FC2ブログ
Category : ニュース
5日のデモはフランス全土で80万~100万人が参加(CGT労働総同盟の発表は150万人)。
政府の予想(25~30万人)を遥かに上回った。

パリ東⇒レピュブリック広場⇒ヴォルテール大通りを通ってナシオン広場、の4.4㎞のデモコース。
人が多すぎて前に進めないので予定よりずいぶん遅れてゴールに到着した。

パリ、12/5の年金改革反対デモ
photo:france bleu

SNCF(国鉄)とRATPは少なくとも9日(月)までスト延長を決め、マクロンにとって形勢は不利になってきている。

このデモ&スト、外国のメディアには「フランスの不思議」のひとつ。
「68年5月革命から、激しい黄色いベスト運動まで、ストと抗議はフランスの特徴として知られている。車に放火したりウィンドウを壊したりの暴力に、これほど寛容な国は民主主義の欧米諸国にない」
「外国、特にアメリカから見ると、マクロンの提案する年金改革は決して急進的ではない」とワシントンポスト。

NYタイムズは「先進国の中で、フランスの定年年齢は最も低い国のひとつ、年金額は最も高い国のひとつ」なのに、この抗議。
それは「マクロンは、決断する前に大衆の声を聞く、と言っていたのに、結局、上から下に強制する形になったから」
つまり改革の中身でなく、やり方に問題あり。

確かに「職業によって特権的年金制度(42もある)を止め、国民に共通の年金にする」というだけで、具体的な中身を発表しないのが労組の不満・不安を膨らませた。

「伝統的なフレンチパラドックスがここにも見られる:国民の大多数がスト参加者を支持し、同時に年金改革も支持している」というのはロンドン・タイムズ。

「ストが続かなければ、不人気な大統領は戦いに勝つが、国民の信頼を取り戻すという重い任務に専念することになる」
もし負ければ?
「紛争の絶えない長い冬に突入する」

結局「フランス人はデモ・ストが好きで、変化を嫌悪する国民」に要約される。
変化が嫌い、というより一度勝ち取った権利は、いかに状況が変わろうと失いたくないのだ。

日本ほどではないけど、フランスの老人人口は増える一方。フィリップ首相によると、今のままの年金制度では、2025年に79憶~172憶€という膨大な赤字になる。年金改革は必然なのに。

ところで、外国メディアが観た「フランスの不思議」はけっこう面白い。
例えば「どうしてバゲットの袋はパンの長さより短いのか?」とか、
「風采の上がらぬ政治家(ニコラ・サルコジ、フランソワ・オランド・・・)がなぜ美しい伴侶をゲットできるのか?」とか。
全くおっしゃる通り。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



ブラックな週末とストの関係

土曜日のオペラ・デパート街は今まで見たことのない人出で、なかなか前進できない。
ブラックフライデーのせいだ。アメリカで感謝祭(11月の第4木曜)の翌日に行われる一掃セール。
フランスでは2014-15年にアマゾン、Fnac、Dirtyなどネットショップから始まり、実店舗にも派生した。

フライデー=金曜日はフランス人も知っているけど(“フリデー”と発音する人がたまに)今年は日曜日まで3日間のセールにしているところが多い。
5日から交通網のストで動けなくなるのが見えているから、今のうちにできるだけ売りたいのだ。
その上、1年前から「黄色いベスト」運動が毎土曜日あり、商店の売り上げは落ちている。黄色いベストは5日にデモを決めていて、この土曜日は現れない、チャンス!というわけ。気持ちはわからないでもない。

わざわざオペラに行ったのは、今年はギャラリーラファイエットのクリスマスが綺麗、と聞いたから。
毎年同じデコレーションを出すので評判になっていたけど、なるほど単色で美しい。
木の枝につけるの、えらく時間がかかったのでは?

ブラックフライデー、パリ

ギャラリーは中には入らなかったけど、全品20%オフ(赤い丸マーク以外。この赤マークが意外と多いとか)。
食品(ラファイエットグルメ)は除外。娘が週末バイトしているパティスリーのスタンドでは、
「え?20%オフじゃないの?じゃ買わない」というお客もいたそう。
つまり“必要だから、食べたいから買う”じゃなくて、安いから買う。

この理由から、ブラックフライデー反対者も今年は多い:「過剰な消費を促すイベント」
「ファストファッション(低価格の服を大量生産&販売)を増長する」。
ファストファッション企業の労働条件(バングラデシュでは子供を働かせる)も批判されている。

デパートになだれ込んだエコロジストもいたし、こちらは“過剰生産&消費”のシンボルであるアマゾンの集配所。
エコロジストと労組がブロックした。
「Amazonは雇用と環境を破壊する!」

ブラックフライデー、パリ
photo:la voix du nord

靴が見たかったけど、人混みにめげて、京子食品でお豆腐とお米を買って帰る。
ちょっと前までここで働いていた息子が、今は東京にいる。1万kmはやっぱり遠い。重いから持ってきて、と言えないし。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





12月5日:誰が何でストをするか

「12月5日が近づいています」「後1週間となりました」とニュース。
恐れられているこの日にストをするのは:

SNCF(フランス国鉄)
これまで“鉄道員”は特権的年金制度を享受してきた。定年年齢:運転手は52歳から、事務職は57歳から。
一方、民間企業は62歳から。
この年金制度はなんと1909年にできたもの、つまり蒸気機関車の時代だ。ゾラの『獣人』の映画で、ジャン・ギャバンが顔を真っ黒にして石炭をくべていた時代。
1世紀以上前の制度が、オートマチック化された今も続いているのが驚きだ。
マクロン大統領はこの特権を廃止し「みんなと同じにしようね」と言っている。なぜなら、国鉄職員の年金は33億ユーロの赤字に達している。
これに反対し、SNCFを代表する4つの労組がとストを予定。「蒸気機関車時代の権利を失いたくない!」
理解に苦しむ。

RATP (パリ交通公団)

9月13日のストでパリを麻痺させたRATPは、年金改革に反対して12月5日から無期限ストを予告している。

フランス、12月5日のスト
photo:le Parisien

住民は「車か自転車か歩き」という選択肢になる。パリは“歩いてどこにでも行ける”大きさの街ではあるけど。

エールフランスの地上勤務員もストをする。彼らはいい給料取ってるのにね。

病院
予算不足、人出不足で、思うように看護できない、という国立病院の訴えはもっともだ。
11月20日、政府は追加予算と病院の借金を3年がかりで肩代わりすると提案したが、それでは不十分と12月5日の全国ストに加わる。

教師
教育制度改革に反対し、手当と賞与の少なさを訴えるため3つの労働組合がストを決めている。
つまり授業に来ない先生がいるってこと。生徒は喜ぶ?

黄色いベスト
「年金制度改革に反対する多数の労組と利害が一致する」とデモを決定。一致しなくてもするでしょう・・・

ということで、1週間後に迫った12月5日、買い物や用事は事前にして外に出ないで大人しくしていたほうがいい。
恐ろしいのは「継続可」とか「無期限」と言っていること。

1995年のストを思い出す。11月、当時の総理、アラン・ジュッペが、公共企業(SNCF、RATP、EDF)の年金制度を民間企業と同じにするを発表。それに反対して3週間、交通がストップし、政府は折れた。
クリスマス・年末シーズンだったため、旅行者は減り、外出・買い物も減り、小売店やレストランの倒産が相次いだ。
またそんなことになっていいの?
「木を見て森を見ず」という格言、知らないのかね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



夏時間と冬時間、どっちがいい?

3月最後の週末、
「深夜に夏時間に変わります。今夜は睡眠時間が1時間少なくなります」
10月最後の週末、
「冬時間に変わります。今夜は1時間多く眠れます」
今年は昨晩午前3時が午前2時になった。

changement dheure

いつもより早く朝市に行ったら、「ハハハ、時間変えるの忘れたでしょ!」と行く先々でからかわれた。
「変えたわよ、この後用事があるから早く来たの!」と叫んでも、誰も信じてくれなかった。

1976年、石油ショックの時、エネルギー節約対策として始まった夏時間。毎年2回、時間を変える度に、もうやめる、やめないの議論になっていた。
夏時間で夜遅くまで明るいと「エネルギー節約にならないとは言わないけど、微々たるもの」だそうだ。
一方、睡眠に及ぼす悪影響-特に赤ちゃんや家畜が時差ボケになる-、自動車事故が増え、電車に乗り遅れる人が続出(それは個人で気をつければいいことだけど)。
ついに今年3月、時間変更を止めることがヨーロッパ議会で可決された。

夏時間、冬時間どっちを取るか、は各国が選択していい。
フランスでアンケート調査を行ったところ、60%が「夏時間がいい」
「遅くまでスポーツができる」「遅くまで明るいので自動車事故が減る」「一日が長くていい」・・・夜更かし族が増えているってこと。
でもこれは都会の傾向で、農業、牧畜業の人たちは早寝早起きだ。

医学的には「夏時間は、太陽と体内時計に2時間ズレているので、冬時間が人間に合っている。」
そうだろうね、家族も私も冬時間のほうが居心地がいいもの。
でもフランスは少しずつ南ヨーロッパ寄りになってきている、と言われる。
北ヨーロッパの国は夕食が早く(午後6時とか7時)、コンサートや劇場も7時半に始まる。
南ヨーロッパは夕食が遅く、スペインなんて夜10時。コンサートの開始時間も8時半当たりが多い。

さて、“どっちの時間を取るか各国の自由”は、ヨーロッパの国々の運輸相から「待った!」がかかった。「国境を超える度に時間が変わるなんて、やってられん!」
タイムテーブルを作る側だけでなく、乗るほうだって混乱する。
時間切り替え廃止の実施は2021年の春か秋。「それまで考えましょう」ということになったようだ。
廃止には賛成だけど、冬時間になった朝、「8時?じゃない、まだ7時。まだ眠れる!」という幸福感はもう味わえないわけ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ナント一家惨殺犯人は・・・

「グザヴィエ・デュポン・ドゥリゴネス、ついに逮捕!」のニュースは金曜日の夕方。
この長ったらしい名前の男は、2011年4月、ナントで妻と子供4人を殺害し自宅の庭に埋めた疑いで、国際指名手配になっていた。

ナント一家惨殺事件
photo:parisiens

「なんと8年半逃走していたドゥリゴネスがグラスゴーの空港で逮捕されました!」とキャスターも興奮、ラジオはすぐに特集番組になる。
逮捕の状況は、ドゥリゴネスがパリのシャルルドゴール空港からグラスゴー行きの飛行機に乗る、という告発があり、パリ警察は空港に向かったけど間に合わず、すぐにスコットランド警察に通報。ドゥリゴネスはグラスゴー空港で待ち構えていた現地の警察に逮捕され、指紋が一致した。
盗んだらしきパスポート(ギイ・Jの名前)で「何度か整形手術をした模様です」。

さらに当時の事件を振り返り、犯罪学者や“ナント一家惨殺事件”について本を書いたジャーナリストがインタビューされ、
「自殺説も有力だったけど、私は生きていると信じていた」と得意げだった。
・・・という特集番組を私は最後まで聞いてしまった。

自分がWHOの医師と家族に偽り続け、ウソがばれたときに妻、子供、自分の両親を殺害したのはジャン=クロード・ロマン
ドゥリゴネスは相次いで事業に失敗し、夥しい借金があるのを家族に隠していた。事件の前に「もう自殺か集団自殺しかない」というメールを友人に送っていた。
どちらも、秘密やウソがバレそうになった時だ。ルース・レンデルの名著『ローフィールド館の惨殺』もそうだものね。

翌日の土曜日、“念のため”DNA鑑定、とフランスの警察がグラスゴーに向かい・・・なんと人違いだったことが判明。
まず夜半に電話してきたギイ・J氏の隣人の証言、
「J氏は30年来の隣人でドゥリゴネスであるわけがない」で仏警察は疑いを持った。
DNA鑑定でその疑いは事実になったんだけど、原因は指紋の判定がフランスとスコットランドの警察で違うこと:フランスは12点の特徴一致、スコットランドは3点一致!

24時間、一家惨殺犯人と間違えられたギイさんは、スコットランド女性が奥さんのリタイアした男性。顔がちょっと似ていたらしい。
それを「何度か整形手術をした模様です」だなんて!
スコットランド警察のアバウトさとメディアの先走りの結果。
グザヴィエ・デュポン・ドゥリゴネスはこのニュースを見ていたに違いない・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村










プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ