Category : モード・コスメ
パリとマラケシュ、既に話題になっている2つのサン=ローラン美術館のオープン(10月初め)を待たず、ピエール・ベルジェが亡くなった。

ピエール・ベルジェ死去
photo:AFP

モロッコ、マラケシュの美術館。

マラケシュ、サン=ローラン美術館

サンローランの半世紀の伴侶であり、保護者であり、クチュール・メゾン、イヴ・サン=ローランの支柱となった人。メセナ(芸術擁護者)であり、エイズ患者のために戦った実業家・・・

イヴとピエールが出会ったのは、1958年2月、ハーパース・バザー主催のディナーの席。その前の年、ディオールの主任デザイナーに抜擢されたイヴは21歳。18歳でパリに出てきて本屋を経営していた文学青年、ピエールは27歳。2人は忽ち恋に落ちた。
当時ピエール・ベルジェは画家ベルナール・ビュッフェの恋人で、彼のビジネスを仕切っていたが、この日以来、イヴのために同じことをするようになる。
60年、イヴはアルジェリア戦争に徴兵され、すぐに抑うつ症になりヴァル・ド・グラース病院に収容された。同時にディオールを解雇されたことを、お見舞いに行ったピエール・ベルジェが告げると、イヴの返事は、
「じゃ僕たち2人で別のメゾンを作ろう、君が運営するんだ」
1962年、イヴ・サン=ローランYSLが生まれ、2人の「僕は創る人、君は売る人」のデュオは、2002年、イヴが引退するまで40年続く。イヴ・サン=ローランは確かに天才的デザイナーだったけど、ピエール・ベルジェの運営力がなければ、フランスのエレガンスの代名詞にまでならなかったに違いない。

1970年、”幸せなモロッコ時代”。真ん中は当時、”ヒッピー・シック”のアイコンだった女優&モデルのタリタ・ゲティ。

イヴ・サン=ローランの伴侶ピエール・ベルジェ死去
photo: Paris Match

1998年。

イヴ・サン=ローランの伴侶ピエール・ベルジェ死去
photo: orange

ベルジェの野心はYSLだけにとどまらず、74年、『Mode et Création/モードとクリエーション』グループを作り、イヴはもちろん、ディオール、ウンガロ、ソニア・リキエル、ドロテ・ビス、Kenzo・・・を擁護し、86年にモード研修と専門職の鑑定を行う『Institut Français de la Mode/フランス・モード・インスティテュート』を作る。プレス界にも進出し、1990年、新聞Courrier international、95年 に雑誌Têtuを創刊。ル・モンドの大株主でもあった。

失敗もあったというけどピエールが関わればビジネスは概ね成功し、イヴと巨万の富を成し、世界中の美術品を買い集める。
2009年、イヴが亡くなった翌年、思い切りよく美術品の殆どを競売に出し、グラン・パレで《世紀のオークション》が開かれた。
売り上げは3億7500万ユーロ(約487億5千万円。ゼロの数が違う世界で暮らしていた!)。

映画『イヴ・サン=ローラン』では、鬱とアルコール、ドラッグに閉じこもりがちな天才デザイナーを立ち上がらせ、励ますピエールをギヨーム・ガリエンヌが演じている。

数年前からミオパチー(筋ジストロフィーなど筋肉の難病)に苦しんでいたけど、精神力で最後まで仕事をし、サン=ローラン美術館のオープンを待ちかねていた・・・
あの世でイヴと一緒にオープニングを見守るんでしょうね。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

試着は危険!

オペラ座の左手にお店を開いた高級カシミアニットのブランド、ラナ・ディ・カプラ。ロロ・ピアーナから仕入れたカシミア糸、ヒルカス山羊の下毛を使っている、と言われてもすぐにはピンとこない。
ロロ・ピアーナは日本にもブティックがある、知る人ぞ知るイタリアの最高級ウール・カシミアニットブランド。エルメス、シャネルと同じカシミア糸と言われるとさらにわかりやすい。1頭からわずか100gしかとれない希少な毛で、その結果ロロ・ピアーナのタートルセーターは1400ユーロ!
ラナ・ディ・カプラのカシミアセーターは約半分の値段(それでも高い)。デザインがクラシック(Vネック、丸首、カーディガン)じゃなくて、一度見てみたいと思っていた。先日オペラにいたら突然土砂降りになり、私は迷わずラナ・ディ・カプラに飛び込んだ。

色が綺麗。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

カラーバリエーションがこんなにあって「このモデルをこの色で」とオーダーできる。オーダーは3-4週間、外国にも送ってくれる。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

このモデルが人気はちょっと意外。「イタリア人が好き」と聞いてなるほど。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

フランスでcamionneurと呼ばれているプルオーバー。トラック(camion)の運転手が着ていたからこの名前になったけど、女性が着ても素敵。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

これもメンズ。ツインセットにできる。

カシミアニット、ラナ・ディ・カプラ


デザイナーのシャルレーヌ、しょっちゅうお店に出ているそうだ。

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

“ちょっと見るだけのつもり”だったけど、来たからには試着してみよう。特に惹かれたこのブルーを・・・

カシミアニット ラナ・ディ・カプラ

それが間違いのモトだった。肌触りが違うし、サイズが細かくある(XS~XXL)ので身体にピッタリ。肩のスリット(?)も素敵。丈が長いのでスカートの中に入れても出てこないし、パンツにも合う。
脱ぎたくなくなった。
「高い(700ユーロ)けど一生ものよ!ロロ・ピアーナと比べたら半額じゃない」「9月は新年度で物入りだから・・・」の2つの声に引き裂かれる。
クリスマスに誰かに贈らせよう、という結論に達し、やっと脱いだ。
これだから試着は危険だ。でもやめられない・・・

公式サイトはこちら。でも値段は表示されていない。プルオーバー700ユーロ~、ワンピース1000ユーロ前後、メンズは800ユーロ~



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






5月14日に就任してからの3か月分のメイク代として、2万6000ユーロ(約338万円)の請求書がエリゼ宮に送られた、とすっぱ抜いたのはPoint誌。

マクロン大統領のメイク代

エリゼ宮の側近は、「メイク係は、記者会見やTV出演や地方・外国訪問など色々な機会に大統領に同行する」
つまり頻繁にメイク直しやヘアの乱れ直しのため、大統領にくっついているので、移動&拘束時間が長く、この金額になるということ。金額を下げるため、今後、雇用契約を結んで給料制にする予定である、と。
「確かに高額、でも前任者たちより安いです」

オランド大統領はフルタイムのメイク係を月手取り6000ユーロ(約78万円)で雇っていた。それに税金、社会保障負担額を加えると、雇い主には3ケ月3万ユーロかかる。
そういえばオランドのお抱え理容師の給料が問題になったっけ。9895ユーロ!
この時もエリゼ宮の言い訳は“常時詰めていて、ヘアを整える”だったけど、「何を整える?」「大臣の給料と同じ!」と物議をかもした。
しかし・・・残り少ない髪をこのように均等に配分する作業であれば、けっこう技術を要するかも。

オランド元大統領のヘアメイク代

ニコラ・サルコジは外注のメイク係に月8000ユーロ(約104万円)払っていて、会計検査院から“待った”がかかった。
メイク前と後でどのくらい違うか(違わないか)見てみたいもんだ。

プロのメイクアーティストに言わせると「私たちの給料平均からみると、確かに高い。でもメイク直しのためずーっと付き添っているなら、この値段ありかも」
つまり、大統領たちは特別高価なファンデーションやコンシーラーを使っているわけでなく、外国や地方出張、拘束時間の長さでこの額になるってこと。
マクロンなら「お金を払ってでも付き添いたい」という女性がいるかもしれない。

「これだけしょっちゅう写真を撮られ世界中に流される。コミュニケーションが大事な今日には避けられない出費」というのは、『L’argent caché de l’Elysée/エリゼ宮の隠れたお金』の著者で社会党議員のルネ・ドジエール。

エマニュエル・マクロンの爽やかでフォトジェニックな顔にはお金がかかっていたのね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



コレット、長寿の理由

「すべての良いものには終わりがあります。驚くべき20年間の後、12月20日、コレットは扉を閉めることになりました。コレット・ルソーはのんびりしたい年齢になり、コレットなしで“コレット”は存在しません。
このお店はSaint Laurentになります。何度もコラボレートした著名なブランドがこのアドレスを引き継ぐことを、私たちは誇りに思います・・・」
インスタグラムで閉店を伝えたコレット。

コレット閉店

1997年、コレット・ルソー&サラの母娘が、サントノレ通り2013番地に開いた3フロア700㎡のお店。
《スタイル・デザイン・アート・フード》という英語のキャッチに、コスモポリタンな場所にしよう、という野心が表れ、事実その通りになった(逆に言えば、フランス人は少なかったわね)

コレット閉店
photo:20minutes

2年間、コレットの近くにオフィスがあって、時々覗いた。
聞いたことのないデザイナーの服を「誰が着るの?」(着こなしが超難しそう)「誰が買うの?」(値段・・・)と物色。
Julien David, Thom Browne, Mary Katrantzou・・・などコレットのお陰で有名になったデザイナーやブランドは多い。

コレット閉店

直営店でしか売らない方針の高級ブランドも、コレットのウィンドウだとOKした。
毎回ソルドの先駆けをしても怒られなかった。
地下のウォーターバーはスノッブなだけかと思ったら、意外と美味しいし。
「ブティックというよりファッション雑誌に近いかも」とサラ。

確かに、コレットにはいつも人が多い(ファッションウィークの頃は特に)わりに、コレットの袋を下げて歩いている人が少ないと言われる。それでも盛衰の激しいコンセプトストア界で20年栄えた訳は?
『フラストレーション』がマーケティングのキーワード。
ストックを置かない(つまりすべて1点もの)方針は、お客に決断を迫る:明日はもうないかもしれない。そうなったら大後悔する。すぐ買うしかない(なるほど・・・)
衝動買い、インスタとSnapchat、《See now/buy now》の世界だ。
今を生きること、を実践して20年。コレットとサラ母娘は引け際も潔い。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






話は戻って、ソティス研修の最後の夜は、Bateaux Parisiensの船を貸し切ってセーヌ・クルーズだった。Debilly桟橋にたどり着いたら、船が何艘も停まっている。ここでウロウロしたら凍える・・・あれだ!とアジア人のいる船に駆け込んだら、中国大使館のパーティで、「ようこそマダム」と言われ、回れ右をした。

その隣の船だった。ガラス張りで眺めは素晴らしいけど、船は暖房があまりきかないそうで寒い。私が寒がりなだけ?

Bateaux Parisiens バトー・パリジャン
photo:bateaux parisiens

20時にエッフェル塔の足元を出発し、右(つまり西)に向かい、自由の女神まで行って方向を変え、オステルリッツ駅当たりで逆戻りする。約2時間半。
パリは夜のほうが美しい街だし、エッフェル塔は1時間に一度輝く。でもみんな、夜景よりおしゃべりのほうに忙しい。

ディナーのアントレはドンとフォアグラ、イチジクのコンポート。フォアグラ苦手な人が少なくなく、残している人、この量は食べられんという人多数。私も苦手。ネコに小判・・・もったいない。

バトー・パリジャン、ディナー

メインはスズキのグリル、寒いんで飲むピッチも上がり、写真を撮るのも忘れた(いつも後で後悔)。

そして最後にはダンスタイムになった。選曲はちょっと古かったけど、寒いときは踊るしかない、と私も加わったら、ソティスのフランス女子たちが豹変していた:昼間はマジメで控えめだった彼女たちが本性を現し、フロア中央を占領。(控えめに)踊っている社長や上司の手を取り、主導権を握り、振り回す。上下関係大逆転。
みんな息を切らして23時半、下船になった。

3日間ずっと一緒にいたソティス・ジャパン&研修の方たちと別れるのは名残惜しく、手を振ってバスが遠ざかるのを見送った。
タクシーに乗ったら娘のSMS「どこで何してるの ?!」
「今夜は遅いって言ったじゃない。20分で着く」
うちに帰りついたら「心配するじゃないの!」
「何を?」
「どっかで凍えて動けなくなってるかと思った」
「??」
「この前は風で吹き飛ばされそうになったじゃない」
「!!」
ま、心配してくれる人がいるのは有難い。夫はもうイビキをかいているし。
「それナニ?」娘は目ざとくソティスの紙袋を見つけて奪い取る。
中にはおみやげの春夏メイクとボディケアの新製品。娘はすぐメイクの箱を開け、

Sothys maquillage ソティス春夏メイク2017

「ちょうどアイライナーがなくなってた!こういう高品質のを使わなくちゃだめなのよね、シャドウの色もいい・・・」と、携帯でぱっぱと写真を撮り友達に送っている。
「でもそれ、私の・・・今からそんなの使ったら・・・」
「わーい、クリスマスみたい!じゃボンヌ・ニュイ。バタン」と部屋のドアを閉めた。
新製品はすべて娘の手中に。もしかして私の身の上を心配するより、おみやげを待っていたのでは・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ