FC2ブログ
Archive

一足お先に「プラダを着た悪魔」

フランス 映画

映画のストーリーは予測できてしまうもの、話題性の高さとあちこちのインタビューに現れるメリル・ストリープの誘惑に勝てず見てしまった映画「Diable s’habille en Prada」(プラダを着た悪魔)。米ヴォーグ誌の名物編集長アナ・ウインターのアシスタントだったローレン・ワイズバーガーがその体験を綴った同名の本の映画化だ。ローレン・ワイズバーガーによると、この編集長の下で働くのは地獄の体験、例えば彼女がデスクにつくとき、必ず朝食が用意されていなければならない。と書くと簡単に聞こえるけど、彼女が何時に着くか皆目わからないとなると、話は違う。毎朝15回、朝食を用意する覚悟でないと勤まらない。アナ・ウインターの権力は絶対で、彼女の一声でパリコレの日程が変えられ、彼女が取り上げたデザイナーは一躍スターになる。バレンシアガのニコラ・ジェスキエールやジャック・ポーゼンがその例だ。映画は、地獄に引きずりこまれる直前で踏みとどまるアシスタント(アン・ハサウェイ)にスポットが当たるが、もっと悪魔のキャラを掘り下げてほしかった。ファッションのヴィデオクリップを見るような登場人物の服装と、どこか憎めない悪魔のメリル・ストリープで、軽いけど楽しめる映画。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ