FC2ブログ
Category : パリ雑記

今日はネガティヴでも・・・

年末に夫がひどい呼吸困難になり、救急車で運ばれた病因。あれはコロナではなかったか?という疑問は、家族内でだんだん確信になっていた。
当時フランスでは、まだコロナが無名だったので、ナンジャラ肺炎という病名がついていたけど。
内科医の義妹は、
「まだCovid-19は入国していなかったから違う」と断言する。彼女は断言するのが好きだ。
「ウィルスにパスポートは要らない」マクロンのセリフをマネしてみたけど、効き目なし。
でもその後、11月末に最初の感染者がいたことがわかった。それに、
「嗅覚がなくなった?」
「そう、2か月くらい匂いを感じなかったんだって」
ある日、何かが焦げている匂いにびっくりしてキッチンに駆け下りたら、深刻に焦げている鍋の横で、夫が涼しい顔をしてテレビを見ていた。
「この匂い、気が付かなかったの?!」
「実はずっと嗅覚がないみたいなんだ」
その話をしたら、義妹の確信も揺らいできた。

夫が具合が悪くなってから、ずっとそばにいたので、退院したあとわたしが罹った“気管支炎”ももしかしてコロナだったのかも。
もしそうだったなら、しばらく感染する危険はないということだから・・・
抗体検査をしてモヤモヤを晴らしたいと思いながら時間が過ぎ、先週、やっと2人分の処方箋をゲット。血液検査ができた。
その結果が今日わかった:ネガティヴ、つまり罹っていなかった。
罹っていなくてよかった、ともいえるけど、抗体がないわけだから感染の危険はあるということで、喜ぶべきか心配すべきかハタと迷う。
夫はわたしより後で検査したので、結果は水曜日だ。

2日前から薬局でも抗体検査ができるようになった。指先に針を刺して採決する。
一時は処方箋をもらうのも大変だったのにね。

コロナ抗体検査
image:Adentis

そうそう、結果を取りに、ラボラトリーの前まで来た時、派手なシャツを着た男がわたしを追い越して中に入った。こういう姑息な抜け駆けをするヤツが時々いる。けしからん!
ラボには待っている人がいなかったので、そいつはすぐ受付に座り「抗体検査をしてほしい」
聞くともなく聞いていると、そいつはコロナの症状がほぼ全部あるらしい。
「いつからですか?」
「4日前から」
「では水曜日の朝9時半に来てください。朝は人がたくさんいて危ないから、中に入らず外で待つこと。いいですか?呼びにいきますから入らないでください」
ちょっと待ってよ、その男は今、しっかり中に入っていて、わたしの前にいるのだ。さっきはわたしに限りなく接近して抜け駆けした。アブナイアブナイ・・・
今日はネガティヴでも明日のことはわからないってこと。モヤモヤは続く。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



と、昨日戻ってきた日本人の友人。彼は日本出張だったときにパリが都市封鎖になり、解除後もなかなか飛ばなくて、結局4か月も戻ってこれなかった。
JAL、 ANAは高すぎてAIR FRANCEに乗り、
「機内もガラガラで3席分使って寝てこれたのはよかったけど、機内食は遠足のおやつみたいなのと軽い食事だけ」
そこまで節約するのね。これからお弁当を持って乗らなくては!
免税品店も閉まっていて「タバコが買えなかった。ごめんね」
人がいなくてお店が閉まった成田・・・なるほど怖そうだ。

わたしは10年以上、日本のタバコ(ニコチン0.1㎎、タール1㎎のウィンストン)しか吸わないので、日本から飛んでくる友人は必ず免税品店に寄らされる。
最後のウィンストンがついになくなったので、本当に久しぶりに近所のタバコ屋に赴いた。
「0.1㎎の・・・」と言ったら、中国人のおばさんが、そういうことは表示されていないのでわからん。

数年前(もっと前?)からタバコのパッケージは均一になり、ブランドがわからない。
恐ろしい写真+キャプションで喫煙者を減らそうとしているけど、ニコチン&タール量は表記すべきではない?

「喫煙は動脈を詰まらせる」「心臓麻痺の原因になる」・・・
これに比べて、日本の「たばこの煙は周りの人に悪影響を及ぼします」は非常にソフトだ。

cigarettes en France
photo:challenges.fr

「じゃ、一番軽いのは?」
「あたしは吸わないので知らない」
それと、自分が売っているものの商品知識は別だろうが!しかも不愛想。
ここには2度と来ないと決めて買わずに出る。

2件目のタバコ屋は中国人。
「0.1㎎はフィリップ・モリスとベンソン&ヘッジス」とすぐ出してくれて、
「フィリップはブリティッシュな味、ベンソンはアメリカンテイストです」
「イギリスとアメリカでどう違うんです?」
「アメリカンのほうが軽いです」
よく知っていて親切。
ベンソンを買った。9.8€。
そういえば大通りのタバコ屋2件も中国人経営だ。

わたしが行かないうちにフランスのタバコ事情は大きく変わっていた。値段は毎年のように上がり、

2010年は4€以下だったのが、今は10€前後。既に「喫煙は殺す」のメッセージ。

cigarette 2010 (2)
photo:l'Est Republicain

ホラーなパッケージになり、「タバコ屋は全部中国人が買った」という友人のセリフは本当だった。

ベンソンは、もとはイギリスでも2007年に日本たばこ産業に買収されたそうだ。
しばらくは“日本資本、イギリス生まれアメリカンテイスト”を吸うことになる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

不動産詐欺の手口

娘と彼が不動産屋のサイトを熱心に見て、ああだこうだと言っている。
彼は絵を、娘は漫画を描き、2人ともバイトをしているけど、それで賄っていけるのかね。
親がかりでアパルトマンを借りる“独立”は困るのよ。
「わかってる。あたしたちの収入で何が借りれるか見てるだけ」と娘。
間もなく「これどう思う?怪しくない?」と物件の写真を見せに来た。

アラ、きれいじゃない。

4.jpg

2.jpg

「このアパルトマンはうちの娘が住んでいました。彼女がトゥーロンの実家に戻ってきたので貸しに出します。
写真のように非常に清潔です。

住所:10 Rue Marie Dubois 93200 Saint-Denis
メトロ13番線駅から徒歩6分。状態良の建物3階、35㎡。玄関、キッチン、居間、寝室、浴室、トイレ。南向き、日当たり良。
家賃:560€管理費(水道、電気、ゴミ収集)込み。
保証金:1120€

トゥーロン(パリから850㎞)とサン・ドニ(パリの北)の距離を考えると何度も往復はできません。
見学のあと、もし物件がお気に入ればその場で契約にサインし、鍵をお渡しします。

見学の日取りを決めるため、下記の情報をメールでお送りください。
名前、年齢、職業、現住所、電話番号 ・・・・」

ムムム・・・郊外とは言えメトロが通っていて、この広さ+状態の良さで560€、この条件なら候補者が殺到するはず。
それだけに“見学してすぐサイン”は怪しい。怪しすぎ。
店子が家賃を踏み倒して夜逃げ、は珍しくないから、家主は候補者の条件(定収入の額、保証人の確かさ・・・)をつぶさに比較検討して決めるもんだ。
と言うと、「だよね・・・」

娘が“家主”のメールアドレスを打ってみると、果たして「このアノンスに注意!」のコメントがいくつか上がってきた。
コロナの経済危機で色々な詐欺が増えているけど、不動産も要注意だ。学年末で引っ越し時期だし。
娘たちが「いい!」と思った物件は立て続けにウソ広告だった。

Airbnbを借りて、写真を撮り、見学させて、上手く行けば保証金をもらって逃げよう、という手口。
釣り文句は「娘が住んでいたアパルトマン」(息子じゃダメ。娘だと綺麗に使っていた印象あり)、
「往復するには遠すぎるので、すぐ決めて欲しい」(納得できる理由ではある)

美味しすぎる話は疑ってかかったほうがいいですね・・・



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村









連続スキャンの続き

喉が渇いていないのに水半ℓを一気に飲むのはけっこうシンドイ。
〇検査の1時間前に半ℓの水、さらに半ℓを持参すること。
〇検査の3時間前から何も食べないこと。
と言われている。

お昼抜きで放射線センターに着くと、受付の女性は「水は飲んだか?何も食べてないか?」と肝心なことは聞かず、
「アラ、あなた先週も来たわね」
好きで来てるんじゃないんですけど。

レピュブリック広場近くのこの放射線センターCSEは、レントゲン、スキャン、超音波検査、MRI(核磁気共鳴画像)・・・デジタル医療画像なんでもOKで、お医者さんのお奨めリストに入っている(逆にブラックリストもある)。

スキャンの部屋に入ると、女医さんがわたしのセーターとブラを見て、
「これなら取らなくていいですよ」
セーターは脱ぐと思ってせっかく綺麗なブラをしてきたのに・・・
肝臓スキャンはヨウ素の点滴とセットになっている。立体的に見えるから、だそう。ヨウ素の3D効果。
「身体の中が熱くなりますけど心配しないで」
なるほど点滴が始まって間もなく喉の中が熱くなってきた。熱さが下に降りていく。痛くも痒くもないけど奇妙な感覚。
準備している間、レントゲン技師と女医さんがお昼に何を食べたか話している。
こっちはお腹が超空いているのにそういう話はやめて欲しい。

「息を吸って、はい止めて」とマシンが言うのに従って、出たり入ったり。10分くらいで終わった。

radiologie-Scanner.jpg

「ヨウ素を排除するために、今日明日はたくさん水を飲んでください」

その後、結果待ちがちょっとドキドキだったけど、
「良性です」と言われたときは本当にホッとした。
肺のときはあまり心配しなかったけど、肝臓になんじゃらと言われたのは初めてだ。
「・・・でもたくさんあります。ひとつは大きいし」
この先生は最初に安心させて、後から不安にさせるのね。
「たくさんあるって原因は何ですか?」
「さぁ・・・」
レントゲン医は画像を読むのが専門で、後は消化器系のお医者さんに診てもらえということか。
今日のところは「良性」とわかっただけで、めでたしめでたしでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




連続スキャン

隔離の間、微熱や悪寒があって、コロナの初期に似ているけど、神経的なものだろうと思っていた。
でも夫は「ぼくの知っている呼吸器科のお医者に診てもらえ」と言う。
咳も出ないし呼吸困難もないのに「何しに来た?」と言われないだろうか?と出かけて行ったのが1か月前。
定年間際に見える先生はそんなことは言わず、
「ふーん、肋膜をしたの?」
「昔のことですけど」
「じゃ肺のスキャンと血液検査をしなさい」

この先生はかなりのおしゃべりで、コロナは既に減りつつある、マスクは暑くてかなわんとか、自分の診察室が散らかっていてびっくりしただろう(足の踏み場もないほど散らかっていた)とかしゃべり続けた。
「今は夜8時になると医療関係者にみんな拍手しているでしょ。あと1か月も経てばみんな忘れる。看護婦たちの賃金の低さも労働時間の長さも忘れてしまう」
というセリフが印象に残った。ほんとにその通りになっている。

16日(土)の医療関係者デモ。

manifestation-de-personnels-soignants-a-paris-le-16-juin-2020.jpg
photo:lexpress

さて話を戻し、血液検査はすんなりできたけど、レントゲンセンターがどこも予約が一杯(隔離中、しなかった人たちがどっと押し寄せた)で3週間待たされた。

レントゲン医はスキャンの結果を見て、
「肺はきれいです」
ホッとしたのも一瞬。
「でも肝臓にnodule(結節)があります」
「ノデュール?」
「腫瘍みたいなものです」
「腫瘍?」
「良性のことが多いですけど、肝臓のスキャンをしたほうがいいです」
と、その場で次の週の予約を取ってくれた。

結節という言葉さえ知らなかったので、うちに帰ってネットで見たら、良性の結節はよくあるらしい。
先天的なものが多く、症状はない。でも父が肝臓癌だったので(お酒に弱くタバコも吸わなかった)遺伝があるのかなぁと安らかな気分ではなかったわね(続く)


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ