Category : パリ雑記

殆どタダの朝市

夫が不在で、娘は友達のうちに泊まりに行ってまだ帰ってこない。
ロベールをお伴に朝市に行こうと思ったら、「今、ご飯食べてる」
「じゃ食べ終わったら市場まで来て」
と私はひとりで魚屋に向かった。
鮭やカジキマグロを買って、お財布を出すと ・・・クレジットカードがない !! うちを出るときちゃんと確認して、お財布はキャディの底に入れたのに・・・どうやって盗めたの ?? 仕方なく現金で払い、さてどうしよう?
朝市はチェックを断る店が増えていて(不渡りの危険)、肉屋、魚屋はカードで払う。つまり現金はそんなに持っていない。
私はチェックを取りに一旦うちに戻り、ロベールを連れ、歩きながら銀行に電話してカードの差し止めを頼んだ。

「どうやって盗んだの?」とロベール。
それが謎・・・魚屋の前はいつもお客が群がっていてキャディもゴチャゴチャと錯綜している。私のキャディに手を突っ込んだ人がいても、誰も気づかなかった・・・そうに違いない。
「現金は取られなかったの?」とロベール。
「それが不思議。私なら現金を取るけどね。だってカードは3度暗証番号を間違えるとブロックされるでしょ」
「でもsans contactで買える」
私はロベールの顔を見た。よく知ってるわね。最近端末に近づけるだけでいいカードが増えている。でも限度額は30ユーロ。

肉屋に赴き、
「チェックで払っていいですか?さっきカードを盗まれたとこなの」
「ええ!そりゃ災難だ。次回払ってくれればいいですよ」
と肉屋のオジサン。
私は子牛や挽肉を買い、ロベールが「シポラタが食べたい」というので2本買い、
「じゃ次回払います。ありがとう!」と言うと、
「まだ買い物があるでしょう、はいコレ」
と50ユーロ貸してくれた。
ロベールはシンジラレナイという顔。
「どうして50ユーロもくれたの ?!」
「くれたんじゃなくて、貸してくれたの。親切ね」

八百屋でも同じ。「払うのはいつでもいいよ」と言われ、野菜や果物を選んでいると、
「シポラタ、今食べていい?」とロベール。
シポラタは、子牛や豚の挽肉のソーセージだ。

シポラタ

「焼かないと食べれないわよ」
「ボク、生のほうが好きなんだ」
「ウソ・・・生で食べたことあるの ?! お母さん、いいって言うの?」
「もちろん」
「後で気持ち悪くなっても知らないわよ」
「なるもんか」
ロベールは買ったばかりのシポラタを美味しそうに食べだした。
シンジラレナイ・・・

「みんな君のこと知ってるからタダでいいの?」
「行きつけのお店にしか行かないから仲良くなったの。おまけしてくれるし、色んなこと教えてくれる」
そういえば祖母も魚屋さんと植木屋さんが親友だった。
その後は夫が行きつけの生ガキ屋とニシン・バーに寄って現金で払う。

グラスワインと生ガキをその場で味わう人も

パリの朝市 生ガキ屋

ポーランド人が2年前に始めて大繁盛のBar à Hareng/ニシン・バー。
色んな野菜とマリネにしたニシンが10種類くらい並ぶ。

パリの朝市 ニシン屋

ロベールは、「げーっ不味そう!」を連発。
「そういうこと言わないの!好きな人も(私とか)たくさんいるし、第一お店の人に悪いでしょ。シポラタ生で食べるほうが気持ち悪い」
と言うと、やっと黙った。

帰り道、ロベールは買いたい電動キックスケーターのことを熱心にしゃべり、うちに着くと8ユーロ受け取って帰って行った。10ユーロは高すぎると交渉して1時間8ユーロになったのだ。

カードを盗まれた怒りより、市場の人の親切と生シポラタの驚きが残った。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

拡大するセクハラ抗議

11月1日公開になる最新作『D’après une histoire vraie/実話にもとづいて』と連動して、パリのシネマテークで始まるロマン・ポランスキーの回顧映画祭。
ポランスキーと言えば1977年、アメリカで13歳の子役に性的行為をした嫌疑で有罪判決になり、一時釈放のとき国外脱出してフランスに移住している。40年前のスキャンダルがハーヴェイ・ワインスタイン事件で蘇り、シネマテークには「回顧映画祭を止めろ」と叫ぶフェミニズム運動家が集まった。

「強姦がアートなら、すべてのセザール賞をポランスキーにやれ!」

ポランスキー回顧映画祭に抗議
photo:lemonde.fr

ポランスキー回顧映画祭に抗議
photo:nouvel obs

「作品とアーティストを切り離せ、というのはわかるけど、ポランスキーはまだ生きている。彼の作品を観ることには反対しないけど、彼を称える映画祭はやめてほしい。ベルトラン・コンタ(DVでパートナー、マリー・トランティニアンを殴り殺した歌手)と同じ。彼のディスクを買うのはウィ、でも彼が雑誌の表紙を飾るのはノン。ポランスキーの回顧映画祭は、我慢のならないことを我慢しろ、というメッセージの政治行為」
と明確に理由を言う運動家は説得力があるけど、上半身裸で叫ぶ人たちは逆効果な気がする。

「ポランスキーの作品は、私たちの世界、映画というアートを理解するため、これまでになく不可欠だ。不当な同一視からくる圧力で、回顧映画祭を中止しようとは一秒たりとも思わなかった」とシネマテークのプレジデント、コスタ-ガヴラス。映画祭は予定通り始まった。

作品とアーティストを切り離せ・・・映画『ゴーギャン:タヒチの旅』が9月末封切りになったときも、ゴーギャンが最後のタヒチ生活で13歳の少女テフラと暮らしていたことが取り沙汰された。本人が生きていないからそこで止まったけど、一方テフラをモデルにした作品は高く評価されている。

この週末、海の向こうでは俳優アンソニー・ラップが14歳のとき、ケヴィン・スペイシーに性的ハラスメントを受けたと告白し、スペイシー主演の人気TVシリーズ『House of Cards』のプロデューサー(Netflix)はシリーズを打ち切りにすることに決めた。
『ユージュアル・サスペクツ』『アメリカン・ビューティ』など実力派の名優に、わいせつ行為の謝罪を、同性愛の告白にすり替えたと非難の雨。確かに、同性愛とペドフィリアを一緒にするのはヒドイ。

とにかくハーヴェイ・ワインスタイン事件は、今まで“業界の人は知っていたけど口を閉ざしていた”有名人のわいせつ行為を明るみに出した、という皮肉な“功績”。

この日曜日、パリや他の大都市で #Me tooのデモがあり被害者たちに「もう黙るのはやめよう」と呼びかけた。

me tooデモ
photo:ouent-france.fr

会社で「その服、似合うね」と言ってもセクハラになるアメリカとは違うけど、フランスの場合、口説く→相手がのってこない→セクハラに変身、という構図が少なくないそうだ。つまり「え?ただ口説いただけだよ」という逃げ道がある。線引きが難しいのだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



悪ガキの変身

モノプリのシリアルがずらりと並んだ棚の前で、何を買ったらいいのか途方に暮れていると、傍らで立ち止まる男の子。
「あら、ロベール」
同じ建物に住む彼は、動物愛護協会に寄付すると見え透いたウソでお金をせびりにきたり、公園の砂場で他の子供に砂をかけたりで悪評高い。でも不思議と私は嫌いじゃない。
「また背が伸びたね、元気?」
ロベールは現行犯で見つかったみたいにソワソワして、
「うん、いや、その元気じゃない」
「?」
「ママンがお金くれるの忘れて・・・」
またか。
「何買いたいの?いくらいるの?」
「お菓子・・・6ユーロ」
この子、お金がなかったら万引きするかも・・・するだろう。
私がお財布を出すと、びっくりした顔。こんなに簡単に出すと思わなかったらしい。
「20ユーロ札しかない」
「僕はかわまないけど」
「私はかまうの。おつり持ってきてね」
ロベールは既にいなくなっていた。

やっとシリアルを選んでレジに行くと、ロベールも並んでいた。彼の計算通り6ユーロちょっとで、私におつりを渡した。
「メルシーボクー!」
そういえばこの子からメルシーなんて言われたことなかった。
うちに帰ってその話をすると、
「毎回、モノプリで待ち伏せしてお金をせびられたらどうするの」と娘。
その可能性を考えなかったわけじゃないけど。まあその時はその時で。

後日、私が物置きの整理をしていたらロベールが通りかかった。
「手伝おうか?」
一瞬、聞き間違いかと思った。今までボンジュールと言っても返事すらしなかったから。
「あ、もう終わりだから大丈夫。ありがとう」

ロベールは養子で、養母と2人暮らし。その養母の女性が問題ありで、怒鳴ってばかりいる。彼女の声が建物全体に鳴り響くと「また始まった」
ロベールはもう慣れっこになっている。つまり母親が声を枯らして怒鳴っても全然効き目なし。9月に中学生になって、これから思春期で難しい時期なのにどうなるんだろう。
「養子を取るには厳しい審査があるんだけど、よく許可が下りたな」と夫。
あの養母に当たらなかったら、ロベールの人生は違っていただろうと私は同情してしまう。

そのまた数日後の夜。台所にいたらベルが鳴って、娘の友達かと思ったら、
「ロベールだよ、ママンに用事じゃない?」
ドアを開けて「なに?」と聞くと、
「こんばんはって言おうと思って」
「・・・・」
ジーンときたわね・・・私が彼の味方ってことをやっとわかってくれた?
モノプリで待ちかまえていたことも一度もないし。若い友達がひとり増えたみたい。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村











メトロ“リラの門”の幽霊駅

この週末は、日頃入れない歴史的建物が一般公開されるヨーロッパ文化遺産の日。
すごく待つという噂で(エリゼ宮は7時半から並んだ人が12時半に入れた)、いつもはパスしていた。けど今年はメトロporte de Lilas/リラの門の“幽霊駅”が初めて公開になる、と聞いて、それは見てみたい。

11番と3b番のポルト・デ・リラ駅の傍らに、1939年から使われていない駅があって、幽霊駅とかシネマ駅と呼ばれている。
『アメリ』(2001)でマチュー・カソヴィッツが証明写真を破片を拾い集め、『レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち』(2008)でソフィー・マルソーがSSに銃をつきつけるのがこの駅。

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:culturebox

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:visites guidees

メトロはパリのイメージのひとつで、年間約80本の映画、テレビドラマ、ヴィデオクリップの舞台になるそうだ。
舞台として人気の線は、6番(地上に出た時エッフェル塔が見える)、10番(距離が長い)、3b番(乗客が少ない) 。
「でも大勢のエキストラを使い、スタッフも大人数のときは午前1時から5時、最終と始発の間。またはポルト・デ・リラの“シネマ駅”で撮影してもらいます」とRATPの撮影担当者。シネマ駅の利点は、映画の時代背景やストーリーに合わせてカスタマイズできること。一日の使用量は15.000~18.000ユーロ(195万~234万円)と安くはないけど、運転手、電気技師、守衛など約15人のRATP職員もつけてくれる。職員たちは喜ぶとか(そりぁそうだ)。

週末は朝市と近くの映画館にしか行かない私が重い腰を上げ、友人とポルト・デ・リラ駅に向かう。
着いてみると、矢印も貼り紙もなくて、駅の窓口には誰もいない。中学生くらいの子供連れのオジサンもキョロキョロしていたので「もしかして・・・?」と聞いたら「そう、もしかして文化遺産の?」
そこへ清掃係が通りかかったので尋ねると、「よくわかんねぇけどエレベーターがあるから下に降りてみたら?」
下に降りると、目の前に幽霊駅!と期待したが、さっき出た改札の前に出た。そこへ従業員専用のドアが開き、中から人がゾロゾロ出てきた。RATPの制服を着た先頭の女性に、
「幽霊駅のヴィジットで来たんですけど」と言うと、
「あれは予約制で9月の初めに予約しなくちゃ見れないんです」
「そんなことどこにも書いてなかった」
「いえ、あちこちに書いてありましたよ。またやりますから来年ぜひ。オホホ」
来年だって・・・オホホだって・・・せっかく一念発起して来たのに。仕方なくまたメトロに乗って帰った。
慣れないことをするとこういうことになる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



パンを買い損ねたわけ

マダム・ウードゥローは息子の小学校の担任の先生(こっちでは“先生”ではなく、マダム、ムッシューと呼ばせる)。
当時既に60歳くらい、小柄な女性で子供のようなきらきらした眼をしていた。
厳しくて宿題も多かったにも拘わらず子供たちには絶対の人気があり、“厳しすぎ”と文句を言う親も黙らざるをえなかった(しばしば子供の方が慧眼なのだ)。子供に教えるのが大好きで、定年を2度延長し、ついに小学校を去った後は、家庭教師をしている。

この界隈には教え子の親(例えばアタシ)がけっこういるので、道やスーパーで先生に呼び止められることがよくある。おしゃべりなんで、急いでいるときはパッと物陰に隠れたり、方向転換する親(例えばアタシ)も少なくない。
昨日パン屋の前でばったり会ったときは、久しぶりなんで隠れず(その暇もなく)
「アラ、お元気ですか?」
「それがアナタ、化学療法が終わって一安心よ」
「化学療法 ?!」
「それじゃ最初から話すと・・・」15分の立ち話になると見積もった。パンがなくなっちゃうかもしれないけど聞くに値しそうだ。
先生が乳房に赤い痣を見つけたのが夏前。痛みも痒みもないけど嫌な予感がして、皮膚科に行ったら、
「ブラジャーにかぶれたんでしょう」
まさか、と婦人科に行くが、ここでも「何でもない」と言われ、納得できずマンモグラフィーとエコグラフィーをしたけど異常は見つからない。
「でも疲れがひどいし絶対何かの病気と思ったの。自分の身体は自分が一番よく知ってるでしょ」
身体の声に従った彼女が正しかった。
3件目のクリニックで乳がんとわかり、乳房切除、化学療法。

「あなたに言いたいのは、納得いかなかったら複数のお医者に診てもらわなくちゃダメってこと」
ふむふむ、おっしゃる通り。
「それから年寄りのガンは進行しないっていうけどあれはウソ。私80歳になるのよ」
ピンク色の肌に茶目っ気のある眼が輝いている。彼女は小学校の担任当時から変わらない。
それにしても化学療法の直後でこの元気・・・シンジラレナイ。

彼女はその後、いつものように子供と猫の近況を尋ね、自分の娘と孫のこと、自分の猫(モト野良)が冷蔵庫を開けられること、海老300gを平らげてケロッとしていたことを話し、つまり話したいだけ話すと「じゃーね!」と軽い足取りで去っていった。
果たしてパンは全部売り切れてたけど、役に立つお話でした。

うちのモト野良猫は幸い冷蔵庫を開けない。ハトは捕まえたけど。

猫



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ