りはまだ強い。私がいた30年も前のことだけど、適齢期を超えた知人男性が上司に呼ばれ、「この中の誰か、どうかね?」と年頃の女性のお見合い写真をずらりと並べられた、と言っていた。
「トランプのカードを並べて1枚選べ、というみたいだった」と彼。もちろん断ってもクビになることはなかったけど。
『ムスタング』同様、残る作品だ。

NOCES
ステファン・ストレッカー監督作品
主演:リナ・エル アラビ、セバスチャン・フーバニ、ババク・カリミ
フランスで上映中。上映館が少なくなっているのでお急ぎを!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ