FC2ブログ
Archive

春スキー物語2

春スキー

マシな状態の雪を求めて、私たちは2800mまで上った。今日も青空、Tシャツで滑っている人もいる。ベルギー人の叔父さんとおしゃべりする。ベルギー人の多くは英語、フラマン語、ワロン語、フランス語など3?4ヶ国語しゃべる人が多いけど、彼らのフランス語は、真似できないもったりしたイントネーションで、こういったらナンですが眠くなる。「雪が悪い・人が多い」と文句ばっかりの女性が、案の定転んだ。転んで何が悪い?確かにその通り、誰だって転ぶが、彼女は起き上がらない。先生が駆けつけると、「もうスキーははけない、帰れない」という。そんなに重大な転び方してないけどな・・・というハテナ顔で、先生は救急隊を呼んだ。こういうとき、ケータイは便利だ。間もなく担架ソリを引っ張った救急隊員が登場。彼女を担架に寝かせミイラみたいにぐるぐる巻きにして、スキーで降りていく。「最初からもっと下のクラスに行けばよかったのに」「でもあの担架のソリ、一度乗ってみたい」などささやきが聞こえる。

フランスのスキーの先生はESF(フランス スキー学校)に認定された人で、お揃いの赤いコンビネゾンに、12月からじっくり雪焼けした顔が目印だ。1945年には200人だったのが、今は全国で15600人の先生を数えるというから大したもんだ。でもスキー教師はぜいぜい年間5ヶ月の「季節労働」なので、夏は山歩きのガイド、ゴルフのコーチなどをしている。私たちの先生の本業は、家具作りもしている建具屋さん。食事や休憩のときに、自分の作った山小屋や家具の話をして、仲間から「ジャン、営業すんなよ!」とからかわれていた。スキーの先生の数は増えても、雪は益々少なくなっているから、それも彼らの心配要素だ。今にイタリアやオーストリアに出稼ぎに行かなければならない・・・

さて夕方ロッジに戻ると、さっきソリで担がれていった女性が、スタスタ歩いていた。

写真は、若くて優しい先生にあたってご機嫌の娘。



スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ