Archive

忘れていた誕生日と春の日

夜中からネットでNHKのニュースとその横に滝のように流れるコメントを見たり、普段はあまり考えなかったことが頭を占めて、すっぽり忘れていたのが、娘の誕生日。
「あなたの誕生日、忘れるわけないでしょ!ハッハッ」と言いつつ、「ショートケーキが食べたい」という暗示的発言を思い出して内心青くなる。
フランスには日本のショートケーキはない。
“フレジエ”とよばれるスポンジ+イチゴ+クリームのケーキが似ているが、食べてみるとやっぱり違う。
アメリカでは、ビスケット地に近い生地を使って作り、それがサクサクしている(short)ので、この名前になったらしい。日本で初めて作って広めたのは懐かしい不二家だ。

時間がなかったので息子に協力を求め、買ってきてもらったパン屋さんの食パン型ブリオシュ(が一番近い気がした)、生クリーム、ホイップクリーム、イチゴで、夜8時から作り始めた。
ブリオッシュを2cmくらいに薄くきり、生クリームに砂糖を混ぜたのを塗り、切ったイチゴを並べ、ブリオッシュを重ね同じことを繰り返し、最後にスプレー式のホイップクリームで飾る。私は料理を作っていたので、この作業を全面的に任された息子は懐疑的だ。
「オペラにショートケーキ売ってる店があるって聞いたよ。なぜ買ってこなかったの?」
「だって急に言われたって・・・」
「誕生日は急に来るモンじゃないだろ」
「それを言うな」
「でも、見かけがかなり悪いし、味も保証できない」
「見かけや味より気持ちが大事」
と、出来上がったのがコレ。

途中から“ブリオシュの耳を落とす”ことを思いついたので、左右不対称なものになった。
いかにも男の料理。ろうそくなんか立てたら壊れそうなのでパス。
shortcake_430.jpg

しかし断面図はなかなか美味しそうではない?
shortcake2_430.jpg

娘は最初、見かけのすごさに驚き「作ろうとしてくれたのがエライ」と慰めてくれたが、味は限りなく(!)日本のショートケーキに近く、おかわりして食べた。ホッ

そしてもうひとつ忘れていたのが、娘が“春の日”に生まれたということ。
フランスで“春の日”とは夏時間開始を意味する。1時間早く起きる生活がまた始まった。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
スポンサーサイト

福島の大気、フランスに到着

福島原発の放射線を含んだ“空気のかたまり”が、今日23日にフランスに着く、と騒いでいた(1万km離れているのに騒ぐな)。測定したら、チェルノブイリ事故後の1万分の1で“人体には全く害がない”。

25年前のチェルノブイリのセシウムがフランスの土にはまだ残っているそうだ。
“汚染物質には、土に深く入り込むが早く消えるのも早い(約3ヶ月)ヨード131のようなものと、セシウムのように長く汚染する2カテゴリーに分けられる。セシウム137は30年毎に半分に減る。土が粘土質であればあるほど、セシウムは長く留まり、それは土の上層部、つまり植物や野菜の根が土の滋養を汲み取る部分に集まっている”そうだ。
こういうことも今回初めて知った。
一番に汚染されるのはほうれん草やサラダ菜など葉物、草を食べる牛のミルク・・・
フランスでまだチェルノブイリの汚染が測定できるのは、森のキノコとイノシシ。

日本で活躍する放射線量測定器Geigerは仏製。
いつもは年に50個しか売れないのに2週間で500個売れ、在庫切れ。
geiger.jpg

遠く離れたフランスで心配しているくらいなのに、日本政府は、身体に危険はない、といっている。
それでも、東京のフランス人(が一番だった)アメリカ人が関西や国外に退去しているのが不安要素だ。
東京に住むフランス人9000人の半分が退去したそうだ。ル・モンドの特派員で日本に長いフィリップ・ポンスは、近所の開業医のお医者さんに「おや、あんたフランスに帰ったんじゃなかったの?」と驚かれたそうだ。
彼のように日本に愛着や友情を感じている人、日本人の家族がいる人、仏企業の社長(日本人の部下をおいて一人で逃げたくない)などが残っているという。
アシェット・婦人画報社長、イヴ・ブゴンさん曰く、
「『あなたが残るなら安心です』という一社員の言葉をずっと忘れないないだろう」

フランスからの大震災救援募金についてはこちらをご覧ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです
800人いる原発作業員のうち、750人は避難して50人が第一原発の復旧作業に当たったそうだ。その後、作業員の数は180人に増えた。
この“決死隊”の人たちの情報はすごく少ない。仏新聞リベラシオンの特派員によると、名前も年齢も明らかにされていない。
いくら防護服を着ていたって、原発内の放射線濃度は、聞くのも恐ろしいくらい高いはず。国民だけでなく、世界を放射線被害から護ろうと、文字通り命がけで作業を続けている人たちだ。
彼らにも奥さんや子供がいて、生きた心地もしないに違いない。献身的な作業員の方たちのことがもっと伝えられていいと思う。

「この50人(今は180人)はどうやって選ばれたのか?」という質問をされるが、答えられない。
日本のニュースをあちこち探すとアメリカや中国メディアの報道として紹介されているだけ。それによると「志願者もいる」そうだが、じゃ志願しなかった人は?強制的?
「くじ引きとか?」とあるフランス人。
まさか・・・

フランスの場合は、「万が一の場合は、あなたの属するチームに行ってもらう」というような条項が契約書に書かれているそうだ。それに同意する代わり、他の作業員より遥かにいい給料が払われる。
日本でもそういうことになっているんだろうか?
あらゆる状況を想定して分厚い契約書を取り交わす欧米に比べて、日本の契約書は概して形式的だから、そういう条項が明記されているとは思えない・・・知っている方がいたらぜひ教えてほしい。

自制心、ストイックさ、尊厳、思いやり・・・災害下の日本人に対する感嘆は毎日繰り返し耳にする。感嘆に続いて、
「フランス人だったら、ヒステリー、奪い合い、エゴイズム、責任のなすり合い・・・日本人のような態度ができるはずがない」
(なんだ、自覚してたんだ)
しかしある社会学者に言わせると、このような災害に直面したとき、どの国民も、同じような行動・態度をとるという:泣いたり喚いたりしてもどうにもならない-ばかりか却って消耗する-ことに気づき、冷静になる。日ごろ忌み嫌っている隣人とも力を合わせて事態改善を図る・・・
この社会学者(名前は忘れた)の説が本当に根拠あるものなのか、「フランス人にもこうあってほしい」というメッセージなのか、ちょっと考えますが。

新聞の一面、週刊誌の表紙になり、大震災の“アイコン”になった写真。読売新聞/AFP
seisme_430.jpg

写真で定評のあるリベラシオン誌に掲載
258209_430.jpg

3月16日の映像
centrale.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです
ラジオ局、France Inter(フランス・アンテール)が被災地の家族に電話してインタビューしていた。
「私たちは日本人の冷静さと強靭さに驚き続けている。どうしてそんなに落ち着いていられるのか?」という質問に初老の主婦が、
「すごい災難があっても、いつも通りの日常を続けていかなければならない、という思いがある。ただ、いつも通りにしようとするあまり、事態の重大さがわからなくなる危険がある」というようなことを言っていた。とても深い分析だ。

フランス国立科学研究所の代表として長く日本に暮らしたジャン=マリー・ブイソーという社会学者は、
「日本人は危険の中で生きている。つまり日本に生きることが危険なのだ。
今、私たちが目の当たりにしている災害や、1995年の大地震ばかりでなく、規則的に襲う台風、大雪、豪雨、そして日常的にある地震・・・2009年に日本は1631の地震を体験している。
これらの危険は、日本人の思考に影響を与えている。“自分たちは、動き続ける、脆い、予想のつかない世界に生きている”と心の奥底で思っている。“明日は別の日だ。何が起こるかわからない”・・・だから彼らは今を楽むことを知っている」

この思考は文学やアートにも現れていて「だから、今回の地震や津波の映像を見て、既視感がある」と言い、北斎の浮世絵や、『日本沈没』、かわぐちかいじの漫画『太陽の黙示録』まで例に出していた。

そんな風に考えたことはなかった・・・

北斎の『神奈川沖浪裏』。今見るとドキッとする。
hokusai.jpg

しかし・・・。食料不足、寒さ、疲労などで苦しんでいる被災地の人たちにしてみれば「そんなものを読んで感心しているより、何か送って欲しい」といいたくなるだろう。ごもっともだ。

読者の方からのお便りにもあったように、私たちにもできること、送れるものがある。
在住者の方たち、在住者の夫・妻・恋人・友達の方たち、フランス赤十字(Croix Rouge)が日本への寄付金を募っています。このページをご覧ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。クリックしていただければ嬉しいです

私たちにできることは・・・

原子力発電所19、原子炉58、電力の75%を原子力で賄っているフランスにとって福島原発の事態は他人事ではない。原発反対のデモや集会があり、原子力の専門家が次々よばれてテレビや新聞でコメントしている。

あっちこっち読み比べたところによると、福島原発の事態が“重大”といわれるのは、原子力発電所の事故ととしてで、人間に及ぼす被害レベルではないそうだ。
原子炉1号機で、12日観測された放射線量は1015マイクロシーベルト/h(その後数値が上がって下がったようですが)。これは人間が100時間継続して浴びたら、血液中に被爆が確認されるという量だという。
フランスの原子力工学者も20km以内の住民を避難させたのは適切、といっている。

それでも仏政府が在日フランス人に、関東地方からしばらく離れろと呼びかけているのは、予想されている大きな余震を恐れてだろうか。
地震+津波という前例のない事態に、どの専門家の意見も、知識に基づいた分析、推測にとどまってしまう。
さらに状況が刻々と変わるので、追いついていけない。
人間の知恵と技術を駆使したテクノロジーも、自然の驚異の前には無力だ。

言葉は空しいとわかってはいても、家族や友人を失くした方たちにこころからお悔やみを申しあげます。
周囲のフランス人大勢から、お悔やみ、励ましの電話やメールをもらいました。そして、日本人の冷静、忍耐、勇気に驚いている人もたくさん。
遠くはなれてやきもちするだけの私たちにできるのは、祈るくらい・・・
日本のみなさん、一刻も早くこの災難の連続が終わるよう、祈っています。
がんばってください。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

遠くから心配し、応援しています

田畑や家や道路を一瞬で飲み込んでしまう津波の映像に誰もが震撼とした。
自然の怖さ以外にフランス人を驚かせたのは、日本人の冷静沈着さ。
「パニックになったり叫んだり押し合ったりせずに、みんな落ち着いて、指示に従っている。驚くべき冷静さと規律」
彼らは、同じような惨事がフランスで起きたら、こんな風には行動できないと自覚しているらしい。

「復興も、国民が一丸となってこの災害から立ち直るだろう。『○○の責任だ』『自分の管轄じゃない』と(自分たちのように)何ヶ月も議論したりしない」

地震の起こる数時間前、ネットで日本のニュースを見てから寝た。
朝起きてみるとテレビもラジオもネットも地震一色になっていた。明日何が起こるか本当にわからない。
原発や余震、心配はまだ続いている。

日本の皆さん、遠くから応援しています。頑張ってください。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください

マルディ・グラのKISS!

去年の暮れあたりから娘は「マルディ・グラにどんな仮装をするか」で頭を悩ませていた。
ポンポンガール案、ドラキュラに魅入られた花嫁案(白いドレス、首筋にべったりと血!)などが出ては予算の都合で却下。ついに友達2人とハードロックグループKISSの格好をすることに決まった。

さてMardi Gras(肥沃な火曜日)とは、クリスマスから復活祭に至る、一連のキリスト教暦のひとつ。肥沃な7日間の最後の日だ。翌日、灰の水曜日(mercredi de cendre)から46日間の大斎節(Carême)に入るので、その前にパーッと騒ごうというものである。
このCarêmeは、キリストが荒野で40日間断食したのをなぞったもの(でもキリストはその前にパーッと騒いだりはしなかった)。今日、熱心なキリスト教徒でも40日間断食したりしないが、マルディ・グラのカーニバルは残っている。

娘と友達は、週末から仮装の準備にかかり、黒のレギンスやTシャツに白いスプレーでKISSのロゴを入れ、黒いゴミ袋やアルミホイルで衣装を作り・・・勉強もそのくらい気合が入ったらいいのにねえ、なんてヤボなセリフは飲み込んで、私も衣装提供に協力してしたのである。なかなか面白そうだったし。

といっても学校でカーニバルがあるわけではなく、いつも通りに授業がある。先生の中には「火曜日はみんな頑張って仮装してきて!」と(宿題、忘れないで、みたいに)けしかける先生もいて、自らトンでもない格好で登校してくる。
顕著なのは男子と女子の違い。息子が中学の頃は、すっぴんでいつものジーンズにトレーナーで出かけていたので、その日がマルディ・グラとも気づかずにいた。

今朝、娘は5時半起き(メイクにすっごく時間がかかるのよ)。
友達も次々に到着してバスルームは戦場と化した。
maquillage1.jpg

maquillage2.jpg

1時間半後、できあがり!
kiss.jpg

こちらが本物
kiss2.jpeg

KISSの3人娘は中学で「一番のインパクト」と大評判で、学校の行き帰りにはKISSのファンから握手を求められたりしたそうだ。夜には学校のホームページにBest ofの仮装の写真がアップされていた。先生たちもお祭りが好きなのねえ・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
停職になっていたジョン・ガリアーノ、金曜日の“最後の”デフィレを待たず、Diorをクビになり「人種差別的侮辱」で裁判にかけられることになった。
「先週木曜日の事件以来、公に釈明する機会がなかった。私の言動がショックを与えたなら、心からお詫びする。ユダヤ人排斥と人種差別は私たちの社会にあってはならないもの。私に対する告訴の内容は全面的に否定するが、ショックを与え怒りを買ったことは全面的に認める」というコメントを発表。

香水Miss Diorのイメージ女優であるナタリー・ポートマンなどはすごく怒っている一人で、契約を破棄するそうだ。逆に擁護する意見もあって、パトリシア・フィールズ(Sex and the Cityのスタイリスト)は、
「ジョンはいつもお芝居の世界に生きている人。あれ(「I love Hitler」)は茶番劇なのよ。メル・ブルックスが『プロデューサー』(1968年の作品、引用が古いですね・・・)の中でSpringtime for Hitlerを歌っても、問題にならないじゃない」
それは映画のシナリオで、これとは全然問題が違うでしょ!

テレビや新聞のインタビューに応じたガリアーノの弁護士、ステファン・ゼルビブも同じ調子だ。ヘンリー王子のスキャンダル(仮装パーティにナチスの軍服で現れて非難を浴びた)を持ち出し、「前後の状況を無視し“ナチスの軍服姿”だけが一人歩きして非難された。ガリアーノも同じ例だ」と弁護。このゼルビブさんは、有名人のスキャンダル専門の弁護士で、コカインを吸っている写真がメディアに流れたケイト・モスの弁護もしている。

ゼルビブ弁護士。弁護料も桁が違いそうだ。
gallianoetavocat.jpg

裁判で有罪となれば、禁固最高6ヶ月、22.500ユーロの罰金。それより、スターデザイナーとしての生命を断たれたことがずっしり重い罰だ。
金曜日、ロダン美術館で行われたデフィレ。“最後”とあって、ヴァレンヌ通りは黒山の人だかりだったが、沈鬱なムードだったとか。その頃、ガリアーノは既に、アリゾナの依存症治療センターに入院していた。

必見!デフィレのフィナーレに登場したガリアーノの「50変化」。裸に自信ありの人だったのね。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
このニュースは24時間で世界中に知れ渡ったらしく、もうご存知かもしれませんが、Diorのアートディレクター、ジョン・ガリアーノが、反ユダヤ的発言で、停職処分になっている。

2月24日夕刻。ガリアーノはマレのカフェ・バーで一人モジト(ラムベースのカクテル)を飲んでいた。
間もなく隣にいたカップルと口論になり、女性に向かって「ユダヤ人のくせに、お前なんか死ね!」、連れの男性には「このアジア面、殺してやる!」と英語で怒鳴った。

このカップルは人種差別的侮辱を受けたとガリアーノを告訴。それを受けて、ガリアーノは名誉毀損で訴えたが、Maison Dior社長は「反ユダヤ的、人種差別的行為・発言は、私は一切許容できない」と、捜査の結果が出るまでガリアーノを停職処分にした。
このニュースが駆け巡ったとき、去年10月にガリアーノに反ユダヤ的侮辱を受けたという女性が「そんなら私も」と告訴を決める。
口論のとき、ガリアーノは酔っていて、血中アルコール濃度が1.1mg。
「お昼にシャンパンを少み、夕食でシャンパンを飲んだ」にしては多すぎない?周囲の人に言わせると「完全なアルコール中毒」、このバーで時々一人で飲んでいて「I love Hitler」という発言もあったとか。

Diorは ベルナール・アルノーのLVMH傘下のメゾン。ガリアーノは1996年にアート・ディレクターとして就任している。歴史あるメゾンに新しい風を吹き込み、デザイナーとしての才能は、誰もが認めること。でもショーの最後で現れるときの、自己陶酔したスタイルと態度は好きじゃなかった。

今年の1月24日、オートクチュールのデフィレの時。かなりイッてる顔。

ガリアーノ

ガリアーノにとっては運悪くファッション・ウィーク。Dior(4日)John Galliano(6日)のデフィレはどうなる?
デフィレは行うけど、ガリアーノは現れないという折衷案ではないかと思われるけど・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ