Archive

メビウス50年間の作品に眩暈

Fondation Cartier(カルチエ財団美術館)で開催されているメビウスの(フランス語ではモエビウスと発音)展覧会。
自画像に始まり、ブルーベリー、ステルとアタン、ジャン・ディフォールなどキャラクター別に展示され、媒体はバンド ・デシネの原画やアニメのストーリーボード、巨大なパネルになったイラストやデッサン、小さなタブロー・・・50年に近いメビウスの創作世界が一堂に会する。
バンドデシネを日本向けに編集する仕事をしていたとき、メビウスとは何回か話したことがあった。
一見気難しそうで、眼光鋭く、なんとか教の教祖さまのような雰囲気が漂うが、その目が笑うと途端に無邪気で優しい顔。

moebius_original.jpg

徹底したベジタリアンで、奥さんが美味しそうにステーキなど食べている横で、キュウリやトマトやカリフラワーをボリボリ食べていた。宮崎駿の大ファンで、娘さん(今の奥さんとの)はナウシカと名づけた。でもフランス語発音だと“ノシカ”になってしまう。

彼のアトリエ兼住居に行ったとき-もう10年以上前だ-ナウシカちゃんはまだ小さくて目の離せない年頃。奥さんは料理かなんかしていて、メビウスは子供と遊んだり、監視したりしながら、食堂のテーブルでササッと絵を画いていた。あの緻密なタッチと正確な遠近法の絵、どんなにか集中力を要するだろうと思いきや“ササッ”なのだ。私の叔母は画いているときは仕事部屋に閉じこもって、誰も寄せ付けなかったのに。

展覧会を見ながら色々な場面が蘇る。
当時は、メビウスがシナリオで谷口ジローさんが絵のコラボ『ICARE』が進んでいて、私はシナリオの翻訳と谷口さんの編集者とのリンクをしていた。
シナリオは、生まれた途端、へその緒も切らないうちに飛んでしまう男の子の生涯の話。メビウスが見た夢がもとになっている。
「このストーリーの始めから終わりまで夢で見たんですか?」
「そうすっかり」
「1回の夢で?それとも続き物?」
「1回で」
「そんなことよくあるんですか?」
「いや初めて」
夢の話は簡潔で面白く、頭の中に映像が浮かんだが、ライターがそれにいろんなディティールを足してシナリオにしていくに連れて、膨大な枚数になり、オリジナルの骨格が見えなくなってしまった気がする。そういうものかもしれない・・・
美術出版から刊行されている。

会場の上の階が本屋さんになっていて、メビウスの選んだ本が並んでいる。自作のBDのBest of、谷口さんの作品、マイクル・コナリーの『ザ・ポエット』(画期的に怖い推理小説)など、彼の想像世界が垣間見れる。

72歳になるメビウス、著書やデッサンの数は膨大で、3Dの短編アニメや、素顔が見れるインタビュー・フィルムも上映されている。ご馳走やプレゼントの後に、アートな世界に浸り、お腹ごなしにもなる・・・お奨めエクスポです。
メビウス公式サイト

Fondation Cartier
261 Blb Raspail 75014
メトロ:Raspail(6番線)
11h-20h(火は22hまで)
休館:月
2011年3月13日まで


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
普段はうちに家族が集まってクリスマスをやるのだが、92歳の義父・ジャンが、
「クリスマスなんか祝いたくない。わしは動かん」というので、料理を全部作って、アレジアの義父のうちに出向くことになった。
義母がなくなってから、一時は初恋の相手とよりを戻したりして、ロマンチックな余生を送るかにみえたジャンだが、それも長続きせず、最近さらに気難しくなっている。ユーモアのないイジワル爺さん。
頻繁に様子を見に行く夫は「親父と話していると5分ごとに殴りたくなる」そうだ。
「わしは動かん」の後、またイジワルを思いついて「プレゼントはいらないし、しない」と電話してきた。
私たちはいいけど、4人の孫たちはどうなるんだろう?

モチベーションの落ちた自分を奮い立たせ、8人分の羊の煮込みや、スモークサーモン(これは買っただけ)、アスパラガスのサラダ、アペリティフのプチフールなど準備して車に積み込み、義父宅へ。
後10分で着くというとき「アッ!!ビュッシュ!」と叫んだのは私。
アイスクリームのビュッシュ・ド・ノエルを、最後に冷凍庫から出そうと思って忘れてきたのだ。
「なくてもいい」とダイエット中の夫。
「明日、私たちで食べよう」と娘。
「ほら、アレジアのメトロの前にパティシエがあったじゃない。まだ開いてるんじゃない?」と義妹。
さらに5分経ったところで「アッ!レモン!」と叫んだのはまた私。
「ジャンのところにレモンくらいないの?」
「親父の冷蔵庫はいつも空っぽだ。アラブ食料品店がどこかにあるだろう」
ごめん、ごめん・・・慣れない出張料理なんかやるとこういうことになるのよ。
そこで、“なんでレモンが必要か”ということに気づいた。
「牡蠣!!」
生牡蠣を、最後に出そうと思って、冷蔵庫に忘れてきたのだ。
「なくてもいいんじゃない?」と生牡蠣が嫌いな義妹。私も好きじゃない。
生牡蠣が好物の夫は怒り出した。
「親父はそれが楽しみなんだ!何で忘れるんだ」
「自分だって忘れたくせに!ちゃんとリストを作ってみんなでチェックすべきだったのよ。私がメトロで取りに帰ればいいでしょ!」
「なんか映画の中にいるみたいだ」従兄弟のマキシムが笑い出す。
「クリスマスとか結婚式にみんなドジしかしないコメディがあるじゃん」
つられて笑って、ふとアレジアの大きな魚屋を思い出す。
「もう閉まってるにきまってる」と夫。8時だ。
それでも前まで行ってみると、シャッターは半分閉まり、店のお掃除をしているところだ。
「ほらね」と言われるが、私は、交渉してくる、と車を降りた。

「牡蠣を売ってくれます?」
「マダム、もう閉店ですよ」
「そこを何とか・・・助けると思って」
「・・・・」交渉の余地がありそうな沈黙。
そこへもう一人の店員が「いくつ欲しいの?」と手招きした。
お金を払って牡蠣を受け取ると、「ちょっと待ってて」と店員のお兄ちゃん。レモンを2つ持って戻ってきた。
「ボンヌ・フェット」
「ありがとう!あなたのお陰でバスティーユまで往復せずにすんだ!」
牡蠣の袋を提げて車に戻ると、夫はシンジラレナイという顔。

パティシエで最後に残っていたビュッシュを買い、事なきを得たが・・・
料理とかプレゼントって、「喜ぶ顔が見たい」という気持ちがないとダメなのだ。
「クリスマスなんかごめんだ、プレゼントも廃止」という人には、何をしたって喜んでもらえない、とモチベーションは甚だしく落ちる。
クリスマスが好きじゃない、という人は多いけど、私もその仲間入りをしようとしているようだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。面白かったらクリックしてください

ノエルのメニューは?

クリスマスは家族と、うちで祝うのが普通だけど、レストランではどんなクリスマス・メニューを出しているんだろう。
マドレーヌ広場のレストランSenderensでは、
-帆立貝のカルパッチョ
-セロリと黒トリュフのラヴィオリ
-ジビエとフォアグラのパイ仕立て
-マロングラッセのパルフェ、胡桃の蒸留酒のアイスクリーム添え
このメニュー、ワインなしで170ユーロ、それぞれの料理に合ったワインつきで230ユーロ。
つまり一家4人で食事をしたら1000ユーロだ。誰もが行ける値段ではないわね。
大衆的なレストランでは、
-フォアグラ
-生牡蠣
-シャポン(太らせるために去勢した鶏)
-ビュッシュ・ド・ノエル
のようなメニューが一般的で、ワインなしで65~80ユーロ。

chapon.jpg

夫の実家と祝う、うちのメニューもあまり変わらない:生牡蠣、フォアグラ、メインは羊。
いつもはジゴ(羊の足)のローストだけど、今年は前もって準備できるナヴァラン(リンクのページの下のほうにレシピがあります)にする。ニンジン、カブ、ジャガイモ、インゲンと野菜をたっぷり。とりわけ美味しいのが、このカブ。

Navets.jpg

Boule d’orという、訳すと赤面するような名前(金の球)だけど、ホッコリして甘みがあって白いカブより断然美味。
というわけで、目下娘をアシスタントに野菜の皮むきをしているところです。

プレゼントはというと、子供や従兄弟たちは「現金!」「僕は使っちゃうから小切手がいい」という年頃になり、夫と私は、「ソルドが始まってからにしようね」という夢のない話。
せめてツリーで夢をみよう・・・

sapin_430.jpg

どうぞよいクリスマスを!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

子供2人を引き連れてモミの木を買いに行く。担ぐ人2人、払う人1人というメンバー構成だ。
花屋やマルシェ・ド・ノエルに出るモミの木はほぼ2種類、エピセア(Epicéa)とノールマン(Normann)。
エピセアは月の神、女性の守護神アルテミスのシンボル、針が細くピンと空に向かっている。暖房に弱いので針が早く落ち、掃除が大変なのが難。クリスマスツリーに成長するまで8年かかる。

epicea-1.jpg

ノールマンはフィンランド人ノールマンさんが19世紀に発見した品種で、針が太く柔らか。香りがない、という欠点はあるが針が長く持つので、マルシェ・ド・ノエルではこっちのほうが人気。ツリーになるまで10年~12年かかり、そのせいかエピセアより少し高い。

nordmann-1.jpg

私たちはメトロ1駅歩いて、目指す花屋に到着。
子供たちはツリーはデカイほどいい、と思い込んでいるので、それをけん制するのも私の役目だ。
「ノールマン」というと、ツリー売りのオジサンは「ここにあるのは2m、こっちが1,75m、あっちが1,5m」
木だって個人差があるんだから、1,6mや1,85mのモミの木だってあるだろうに。その木たちはどうするんだろう?という疑問が浮かぶが、ツリー売りオジサンはすごく寒そうで「手の感覚がなくなっちまったぜ」などといっているので、そんな質問をしたら殴られそうだ。
2mのツリーに惹かれている子供たちを説得して、枝の形とバランスのいい1,75mのモミの木を買う。45ユーロ。去年に比べて値上がりしていない。
ツリーを選ぶとオジサンがすっぽりとネットに包んでくれる。息子はそれを軽々と一人で担ぎ、さっさと歩き出す。たまには役に立つことがあるんだ。

モミの木をネットで包む機械
sapins.jpg

紀元前から12月24日にモミの木を飾る習慣があったそうだ。当然“イエスの誕生”以前だから、何を祝っていたかというと、“太陽が再生する日”。繁栄のシンボル、モミの木(エピセア)が、このお祝いに欠かせなかったとか。
起源4世紀にキリスト教が、太陽に対抗して、この日をイエスの誕生日に定めた・・・なんてエピソードを娘に話すと「だからキリスト教は人間がでっちあげたものなのよ」と言い出すのでやめておく。
でもね、君、宗教って事実関係とかに影響されない、心の別の場所で信じるもんだと思うけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。面白かったらクリックしてください

ロレアルの相続人、リリアンヌ・ベタンクールとその娘、フランソワーズ・メイヤー間の巨額の財産を巡る争い。
リリアンヌが、お友達のフランソワ=マリー・バニエ(写真家・アーティスト64歳)にお金や債権、島ひとつまで貢いだことを知った娘が、このお友達を「母が耄碌したのにつけこんだ」と訴えた。
母に法廷後見人をつけようとしたが却下され、娘は“耄碌”の証拠を掴もうと母の家に隠しマイク(1年間!)をつける。
事態を憂いていた母もこれには激怒し、娘を訴えると言い出し、その上隠しマイクの録音から現職政治家も絡んでいることがわかって、スキャンダルは夏以来“新聞連載小説”として愛読されていた。

88歳にしてまだ美しいリリアンヌ。使っているのはロレアルだけじゃないでしょ。

lilianne.jpg

一方娘は、誰に似たんだか・・・右は財産管理人のパトリス・ド・メストゥル

francoise-bettencourt-meyers-en-2007.jpg

それが1週間前、魔法の杖でも振られたように突然の仲直り。

娘は訴訟を取り下げ、その代わりフランソワ=マリー・バニエは5億ユーロ(約550億円)の生命保険(リリアンヌ・ベタンクールが死亡したとき受け取る)を放棄し、今後、一切大富豪夫人からお金をもらわないと約束。
それまでにもらった財産は、当初800万ユーロだったのが次々に発覚し、合計3億ユーロに達するそうだ。文句はないだろう。
それにしても、この人たち、ミリオン以下のお金の単位が存在するのを知っているんだろうか?
リリアンヌの財産管理会社社長だったパトリス・ド・メストゥルは首になり、娘、フランソワーズの夫ジャン=ピエールが後任となる。
つまり、娘の言い分が通った結末だけど、リリアンヌは「家族がまとまっていることは希望の源」、そしてこの紛争がロレアルのイメージも損なうと、解決を喜んでいる。
この突然の解決は、水面下で奔走していた双方の弁護士の功績が大きいそうだ。

フランソワーズは表向き「母リリアンヌのためを思って」だけど、言うまでもなく、自分が相続する遺産を守りたいが目的だ。母が人生の黄昏に、ほれ込んだ友達(愛人ですらない。バニエ氏はゲイだ)に財産の一部を貢いだっていいじゃない、と思った人は多いはず。
娘はこの争いに“勝った”けれど、支持率(?)を上げ、相変わらず凛としてエレガントなのは母リリアンヌのほうなのだ。
負けるが勝ち・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。面白かったらクリックしてください。


ボルト入り脚の不思議

ある日曜日、夫はどこかへ出張していて、夜遊びした子供たちは熟睡しているので、一人で朝市に出かけた。
普段より重いものを持って歩いていたら、ボルトが入っている脚にギクッという-音はしなかったけど-感覚。
痛くはないけど“何かがズレた”感じで、つまりイヤな感じだ。
せっかく人並みに歩けるようになっていたのに、再び軽くびっこを引くようになってしまった。3ヶ月前に逆戻り。

数日経っても治らないので、レントゲンを撮りに行く。骨がどうかなっていて、また手術なんてことになったらイヤだ・・・と結構ドキドキした。
「骨は異常ないですけど、ボルトが3mmほど上がっているようです」
「!?ボルトって動くんですか?」
レントゲンの先生はそれには答えず「取ったらどうですか?」と、まるで包帯でも取るように言うのだ。

私は、形成外科の主治医にレントゲンを見せに行くことにした。
やっと予約が取れた10日後。
形成外科の先生はいつものように若いインターン2人をはべらせ、レントゲン写真を見てから、
「動くわけないじゃない」
「でも、レントゲンの・・・」
「ホラここ、ネジで2箇所も留めてるから動くはずはない」
なんだか、大工さんと話している気分になってきた。
“3mm上昇説”は、何かがズレた、という感覚に当てはまって納得していたんだけど。
この先生曰く、「重いものを持ったんで腱が炎症を起こしたんでしょう。骨はくっついてるから、邪魔なら取っちゃえば?」
「簡単に取れるんですか?」
先生は腕組みして「そんな簡単でもないんだが・・・」
ホラね。
「つまりネジに合うサイズのネジ回しがあるかどうかってこと」
「は?」
ますます、病院にいるより、BHVのブリコラージュ(日曜大工)売り場にいる気分になってくる。
「手術した病院で取るのが一番確かなんだけどな」
「あんな山奥まで行くんですか?!」電車で6時間くらいかかる。
先生はもう一度レントゲン写真をマジマジと見て、
「あ、このサイズなら僕、持ってる。ここでできますよ」
ちゃんと見てから言ってよ。
別に急いで取らなくてもいいというので、先に延ばすことにする。
1年に2度手術はいやだし、やっと物置にしまった松葉杖のお世話になるのもゴメンだ。

複雑な気持ちで、診察室を出てから、6ヶ月前は病院の正門からここまでが、果てしなく遠くしんどかったのを思い出す。途中2回くらい休んだっけ。これだけスタスタ歩けるようになったのを有難いと思わなくちゃ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください


猛烈に寒い。雪まで降っている。こんな日はブーツしかない、と思いますよね。
でも革は雪や雨に濡れると痛む。その上、パリでは雪や雨氷のとき、滑って転んで怪我をする人が続出するので、それを防ぐため地面に塩をまく。塩は雪や氷を溶かす作用もあるので何トンもまくそうだが、おかげで靴が、それこそ塩をふいたようになり、さらに痛む。
こんな日には、靴フェチの私としては好きなブーツを履きたくない。
で、オンボロブーツを引っ張り出して出かけるが、やっぱり滑る。

neigepetit.jpg

折れた骨がやっとくっついたというのに、また折ったらバカだ。というわけで、ゴム長靴を探していた。
息子がブドウの収穫バイトに行くとき持って行くようなヤツ。
2年くらい前、セルジオ・ロッシが綺麗なブルーのゴム製ブーツを出したけど、それは履くより飾っておきたい値段だった。

昨日、レピュブリックの近くを歩いていたら、「こんな靴屋が潰れず、存続していけるのは世界の七不思議」と思えるダサい靴屋があった。そのウィンドウに黒いゴム長靴!
時間がないよ、と一旦通り過ぎたが、強い引力に引き寄せられるように、気がついたら店の中。
お客が誰もいない店内に、ゴホゴホ咳をしている老夫婦が、奥深い田舎町でしか売っていないような靴に囲まれて座っている。「何かお探し?」
「この長靴・・・」とひっくり返してサイズを見ると35。私は37だ。
「でも大き目の作りなのよ。それが最後の一足。履いてみたら?」
履いてみたら、なるほど中で足が動くくらい。Made in Italyでお値段は39ユーロ。
「アラちょうどいいじゃない。みんな試すんだけど、小さすぎてね」
そんな話あったよね・・・シンデレラの靴!
ダサい靴屋のゴム長靴だけど、誰の足にも合わなくて、私を待っていた靴・・・

筒の部分が乗馬靴みたいに細いのがいい。

bottes_20101208075925.jpg

「イタリア製なんですね?」
「そう、中国製じゃないわよ」と喘息のおばあさんは笑い、中国製の靴で足に麻疹ができた話を始めた。
ふと、私がアジア系の顔なのに気づき、
「あなた、どこのお生まれ?」
日本と聞くと安心して、お客は誰も入ってこないから、中国の悪口は長々と続く。
念願のゴム長靴と出会えたから、おとなしく聞いていた。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

一般公募で選んだ男女を、一軒家に閉じ込めて、24時間バスルームまでカメラが追いかけるLoft Storyが最初のテレ・リアリテ(リアリティ・テレビ)として騒がれたのは2001年のこと。
その後、Nice Story(ナイスではなくニース・ストーリー)、les Colocataires(同居人たち)、Secret Story(同居人の秘密を暴き合うという伏線)など、舞台やルールを変えて、同じような番組が次々と現れる。
視聴者の投票で、毎週誰かが脱落し、最後に残った(つまり一番支持者が多かった)人が賞金(先月終わったSecret Story4では20万ユーロ)を獲得し、タレントへの道を歩み始める・・・というのは同じだ。
娘が熱心に観ていると、兄貴が「そんな下らない番組!」とバカにして、いつの間にか隣に座って観ていたりするし、会社でも「昨日、誰が脱落した?」と話題になる。

目下、娘が毎週金曜日欠かさず観ているのが『Qui veut épouser mon fils ?』私の息子と結婚したいのは誰?
“なかなか相手が見つからない息子とそのお母さん”のカップルが何組か登場して、とっかえひっかえ女の子をテストするという番組だ。息子たちはタイプも外見も色々だけど、母親たちに共通するのは、息子を恋人スレスレに愛し、フィアンセ選びにもすごく干渉する点。そして息子たちも母親の意見に左右される。
つまり、彼らに相手が見つからない原因は母親にあり、が歴然だ。

ジョゼッペ39歳、高級車のセールスマン。母はリフティングにボトックスの人工的な顔。
「今夜、着ていくから必ずアイロンかけといて」とシャツやズボンを母に投げつけるマッチョな息子。
フィアンセ候補を陰でイジメル母、と出演者の中で一番嫌味なカップル。

quiveut1.jpg

アレキサンドル27歳。パソコンオタクで内気な息子に彼女を見つけようと母は躍起。
経験が薄い息子は、扇情的な女にすぐ舞い上がる。

quiveut2.jpg

アルバン30歳。IT技術者で夜はDJもやっている。
母にすっかり気に入られた女性とデートに行くが・・・

quiveut3.jpg

フロラン25歳。昼間は鉛管工、夜はストリップティーズ!

quiveut4.jpg

昨日の回では、それぞれ2人に絞り込まれたフィアンセ候補と息子が、ヴェニスやマラケシュなどロマンチックな町に婚前旅行に出かけ、それに母親もついていく。
息子は最初の24時間、候補者1と過ごし、その間、母は候補者2とショッピングや食事をしてテストする、という恐ろしい設定。
リフティング・ボトックスの母が、やはり整形の後がみえみえの候補者2に
「あなた、なんか嘘っぽいのよ。顔も全部作り直しじゃない!」と怒鳴るとこなど大爆笑であった。

他のリアリティ・テレビに比べてすごくヤラセっぽく、出演者は殆ど“タレント志願者”という噂。そう言いつつ最後まで観てしまって、あきれた顔の息子に「何もほかに観るものがなかったから・・・」と言い訳する私であった。
ところで息子が結婚とか同棲しようというとき、私はどんな母親なんだろう?

金曜夜22時25分~00時 TF1


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ