FC2ブログ
Category : モード・コスメ
土曜日の夕方、甥っ子のマキシムとメンズショップのはしごをした。
彼は医学部を出て、お医者さんにはならず“公共衛生”を選んだ。
1年間パリの健康省での研修が決まり、先月ディジョンから引っ越してきたばかり。
8月末の誕生日に「パリに来るならプレゼントは一緒に選ぼう」と約束したのを忘れかけていたら、「いつ一緒に行ってくれる?」と電話してきたのだ。

マキシムは待ち合わせ場所に、高校生の時と変わらぬ恰好で現れた:ブルゾンにくたびれたストレートジーンズ、5分おきに紐がほどけるテニスシューズ。彼は服に無関心、全然おしゃれじゃない。
「何が欲しいの?」
「パンツ。黒と濃紺しか持っていないから明るい色のが欲しい」
「仕事に着ていくヤツ?」
「そう。同僚たちもネクタイなしのスーツだけど、どっか違う。パリっぽいっているか・・・きちんとしてるようでくだけている。だからぼくが浮いちゃう」
ははぁ、沈みたいのね。

こういう感じ?

costume-bleu-marine-casual.jpg

まずBHVメンズ館を見る。昔は日曜大工が好きなオジサンたちのデパートだったBHVは、今や地元のお洒落なゲイたちがターゲットだ。
したがって高級、中級の上ブランドばかりで、Sandroのウールのパンツが250ユーロ!
ジョギングパンツのようにウェストゴムになっているのは少し安いけど、お洒落上級者じゃないとただのジョギングパンツになってしまう。
「ワードローブが足りないなら、この値段でパンツ2本買ったほうがいいでしょ?」
と言うと、「そのほうがいい」
ZARAを駆け足で見て(何もなく)、ユニクロに行きかけて、そうだ、今コロナで試着できない。じゃCelio Clubに行こう。
結局、Celioでベーシックなパンツ2本、クラシックではあるけど、なかなか似合っている。
「2点お買い上げの方、3点目タダ」セールを利用して“アイロンかけが簡単なシャツ”を買い、合計がSandroのパンツ1本よりやや安かった。

マキシムは健康省で、コロナに関する統計&分析のチームにいる。最前線!
日本の感染者、死者の少なさについて聞くと-「民度が違う」などとはもちろん言わず-「まずテスト数が圧倒的に少ない」
「でも死者数はごまかせないでしょ」
「確かに。フランスは肺疾患で亡くなった人の数を全部“コロナの死者”として勘定してる」
「なぜ!?コロナ死者が増えて不利じゃない。現場のお医者さんに判別する時間がないから?」
「そう、だからコロナの死者数は発表される死者数より少ない。でも何%少ないかはわからない」
なるほどね。
ふつうなら買い物の後、カフェで一杯したいとこだけど・・・と言いながら叔母と甥は、メトロの駅で右と左に別れた。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



スポンサーサイト



「おっ!コートと同じ色のマスク!」と肉屋のオジサン。
「マスクを先に見つけて、それに合うコートを買ったのよ」
「ほんとに!?」
「ほんとのわけないでしょ」
でもオジサン、目ざといわね。元アパレルに勤めてたとか?
そういえば髪を切っても気づかない夫が「お揃いのマスクか」
フランス男はマスクに敏感なの?

春のコンフィヌマンが解除になったとき、通りかかったCOSで全商品50%オフをやっていた。大好きな空色のコートが87.5ユーロ(約一万円)!買うしかない。

manteau COS450

つまり“コロナのお陰”でゲットしたコート。後日、モノプリで同じ色のマスクを見つけ、迷わず買った。

モノプリのマスクはプリントの2枚組9.99ユーロ

フランスのマスク

オーガニックコットンの無地バージョン2枚組4.99ユーロ

フランスのマスク

値段のせいか(なぜプリント地が2倍もする?)無地が早くなくなり、コーディネートが難しい赤や黄色が残る。
日本では白い正統派マスクが多いようだけど、パリでは色物が多く、自家製の人もいる。
今探しているのはモノクロのプリント。マスク選びが密かな愉しみになった。

さて、小売店と公平を保つため、スーパーの“不必需品”の売り場は閉めろ、というお達し。
必需品と不必需品の線引きが難しい上、両者が混然としているモノプリではどう対応するであろう?と思っていたら、

書籍コーナーは板とガムテープで“壁”を作っている。

IMG_20201102_172439(1).jpg

服やアクセサリーは犯罪現場のようにテープで囲んだだけ。

IMG_20201104_185617.jpg

手を伸ばせば取れそうだ。今度やってみようかな。このアバウトな閉め方がモノプリの狙いなのかも。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



長生きする夏服たち

今でこそパリにも真夏日があり、酷暑にまでなるけど、10年くらい前までは「夏がない」夏もあった。
夏服を着る機会がなく、八百屋の店先のスイカは寒々しく見え、不発の花火みたいに欲求不満が残ったものだ。
そのせいかどうか、わたしの夏服は長生きし、何年、どころか何十年も登場している。
それに昔の服のほうが質がいい。
「どこで買ったの?」と聞かれて、
「前世紀のもの、ユーロ以前に買ったのよ。ハハ」

この夏、ヴァカンスに持ってきた服も去年のと殆ど変わらない。

KENZO JUNGLE(KENZOのセカンドライン)のスカートは20年以上前。
今でも大好き。東京のPleats Pleaseで買ったトップと合い、涼しい。

IMG_20200813_184304.jpg

海岸に行くときは水着にこのスカート。

IMG_20200813_184447.jpg

Pleats Pleaseの水玉トップ、これも古いわね、20年?夏の最多登場選手だ。
一昨年ZARAで見つけた綿レースのスカートと。このスカート、パリではちょっと浮くけど海辺ではハマる。

IMG_20200813_184151.jpg

東京のデパートで25年前に買ったワンピース。
同じスタイルで黄色の無地があり、迷っていたら、幼稚園だった息子が「両方買えば?」
結局1枚で我慢したのを後で後悔。息子の言うことを聞くべきだった。

IMG_20200813_184541.jpg

トルコブルーのワンピースは15年くらい前と比較的新しい(!)。シャーリングがあり、ウェストがフィットする。

IMG_20200813_184959.jpg

これも15年くらい前のPleats Please。プリーツではなくクシャクシャ加工。夜出かけるときにも。

IMG_20200813_185225.jpg

Pleats Pleaseは洗濯機で洗えて数時間後には乾いているので旅行にはすごく便利。

夏の写真はどれも同じ服を着ているから、いつのかわからない。判断要素は子供の年齢と顔のたるみ具合だ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村









メトロの廊下で時々ポスターを見た、ウェディングドレスのプレタブランドPronuptia/プロニュプシア。
1000ユーロ~でそんなに高くないけど、ポスターは時代を感じさせた。でも「倒産」のニュースにはびっくり。

ウェディングドレス、フランス

近年、背中を見せるドレスが人気。これなんか素敵だけどね・・・

ウェディングドレス、フランス
images:Pronuptia

大きな原因は結婚する人が減っていること。
2000年には305.000組あった結婚が、2019年には227.000組(うち6000が同性結婚)で25%減。
だからといって独身が増えている訳ではなく、パックスやユニオンリーブルやただ同棲しているカップルが増えているってこと。

結婚の減少に加えて不況もあり、Pronuptiaの売り上げが落ちだしたのは10年近く前。
2012年に会社更生法が適応され、借金返済10年分割プランが建てられた。
でも2019年末、借金はまだ900万ユーロも残っていた。
1958年に誕生、フランスに16店舗、従業員234人を抱えたブランドは、2月6日倒産宣言のはめになる。

メディアの人間や評論家が討論するニュースショーで、この倒産が話題になった。
30代の女性ジャーナリストは、不況が拍車をかけたと言い、
「一度だけ着るものに大金出すのはバカらしい」
40代の男性評論家は、
「いや、一度だけだから非常識な出費をするとこがいい」
やっぱり男の方がロマンチストなんだ。

でも、特にフランスでは、一度だけじゃすまない場合が多くなっている。
二度目はいくらなんでも白いウェディングは着ない。ましてや一度目と同じドレスは着ない。
教会で結婚するカップルが減っているのも理由のひとつ。市役所にウェディングドレスはあまり似合わない。

わたしたちも市役所で、2人とも二度目(マルイチ!)だったので、薄いグレイのスーツを着た。
3か月になる息子を抱いた写真は、日本で「なに、コレ!」という目で見られたけど。もう30年近く前のこと。
30年!わたしたち、そんなに我慢強かった?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






試したことのあるアライアのドレスは、立体的なフォルムの中に身体を閉じ込め、つまり身体の線が露わになる。
これでご飯食べたらお腹がボコッと出るじゃない!値段だけでなくフォルムも高嶺の花。でもうっとりするくらい美しい。

アズディヌ・アライアが亡くなったときは、だから悲しかった。年齢不明だったけどもう82歳だったのだ。

2007年、彼は自分の作品とモード&アート収集品を護るアソシエーションAssociation Azzedine Alaïaを作り、そこでエクスポが開催されている。『アライア&バレンシアガ、フォルムの彫刻家』

1968年、バレンシアガは飛躍しつつあったプレタポルテの波に乗れず(ごもっとも)突然メゾンを閉めることにした。
メゾンの№2だったマドモアゼル・ルネは、残ったドレスや生地を前に途方に暮れる。お蔵入りさせるのはもったいない。
バレンシアガの技術は継承されるべきだ。彼女の頭に浮かんだのがアライアだった。
「好きなものを持っていって」と言われた若いアライアは、その構築的なフォルム、高度なテクニックにぶっ飛ぶ。
以来、バレンシアガは彼の“お手本”となった。
「お客さんが『直してくれ』とバレンシアガの服を持ってくると、それをもらって新しい服を提案した」とアライア。師の作品にハサミを入れることはできなかった。

半透明のガラスで仕切られた会場には、バレンシアガとアライアの作品が並んでいる。
立体的、構築的な作り方は共通、でも決してコピーではない。服に対して同じ信条を持つ2人の、2つの時代の表現法だ。

アライア&バレンシアガ展

アライア&バレンシアガ展

会場は『写真はOK、でも触ってはダメ』
でも思わずアライアの革のスカートに触り、その柔らかさにびっくりし、背中の切り替えのこだわり(こうしないと身体に添わないのね)に感激した。

アライア&バレンシアガ展

アソシエーションの中にバッグ、靴、香水まで揃ったブティックがある。でも「写真禁止。触るのもダメ」。
「触っちゃいけないって、でもここブティックでしょ。試着できるんでしょ?」と聞いたら、
展覧会で触れなかったので、フラストレーションになった人が触りまくるので、というお返事。
「とりわけ白いシャツに触るんですよ」
なるほど。
仲良しの新間美也さんと娘と一緒に「これ、あなたに似合いそう」と夢みたいなことをいいながら、アライアの世界に浸った。

アライア亡き後、デザインチームが過去の作品から選んでコレクションを作っているそうだ。
バレンシアガはアライアが継承した。アライアを継ぐ人が現れるだろうか?

ALAIA et BALENCIAGA
18 rue de la Verrerie 75004 Paris
毎日11h~19h
入場料:5ユーロ
6月28日まで


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ