Archive

極めて主観的な『セザールの夜』中継

オスカー賞の48時間前に発表になるセザール賞。

今年のプレジデント、ジョディ・フォスター。ロサンジェルスのリセ・フランセを出ていて、完璧なフランス語を話す。

foster_400.jpg

去年はジャック・オーディアールの『預言者』(Un Proph醇Qte)が賞を独占(9つ)、今年はグザビエ・ボーヴォア『人々と神々』(Des hommes et des dieux)が総なめか?と言われたが・・・

最優秀監督賞は『ゴースト・ライター』のロマン・ポランスキー。
イギリス首相の“自伝”を書いていたライターが水死体で見つかり、その後継者としてゴーストライター(イアン・マクレガー)が選ばれる。孤島にある首相のセカンドハウスに缶詰にされ執筆するうち、彼は、首相が大学時代にCIAと関係があったのではないかと疑い始める。ピアース・ブロスナン演じる首相は、明らかにトニー・ブレアがモデル。

「君、こうやるんだよ」撮影中のポランスキー
roman_20110226234542.jpg

『水の中のナイフ』『赤い航路』などポランスキーはある場所に閉じ込められた人々を描くのに長けているけど、この作品も、荒涼とした眺めの孤島の、広大な豪邸での息詰まる閉所感。
日本で公開されなかったのは意外で、すごく残念だ。
この作品が封切りになったとき、ポランスキー自身が刑務所にいた。さらに閉所のスペシャリストになりそうだ。

注目の『人々と神々』は最優秀作品賞。主演男優賞の有力候補であったランベール・ウィルソンの上をカメラは何度も行き来したけど、賞は『ゲンズブール:英雄的人生』のエリック・エルモスニーノ。無名だったこの俳優の名演技、みんな納得の受賞。

ぽってりした唇までゲインスブールに似ている。
serge-gainsbourg-vie-heroique-2010-17159-313714153.jpg

主演女優賞は『人々の名前』のサラ・フォレスティエ。右派の政治家を引っかけてはベッドに誘い、左派に改宗させようとする“政治的娼婦”の役柄。
カトリーヌ・ドヌーヴ(幸せの雨傘)、クリスティーヌ・スコット=トマス(彼女の名前はサラ)などベテランを抑えて受賞の24歳。
それまで知らなかった女優さんで・・・うーん、形容詞で説明するのが難しい。男友達を初めて自分のアパートに連れてくる場面で「買い物とセックス、どっち先にする?」みたいな台詞がすごく自然なキャラだ。

sara.jpg

ステージに上がったときも役柄のまんまで、
「全然予期してなかったんで何も準備してこなかった!“幸せを呼ぶ”パンティだけは履いてきたんだけど」
作品中の“政治的娼婦”と自分は何も共通点がないと言い、
「だってこの映画撮るとき、政治のことは何も知らなかったし、私、処女だったのよ」
と締めくくり、ニッコリ笑ってステージを降りていった。
司会のアントワーヌ・ド・コーヌも二の句が告げず、一瞬言葉を探してから、
「こういうのをスクープといいます」

スクープといえば、賞を渡す役で現れたナタリー・バイ。ひと目でわかるボトックス顔!しかも左右不対象で、しゃべり方もヘンというoverdose。いつもは“自然な”セミロングを不思議なボブスタイルにし、ジュエリーなしの黒いタキシードと全面的若返りを図っていた。
・・・と3時間テレビの前に釘付けのセザールの夜でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ