Category : パリ雑記

香りは2秒で人を魅惑できる

12月末にオープンしたGrand Musee du Parfum/香水大博物館に行きたいと思いつつ延び延びになっていた。
友人の調香師、新間美也さんに「もう行っちゃった?」と聞いたら、ラッキーに「まだ」で一緒に行くことに。

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

地階の[香水の歴史]はイマイチ。古代エジプトまで遡るので、範囲が広すぎて一貫性がない。まぁ、言うは易しだけど。

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

嗅覚や調香についての上のフロアは面白い。調香師のことをフランス語ではnezというくらいだから、美也さんは鼻が鋭く、私が「何の匂いをしない」香りを嗅ぎ充てる。
象の嗅覚は人間の5倍、犬は2倍とか。フランス語で記憶力のいい人のことを“象の記憶力”というけど、見かけによらず五感の鋭い動物らしい。
香り当てクイズも美也さんのをカンニングして全問正解。賞品は何も出なかったけど。

匂いを嗅いで・・・

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

こちらに回答

パリ香水大博物館/Grand musee du parfum

調香師のインタビューの中で、ジャン=クロード・エレナ氏(エルメス、ブルガリ、フレデリック・マルなどの香水を多数作った)が、
「香りは2秒で人を魅惑することができる、言葉は2秒で何も伝えられない」というようなことを言っていて「ほーなるほど」
香りの瞬発力・・・香水選びを考え直さねば。

あっと言う間に2時間が経ち、閉館時間。私たちは追い出されるように博物館を出た。
五感の中で二の次にされがちな嗅覚は、場所や人の記憶を呼びこす感覚だった、と再認識。
一昔前、パリに着いたときの“匂い”はメトロの匂い。当時は禁煙じゃなかったので、タバコと過熱されたレールの匂い、決して嫌な匂いではなかった。
最初、サン・シュルピスの屋根裏に住んでいて、サン・シュルピス通りにあったBeauté Divine(神々しい美しさ)というお店を時々覗いた。薄暗い店内に、ごちゃごちゃとアンティークのオブジェや香水瓶なんかが並んでいて、タンスに入れるビーズの香料が気に入って買った。微妙で特徴のあるその香りが、パリのイメージになった。
今はお店もなくなり、メトロは禁煙になったけど、“メトロとビーズ”の匂いに出会えば、30年前に引き戻されそうだ。

メトロと言えば、10年以上前、RATPが[サンジェルマン・デ・プレ][モンパルナス][オペラ]などメトロの名をつけた香水(!)をRATPブティックで売り出した。でもその頃すでに“メトロは臭い”という先入観だか事実が行き渡っていて「え?シャトレ駅の匂い?そんなのやだー」と人気が出ず消えてしまった。無理もない。

香水大博物館の情報はこちらをどうぞ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
“オープンスペース”のオフィスは珍しくなくなった。私もやった。仕切りのないスペースを3つの(小さな)会社が共有していた。
最近の新傾向はオフィスに“自分の机がない”。大きいスペースに机が並んでいて、一番早く来た人が好きな机を獲得する。
Danone、AXA(保険会社)、Bouyguesなど大企業がこのシステムを導入していて、日本にも支社があるSanofi/サノフィの例がラジオでレポートされていた。
パリ郊外にあるモダンな新本社ビル。

Sanofi/サノフィの本社ビル

社員は毎朝、自分のロッカーに入れておいたパソコンや書類を抱え、机取りに奔走する。遅く来た人は空いている机がなくて、カフェテリアに行ったり、うちに帰ったり(!)。上司も平社員も研修生も同じ条件。

Sanofi/サノフィの本社ビル

なぜそんなことをするのかと言うと、
メリットその1:場所の節約
“出張や休暇や外回りで、通常60%のポストしか使われていない”という現状が発想の源。これはスペースの無駄である、とサノフィでは10人につき8つの机しか置かず、節約したスペースは他の用途に使われる。大コンサルティング会社accentureに至っては4000人に1000の机、しかない。
「毎朝、プールみたいにロッカーに取りに行って、自分の場所をゲットするのに10分はかかる」とサノフィ社員のひとり。帰る時も机には何ひとつ残してはいけない。飛ぶ鳥、跡を残さず・・・
メリットその2:協調精神を養う(フランス人は個人主義だからね)。
メリットその3:順応性を培う。

こちらはaccentureのオフィス。人に聞かれたくない電話の時はこの箱に入る!

accenture_dans_une_bulle_de_confidentialite.jpg
photo: radio france

外回りの多い社員や若い社員はこのシステムを面白がる。
「ヒエラルキーが薄れて、話しやすくなる。敷居の高かった上司が隣に座ってたり、他の課の人から思いがけないアドバイスをもらえることもある」
「集中できない」「落ち着かない」と愚痴るのは外に出ない社員と年配。ほら、フランス人ってオフィスに子供の写真とか絵を飾ってカスタマイズするのが好きでしょ。それもできないってこと。
会議室も同様で早い者勝ち。なのでコートやカバンを置く“お取り置き”テクを使う人も。
「取るか取られるかの緊張感、領土争いの西部劇の中にいるみたいだ」と社員。
確かにプラスαのストレスになる、と労働基準監督官は警告しているとか。早い者勝ちだから、より早く出勤しようという、という傾向はないみたい。そこまでして机取らなくても・・・ということらしい。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


床の穴、眠れぬ夜

金塊はなかったけど、より現実的な希望は残っている:ここにマンホールがあるんで床を壊さなくてもいいのでは?
「それはワタシラにはわかんない」と建具屋さん。ごもっとも。
後でマンホールを見に来た工事主任は、いや、やっぱり床を壊さないとダメだね、とすげないお返事。2つ目の希望もはかなく消えた。
間もなく、ドリルの騒音とともに床壊しが始まる。音だけじゃなく、埃もすごかったわね。周囲の家具や本は巨大ビニールの覆いがかけられ、工事の人たちはマスクをしていたけど、してないこっちはゴホゴホ。台所まで薄っすらと埃で覆われた。

・・・音が鎮まったときは、こういうことになっていた。

travaux.jpg

その夜。どこからかカサカサ、シューシューという音。夫のイビキじゃない。
気のせい?いや聞こえる。発信地はどこ?・・・と考えるうち恐ろしい事実に気がついた:うちの中に開けられた穴は、中庭の穴と繋がっている。外にドブネズミが出たからには、同じ道を通って、より暖かく食べ物の匂いがするうちの方にやってくるのではないか?ネズミの身になって考えればいかにもやりそう・・・鳥肌が立ってくる。
唯一の安心材料は足元に寝ているタマが反応しないこと。リュリュが興奮して走り回っている気配もない。
私は階下に降りる勇気もなく、ネズミは階段を上がってはこないだろう、食べ物は台所だし。もし出たらタマとリュリュが何とかするだろう・・・と言い聞かせながら、そのうち眠ってしまった。

翌朝、職人さんたちに「ネズミに出会いませんでした?」
「 ??」
「中庭を掘り返したとき、2匹も出たんですよ、このくらいのドブネズミ」と私は両手を30㎝くらいに広げる。
職人さんたちはゲラゲラ笑いだし( ?!)、
「マダム、そりゃネズミじゃなくてウサギじゃないですか?ゲラゲラ」
「マジで、ほんとにいなかった?」
「マジでいなかったね」
ああ、今夜は安らかに眠れる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



20年間知らなかった床下の上げ蓋

私たちが住んでいるのは1世紀前の建物。さすがに水道管が古くなって取り替えることになり、中庭を掘り返し始めたのが4月。
深さ2m弱、ちょうど棺桶2つ分くらいの長さの穴ができ、その上に板が渡された。住民や自転車が通る度にかなり大きな音がする、のはまだいいけど、穴からドブネズミが2匹出てきて、敷板の上をウロウロし、私と娘は外に出られなくなった。

そのうち、水道管の続きはうちのアパルトマン(地上階)を横切っていて、なんと!うちの中を掘り返さなければ工事が進められないことがわかった。
「つまり、床板をはがして穴を掘るってことですか ?」
「はぁ、つまりそういうことに」と工事主任。
はがすのはちょうどテレビの前。
工事中は1週間続き(つまいテレビは観れなくなり)、1日か2日水が使えなくなり、工事の人が出入りするのでドアは一日開いているので、誰かがいなくてはいけない( !?)。
工事には、配管工、水道管の技術会社、床板を剥がす建具屋も必要で、みんなの都合が合うのが難しく、グズグズするうちバカンスになり、じゃ新学期にしましょうということになった。

9月になったら、今度はみんなが立て込んで延び延びになり、そのうち諸聖人の休み(秋休み)に入り・・・。板の上を行き来する音が「ゾウの群れが通るみたい」にうるさいと娘がキレ、工事が進まないのはうちのせいみたいに言われる、と夫と私がキレ、そのうち12月になり、クリスマスが近づくと全員都合が悪くなり、工事中途で年を越すことに。

1月。永久にこのままなんじゃない?と私が絶望する頃、それを聞きつけたようにバタバタと決まり、2月に入ってすぐの早朝、けたたましい音を立てて床板がはがされた。
「こんなとこに上げ蓋が!」と職人さん。
あら、ほんと。床下にマンホールがあるなんて20年住んでて知らなかった。まあ、床板を剥がす趣味はないから知る由もない。
「金塊かも・・・」と夫。
「その場合、見つけた人と家の所有者が折半ですから」
あんた、マジ?
「あれ、国が取っちゃうじゃなかったっけ?」と建具屋さん。
「でも先住の家主の先祖が隠したのなら・・・」と私。
建具屋さんは「よござんすか?」という顔で私たちを見て、エイッと蓋を上げると・・・水道管の一部が通っているだけだった。
一瞬の希望は儚く・・・

trappe1.jpg

建具屋さんが帰ると、さっそく猫たちが偵察に駆けつける。

trappe2.jpg

続きは次回!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


“まだ嫌いじゃない”クリスマス

「胃は重いけど、家族との集まり(クリスマス)は終わりました。すでに過去のことです!あとは友達と騒ぐ年越しを待つばかり・・・」と26日のラジオ。
クリスマスが憂鬱な人がそんなに多いってこと。お正月が憂鬱な日本人も実は多いかもしれない。
その理由の圧倒的一位は“家族”。
家族のいない人、断絶している人は、家族が集うこのお祝いに孤独感を募らせ、
家族で集まると、思い出したくないことが浮上して口論になったり、落ち込んだりと言う人は多数。
それぞれ親が離婚して別のパートナーと暮らしているカップルは、計4回クリスマスをする羽目になり、胃が持たない・・・

先週会った友達は「姉貴と会うのが気が重い。言われたくないことをグサッと言う人なんだ」
「例えば?」
「息子が就職決まって喜んでいたら『もっとマシな職につけなかったの?』とか、僕には『そんな体型でよく我慢できるわね』(彼は小太り)とか・・・」
“姉貴”は2度離婚して今はひとり、2人の息子は遥かかなたの外国に住んでいて、クリスマスにも帰ってこない、というから“原因と結果”が明らかだ。
うちは、今年はディジョンの義妹の家で祝う番。義妹は料理が嫌いで(夫と私でするしかない)、魚は一切食べず、息子の一人はベジタリアン(メニューが難しい)。
一泊だからパジャマと歯ブラシだけ、と思ったら、料理の一部や、プレゼントを持って行かなくちゃいけないのに気づいて、けっこう大荷物になった。
リヨン駅(パリの)はクリスマス帰省で人が多い。
「ここでテロに遭いたくない」と娘。
「どこだって遭いたくないわよ」
「プレゼント開ける前に遭いたくないってこと!」

プレゼントを待ちかねる子供たちがいる限り、クリスマスを好きでいられる・・・

image1(1).jpg

7人で交換するとこの数になる・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ