Archive

私の唇、好き?

シャネル

フランスのテレビCFって、意外とストレートでつまらないのが多いけど、これはテレビの前で待ち構えたい傑作。シャネルの新しい口紅、ルージュ・アリュール。ベッドでシーツを巻きつけたブリジット・バルドーがミッシェル・ピコリに、「私の身体が好き?」と聞く、ジャン・リュック・ゴダールの「軽蔑」の有名なシーンを再現している。白いシーツに包まった女と、ベッドの縁に座ったシャツとズボンの男で、ここまで官能的雰囲気が出せるなんて、と感心するフランス映画黄金期のワンシーンだ。「えー!BBは動物愛護にせいを出すおばあさん、ピコリも70歳すぎじゃない!」と驚くあなた、ご安心ください。モデルはブロンドの美女、ジュリー・オルドン。台詞は「私のが好き?私の唇が好き?」だ。音楽も原作のを使っている。欲を言えばジュリー・オルドンが綺麗すぎて、BBのちょっと崩れた危険な魅力がない。でもこのCFを見ると「軽蔑」がまた見たくなる。



スポンサーサイト

戸外に溢れる(?)喫煙者

禁煙

公共の場所でタバコが吸えなくなってから1ヶ月半。道に立っている人(タバコを吸うため)が増えたことを除いて、反スト、抗議デモなどもないし、「雨風が強いときなど外に出る気がしないのでタバコが減った」という効用もある。でもオフィス(ロフトにいくつかの会社が入っている共同オフィス)では、ひっきりなしに外に出て行っている人がいる。仕事する暇あるのかなあ。

さてそういう私も2、3回は外に出てタバコを吸う。階下にあるモデル・エージェンシーではいつも数人がタバコと携帯を持って、殆ど外で仕事をしている。煙突みたいに煙を出している男性が、「ねえ、春の匂いがすると思わない?」同じくらいもうもうと吸っている同僚たちは、さすがに返事に困って何もいわない。男性は深々と息を(煙を)吸い込み「うーん、春の匂い、感じない?」といい続ける。私は吹き出しそうになって退散した。

レストランの外にグラスとタバコを持ってぽつんと立っているお客、というのも新しい風景。今まで、食事が終わっても、食後酒とタバコで長居をしていたお客はいなくなるってことだ。夏になるとテラス席のあるレストランがさらに繁盛するってことだ。


La MOME- エディット・ピアフの生涯

フランス 映画

フランスの美空ひばり、エディット・ピアフ(ピアフは雀の意)の短い生涯を描いた映画、「la Mome」。「絶対泣くから」といわれて期待して、ティッシュを忘れず見に行った。

アーティストの内面を描いた映画を撮りたいと思っていたオリヴィエ・ダアン、2004年1月、本屋でエディット・ピアフの本を手に取り、「彼女だ!」と閃いた。50-60年代のフランスで、老若男女、社会階級に関わらず人気があった歌手、一度聞いたら忘れられないその声、いつも黒いドレスの小柄な姿・・・その場で、プロデューサーのアラン・ゴールドマンに携帯メールを送り、5分後にOKのメールが届いた。

4ヶ月半、パリのベル・ヴィルとNY,プラハで撮影された映画はピアフの生涯と第一次大戦前後のフランスの様子について、多くのことを語ってくれる。母親は道で歌を歌い、父は大道芸人、売春宿で育てられたエディット。丈夫ではない身体、野良猫のような性格、アルコール、ドラッグ依存など知らなかった歌手の実像と、その偉大な才能の開花が描かれる。そしてマルセル・セルダンとの激しく短い恋・・・

古い話だけど、山口百恵の引退コンサートでも泣いたんで(関係ないか)、滂沱の涙と思いきやあまり泣けなかったのは、子供時代と最後の数年が、交互に描かれたせい?分断せずに年代順に進んだら、もっとすんなり感動に上り詰めることができたように思う。主演のマリオン・コティアールはすごい熱演、おでこの広いピアフに似せるため、生え際まで剃ったという。次のセザール賞はこの映画が多くの部門でノミネートされるに違いない。



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ