Category : フランスの男と女
「大統領夫人になって以来初めて、ブリジット・マクロンのインタビューが明日発売のELLEに載ります」
とラジオのニュースが伝えている。おお!買わないわけにはいかない。翌日、キオスクに行くと問題のELLEは最後の2冊。「お前もか」という目で見るオジサンにお金を払う。

10ページ(写真も入れて)に渡るロングインタビュー。

ブリジット・マクロン

準備された“お利口さん”の答えの中に、地が見えるような箇所がある:

ELLE:あなたは世界中のアイコンになりましたね。ハッシュタグ ilestamriéavecunefemmequia24ansdeplusquelui(彼は24歳年上の女性と結婚している)はWeibo(中国のTwitter)で600万回使われました。シンボルなったと感じませんか?
ブリジット:全然。だってエマニュエルの唯一の欠点は私より若いこと。これ、私たちの間のジョークなんです。年齢差を意識して暮らしていないし、かって自分より若い男性に惹かれたこともなかったわ。第一、エマニュエルの担任になったことは一度もありません。私が彼の宿題や詩を読んでいたという記事があったけど、あれはウソです。
ELLE:でもあなたは彼の演劇の先生だったんでしょう?
ブリジット:ええ、でもそれは演劇のアトリエで、一緒に戯曲を書きました、対等の立場で。
ELLE:その関係が変わる、と感じたのはいつですか?
ブリジット:エドゥアルト・デ・フィリッポ(イタリアの劇作家・監督・演出家)の戯曲をもとに一緒に書いていたとき。金曜日の夜2人で書いていたんですけど、土曜日から次の金曜日を待ち焦がれるようになりました・・・自分でも訳がわからなかった、だってあんまり非常識なことなんで。
ELLE:抵抗しようとしましたか?
ブリジット:ええ、エマニュエルにパリの高校に行くように言ったのは私です(注:エマニュエルの両親が2人を引き離そうとパリに追いやった、という説あり)。彼のためにそのほうがいいと思ったから。その時、私たちの間にはまだ何もなかったんだけど、噂は広まっていました。私は自分の3人の子供のことで頭が一杯でした。

エマニュエル&ブリジット・マクロン

ELLE:あなたとエマニュエル・マクロンは一晩も別々に寝たくない、と噂されますが、本当ですか?
ブリジット:エマニュエルが横にいると安心します。彼がどう思っていえるか代弁はできないけど、きっと同じだと思う。
ずっとそうでした。出会ったときから、意見が同じだったり、違ったり、口論したり、仲直りしたり・・・でも心配したことはない。
私はもともと不安な人だったけど、彼と出会ってから変わりました。なぜか説明できないけど、それは“彼だったから。私だったから”という感じ。プラトン主義が言うように、自分のもう半分を探していて、相手がそれにぴったり一致した。私たちの場合、年齢差のせいでその一致が難しかったけど、できました。
私たちカップルについて書かれた記事を読むとき、他人のことを読んでいる気がします。他にもたくさんある、ふつうの話なのに。
・・・・・・
でも、そんなにピッタリ合う、補足的な伴侶に出会えたなんて、そんなにふつうじゃない。
24歳の年齢差にかかわらず一緒になり、20年以上続いているのはもっとふつうじゃない・・・

ブリジットの孫たちを寝かせるとき、マクロンは自分の作ったお話を聞かせるんだそう。でも孫より先に眠ってしまうので、孫たちが揺り起こして続きをせがむ、という可愛いエピソードもあった。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
ブリジット・マクロンを「女クーガー」と命名したのはジャン=マリー・ルペン。クーガーは年下の男性が好きな中年過ぎ女性のこと。これを右派レピュブリカン党の議員がツィートして喜んでいた。この子供じみた(と言ったら子供に悪い!)嫌がらせにマクロンは、
「年齢差が逆だったら、誰も驚かないでしょう。むしろ“素敵”と言われる」
確かに。ドナルド・トランプとメラニアの年齢差は同じだけど、誰も指摘しない。

14日、大統領の権限移譲の式典で。ラヴェンダー色のスーツのブリジット。

ブリジット・マクロン、大統領就任式

シャルリー・エブド5月10日号の表紙はさらに意地悪で悪趣味。
お腹の大きいブリジットにキャッチは『この子は奇跡を生み出すわ』
(それに2人とも全然似てないじゃない。マクロンはニコラ・サルコジみたい・・・)

シャルリー・エブド、ブリジット・マクロンの表紙

ブリジット・マクロンは更年期でもう子供ができない、更年期になると女性としての魅力がなくなるという性差別的な皮肉が込められている。一方男性は原則的に死ぬまで子供が作れ、年とともに魅力の増す人もいる・・・サイテー

この表紙には批判多く寄せられた:
『ブリジットが夫より年上だってことはみんな知っている。それがどうしたって言うの。自分よりずっと若い妻がいる男性を風刺したらどう?』
『これを描いたのは女性ではありえない。こういう悪趣味の皮肉は男性しか描けない』
『シャルリー・エブドも程度が低くなったもんだ』
などなど・・・

中傷を向けられているのは妻だけでない:24歳年上を妻にしたのはゲイの“カモフラージュ”。
そして、Radio France社長マチュー・ギャレと交際しているという噂が流れた。
「もし私がマチュー・ギャレか他の誰かと二重生活をしているという人がいたら、その人が見たのは私のホログラム、私ではない。私はずっとブリジットを一緒にいて、しかも彼女に払っていない」と選挙集会の観客を笑わせたマクロン。
“払っていない”は、奥さんへの架空給与がすっぱ抜かれたフランソワ・フィヨンへの皮肉だ。
後日、雑誌のインタビューで、
「この噂の背後には2つの醜悪な考えがある:『年上の女性と暮らしているこの男がホモセクシュアルでないわけがない』という暗黙の女性蔑視。そして『なーんだ、彼はゲイなんだね!』というホモフォビー(同性愛嫌悪)。もし私がゲイなら、はっきり言っていた。今日、ゲイであることに問題はないんだから」(パリ市の前市長、ベルトラン・ドゥノエはゲイであることを公表して当選した)。

ブリジット&エマニュエルのカップルは外国では“現代的カップル”“上手くいっている再構成家族”と評価されているというのに。
男女関係では先駆者であるはずのフランス、時代錯誤の嫌がらせはいい加減にしてよ!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




愛すべき(?)男たち

親友のアダムとご飯を食べる。前回、枝豆の皮まで食べた人。同じレストランに行ったので、食べる前に言わなくちゃと思ったら、既に遅し。皮はなくなっていた。
「画期的なことがあった」とアダム。
彼と奥さんのカリーヌは、結婚記念日じゃなくて出会った日を祝うことにしているんだって。もう何十年も。
「プレゼントを探して歩いていたら、Pont Louis Philippe通りで日本ブティックを見つけた。そこで素敵な浴衣を買ったんだ。
“出会った記念日”にプレゼントをテーブルの上に置いたら、カリーヌがびっくり仰天するんだ。開けないうちに。そして僕へのプレゼントをその横に置いた。なんとそれが同じ店で買った浴衣!」
「それはスゴイ・・・」
問題の店は草分け的な日本グッズの店、KIMONOYA。センスがよくて、私も時々プレゼントを買う。
でも、アダムもカリーヌもその店を知らず「たまたま見つけて入った」というのがスゴイ。

久しぶりに会う友人ブリューノと一杯飲んだ。と言っても、彼は「目下酒抜きダイエット中」なのでトマトジュース。
「そういえば去年会ったときも酒抜きだったじゃない」
「一年に一度するから1年ぶりだ。君はデヴィッド・ボウイの話ばかりしてた」
「じゃ1年以上だ」と私。
彼とは本と音楽の趣味が似ている。
「この前、真っ青なことがあった」とブリューノ。
彼は妻子持ちで息子さんはうちの娘と確か同い年。ある夕刻、浮気予定の相手と待ち合わせのカフェに行こうとしていたら、歩道でタバコを吸っている息子にばったり。
「息子が〇〇で企業研修をしていることは知っていたけど、住所を知らなかった。それが待ち合わせのカフェの隣だったんだ」
「アララ・・・“パパ、ここで何してんの?”って?」
「まさにその通り!とっさに“何だと思う?”って答えて時間を稼ぎ・・・」
「“君を迎えに来たんだよ”とか?」
「“君の職場を見ようと思って”。そしたら、クール!って喜んで、一緒に帰るハメになった」と大笑い。
「でもその時は冷や汗もんだった。彼女はすっぽかしたし」
悪いことはできないってこと・・・



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





本宅と愛人宅の二重生活は14年間、ミッテラン大統領が亡くなるまで続く。アンヌは大統領の癌を最初に知らされた一人。癌は脳まで転移していた。
亡くなる日も彼女が付き添っていて、容態が悪くなったので主治医を呼んだ。最後を看取ったのはアンヌと娘のマザリン。2時間後、今度は正妻ダニエルの番で、2人は帰った。
遺言執行人はダニエルは「埋葬式に“もうひとつの家族”はどうしましょう?」
ダニエルは「来てほしくない」(ま、そうだろうね)でも相談の結果、大統領の“2つの家族”が出席することに。
大統領の死後、アンヌは無名の人に戻り、2011年の定年まで美術学芸員、ルーヴル美術学校の講師を勤めた。同じ年、正妻のダニエル・ミッテランが亡くなる。

ダニエルもよく我慢したと思う。
彼女とフランソワ・ミッテランが出会ったのは1944年の初め。ダニエルは17歳からレジスタンス活動に加わり、両親はマキ(レジスタンス活動員)を匿っていた。パリのレジスタンス活動を指揮していたフランソワは、ブルゴーニュに逃げなくてはならなくなり、ダニエルが逃走を助けることに。列車の中で、ダニエルはフランソワの恋人の役を演じる。列車が目的地に着くころ、お芝居は現実になっていた。同じ年の10月に2人は結婚する。映画になりそうな話!

17歳からレジスタンス運動をしたくらいだから政治に関心が強く、その能力があったダニエルは、第三世界援助の運動家になる。

ミッテラン大統領夫妻

81年、フランソワ・ミッテランが大統領になってから、ダニエルは「飾り物になるのはいや」と、エリゼ宮に自分のオフィスを作らせた。
夫の心は愛人に奪われても、自分の政治活動のために“大統領夫人”の椅子には固執したんだろう。

ミッテランの生誕100年でもあり、『アンヌへの日記』と『アンヌへの手紙』の2冊がガリマール社から出る。
前者は新聞の切り抜きやメトロのチケットが貼り付けられ、初めて恋をしている青年のよう。“権力と秩序の人間”だったミッテランから想像もつかない。
どちらもアンヌに宛てたもので、彼女も73歳になって(↓)大統領との半生を日向に出したいと思ったんだろうか?

ミッテラン大統領の愛人

本を読んだ文芸評論家は「メタフォールを使い、文才がある。フランス語を大切にする最後の大統領だった」
そしてカリスマのある最後の大統領だった。
スクーターで愛人宅に駆けつけるとこを写真に撮られるようなドジもしなかった。
大統領選に向けて、候補者が次々に本を出しているけど、それを凌いで売れそうだ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

元大統領の熱烈な恋文

1996年1月、フランソワ・ミッテラン大統領のお葬式に、隠し子マザリンとその母親アンヌ・パンジョが参列した。
左から本妻ダニエル、息子ジャン=フランソワ、マザリン&アンヌ・パンジョ、息子ジルベール

ミッテラン元大統領、愛人げの恋文
photo:MAXPPP

元大統領に愛人がいたことは既に公然の秘密。なにしろ32年続いた関係。その間にミッテランがアンヌに送った1218通の恋文『アンヌへの日記』(『アンネの日記』ではなく!)がガリマール社から出版される。

2人が最初に会ったときフランソワ・ミッテランは45歳、アンヌは18歳!ニエーヴル県会議員だったミッテランはアンヌの両親と知り合いだった。
間もなくアンヌはバカロレアを手にパリへ。「結婚する前に装飾関係の仕事につきたい」
パリに親戚のいないアンヌの世話をミッテラン夫妻が申し出る。2人の恋物語が始まったのは63年、ミッテラン47歳、アンヌ20歳。
『アンヌは私の喜び、私の恩恵、私の希望・・・私の人生に彼女が占める場所の大きさにしばしば驚く』と64年の日記。冷徹で専横な政治人間だったミッテランの知られざる顔、“恋するフランソワ”・・・

「予期しないことだった」とアンヌ。ミッテランは妻ダニエルと別れる気は毛頭なく、アンヌは愛人になる。
「政治的キャリアと家族の大切さのため」とミッテランの友人たちは言うが、アンヌは
「彼はダニエル(妻)を選ぶと決め、彼女を絶対見捨てなかった」
アンヌは日陰で生きていくことを受け入れるが、経済的に自立したかった。
彼女は美大に行き、美術館学芸員の資格を取る。数年後、彼女は19世紀の彫刻の専門家となる。

ミッテランの愛人はアンヌだけではなかった。でもアンヌにとっては「後にも先にも彼だけ。一人の男性を愛し、尊敬するのは最大の幸せ」
それだけに81年ミッテランが大統領になったとき、彼女は“関係の終わり?”と心配した。ところが逆に大統領はセーヌ河岸Quai Branlyにアパルトマンを借り、アンヌとほぼ毎日会うようになる。
大統領は2つの家族の間を行ったり来たり:週末とクリスマス、ロマンチックな夕食はアンヌと、友達との夕食、公的外出、新年はダニエルと。
アンヌは離婚を迫ったことも浮気を咎めたこともない代わり、「子供が欲しい」。
ミッテランは愛人の“唯一の願い”に折れ、1984年にマザリンが生まれる。当時、2人の関係を知っているのはごく近しい人だけだった。

86年、オルセー美術館開館式で。ジスカール・デスタン、ミッテランを案内するアンヌ(赤い服の背中)。ミッテランの熱い視線!

ミッテラン元大統領、愛人げの恋文
photo:AFP

フランスの歴代大統領にはみんな愛人がいて、それは当たり前どころか“男の勲章”。それにしても大統領になった途端、妾宅を設けて二重生活を始めるなんて・・・(続く)

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ