世界一富豪の女性は幸せだった?

リリアンヌ・ベタンクール。
財産400憶ドル(約4兆5千億円)。“世界一の富豪(男性を含めると14位)の女性”“ロレアルの相続人”(創立者ウージェーヌ・シュエレールの一人娘)として知られていた彼女が21日、94歳で亡くなった。

リリアンヌ・ベタンクール死去
photo:LCI

いつも明るい色の服を着て、エルメス(多分)のスカーフを巻き、ブルジョアっぽくエレガント。思ったことをはっきり言う人だった。

晩年、彼女の名前はスキャンダルの中心人物として登場する。
夫、アンドレ・ベタンクールは政治家で、政治家がよく食事に来ては、札束入り封筒をお土産に持って帰った。以前は政治献金の取り締まりが緩くて、社会党のミッテラン元大統領まで封筒を持って帰ったそうだ。
アンドレ・ベタンクールが2007年に亡くなった後もこの習慣は続き、リリアンヌ・ベタンクールの物忘れがひどくなったのにつけこむ人は政治家だけではなかった。

その筆頭がフランソワ=マリー・バニエ。

フランソワ=マリー・バニエ
photo:europe1

老婦人に取り入る才能がある自称アーティストは、現金、株券、美術品、島(!)など総額9億9300万ユーロ(約1331億円)をゲット。
リリアンヌの娘フランソワーズは「バニエが母が惚けたことにつけこんだ」と訴えた。
「あたしは惚けてなんかいない、娘は嫉妬している」と母娘の争いに。

見るからにきつそうな娘

リリアンヌ・ベタンクールの娘
photo:AFP

バニエには結局“弱点悪用”の廉で、執行猶予付き禁固4年、罰金37万5000ユーロ(約5026万円)の判決が降りた。

ニコラ・サルコジは、2007年の選挙資金を不正にもらった疑いで、党の財政担当とともに取り調べられたけど、証拠不十分で捜査打ち切りになった(元大統領だものね・・・)

母娘の争いは娘が勝ち、リリアンヌには監督者がつき、お金を自由に使えなくなる。
その後、表向きは仲直りをして誕生日を娘夫婦や孫と祝ったりしていたけど、お金目当てに訪ねてくる人もいなくなり孤独だったのでは。
フランソワ=マリー・バニエは悪徳なヤツだけど、彼が話し相手になり、あちこちに連れて行った頃が一番楽しい時代だったかもしれない。
お金持ちで、お金のことで家族と諍いがなく幸せな人は稀な気がする。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
「おまえ、また太った!」
遅めのバカンスから帰ってきた息子の第一声。
「太っても今まで顔は前のままだったのに、牛の首みたいじゃないか!」

幸い“おまえ”は猫のタマ。ボロクソに言われても涼しい顔。ギョッとしたのは私のほうだ。
タマもリュリュも獣医さんが決めた低カロリーの(でも値段は低じゃない)キャッツフードを食べていて、言われた分量を計っているのは私。毎日見ていると太ったのがわからない。
「ま、去勢された家猫はみんなそうだよな」

そういえば中庭を通っていた住人が、
「あの黒白の猫、人の顔を見るとすぐ逃げ出すわね」(モト野良の習性だから仕方ない)
「もう一匹のほうは逃げないよ」
「お腹大きいからじゃない。もうすぐ産まれそうよ」
何てこと!タマは雄なのに!

「リュリュも太った、気を付けないとタマ化するよ」と息子は言うけど、言うは易し。
ダイエットフードを同じ分量を食べさせても太るのは運動不足だからだ。
急に寒くなったので中庭に出るのもやめて、食っちゃ寝の生活。ワインのコルク栓なんかで遊ばせようとしても5分と持たない。
「つきあってらんない」という顔をされる。

お気に入りの”日向で箱入り猫”をやろうとして、重みで横倒しに。

タマとリュリュ

ご飯を待ちつつうたた寝。

タマとリュリュ

食べたら本格的に寝る。

タマとリュリュ

若いリュリュのほうは、何の用があるのか知らないけどひとりで走り回ったり、ハエを捕まえようとしてジャンプして窓から落ちたり。かと思うと、外を眺めて物思いに耽っている。

タマとリュリュ

これからもっと寒くなって、もっと動かなくなって・・・困ったもんだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

メトロ“リラの門”の幽霊駅

この週末は、日頃入れない歴史的建物が一般公開されるヨーロッパ文化遺産の日。
すごく待つという噂で(エリゼ宮は7時半から並んだ人が12時半に入れた)、いつもはパスしていた。けど今年はメトロporte de Lilas/リラの門の“幽霊駅”が初めて公開になる、と聞いて、それは見てみたい。

11番と3b番のポルト・デ・リラ駅の傍らに、1939年から使われていない駅があって、幽霊駅とかシネマ駅と呼ばれている。
『アメリ』(2001)でマチュー・カソヴィッツが証明写真を破片を拾い集め、『レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち』(2008)でソフィー・マルソーがSSに銃をつきつけるのがこの駅。

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:culturebox

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:visites guidees

メトロはパリのイメージのひとつで、年間約80本の映画、テレビドラマ、ヴィデオクリップの舞台になるそうだ。
舞台として人気の線は、6番(地上に出た時エッフェル塔が見える)、10番(距離が長い)、3b番(乗客が少ない) 。
「でも大勢のエキストラを使い、スタッフも大人数のときは午前1時から5時、最終と始発の間。またはポルト・デ・リラの“シネマ駅”で撮影してもらいます」とRATPの撮影担当者。シネマ駅の利点は、映画の時代背景やストーリーに合わせてカスタマイズできること。一日の使用量は15.000~18.000ユーロ(195万~234万円)と安くはないけど、運転手、電気技師、守衛など約15人のRATP職員もつけてくれる。職員たちは喜ぶとか(そりぁそうだ)。

週末は朝市と近くの映画館にしか行かない私が重い腰を上げ、友人とポルト・デ・リラ駅に向かう。
着いてみると、矢印も貼り紙もなくて、駅の窓口には誰もいない。中学生くらいの子供連れのオジサンもキョロキョロしていたので「もしかして・・・?」と聞いたら「そう、もしかして文化遺産の?」
そこへ清掃係が通りかかったので尋ねると、「よくわかんねぇけどエレベーターがあるから下に降りてみたら?」
下に降りると、目の前に幽霊駅!と期待したが、さっき出た改札の前に出た。そこへ従業員専用のドアが開き、中から人がゾロゾロ出てきた。RATPの制服を着た先頭の女性に、
「幽霊駅のヴィジットで来たんですけど」と言うと、
「あれは予約制で9月の初めに予約しなくちゃ見れないんです」
「そんなことどこにも書いてなかった」
「いえ、あちこちに書いてありましたよ。またやりますから来年ぜひ。オホホ」
来年だって・・・オホホだって・・・せっかく一念発起して来たのに。仕方なくまたメトロに乗って帰った。
慣れないことをするとこういうことになる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



期待しないで観たら・・・『バルバラ』

他の映画(『Wind River』)を観に行ったら満員で、「じゃ『Barbara』にするか」「そうだね」
封切りになったばかりなのでこっちも結構混んでいた。

若い世代はバルバラを知らないし、マチュー・アマルリックの監督作品はちょっとわかりにくいので、観客の反応はどうだろうか?とラジオで言っていたけど、マチュー・アマルリックは作っても演じても、ある程度の観客数を動員するようだ。この作品は作って演じてるから尚更・・・
私は批評を読んでいなかったので、バルバラの生涯(かその一部)が描かれているんだろう、と思っていたら全然。監督(マチュー・アマルリック)が、女優(ジャンヌ・バリバール)と、バルバラの伝記映画を撮ろうとしている、とこを撮っている。
“女優”が歌を聞き、ヴィデオを観て役作りをするうちに、段々バルバラと重なってくる。撮影のオフの部分なのか、カメラが回っているのか、境目が曖昧になってくる。

『Barbara』マチュー・アマルリック

「これはどっちだ?」と混乱しながら、バルバラの音楽世界にはしっかり引き込まれる。

『Barbara』マチュー・アマルリック

それがアマルリックの意図であったなら(そうに違いない)成功している。
後で批評を読んだら、バルバラを知らない世代にも受けているそうだ。

今まで積極的に聴いたことがなかったバルバラの声は形容詞をつけるのが難しい。なんという声!その声を、まるで楽器のように操る。



そしてジャンヌ・バリバールが滅茶苦茶なりきっている。顔も似てるし。
彼女はアマルリックの前妻で子供が2人。15年前くらいに別れている。

今年のカンヌ映画祭で。モト妻の危ういドレス!
『Barbara』は『Un certain regard/ある視点』部門で”シネマの詩情賞”を取っている。

『Barbara』マチュー・アマルリック

棚からぼた餅・・・観てよかった。

この前、朝市の卵屋で、私の前にマチュー・アマルリックがいた。「今起きました」(既に13時頃)という乱れ髪、しかも染めた髪と地の髪が混じってる。「服のまま寝ちゃった」ようなしわくちゃのシャツとズボン。つまり映画の中と一緒だった。

Barbara
マチュー・アマルリック監督作品
主演:ジャンヌ・バリバール、マチュー・アマルリック、オーロール・クレモン
1時間37分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



パンを買い損ねたわけ

マダム・ウードゥローは息子の小学校の担任の先生(こっちでは“先生”ではなく、マダム、ムッシューと呼ばせる)。
当時既に60歳くらい、小柄な女性で子供のようなきらきらした眼をしていた。
厳しくて宿題も多かったにも拘わらず子供たちには絶対の人気があり、“厳しすぎ”と文句を言う親も黙らざるをえなかった(しばしば子供の方が慧眼なのだ)。子供に教えるのが大好きで、定年を2度延長し、ついに小学校を去った後は、家庭教師をしている。

この界隈には教え子の親(例えばアタシ)がけっこういるので、道やスーパーで先生に呼び止められることがよくある。おしゃべりなんで、急いでいるときはパッと物陰に隠れたり、方向転換する親(例えばアタシ)も少なくない。
昨日パン屋の前でばったり会ったときは、久しぶりなんで隠れず(その暇もなく)
「アラ、お元気ですか?」
「それがアナタ、化学療法が終わって一安心よ」
「化学療法 ?!」
「それじゃ最初から話すと・・・」15分の立ち話になると見積もった。パンがなくなっちゃうかもしれないけど聞くに値しそうだ。
先生が乳房に赤い痣を見つけたのが夏前。痛みも痒みもないけど嫌な予感がして、皮膚科に行ったら、
「ブラジャーにかぶれたんでしょう」
まさか、と婦人科に行くが、ここでも「何でもない」と言われ、納得できずマンモグラフィーとエコグラフィーをしたけど異常は見つからない。
「でも疲れがひどいし絶対何かの病気と思ったの。自分の身体は自分が一番よく知ってるでしょ」
身体の声に従った彼女が正しかった。
3件目のクリニックで乳がんとわかり、乳房切除、化学療法。

「あなたに言いたいのは、納得いかなかったら複数のお医者に診てもらわなくちゃダメってこと」
ふむふむ、おっしゃる通り。
「それから年寄りのガンは進行しないっていうけどあれはウソ。私80歳になるのよ」
ピンク色の肌に茶目っ気のある眼が輝いている。彼女は小学校の担任当時から変わらない。
それにしても化学療法の直後でこの元気・・・シンジラレナイ。

彼女はその後、いつものように子供と猫の近況を尋ね、自分の娘と孫のこと、自分の猫(モト野良)が冷蔵庫を開けられること、海老300gを平らげてケロッとしていたことを話し、つまり話したいだけ話すと「じゃーね!」と軽い足取りで去っていった。
果たしてパンは全部売り切れてたけど、役に立つお話でした。

うちのモト野良猫は幸い冷蔵庫を開けない。ハトは捕まえたけど。

猫



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ