Category : 子供・猫・家族

週末ユースホステル

アイルランドに留学している娘の親友エマが冬休みで帰ってきた。彼女の実家はパリから遠いので週末うちに泊まり、エマの彼も一緒に泊まり、娘の彼も来ていたので、朝(と言っても昼頃)若者が次々に現れるのでびっくりした。

エマの彼はコートジボワール出身、娘の彼はフランスとコートジボワールのハーフ(肌はカフェオレ色)、娘は日仏ハーフでエマは伊仏ハーフ・・・4人並ぶと、まるでベネトンの広告「ユナイテッド・カラー」でいい感じ。

benetton12.jpg

色とりどりの若者たちはよく食べるので、たちまち冷蔵庫は空っぽになる。なんだかユースホステルのおかみさんになったみたい。「晩ごはんうちで食べる人、手を挙げて!」
夫が真っ先に手を挙げる。
「あなたには聞いてない」

エマがアイルランドに留学しているのはエラスムスという制度のお陰。30年前にできた『EU生涯学習計画』の一環で、欧州連合29か国+欧州経済領域3か国の間で、交流、留学ができるようになっている。
パリ大学で英文学・英語を専攻しているエマは願書を出してエラスムスの奨学金をゲットし、9月からダブリンの大学に行っている。
「物価は安いし(家賃は別)、町を出ると自然が広がってるし、何より人が感じよくて親切。スーパーのレジの女性が“元気?”とか聞いてくるの」
「 !?」
同じモノプリに20年通っているのに、文句以外言われたことがない。
概して、フランスを出たフランス人は、よその国の人が親切なことに驚き(日本が1位?)自分たちが感じ悪いことに初めて気づくのだ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
必ず待たされる。うっかり時間通りに着いたら、果たして「すぐ着く!」のSMS。
“すぐ”とは?10分?15分?今どこにいるのかもわからん。意味のないメッセージ。
「どこにいるの?」「ナシオン」
待ち合わせがオペラだから「すぐ着く」わけないだろ、まったく。

仕方なくデパートのクリスマスイリュミネーションを見に行った。
ギャルリー・ラファイエットは真っ白な紙細工。

クリスマスイリュミネーション2016

こういうのボン・マルシェがやりそうだ。ギャルリー・ラファイエットはいつももっとカラフルじゃない?

クリスマスイリュミネーション2016

まだ時間があるのでユニクロに入る。
ダウンを見ていたら、3歳くらいの可愛い中国人の男の子が泣きながら走ってきた。
あらら、お母さんが服に夢中で(私もよくやった)迷子になったの?
すぐに中国人の店員さんが気づき、(中国語だったので想像するに)「ほら、お母さん、あそこ」と私を指さす。
私?! 違う違う、お母さんじゃないわよ!
男の子は、他人の子供にされそうな恐怖と怒りから、なんと私をぶち始めた。
やだ、私、何もしてないでしょ!そういうのお門違いって言うの!
そこへ、実の母が「おお、なんとか(子供の名前)!」と叫びながら走ってきた。
ひしと抱き合う母と息子。めでたしめでたし。
母に抱かれた男の子は、涙の溜まった目で恨めし気に私を見るのであった。

やっと着いた息子に、
「あなたが遅れてくるから3人目の子の母になるとこだった」
と話すと、
「若く見えたんだからいいじゃない」
全く反省の色なし。その上、私を黙らせるセリフを心得ている・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




ネコの場所取り合戦

なんでネコは箱が好きなんだろう?狭苦しくて居心地悪そうだけど、お母さんのお腹の中を思い出すから?陽だまりに箱を置いてやると、喜んで入る。箱入りネコ。

タマ&リュリュ、場所取り

でも、のどかな風景は長くは続かない。
間もなくリュリュ(白黒)がタマに「そっちの箱のほうが大きくていい、変えてくれ」と言い出す。
でもリュリュの箱はタマには小さすぎる。崩壊するかも。

タマ&リュリュ、場所取り

変える気はない!

タマ&リュリュ、場所取り

ついに取っ組み合いに。仲良く日向ぼっこしてればいいのに、アホか・・・

タマ&リュリュ、場所取り

同じことが深夜、繰り返される。ウトウトしかけたころ、タマがやってきて、私の脚の上に寝る。暖かい重み。アナイスが毎晩こうやって眠っていた。
そこへリュリュが現れ、タマを舐め始める。「おお、微笑ましい!」
実はそんなに微笑ましくない。寝ているタマは「うるせえ!」と怒り、リュリュの顔をはたき、リュリュがはたき返し、再び取っ組み合いに。年の功でタマが場所を譲り、リュリュが私の上に寝て、これ見よがしに脚など舐め始める。タマは怖い顔でそれを見ているが、間もなくキレてまた取っ組み合いに。観察している私は、すっかり目が覚めてしまう。

それでいて2匹はけっこう仲がいい。朝目が覚めると、2匹そろって私の足元に寝ている。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



お弁当物語

娘は毎日お弁当を持っていく。美術学校の学食は不味いうえ、申し込むと、食べなかった時も払わされる。
「もったいないでしょ ?」「確かに」
それで、近くのスーパーでサラダやサンドイッチを買うと「高いし、すぐお腹が空く」(子供たちは食いしん坊でよく食べる)。
「だからお弁当を持っていくことにする」と(自称)経済観念のある娘が宣言した。のはいいけど、誰が作るの?
・・・というわけでお弁当を作る人になって1年になる。作るのはいつも夜なので写真は撮れない、第一撮るほどのお弁当じゃない:
ハンバーグとラタトゥイユと卵焼きとか。
かつ丼とほうれん草の胡麻和えとか。
鶏の照り焼きとブロッコリー、ニンジンのサラダとか。
簡単なもんだけど、パン屋のサンドイッチとかスーパーのサラダだけのクラスメートはみんな羨ましがり、お弁当は有名になった。
ある日、授業中に娘が「ギャッ!お弁当忘れた!」と叫んだら、先生まで「そりゃ大変だ!」と言ったとか。

そのうちクラスメートのフェリックスが「一度だけ食べたい」とせがみ(娘は「おだてれば作ってくれるよ」と言ったに違いない)2人分作ることに。
間もなく「明日ポーリーヌの誕生日なの。お弁当が食べたいって」と、前日の夜に。
「鶏のつくねと胡麻和え、卵焼き、鮭のオニギリ・・・」
「茄子のカレーも入れて!」
カレーやハンバーグやチリを作るとき、お弁当用に分けて冷凍するのを敵は知っている。
「それはヘンよ、組み合わせが」
「気にしない!」
仲良しのお誕生日だから、娘は自分の好きなものを総動員したいらしい。
まあ、食べる人が気にしないなら、と、鮭のオニギリとおかずを一段目、二段目に茄子とひき肉のカレーとご飯を半々に入れる。
朝市の肉屋で買ったミニソーセージがあったので色どりに。
「タコにしよう!」と娘。
「何でそんなこと知ってるの?」
「日本のお母さんはみんなやってるのよ」
それで深夜のタコ作り。こういうの、小学校までじゃない?

octopus.jpg

「目はどうする?」黒ゴマがないので、黒粒コショウを埋め込んだ。
「食べる前に目玉取ってよ、辛いから」

娘が撮った写真。タコがぐったりしてない?
左の白い空白(に見えるのは)オニギリ。おかずとの境界にパラフィン紙、芸が細かい(?)

obento.jpg

オニギリに巻くノリはアルミ箔に包んで、猫が食べないようにお弁当箱の下敷きにした。

そしたら翌朝。お弁当箱はひっくり返り、アルミ箔が食いちぎられテーブルはノリだらけ。夜中、暇を持て余した猫が2匹の共同作業でノリを引っ張り出したらしい。
ひっくり返ったお弁当を見るのも恐ろしく、娘はそのまま学校に持って行った。

その夜。「どうだった?グチャグチャになってなかった?」
「大丈夫、ほら、ポーリーヌがお礼って」

Scan3 - Copie

さすが美術学校の学生!
おだてられるとすぐ乗る私は、
「フェリックスはまた作ってって言わないの?」
「言うけど、あたし仕出し屋やじゃないもの」
誰のセリフか・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
電車に乗ってどこかに行くにはご機嫌なお天気の週末。でも行先は病院だ。
夫の従弟のジャン=ピエールが、心臓バイパス手術をしてトロアに入院している。成功率99%以上と聞いても“心臓の手術”は心配する。その上、ジャン=ピエールは麻酔から48時間覚めなかったので、家族はハラハラした。
「牛一頭を眠らせるくらいの麻酔をかけるからだ!」とジャン=ピエール、彼は120㎏ある。
「麻酔から覚めるときがすごかったね。赤や緑のライトが点滅するナイトクラブみたいなとこにいて、音楽がガンガン鳴って・・・」
「きれいな女の子に取り囲まれて?」
「・・・それはなかった」
病室に座ったジャン=ピエールは、むくみが取れて前より元気そうに見える。でも咳やくしゃみをするとすごく痛そう。胸を切っているんだもの。
食事は塩も砂糖もだめで「昼はグチャグチャに茹でたカリフラワー(味付けなし)に靴の底みたいな子牛のステーキ(同様)、食えたもんじゃない!デザートのヨーグルトだけ食べた」
普通の病人なら、「かわいそうに」と、家族や友達が食べられそうなものを持ってくるとこだけど、彼の場合は「そりゃよかった」になる。
冠動脈の閉塞も、足腰が痛くてまともに歩けないのも肥満が一番の原因だから。これまで何度もお医者さんに警告されながら、暴飲暴食をやめなかったので、いわば自業自得。
不味い病院食のおかげですでに16㎏痩せたそうだ。
「120-16=104㎏?」
100㎏近い夫が、ジャン=ピエールの横ではほっそり見えるのに。
「いや、手術前は138㎏あったんだ」
「 ・・・・」

奥さんのマリー・フランスはシャンパーニュの村から往復1時間半かけて毎日お見舞いに来ている。
「明日は、畑のブドウ(収穫真っ最中)ひと房と庭のトマトが欲しいんだって」
ワインにするブドウは糖分が低く、彼女の“庭のトマト”は塩もオリーヴオイルもなしで美味しい。田舎の人たちは美味しいものを知っている。

jp_mf - Copie

病院の廊下の壁には、俳句の仏訳が書かれていた。
「盗人に取り残されし 窓の月」良寛
訳だと「立ち去った盗人が忘れたのはひとつだけ:窓の月」

haiku

「夏河を超すうれしさよ 手に草履」与謝蕪村
サンダルだと浮かぶ情景が全然違ってくるような・・・
短い言葉が映像を結ぶ俳句。フランス語に訳すと同じ印象にならないと思うけど、病院の廊下に登場するほど人気なのはすばらしい。

haiku


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ