FC2ブログ

キュートな傘修理おじいさん

パリは、特に秋の終わりに雨が多い。それなのに傘が進歩しない。高いくせに壊れやすく、風が吹くとひっくり返る。
雨の日が続くのに私の傘は2本とも壊れている:ブルーのは持ち手をどこかで落とし、赤い傘は開いたときカチッと止まってくれず、ひっきりなしに開き直さないといけない。

また買うのも腹立たしいので修理屋さんを探したら、エティエンヌ・マルセルの近くにあった。
細いパッサージュにある小さな店に、初老のおじいさんがひとり。

パリの傘修理屋さん

フランス唯一の傘修理屋さんPEP'S、ご主人はテレビにも出た有名人らしい。

パリの傘修理屋さん
photo:bfmtv

赤い傘を見るなり、
「これは中国製、すごく質が悪い」
「でもメジャーなメーカー(Isotoner)ですよね。どのメーカーを買えばいいんですか」
「どのメーカーも90%は質が悪いの。これなんか10ユーロでも高いくらいだ」
たしか30か35ユーロした。
おじいさんが傘を開くと、なんとカチッと止まるではないか。
「ウソ!なんであなたがやるとちゃんと開くの!」
「わたしにはバカなことはできんと傘がわかってるから。主人はこっちなんだ、とわからせなければいけない」

パソコンの調子が悪くてアフターサービスの人に来てもらったとき、その人が触ると問題なく動いたのと同じだ。
傘にもパソコンにも嘗められている。
ブルーの傘は触っただけで「これは日本のホネだね。しっかりしてる」
お見事!
「これに合う持ち手ね、見つかるかね・・・1週間後に取りに来て。はい、22ユーロ」
見つける前に値段がわかるの?持ち手だけで22ユーロ?と言いそうになって呑み込んだ。一律料金なんでしょうね。
「赤いほうは?」
「壊れていない。誰が主人かってことをはっきりさせればよろしい」
「・・・」

現金かチェックというので、チェックで払うと、
「このチェックが引き落とされるの来年の2月になるけど心配しないで。引継ぎがあってゴタゴタしてるから」
「リタイアされるんですか?」
「もう64歳なんでね。みんなはそう見えないって言うけど」
私は言ってないけど。
じゃ、1週間後に、と外に出ると、通りかかったアメリカ人のカップルが「So cute !」とお店の写真を撮っていた。
私も撮ったけど、頑固で自分の仕事を知り尽くした職人おじいさんこそキュートに思えた。

PEP'S
223 rue Saint Martin
Paris 75003
TEL:01 42 78 11 67


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

卑劣なストラスブルグ・テロ陰謀説

11日、ストラスブルグのマルシェ・ド・ノエルで銃撃テロ(3人死亡、5人重傷)があった直後、

ストラスブルグ・テロ
photo:le point

ジレ・ジョーヌのFacebookで始まった陰謀説(théories de complot):
「マクロンと政府は故意にテロを起こし、緊急事態を発動してジレ・ジョーヌの革命を阻止しようとしている」
「政府が計画したことはみんな知っている」
「タイミング良すぎ。マクロンにとっては有難いテロ」

アンタたち正気?
デモを阻止するため、政府がテロを自作自演したっていうの?
死者まで出して?

テロがある度に陰謀説は出る(9.11まで!)。
“陰謀説家”は「すべてを疑ってかかるのが好き。証拠が少ないほど陰謀説の可能性が出る」そうだけど、ジレ・ジョーヌから、テロ直後に出たのは悪質。犠牲者への配慮がなさすぎ。

教育相は「卑劣な行為がある度、それに加わろうとする卑劣な人間がいる」「犠牲者の家族のことを、フランスと世界にとって重大なことが起きたということを考えろ」

「媒体は何であれ、間違った、または嘘のニュースを公開、流布、転載し、国家秩序を乱す」は犯罪になっていて、45.000ユーロ(約620万円)の罰金刑。
卑劣で無責任な陰謀説を流した奴らを取り締まって、罰金を払わせたい、と思うけど、FacebookやTwitterは仮名が多いし捕まえるのは難しそうだ。

テロの後、土曜日のデモを取りやめるように政府は促している。テロの犯人は捕まっていないので、警官、CRS(国家機動隊)、軍隊まで駆り出されている。治安部隊の人数だって限りがあるからデモの警備は人出不足になる(と書いた後で犯人は見つかり銃殺されたと)。
それでもジレ・ジョーヌは「予定通りやる」(ストラスブルグのみ中止)。
月曜のマクロン大統領の“歩み寄り“も「不十分」。

ジレ・ジョーヌさんたち、ちょっと考えてみてよ:フランスだって不景気で失業者数は多い。すでに3回の土曜日ストでデパートやブティックは大損害。レストランやホテルの観光業にも被害が出ている。ストを続ければ、リストラや倒産が出て、経済はもっと厳しくなり、国民の生活はもっとラクじゃなくなる。自分たちの脚を引っ張るようなことしてると思わない?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ずっと沈黙を守っていたエマニュエル・マクロンが20時のニュースでついに口を開く。
既に来年1月1日に決まっていた燃料税引き上げは取りやめ(約40憶ユーロの“儲けそこない”)、それでも鎮まらないジレ・ジョーヌにどんな条件を出してくるか?と週末から待ちに待たれていた。

マクロン、ジレ・ジョーヌ

13分間の演説で:
〇SMIC(最低賃金)受給者に月額+100ユーロ
〇残業手当を無課税に。
〇2000ユーロ以下の年金受給者にCSG(国民保険と失業保険に融資するための源泉徴収)免除。
・・・とかなりの歩み寄り。

一方、ジレ・ジョーヌの要求していたISF(富裕者税)の回復はノン。
理由は、富裕者が税率の低い国に引っ越すのを食い止め(有名どころではLVMH社長ベルナール・アルノー、ジェラール・ドパルデュー、ちょうど1年前に亡くなったジョニー・アリデー・・・)彼らが国内で投資するのを促そう、というもの。
理屈はわかるけど、外国に逃げ出そうとする大金持ちに「税金安くするから行かないで」というのもヘンな気がする。
個人的には燃料税取り消し分をISF回復でチャラにしたら?と思ったんですが。

マクロンの演説を聞いたジレ・ジョーヌたちの反応は「前進だ」「不十分」に別れる。
とくに《SMIC受給者に毎月+100ユーロ》は、「SMIC(最低賃金)よりちょっと高いサラリーをもらってるけど生活が苦しい人はどうなる?」
インタビュアーにマイクを向けられたジレ・ジョーヌは「不十分」派が多かったけど、ニュースの切り取り方を鵜呑みにはできない。

でもこれらの提案を3週間前にしていたらデモを鎮められていたし、お店壊し、車に放火も避けられたのではと思ってしまう。
なんでもっと早く言わなかったの、マクロンさん。
演説の中で「私の言葉が傷つけたこともある」と反省の色も見せた。

上の3つの“歩み寄り”は来年初めから実施され、ざっと見積もっても80~100憶ユーロかかるという。
ラジオに出てきた右派の議員は「一体そのお金はどこから出てくるんでしょうか?」
私もまったく同じ疑問。どっかを削らないと捻出できないのではない?
フランス語で「ピエールを脱がせてポールに着せる」という表現があるけど、脱がされるのは誰か?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





養子縁組が決まるまで

陣痛にあえぎながら病院にたどり着いた女性は男の子を出産した。何か月も妊娠にすら気づかなかったという母親は学生で、赤ん坊を抱くこともせず退院していく。
赤ちゃんは一時的にテオと名付けられ、養子縁組担当の民生委員の手に託される。
彼らのうち2人は、赤ちゃんの世話をし(ひとりは自分のうちで育てる)残りは適切な養母を探し始める。

養母候補者の中にアリス(エロディ・ブシェーズ)がいた。彼女は10年前、夫と養子を探し始めるが、数年後、結婚が破綻。離婚後は精神的に不安定、シングルマザーというハンディで待たされていた。

映画『Pupille/瞳』

担当の民生委員はアリスと面接を繰り返し、彼女が“準備ができている”と判断し、テオの養母候補者として推薦する。養母の年齢制限は43歳、アリスは41歳になっていた。

テオが新しいお母さんと出会うまでを描いた『Pupille/瞳』

映画『Pupille/瞳』

ひとりの赤ちゃんに関わる人数、養父母の審査の厳しさ-本人たちの性格、仕事、収入、彼らの育ち方、両親の性格、養子を取ったときどのくらい休暇が取れるか-に驚く。
そして民生委員たちの人間味溢れる対応に:ジャン(ジル・ルルーシュ)は養父母が決まるまでテオを自宅に引き取り、母親のようにつきっきりで話しかけ、抱き、オムツを代え、夜中に起きてミルクをあげる。

映画『Pupille/瞳』

離婚したばかりのカリーヌ(サンドリーヌ・キベルラン、右)はストレス安定のためドロップを食べ続ける。

映画『Pupille/瞳』
photos:allociné

リディは養母候補を傷つけないため、自分が妊娠していることを隠して面接する。
赤ちゃんの眼を見ること(タイトルの所以?)、話しかけること、抱くことの大切さもよくわかる(遅すぎる!)。

「あれだけ厳しい審査があるのに、なぜマダム〇▽はロベールを養子にできたんだろう?」
と私。〇▽はヒステリックで専横で、他の養母に出会っていたらロベールの人生は違っていただろう、と。
「まったく。しかもシングルマザー」と夫。

PUPILLE
監督:ジャンヌ・エリー
主演:サンドリーヌ・キベルラン、ジル・ルルーシュ、エロディ・ブシェーズ
1時間47分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ジレ・ジョーヌの抗議の強さに、政府は5日、燃料税引き上げの“モラトリアム”を発表した:1月1日に予定されていた引き上げを6カ月延ばす。
これを聞いて、ジレ・ジョーヌの多くはせせら笑った。6か月の執行猶予があるだけで結果は同じじゃないか。

彼らの怒りが鎮まらないのは、マクロン大統領が出てこないせいもある。
12月1日、マクロンはブエノスアイレスのG20に出席していて、催涙弾で霞んだシャンゼリゼの光景をテレビで観た。
「あなた、国が大変なことになっているのに、ここにいていいんですか?」と言われたかとどうか知らないけど。

国に戻ったマクロンは月曜朝、主要大臣を招集して、この“6カ月のモラトリアム”が決められたが、矢面に立って発表したのは首相のエデュアール・フィリップだ。

トレードマーク「2日の無精ひげ」が4日くらいになってない?無理もない・・・

エデュアール・フィリップ首相
photo:Ouest France

デモ隊が叫ぶのは「マクロン辞めろ!」
マクロンの表情も険しくなってきた。

マクロン、ジレ・ジョーヌ
photo:Ouest France

庶民には「上から目線」で、金持ちを優遇するマクロン政策が抗議の的になっているのだ。
「マクロンはクラスの優等生しか対象にしていない。でもクラスにはふつうの生徒もいるし、落第生もいる」とジレ・ジョーヌの代表者のひとり。マクロンは富める者と富めない者(大多数)の溝を深くしてしまった、ということ。
右派中道のフランソワ・バイルーは「国民の反対を押し切って統治することはできない」
元首相フランソワ・カズヌーヴ(社会党)は「国民の声を聞くことは、弱体化することではない」

これらの忠告に、そしてモラトリアムでは鎮まらないジレ・ジョーヌに、6日、政府はついに燃料税引き上げ取り消しを決める。
この取り消しは、国にとって約40億ユーロ(約6500億円!)の“儲けそこない”になるという。

ISF(Impôt de solidalité sur la fortune=富裕者の財産にかかる税)廃止も、源泉徴収導入も決行したマクロンが初めて折れた。
それでもジレ・ジョーヌは8日のストを諦めない。
折れるのが遅すぎた。矢面に立って、ジレ・ジョーヌの抗議に直面すべきだった。グズグズしている間に怒りは沸点に達してしまった。

フィリップ首相は「例外的な警戒態勢にする」と言っているけど・・・デモは「表現の自由」で認められている権利だ。
問題はアグレッシヴな極右派、極左派、常習犯の“壊し屋”。彼らがデモを利用して猛威を振るうのを、何とか阻止できないもんだろうか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ