Archive

アナイスのお見合い

rencontre

うちの黒猫アナイスは、世話をする私に一番なついているものの、オフィシャルには息子の猫だ。当然のことながら、娘は「あたしも猫が欲しい」、「いや犬がいい」と定期的に騒ぐ。自分で世話をできる年まで待ちなさい、と逃げていたが、最近「ヘビを飼いたい」などとエスカレートしてくるので、この辺で手を打ったほうが懸命みたいだ。

猫をもう1匹飼うのが、もっとも簡単だけど、気難しいアナイスは、自分のテリトリーへの闖入者を認めない危険性が大きい。唯一認めるのは自分の子供だろう。じゃ産ませるしかない、夫を探してこよう、と、娘の友達の牡猫を一日借りてくることになった。

初めてのお見合いどころか、うちから出たことのないアナイスにとっては初めて会う猫だ。
連れてこられた牡猫は、怖がってすぐ戸棚の後ろに隠れてしまった。とても引っ込み思案で怖がりなんだと。「シャマロ(というのが彼の名前)、しっかりやって!明日、迎えに来るから」と飼い主は楽天的に帰っていった。

アナイスはすぐ興味を示して、戸棚の周りをウロウロしている。シャマロは隠れ家からやっと出てきたと思ったら、今度は窓の片隅に逃げ込んだ。女のほうが積極的で、さかんにアプローチするけど、相手が全然反応しないので、諦めてどこかに行ってしまった。

この後、シャマロは再び戸棚の陰に逃げ込み、水にもキャッツフードにも手を(?)つけようとしない。みんなが寝静まったら、出てくるだろう、と期待したけど、翌朝見にいったら、同じ場所に隠れ、ご飯も食べていなかった。
夜中に何度か接近を試みたらしいアナイスはやつれた顔。触れることも、視線を交わすこともできなかったようだ。

そんなわけで一夜の情事は失敗に。娘はもちろん、子猫の貰い手まで決め出していた夫も「思ったより複雑なんだな」とがっかりしていた。
スポンサーサイト
univers impitoyable

あの朝、私がスカートにするかパンツにするか迷わなくて、大切な面接に遅刻しなかったら、今頃どうなっていただろう?「あの時、ああしていたら・・・」は誰もが振り返って思うことだけど、人生は先が読めなくて、巻き戻しもできない。

「NOTRE UNIVERS IMPITOYABLE」(私たちの非情な世界)は、同じ弁護士事務所で働くカップルのお話。2人とも若く美しく、そして深く愛し合っている。ある日、ボスの共同経営者の弁護士が心臓麻痺で急死し、2人のうち1人がそのポストの候補者となる。彼女が選ばれるか、それとも彼なのか・・・?
物語は「あの時、彼が選ばれていたら・・・」「彼女だったら・・・」の2通りを、交互に見せてくれる。どちらにせよ、ライバル意識や嫉妬は隠せず、同じ地位で働いていたときとは大きく違ってくるけど、果たしてどっちの運命がいいのだろう。そして、実は2通りだけではなく、もうひとつの可能性もあるのだ。

タイトルやポスターを見て、「同じ職場で働き、一緒に暮らすことの難しさを描いた映画」と想像していたけど(その難しさは10年間経験した!)、予期せぬ展開で面白かった。まだまだ男性社会である社会背景、女性であることのハンディも織り込まれている。

主人公のアリス・は「LA DOUBLURE」(替え玉)ではトップモデル役を演じた美貌とスタイルだけど、それに気が着いていないような“庶民っぽさ”が魅力。セクシーな初老のボスを演じるティエリー・レルミットもはまり役。軽くて笑えるのに、ちゃんと余韻を残す、お奨め映画です。2月13日に封切りになったばかり。

花屋大繁盛のバレンタイン

St Valentin

バレンタイン・デーは恋人たちのお祝いだけど、男性が贈り物をするのが普通だ。アメリカでも男性の贈り物が女性のそれの2倍だとか。
つまりですね、バレンタインは女性が恋を告白する日で、贈るものはチョコレート、というのは日本だけで、どこかのチョコレートメーカーがでっち上げたことだと私は確信する。

フランスで男性が贈るものの1位は花。昨日うちに帰る途中で、花屋の前にできた男性の行列にびっくりした。これで手ぶらで帰ってきたらタダじゃおかない、と思っていたら、ちゃんと薔薇を買ってきた。
やっと体重(目下100kg!)を落とす決心をした夫に、私が贈ったのは“脂肪を落とす”というハーブティーとお洒落な容器に入ったダイエットシュガーであった。
花の次はディナー、香水、ランジェリーなどが上位だそう。

前の晩眠れないほど興奮していた娘は、何ももらわず、その代わり「興奮しすぎ」と先生から注意されてダブルにしょげて帰ってきた。年頃の息子に「何かもらった?」と聞くと「男が贈るもんだろ」「じゃ何か贈った?」「まさか」。彼によるとバレンタインは「ガキとおじさん、おばさんが騒ぐモン」らしい。

スキーバカンス

ski

今年はスキーに行けないみたい。残念!
フランスの学校のバカンスは夏休みを除いて、フランスをA・B・Cに3分割して1週間ずつ、ずらして始まる。今年の2月の冬休み、Bゾーン(ディジョン、リール、ニース、マルセイユ・・・)は2月9日から、Aゾーン(グルノーブル、リヨン、レンヌ、トゥールーズ・・・)は2月16日から、Cゾーン(パリ、ヴェルサイユ、ボルドー)は2月23日からそれぞれ2週間。バカンス地が混みあわないように、こういう時差式になっているが、フランス人がバカンスのこととなると、日頃あまり使いたがらない頭を最大限に使うのが伺える(しかし、パリの子供がバカンス中にディジョンに住む従兄弟に会いに行こう、と思っても、従兄弟のバカンスは終わっている、という不都合はある。)
その上、2月のバカンスは別名スキーバカンスと呼ばれ、スキー場を繁盛させようというきっかけで始まった、というのもスゴイ。
で、始まる順序も順番で代えて不公平がないようになっている。今年はパリのCゾーンが最後、ということは復活祭の春休みも最後(4月19日~5月5日)、雪はもうない。したがってCゾーンは2月に殺到する。先見のある人は早くから予約し、出遅れた私には、たどり着くのに10時間以上かかる辺境のスキー場と高いホテルしか残っていなかった。たとえホテルが取れたとしても、電車がなかった。

学校のバカンスに合わせたスキーは1週間のパックになっているのが多い。賃貸ロッジも最低1週間単位。それにスキーパス(リフト乗り放題)と貸しスキーがセットになっているのが多い。値段はいろいろあるけど、安い!と思ってよく読むと、スキーパスや貸しスキーは別途になっていて、シーツやタオルまで別料金になっているのさえある。
往復の交通費、3食+おやつ、スキー教室、保育施設までコミになっていて、現地で払うものが何もないのがご存知クラブ・メッド、地中海クラブだ。例えばセール・シュヴァリエで大人1人1900ユーロ、と非常に高いが、子供が小さいうちはラクなので、早くから満員になる・・・と書いていると、余計行きたくなるのでこの辺でやめておこう。

飛んでくる卵にご用心

crepe.jpg

今日はマルディ・グラ。子供たちが仮装して卵や粉を投げ合い、クレープを食べる日。娘は“ゴスロリに仮装した”といいながら、いつもと変わらない格好ででかけた。学校(中学)の帰りに、卒業した小学校に寄ってクレープを食べるんだそう。

このMardi Grasマルディ・グラ、 長い間“卵をぶつけられないように気をつける日”くらいにしか思っていなかったけど、実はなかなか奥が深い。
Mardi Grasは、復活祭に続くカトリックの祝日のひとつで、“太った火曜日”と訳したくなるが、肉食の火曜日という意味。翌日の水曜日は、“灰の水曜日”と呼ばれ、復活祭の前日まで続く節制と償いの期間(カレーム)になる。この間、断食まではいかないけど肉を食べない習慣があった。で、この肉なし期間に突入する前日が、肉食の火曜日Mardi Grasで、昔はカーニバルをやって祝った。カーニバルの語源は、ラテン語で“肉を引っ込める”という意味だそう。今年は復活祭が3月23日なので、なんと1ヶ月半以上、肉を食べなかったということ。肉食人種フランス人には辛かったらしく、今ではすたれた習慣。

子供たちは家々を回って卵や粉、砂糖をもらい、クレープを作ったが、今ではそれが投げ合いになっている。この日、学校近くの商店では子供に卵を売らないことにしているとか。
1578535991-nicolas-sarkozy-et-carla-bruni-se-seraient-maries.jpg

1月はじめ、カーラ・ブルーニとの結婚式の予定をうるさく問いただすジャーナリストたちに、「あなた方が知るのは、結婚式が終わったあとだ」と答えたサルコジ。その通り、2日の土曜日の朝、エリゼ宮で極秘に結婚式を挙げたことが判明。
カーラは白いドレス、大統領はクラシックなスーツ姿で、2人とも感動の面持ちだった、と式を挙げた8区の区長が語った。

在任中に結婚するのは仏大統領初めて、在任中離婚したのも初めて。そして芸能人のファーストレディも初めてのこと(カーラは歌手業を続けていけるの?)
週末に行われたアンケートでは、大統領が私生活を公開しすぎる、と感じる人が76%に達し、憲法評議会長のジャン=ルイ・ドゥブレは「大統領という責任ある立場に相応しい、私生活における節度を持ってほしい」とチクリ。
前途多難な新郎・新婦。でもShow must go on…
写真(C)AFP

大きくなったら何になる?

college

娘の友達4人が、クラスのみんなが将来何になるか予想した。その子の得意分野や性格、持っているイメージが根拠になっているんだけど、なかなか的を得ていて(?)面白い。
すごく綺麗なクロエはトップモデル、面倒見がいいエマはスチュアーデス、ぱっとしない男の子2人は、スーパーの店員とゴミ集配人。残酷!「ドラッグ密売人」になるというエリオットは既にデンジャラスな雰囲気があるらしい。親とうまくいっていなくて暗い印象のエミリーが「外国に行く」というのも、なかなか深い。
娘は何かというと「ゴスロリ、のちにルカ(クラスメート)と結婚するが逃げられ、ポール(同じく)と結婚」
「これって職業じゃないでしょ!それにどうしてルカに逃げられるの?片思い?」と私。
この「みんなの将来像」は授業の一環ではなく、子供たちが面白がって考えて、ご丁寧に人数分コピーして授業中に回したそうだ。コピーが回ってきたとき、娘は怒って(「だってルカもポールも好きじゃないもん」)授業中であることを忘れて叫んだとか。
ちなみに彼等はコレージュ6年生、日本でいうと中一だけど、フランスは小学校が5年間なので11歳だ。

息子は小さいとき銀行家になると言っていたっけ。お金にというより、ものと値段の関係に興味があって「それっていくら?」とよく聞いていた。
先日、娘がドイツ語のテストで20点満点を取り、ドイツ文学者のおじいちゃんに報告した。おじいちゃんは「さすがわしの孫じゃ。ご褒美にチェックを送ってあげよう」。後日送られてきたチェックに「20点だから20ユーロ」と一言、それをみた息子、羨ましがると思いきや「バカ、どうして40点って言わなかったんだ!」 親たちより経済観念はあるみたいだ。
写真は、子供たちが通っているリセ・コレージュの正面。
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ