FC2ブログ
Category : ニュース
11月23日。レピュブリック広場の難民キャンプを退去で、暴力的な警官たちの様子がヴィデオで流れた。まるで犯罪者扱い・・・。
IGPN(警察の警察)が捜査を始め、難民のひとりに足蹴りを食わせ転倒させた警官は処分扱いになった。

その後、パリ17区で黒人の音楽プロデューサーが警官たちに殴られるヴィデオが公開され、フランス中を駆け巡る。
“マスクをつけていなかった”という信じられない理由と、これでもかという殴り方に誰もがショックと怒り。
人種差別的発言もあったそうだけど、残念ながらヴィデオは音声無し。

paris-21-novembre-2020-michel-zecler-producteur-musique.jpg
photo:20minutes.fr

殴った警官4人が取り調べ、2人が「権力機関の人間による任意的暴力行為」で仮拘留になっている。

折しも「治安法案24条」が議論されている。この法案には“警官を撮ることを制限する”という項目があるのだ。
もしこの法案が可決されたら、上のような事件は明るみに出ないことになる。報道の自由はどうなるのか?

警官の暴力、法案24条に抗議する29日のデモは、国民の不安を伝える正当なデモであったはずだ。
でも三密どころじゃない・・・

Manifestation-contre-la-loi-securite-globale-le-28-novembre-2020.jpg
photo:liberation.fr

娘も友達数人と出かけていった。コースはレピュブリック広場からバスティーユ広場。
「広場には行かないでよ」と母。
「わかってる。脇道を歩くから。ヤバくなったら帰ってくるから心配するなって」

わたしも様子を見に出ようと思っていたら、娘たちは意外に早く逃げ帰ってきた。
「催涙ガスで歩けない!」
「出ないほうがいいよ。壊し屋がいるから」
ブラックブロックこと壊し屋が現れ、ウィンドウを壊し、車を燃やし、デモの正当性をつぶしてしまったのだ。
ああ、せっかく開店許可が出た初日に、デモのコースに当たった商店はお客が来ないばかりかウィンドウを壊されたり、落書きされたり・・・最悪。
でも、治安法案24条は書き直されることになった。

5年前、連続多発テロのあとの抗議デモに夫と参加した。多くの死者を出したテロの直後で、沈鬱なデモ。バスティーユ広場からナシオン広場にノロノロ進んいたとき、広場を取り囲む警官たちに自主的な拍手が起こり、いつまでも続いた。
あの時、警官は「わたしたちを護ってくれる」という信頼があったのに。
一部の警官のせいで、暴力的、威圧的という形容詞が浮かぶようになってしまった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


スポンサーサイト



反ワクチン派の(屁)理屈

フランスはガボンと並んで、世界で最も予防ワクチンに懐疑的な国である、の図。
日本は5-10%

反ワクチン派の国

なんでそうなるか?

理由1:ワクチン接種は重病を引き起こす危険がある。
1990年以来、B型肝炎やヒトパピローマウイルスなど、数々の予防ワクチンが「神経病や自己免疫疾患を引き起こす」と告発された。
しかし、“ワクチン接種をした人”と“しない人”のグループを比較したところ、前者に自己免疫疾患が多いという結果は出ていない。でも“悪い印象”は残った。

理由2:ワクチンの副作用は数多いにも関わらず過小評価されている。
「何百万人という人達が予防ワクチン接種を受けている。その多くは何の副作用も訴えていない」と細菌学専門医。接種の“反応”は多くの場合、注射した箇所の痛みと発熱に限られる。これは免疫システムが作動し始めた証拠。ワクチン接種をしないで伝染病に罹るほうがずっと危険」
おっしゃる通り。

理由3:ワクチンに入っているアルミニウムが有害
筋肉神経病の専門医が著書に「ワクチンの補助成分として使われるアルミニウム塩は、神経病や慢性疲労の原因になり得る」と書き、反ワクチン派を喜ばせた。
この説は2013年に公共衛生評議会で否定される。
「今日の科学データでは、アルミニウムを含むワクチンに害があるとは言えない」どころか「免疫生産を刺激するのに最も有効な補助剤」

理由4:ワクチンは薬品研究所を富ませる
わー出た!コロナ陰謀説のひとつに「大薬品ラボラトリーが仕掛けた」というのがある。
ひとつのワクチンを開発・商品化には1千万~2千万ユーロかかるそうだ。それが高いのか妥当なのか・・・判断する知識はゼロだけど、これまでワクチン開発には8年~10年の月日が必要だったのを考えると高くつくであろうと。
そう、陰謀説派と反ワクチン派はかぶっている。

理由5:乳児の身体は11種の予防ワクチンを受けるには脆弱すぎる
8種のワクチンが生後2か月から18カ月の間に義務付けられている:ジフテリア、破傷風は生後2~4か月、麻疹・風疹・オタフク風邪は12~18カ月と散らばっている。赤ちゃんは脆弱だからこそ、予防接種をせずにこれらの病気になったら遥かに危険ではない?

いつの世の中にも屁理屈を言う人はいるけど、もしコロナの予防接種をする人が人口の半分だけだと、
「集団免疫になりませんから、説得するのが大変です」
と免疫学の専門医が言っていた。前途多難・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


ワクチンレース始まる

先週、アメリカの大薬品グループPfizer/ファイザー&ドイツのBioNteck/ビオンテックのコンビが「ワクチンが出来た!」と発表し、コロナの未来に希望の光。90%という予防率は素晴らしいけど、マイナス60度で保存しなければならないのが欠点。

間もなくロシアのインスティテュートGamaleyaも「ワクチンが出来た」。92%の成功率と張り合う。

16日にはアメリカのModerna/モデルナというバイオテックが4週間間隔で2回の投与のワクチン。94.5%の予防率。
なんだかセリみたいになってき。
ファイザー&ビオンテックがマイナス60度保存だったのが、モデルナ製はマイナス20度で運搬、その後は冷蔵庫(2~6度)で30日間保存できるのが強み。
フランスは超大型冷凍庫を何十台も購入したらしいが、もう少し待てば常温保存が現れるかもしれない。

モデルナはアメリカ政府から25憶ドルの支援を受け、その代わり1億個のワクチンを約束している(日本の報道とは数字がちょっと違う)。アメリカ以外では、カナダ、スイス、日本、イスラエル、カタールと契約を交わしていて、EU諸国とは交渉中(出遅れた?)

順調に行けば、Modernaのワクチンは「今年12月にアメリカ市場に出せる」。
これは前代未聞の速さで、これまでワクチンの開発・承認には平均8年かかっているそうだ。

新型コロナ ワクチン
photo:AFP

フランス市場へは来年の1月、という話だけど、喜ぶのは早い。
11月12日のアンケートによると、フランス人の2人に1人が「コロナのワクチン接種はしない」。
絶対する:14%
多分する:36%
多分しない:29%
絶対しない:21%
と見事に真っ二つ。
「絶対しない」人たちの15%は「あらゆるワクチン接種に反対」だ。
マスクや密着禁止など“お達し”に反抗するのが得意な国民ではあるけど、コロナに関しては「勝手にしろ」では済まされない。半数しか接種しなかったらワクチンの意味がないじゃない・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



風刺の自由 “時と場合と相手”

中学教師サミュエル・パティ追悼の辞で、エマニュエル・マクロンが「フランスは宗教的カリカチュアをやめない」と言ったことで、トルコ、リビア、アルジェリア、バングラデシュ、パキスタン・・・のムスリム国から激しい抗議が上がり、デモやフランス製品ボイコットが起きている。
皮切りはトルコのエルドアン大統領の、
「マクロンの精神状態はおかしい。診てもらったほうがいい」!! 
最近、トランプを筆頭に、首脳の発言が子供の喧嘩レベルになってません?
ブリジット・マクロンの年齢と容姿を暗にからかったブラジル大統領ボルソナロのは最低だった。

話を戻し、カリカチュアが政治問題になり、大統領が国民をたきつけることに怖さを感じていた、その矢先。
シャルリーエブドが凝りもせず、そのエルドガンをからかう表紙。

「エルドアン、私生活ではとっても面白い人」

シャルリーエブド

こういうのを油に火を注ぐ、じゃなかった、火に油を注ぐと言わない?
その上、女性蔑視も感じる。

今、フランスでテロが起こったら、まずトルコが疑われそうだ、と思っていたところへ、ニースのテロ。
犯人は21歳のチュニジア人だ。やはりムスリム国。
9月25日、シャルリーエブドの旧オフィス前で起きたテロ、サミュエル・パティ斬首テロもシャルリーエブドが9月1日、裁判の始まる前日に発行したムハンマド風刺画が引き金になっている。1か月で3回目。
表現、風刺の自由は大切だとしても、時と場合と相手を選べないものか。

ラジオのニュース番組で、サミュエル・パティの犯人を支持するツィートをした人が禁錮刑(確か4か月)になったことを挙げ、
「シャルリーエブドの表紙とどう違うんですか?」という質問をしてくれたジャーナリストがいた。
テロ犯人を支持するのはレベルが違うというでしょう、という答えだったけど、焚きつけるのと支持する、その境界は微妙な気がする。
再びロックダウンになる前日にテロ・・・フランスは長い冬ごもりになるのだろうか。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

人命と経済、どっちを救う?

という二者択一を、エマニュエル・マクロンは迫られている、という。
どっちも救うのが難しい状況、ということか。

でもフランスだけではない。ヨーロッパのあちこちの国が第二波に襲われていて、
アイルランド:全国的外出禁止。
ドイツ:局地的外出禁止(これまで優等生だったドイツでも急速に感染拡大)
スペイン:夜間外出禁止、夜11時から朝6時(夕食が遅いから。11時からの外出禁止はフランスの9時に相当する)
イタリア:映画館、劇場、スポーツクラブ、プール閉鎖。夜6時から外出禁止。

フランス主要都市は10日前から夜9時以降外出禁止。

パリ夜間外出禁止
photo:parismatch

マクロン大統領のコロナ政策は「先読みができていない」「隔離解禁が早すぎた」「春の第一派の教訓が全く生かされていない」「経済を救うことを選んだ」・・・と国民の支持は落ち、野党からは叩かれる。
しかしアンタたち、叩くしか能がないの?
100年に一度起こるパンデミック、80年に一度という経済危機、おまけにテロ、の三重苦に直面した大統領はこれまで例がない。
サルコジもオランドも内心「自分じゃなくてよかった」と思っているはず。
政府が叫ぶように、こういう時こそ「足を引っ張らず団結すべき」ではない?
第一、叩くだけで代替案は出てこないのだ。

医療関係者の意見をもとに、火曜と水曜に各党の党首や労組を呼び出して話し合ったマクロン大統領は、今日28日の夜8時に「制限強化」を発表する。
昨日の晩「確かなソース!」と、電話を切った夫が興奮していた。知人のパリ近郊市長の助役によると、
「夜7時からの夜間外出禁止+週末の外出禁止」
「確かなの?」
「市長たちは前もって知らされるから確かだろう」

ところが翌朝のニュースでは「一か月の全国的外出禁止になるであろう」というニュースが、かなり自信を持って伝えられていた。
市長助役の早とちり? 夜の間に対策が変わった?
“重い制限”の噂を流して、実はもっと軽かった、という心理的作戦か・・・は考え過ぎかしら。

感染拡大はもちろん心配だけど、外出禁止は気が滅入る。
春の外出禁止のときはお天気が良かったし、ヴァカンスと同義語である夏が来ることがわかっていた。
毎日灰色の空で、5カ月の長い冬に立ち向かう今、コンフィヌマン(隔離)という言葉は重い。誰にとっても。
8時のニュースまでドキドキ・・・

追伸:マクロンの演説前、モノプリのトイレットペーパーの棚が既に空っぽ!

IMG_20201028_185750.jpg



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ