Archive

極めて主観的な『セザールの夜』中継

オスカー賞の48時間前に発表になるセザール賞。

今年のプレジデント、ジョディ・フォスター。ロサンジェルスのリセ・フランセを出ていて、完璧なフランス語を話す。

foster_400.jpg

去年はジャック・オーディアールの『預言者』(Un Proph醇Qte)が賞を独占(9つ)、今年はグザビエ・ボーヴォア『人々と神々』(Des hommes et des dieux)が総なめか?と言われたが・・・

最優秀監督賞は『ゴースト・ライター』のロマン・ポランスキー。
イギリス首相の“自伝”を書いていたライターが水死体で見つかり、その後継者としてゴーストライター(イアン・マクレガー)が選ばれる。孤島にある首相のセカンドハウスに缶詰にされ執筆するうち、彼は、首相が大学時代にCIAと関係があったのではないかと疑い始める。ピアース・ブロスナン演じる首相は、明らかにトニー・ブレアがモデル。

「君、こうやるんだよ」撮影中のポランスキー
roman_20110226234542.jpg

『水の中のナイフ』『赤い航路』などポランスキーはある場所に閉じ込められた人々を描くのに長けているけど、この作品も、荒涼とした眺めの孤島の、広大な豪邸での息詰まる閉所感。
日本で公開されなかったのは意外で、すごく残念だ。
この作品が封切りになったとき、ポランスキー自身が刑務所にいた。さらに閉所のスペシャリストになりそうだ。

注目の『人々と神々』は最優秀作品賞。主演男優賞の有力候補であったランベール・ウィルソンの上をカメラは何度も行き来したけど、賞は『ゲンズブール:英雄的人生』のエリック・エルモスニーノ。無名だったこの俳優の名演技、みんな納得の受賞。

ぽってりした唇までゲインスブールに似ている。
serge-gainsbourg-vie-heroique-2010-17159-313714153.jpg

主演女優賞は『人々の名前』のサラ・フォレスティエ。右派の政治家を引っかけてはベッドに誘い、左派に改宗させようとする“政治的娼婦”の役柄。
カトリーヌ・ドヌーヴ(幸せの雨傘)、クリスティーヌ・スコット=トマス(彼女の名前はサラ)などベテランを抑えて受賞の24歳。
それまで知らなかった女優さんで・・・うーん、形容詞で説明するのが難しい。男友達を初めて自分のアパートに連れてくる場面で「買い物とセックス、どっち先にする?」みたいな台詞がすごく自然なキャラだ。

sara.jpg

ステージに上がったときも役柄のまんまで、
「全然予期してなかったんで何も準備してこなかった!“幸せを呼ぶ”パンティだけは履いてきたんだけど」
作品中の“政治的娼婦”と自分は何も共通点がないと言い、
「だってこの映画撮るとき、政治のことは何も知らなかったし、私、処女だったのよ」
と締めくくり、ニッコリ笑ってステージを降りていった。
司会のアントワーヌ・ド・コーヌも二の句が告げず、一瞬言葉を探してから、
「こういうのをスクープといいます」

スクープといえば、賞を渡す役で現れたナタリー・バイ。ひと目でわかるボトックス顔!しかも左右不対象で、しゃべり方もヘンというoverdose。いつもは“自然な”セミロングを不思議なボブスタイルにし、ジュエリーなしの黒いタキシードと全面的若返りを図っていた。
・・・と3時間テレビの前に釘付けのセザールの夜でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト

フランス産中学生の実態

娘は中学3年生、最終学年だ。
フランスは小学校が5年、中学が4年。ではなぜ中学4年生じゃないかと言うと、中学1年目が6年生(6èmem)2年目が5年生(5ème)・・・と上に行くに連れて数が減っていき、最終学年が 3 ème。年齢はほぼ14歳、娘を含めて数人13歳がいる。

先日、担任の先生に会いに行ったら、ちょうど3年生の下校時で、生徒たちがぞろぞろ出てきた。
日本の中学3年生に比べて、とくに女の子が老けている・・・この年齢だからマセている、と言うべきか。16-17歳に見える。
眉を細くしてメイクしている子が多い-娘も少し前からアイラインを入れて学校に行っている。10人中10人、素顔のほうが綺麗だ。ヒールの靴を履いている子も少なくない。男性が女装してハイヒールを履いたときのようにぎこちない歩き方。

なぜ担任の先生に会いに行ったかというと、娘が一日の停学処分になったからだ。
中学生は朝学校に着いたら下校まで学校の外に出てはいけない。うちで昼食を取ることになっている生徒だけが学校の外に出る許可をもらっている。Cantine(学食)でお昼を食べる生徒はInterne(内部生徒)、家に帰る子はExterne(外部生徒、ごく少数)と呼ばれ、連絡帳の色で区別されている。

ある日、午後一の先生が休みで「時間があるから、外でサンドイッチ食べたいね」「食べたい!」ということになり、外部生徒に紛れて出ようとしたところ、見破られたというわけだ。
私の携帯に「お宅のお嬢さんが脱出しようとしたところ、捕らえました」と電話がかかってきた。

メイクやヒールは何も言わないけど、見るべきとこは見ているわけだ。ありがたい。

結局、一日停学が半日の勤労奉仕に代えられ、教室や学食のそうじを手伝いに行った。おばさんたちが「すごく親切で、お菓子までくれた」と逆に喜んでいた。

背伸びしたい、禁止されていることがやってみたい年頃。ガンガン言えば、逆に隠れてやるようになるし、自分の中学時代を思い出すと、あまり強いことも言えないじゃない、と私は、
「もう2度とするんじゃないわよ。今度学則に反することやったらタダじゃ・・・」に留めたが、夫は“次の週末友達に会うのを禁止”を言い渡す。
ところが週末にはきれいに忘れていて、
「今日は○○ちゃんが遊びに来ているのか?少し見ない間に大人っぽくなった」なんて言っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

突然顔が変わる女優たち

ヘアサロンで手に取ったELLEの表紙、どっかで見た顔、デミ・ムーアにちょっと似ているけど、
「えっ!これデミ・ムーア?!」
「でしょう?私たちもびっくり」とサロンの女の子。

demi-moore-en-couverture-de-elle-637x0-2.jpg

その上、インタビューの中で、老いることを認めるのが大事、私は整形には反対、なんて言っている。まあよくも抜け抜けと!
「どこも整形していない」デミ・ムーア(48歳)は、若さの秘密を15歳年下の伴侶(アシュトン・クッチャー)やツィッターなどしまくる若いメンタリティのせいにしようとしているが、人の目をそんなに欺けるものではない。ネット上は「どこに何をしたか?」で盛り上がっている。検索エンジンでDemi Mooreと打っただけで chirurgie esthétique(整形手術)という単語が付け足されるほど。

1997年のムーアさん
554544-demi-moore-et-bruce-willis-en-1997-637x0-2.jpg

某ゴシップ雑誌によると、顔が変わる前に既に
-まぶたリフティング
-コラーゲン注入
-歯のセラミックコーティング
-バストのリフティングに乳房に組織移植
-ヒップ、お腹、脚の脂肪吸引
〆て46万ドルを行っているそう。
別にファンじゃないけど残念に思うのは、デミ・ムーアの個性であった挑戦的な美しさが削がれて、そこらのマネキンの美しさになってしまったこと。

「○○に似ているけど・・・」と思わせたもう一人はシャロン・ストーン(52歳)。
FIGARO madameの表紙。デミ・ムーアほどの変化はないけど、どこかが変わった。

madame-figaro_1327.jpg

そして前者と同じく「整形して幸せになる人はしたらいいけど・・・私はしない」そうだ。
ハリウッド女優の整形は手が出ないし、やる気も毛頭ないけど、若い男と付き合うのは試してみてもいいかも・・・なんて。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
過ぎてしまってからナンですが、バレンタインデー。
日本のように女性が男性に愛を打ち明ける日ではないが、恋人たちのお祝い日として定着してきた。
2月14日の夕刻は花屋に行列(殆ど男性!)。キャンドルを灯して2人だけの夕食のために、冷凍食品のPicardは、ハート型のアペリティフや、ポム・ダムール(愛のリンゴ)というこんなデザートを限定販売。

Croustillants_pommes.jpg

その他のメーカーでもバレンタインデー用のコフレや特別パッケージを売り出した(まったく色気のないデパートBHVの地下-日曜大工売り場-にまで、ハート型のキーフォルダー2個セットなんかが無造作に置かれていた)。
フランスではこんなのが売れたらしい。
ベッドで朝食用のテーブル。
41Zx73hIY3L__SL500_AA300_.jpg

バレンタインデーに何が欲しい?というアンケートで、「キス」「一緒に目覚めてベッドで朝ごはん」という希望が多い。お金がかからなくていいけどね。

あなたに代わって愛の告白をしてくれるネズミ。
ネズミに頼まなければ告白できないような内気なフランス人・・・いるんでしょうね。

51du7LG9kXL__SL500_AA300_.jpg

お花は枯れてしまうから、花瓶。最近、活け花っぽいこんなデザインがウケている。
フランス人に言わせると“禅的”なんだそう。

41wx2KUw9JL__SL500_AA300_.jpg

香りキャンドル、お部屋の芳香剤を詰め合わせたコフレ。こういうプレタのパッケージになると、愛も安っぽくなってしまう気がするけど。本当に売れたのかね?

51QYng7IbKL__SL500_AA300_.jpg

ところでフランス中部、アンドル地方にはSaint Valentinという村があり、公園は“恋人たちの庭”、村のレストランは“2月14日に”と名づけ、バレンタイングッズのブティックもあり、 村興しに大活用している。
こんな田舎までわざわざ出かけていく恋人たちがいるんだろうか。
ここの郵便局は、全国への結婚通知をハートとSaint Valentinの消印つきで送ってくれるというサービスをしている。発送希望の日を記して、事前にここに送りつければいいそうだ。このサービスは大人気、というのは村長さんの言葉ですが。
バレンタイン村の公式サイトはこちら。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
ベンアリ大統領が国外逃亡し、23年間続いたチュニジアの独裁が崩壊したのは3週間前。今はエジプトやイ
エメンのアラブ諸国に飛び火しているが、フランスでは国務大臣ミッシェル・アリオマリー攻撃が過熱している。

michele_alliot_marie.jpg

MAM(Michèle Alliot- Marieが長ったらしいので“マム”と略される)は、チュニジアの反政府革命が拡大してきたとき、
「世界的に知られたフランスの治安維持のノウハウを用いて暴動を鎮める」提案をした。
このベンアリ大統領を支持する発言は、左派やジャーナリストに叩かれ、日本だったら即辞職だろうけどしないので、「辞職しろ」の声が少なくない。
ベンアリ大統領一家は国民から搾取して贅を尽くし、奥さんは3000足の靴のイメルダ・マルコスといい勝負だったらしい。
さらにこの週末、MAMが、航空会社を持つチュニジア富豪の用意したプライベートジェットでバカンスに行っていたことが発覚し、バッシングは激化するしかない。
それに対し、私は国務大臣だが、バカンスのときはMichèle Alliot- Marie個人だ、とか、過酷なリズムの仕事なので、たまには息抜きも必要<プライベートジェットで送り迎えしてもらわなくても息抜きはできるだろう)という弁明をしてさらに立場を悪化。

ミシェル・アリオマリーは65歳、パーティのおめかし。右は高等教育相のヴァレリー・ペクレス。
日本で女性政治家がイヴニングで肌をあらわにする日がくるだろうか?

mam-pecresse-1010.jpg

さて、国務大臣ministred’Etatは首相の次、他の大臣より重要な役職。MAMは2002年に国防相になり、内務相、海外領土相と途切れなく大臣を続けている唯一の女性だ。

1983年に政治家・作家のフランソワーズ・ジローが、
「女性が男性と本当に対等になるのは、大切な役職に無能な女性を任命したときだ」という名言を残しているが、「ついにその日がきた。ありがとう、ミッシェル・アリオマリー!」
これは新聞に投稿した読者の痛快な皮肉。
フィヨン首相はまだMAMを弁護する発言をしているけど、政府内での風当たりも強いらしい。
だってこの件がサルコジのバカンス(友達の富豪のプライベートジェットで往復)を国民に思い出させて、また支持率が落ちたからだ。フフフ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

フランス人の考える日本料理

バスの中で子供2人を連れた女性が隣に座っていた。聞くともなく(しっかり)聞いていると、パリに住んでいる女性が地方に住む親戚の子供にパリ案内をしている雰囲気。
「今夜、何を食べようか?何が食べたい?」
子供2人は黙って顔を見合わせる。
「sushiなんかどう?」
「何それ?」と中学1-2年くらいの女の子。
「知らないの?野菜や魚を好きに巻いて食べるの、トレ・ボン!」
「何で巻くの?」鋭い質問!
「クレープの皮みたいなものよ。そうか、sushi食べたことないのか・・・」
彼らがその夜何を食べたか非常に興味がある。

最近こういう会話をよく耳にするのは、日本食がいかに流行っているかということ。
ごくフツーのレストランで、野菜のTempuraがメニューにあったり、友人は南仏の田舎のレストランで「魚のソテーに鰹節がかかってた!」とびっくりしていた。
料理教室を開催している友人のナタリーも日本食のファンで、今度一緒に日本料理教室をやることになった。

夢のようなキッチン!ナタリーの教室 Esprit Cuisine
cuisine3_430.jpg

こちらがご本人。迫力のある魅力的な女性。
Nathaly_430.jpg
2月5日(土)のメニューは
-葱とイカの酢味噌和え
-お鍋で炊くご飯
-ウサギの味醂・ポン酢風味
-大根の粗塩包み焼き
-黒ゴマ入りパナコッタ
-黒ゴマ入り本格塩バターキャラメルの作り方

ウサギの味醂とポン酢はナタリーの創作で興味津々。ある日、お酒が切れていたのでウサギに味醂をぶっかけたらすごく美味しかった、と偶然から生まれたレシピ。ナタリーは肉団子にわさびを入れたり-私たちはわさびは生で食べるものと思っている-固定概念がないから発想が面白い。
さてこの料理教室、告知とともに満席(10人)となり何人か断った。
分量は正確に、素材をひとつひとつ詳しく説明するように、どんな質問にも答えられるように、などなど言い渡され、数日前からビビッている。どうなることやら・・・

日本料理教室についてはこちら。3月、4月も開催予定。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ