FC2ブログ
cantet

ローラン・コンテの『Entre les murs』が61回目のカンヌ映画祭のパルム・ドール。87年、モーリス・ピアラの『Sous le soleil de Satan』が取ってからなんと21年ぶり。開催国の名誉挽回 !
『愛の賛歌』のマリオン・コティヤールがアカデミー主演女優賞を取るし、『Bienvenue chez les ch’tis』が仏映画史上最高のヒットになるし、2008年はフランス映画の当たり年だ。

さて受賞作『Entre les murs』は、パリ20区の中学校に赴任した若い教師と、反抗的な4年生(13歳~14歳)の生徒たちとの“戦い”の物語。審査委員全員一致で決まったそうで、審査委員長、ショーン・ペンは「アメージング!」と繰り返し、目が潤んでいたという噂も。

ドキュメンタリーすれすれのこの作品は、教師役だけが俳優で、生徒たちはみんなシロウト、初めて映画出演を体験した。
パルム・ドールを授与するために現れたのは、ロバート・デニーロ。さすがに会場がどよめいた。映画初出演の子供たちにとってデニーロからパルム・ドールを渡される感激はいかに!

“Entre les murs”は、“壁の間”“閉じ込められて”という意味だけど、イギリスのプレスは“the class”と訳していた。フランスでは10月に公開になる。

61回カンヌ映画祭特別賞は『Un conte de Noel/クリスマス物語』のカトリーヌ・ドヌーヴ、『Exchange』監督のクリント・イーストウッド、映画界の長老(?)2人が受賞。
カンヌ映画祭公式サイトはこちらです。
スポンサーサイト



コメント
Entre les murs という意味は、文字通りは、確かに「壁にはさまれて」という意味ですが、比ゆ的に、「教室」を意味すると、どこかで学んだ気がします。フランス語(特に文学のフランス語)では、こういうmetaphoreが多く見られると思います。アメリカのプレスでも「the class」と訳されていますが、間違った訳ではないと思います。味気はないですが・・・。
Entre les murs は、確かに、「壁にはさまれて」という意味ですが、比ゆ的には「教室」を指すと、何かで習った気がします。フランス語(特に文学のフランス語)では、こういうmetaphoreが多いと思います。
アメリカのプレスでも、The Classと訳されていますが、間違ってはいないと思います。味気はないですが!
やっぱりフランス語は深いですね・・・。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ