Archive
1985年にコリューシュが始めた“Restos du coeur(心のレストラン)”が今年もスタート。
冬の間、貧しい人たちに無料の食事を配る。

Restos-du-coeur.jpg

当時コリューシュ(Coluche)は国民的人気のお笑いタレント、ビートたけしから毒気を少し抜いたようなキャラで、批判精神も旺盛な人だった。
1981年には大統領選の左派候補者になりファンをびっくりさせる。でも、予想投票率16%に不安を覚えたミッテランや他の左派候補者から圧力がかけられ(ひどい!)辞退。
85年に「心のレストラン」協会をつくり、数ヵ月後にバイク事故で亡くなる(バイクマニアだった)。41歳の若さで。

coluche_20111130185511.jpg

それから4分の1世紀。心のレストランは全国117箇所に支部ができ、ドイツ、ベルギー、スイスにも伝播。
去年は86万人に全部で1億900万食を配った。食事だけでなく孤立しがちな人たちの出会いの場所になっているそうだ。
レストランで働くボランティアは6万人という心温まる話、同時に、それだけ貧困の人がいるのがフランスの現状だ。
不況で、失業者、SDF(住居不定者)は増える一方、無料レストランの需要は年々高まり(過去3年間、前年比25%増)で、予算や人手が足りない。
協会は来年の大統領選立候補者に手紙を送り、援助を頼んでいるとか。

コリューシュは私がフランスに住み始めた頃亡くなったのでよく知らないが、彼の出た映画(『チャオ・パンタン』とか)を観ると、なるほど弱い物の味方で頼りになりそうなオジサンだ。
メトロや道にいる物乞い(プロが多い)にお金はあげないけど、心のレストランには毎年ささやかなチェックを送っている。
プロといえば、日曜日朝市に必ず現れる物乞いで、身体が絶え間なく上下に震えている男性がいる。友達のお医者に言わせると「ああいう症状はあり得ない」。
ある日、いつもより遅く市場に行ったら、その男性がお金をかき集めてスックと立ち上がり、スタスタ歩き去るのを見てしまった。まったく・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト

30年待った恋だけど・・・

この従兄弟夫婦も面白いカップルだ。夫の従兄弟に当たるピエールは、“ミス・ナントカ村”の美人に惚れ込み若くで結婚、女の子2人が生まれた。ピエールに思いを寄せていたマリーは、他の男には見向きもせず、地元のクリスタル工場で働きながら独身を貫く。
ピエールと“ミス・XX村”が上手くいかなくなり別れるまで30年、辛抱強く待った。
マリーが初恋のピエールと晴れて結婚したのは2人が53歳の時。
彼女は結婚と同時にクリスタル工場をやめ、シャンパン蔵のおかみさんに変身。注文を受け持ち、ぶどう収穫の時期は30人からの日雇い労働者の食事を作り、庭の畑で野菜を育てる。

彼らの家に遊びに行くと、畑の野菜の美味しさに感激し、保存法や調理法を教えてもらう。
そしてびっくりするのがピエールの酒量だ。朝の10時、寝坊した私がコーヒーを飲んでいると、庭仕事をしていたピエールが入ってきて素早く白ワインを一杯ひっかける。30分おきだとか。

ブドウ収穫時のブドウ畑で
vendanges-champagne.jpg

早朝から始まる収穫でも、朝10時には休憩の一杯だそう。
001_430.jpg

お昼になれば食事と一緒にしっかり飲み、午後、近所の人がやってくれば「まあ一杯」になる。ピエールだけじゃなくてみんな似たり寄ったりの依存症だ。
「飲みっぷりのいい人だと思っていたけど、結婚するまではここまでとは知らなかった」とマリー。
飲酒運転で免許を取り上げられ、肝臓障害で入院したのはつい最近。退院仕立てでガンマGTPが下がっているとき、警察に駆けつけ免許を取り戻した。

「もう若くないんだから肝臓がもたないよ。なんでもっと強く言わないの」
「10代から飲んでるんだもの、今更・・・それにありのままでいいのよ、好きってのはそういうことだもの」
それはギクッとする重い言葉だったけど。30年待って一緒になったんだからずっと元気でいて欲しいじゃない?
シャンパーニュ地方だけでなくフランスのワイン産地で、アルコール依存は、あまり語られない深刻な問題だ。
でも澄んだ空気の中で飲むワインは美味しく後に残らず、しばらくここにいたら酒量が上がりそう・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。


田舎の24時間

日曜日の午後から一日、シャンパーニュ地方の従兄弟夫妻に会いに行く。誰もいない田舎の駅に降り立つと、見渡す限り収穫の終わったブドウ畑が広がる。
男達は週末、狩にでかけている。狩猟の期間は県ごとに定められていて、今年は9月25日朝~2月29日まで。お昼ごはんを入れた籠を持ち、銃を担いで朝から出かけていき、日が暮れると獲物を持って帰ってくる。電車に2時間乗っただけで、違う時代に紛れ込んだかのようだ。
従兄弟のうちには親戚や友達が暇そうに集まっていて、私が着くと
「何飲む?シャンパン?」
まだ4時じゃない、今から飲んだら大変なことになる。
そう、ここではシャンパンが自家製だから皆さん水のように飲む。羨ましいような恐ろしいような・・・

5時過ぎて日が暮れると従兄弟のピエールが騒々しく帰ってきた。
「ナンダ、コーヒーなんか飲んでるのか、早く酒瓶持って来い!」有無を言わせずシャンパンが開く。
そして狩の話。シーズン中、イノシシ、鹿は何頭、雉は何羽と量が制限されていて、獲物は誰が撃ちとめても狩猟グループで等分に分ける。鹿で200~250kgというから、30人のグループで分けても一人頭7-8kg。勢い、このうちに来るとジビエが多い。

鹿の角が木でできているとは知らなかった。木に紛れて外敵から身を守るためなのね・・・自然はよくできている。
それなのに撃ち殺して!
cerfs.jpg

その晩は、森で取ったキノコのソテー(Pied Bleu/青い足というキノコ、美味しい)、イノシシのウィスキー煮(最近のイノシシは臭みがないとか、確かになかった)、庭の菜園のほうれん草。デザートは庭の桃のコンポート(砂糖を全然入れてないのにすごく甘い)、とすべて自給自足。
彼らの食糧貯蔵庫には自家製ジャム、自家製トマトソース、庭のインゲン、トマト、ブドウ・・・などが殺菌消毒した瓶詰めになっている。冷凍庫にはイノシシの足やウサギ・・・1年以上生き延びられそうだ。
食糧難がきたらここに駆けつけようと密かに決めている。

翌日はキノコ狩りに一緒に行った。棘のある枝を押し分けて森に入り、落ち葉の間に隠れているキノコを探す。
「ほんとに食べられるの?毒入りとか笑い茸じゃないでしょうね」
「何も知らん都会っ子が何を言う!」

120kgのピエールの後姿・・・
JP_430.jpg

ところでキノコ狩りのとき必ず籠を持っていくのは、網目から胞子が落ちてまた生育するためだそう。“キノコ狩りファッション”ではなかった。
ファッションといえば、彼らのスタイルは洗いざらしのシャツと古ズボン。でも彼らの生活はとても豊かに見える。私たちが忘れている豊かさ・・・

champignons_430.jpg

パリとは天と地ほど違う田舎の生活。時間が経つのを忘れる。
「いつ帰ってくるのよ!明日まで英語の本、買わなくちゃいけないのに!」という娘の電話で現実に引き戻された。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

映画館を出たとき、一緒に観た友人の第一声。スティーヴン・ソダーバーグの「コンテイジョン/Contagion」、 触れただけで感染してしまう伝染病が地球を駆け巡る話だ。
香港から帰った女性(グウィニス・パルトロー)は激しい頭痛、喉の痛みや咳に悩まされ、あっけなく死んでしまう。同じような症状がロンドンでも、東京でも・・・
一日中、どこかに触り続け、その手で顔や身体に触れ、握手し、キスする私たちの生活で、感染しないほうが難しい。
ウイルス伝播の恐ろしい速さと競争して食い止めようとするアメリカ政府、医師、細菌学者にブロガー。
演じるのはケイト・ウィンスレット、マリオン・コティアール、ローレンス・フィッシュバーン、マット・デイモン、ジュード・ロー・・・の超豪華な顔ぶれだ。大スターばかりなので真実味がないかと思ったら、意外とそうではなくドキュメンタリー映画のような印象。大スターたちに公平な重みを与えようとしたため主軸のない平坦な作りになってしまったのか、あるいは監督の意図なのか。
ソダーバーグだから多分、後者だろうが。

でもポスターも均等な配分でみなさん登場
コンテイジョン

感染者はこの部屋に住んでいたのね、フムフム
コンテイジョン2

「政府が真実を隠している」と訴え続けるブロガー、ジュード・ロウ
コンテイジョン3

スーパーや店が略奪されるシーンや、マスクや手袋で防衛していても感染してしまうとこなどかなり真実味がある。
ポップコーンのバケツを抱えていた私の隣の観客は、映画始まってすぐ食べるのをやめ、最後まで手をつけなかった。

ソダーバーグ作品で、『オーシャンズ11~13』(各1億ドル)に次ぐ6800万ドルという制作費。今のところ興行成績は制作費を上回っていないとか。制作費(4800万ドル)の4倍を回収した『トラフィック』(2001年)には程遠い。

でも、こういう伝染病が発生したら、きっとこういう展開になるに違いない。そして、映画を観てフランス人がもっと頻繁に手を洗うようになればいいと。

Contagion
スティーヴン・ソダーバーグ監督作品
1時間46分
公開中

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

観た後でジワジワと怖い映画

ミヒャエルが仕事から帰り、車をガレージに入れ、スーパーの買い物袋を持って家に入る。誰もいない。
よろい戸を全部閉め、食事の準備をする。2人分。お皿やコップを綺麗に並べ、地下室に下りる。
金庫のような鍵のついた扉を開け、「おいで」
暗闇から10歳くらいの男の子が現れる。
オーストリア映画『ミヒャエル』は、少年を幽閉し、会社ではマジメで有能な社員として働く男の生活を描く。

19828416_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-20111012_053116.jpg

会社の同僚との会話、整然と片付いた家の中の様子、そして少年との生活-丁寧に髪を切ってやるかと思えば、スキー休暇の間、インスタント食品だけで置き去りにする-から、彼が外の世界に持っている憎悪が伝わってくる。
でも誰の目にも、ごく普通の人間として映っているところが怖い。目に見えない怖さ。

ミヒャエルを演じる俳優は「ほんとはこの人のドキュメンタリーなんでは?」と思えるほどリアルで上手い。(まぁ、この役をブラッド・ピットなんかがやったら-引き受けないだろうけど-全然真実味がない)

そして観たあと、この監督が描いたのは、ミヒャエルの異常さではなく、彼が生きている国、オーストリアの陰気さ、清潔さ、無関心、エゴイズム・・・だと気づく。

そういえばミヒャエル・ハネケもオーストリア人で、彼の映画も“人間の憎悪”と呼べるようなものがテーマだ。
『ミヒャエル』の監督、Marcus Schleinzer(マルキュス・シュレインザーと発音?)はハネケの弟子で、『ピアニスト』『白いリボン』では監督アシスタントだった。
ただ弟子のほうは肉付けや装飾なしに、批判や感情移入は一滴もなしに、むき出しのまま投げ出す。

彼らがこんなに嫌うオーストリア-私は数日しか滞在したことがないけど-は本当にそんな国なんだろうか?

『MICHEL』
Marcus Schleinzer監督作品
1時間36分
上映中、ただしメジャーな映画ではないので上映館が少ないです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
北仏リール市の高級ホテル、カールトンで売春斡旋が行われていたことが発覚し、それに警察の幹部が絡んでいたことがわかったのは3週間前。捜査が進むうち、コールガールの口から顧客の顔ぶれが明らかになり、その中に(また、おまえか!)ドミニック・ストロス=カーンの名前が。

Hotel-Carlton-Lille.jpg

このコールガール・ツアー、リールだけではなく、パリやワシントンでも行われていた。
NYソフィテルで逮捕された直前にもDSK(ドミニック・ストロス=カーン)はワシントン・ツアーに参加していたという、とんでもない話。
NYの検察側がこれを知らなかったのはDSKにとってこの上ないラッキー、いつバレるかと毎日生きた心地もしなかったに違いない。
証拠不十分で起訴が取り下げになり、晴れてパリに戻ってきたDSKだけど、次々にボロが出る・・・
帰国当初はあり得たかもしれない“政治界復帰”も、今は夢のまた夢だ。

“カールトン事件”以来、再びメディアに叩かれ、ヴォージュ広場の彼のアパルトマン前にはフェミニズム団体が押しかけ、 さすがのDSK神経も限界で「一刻も早く事情聴取して欲しい。これはメディア・リンチだ!」と言いだした。
「この裏には絶対、政治的画策があるに違いない」と。

11月11日のDSK、無精ひげに不敵な笑い・・・
_111111-dsk-carlton-afp.jpg
photo:VOIXDUNORD

NYソフィテル事件のとき陰謀説が流れ、サルコジ陰謀説(大統領選の手ごわいライバル)、オランド陰謀説(DSK失墜で一番利益を得たのは誰?)がメインだった。
このほど社会党陰謀説が浮上:あのようなセックス中毒者が大統領になったら社会党の恥、国の恥、大変なことになる、とハウスメイドを抱きこんで罠をしかけた・・・

ソフィテルのスイートルームで本当に何があったのか、はDSKとその妻アンヌ・サンクレールしか知らない謎。いつも夫を支え、お金もバンバン出してくれたアンヌ・サンクレール、今度はさすがにキレて、モロッコに逃避行とか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

再びダンスの快感

9月からまたダンスを始めた。前もやってたじゃないって?その通りなんですが、10ヶ月目に挫折。その理由は2つ。
1. ダンス教室にはサルサ、タンゴ、ロック、HIPHOP・・・などある中でロックを選んだ。ロックが好きだから。ところが蓋を開けてみると、それは私が考えていたロックではなく、ロックンロールであった、ということをクラスが始まって数ヶ月経って気づくというところが、普通の人は理解に苦しむに違いない。気づいたときはお試し期間も変更可能期間もとうに過ぎていた。

2. 最初はまぁついていけたけど、ダンスのリズムは次第に早くなり、1テンポ遅れるとか相手の足を踏む、ということが増えてきた。クラスでは男女がカップルになり次々にパートナーを代えて踊る。男子の一人が私と踊るとき、簡単なステップしかしない、ということに気づいたとき切れた。差別!こんなアホと踊れるか!

・・・という話を娘にしたら、
「ソレ、わかるわかる!数学の先生が私には簡単な質問しかしないってわかったとき、モーレツにやる気なくしたもん。やめちゃえ、そんなの!」
と、強い賛同を得た私は次の週から行くのをやめた。

しかし凝りもせず、9月新学期からまた別のクラスに行きだしたのは、やっぱり好きなんでしょうね。
今度はWest coastというジャンル。フランス人が(私が好きな)ロック用に考え出したステップでウェスト・コーストにはないんだとか。リズムがそんなに早くないし、先生が言っていた通り“ロックンロールより官能的”。
こういう感じです。

1時間踊るとけっこう疲れる。ヴァーチャルな仕事をしていると、こういう疲れが快感だ。
田舎のダンスパーティやバカンス村でかっこよく踊れる日はいつか来るだろうか・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
カンヌ映画祭で主役のジャン・デュジャルダンが最優秀男優賞を取ってから封切りまで5ヶ月(その間に記事やインタビューを流して期待を高めるというお馴染みマーケティング戦略)。
『The Artist』は“映画の中の映画”で始まり、最初から無声の世界に引きずり込む。

theArtist_affiche.jpg

1927年のハリウッドで、ジョージ・ヴァレンティンは無声映画の大スターだ。
しかし間もなくトーキー映画が登場、“若くてしゃべる俳優”の時代、彼の手引きでデビューしたペッピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)は人気女優への道を歩み始める。
一方、ジョージは無声から有声に移行できず干されていく。
最初から惹かれあったジョージとペッピーだが、立場の逆転、お金、ジョージの自尊心が邪魔をし、愛にたどり着くのは難しい・・・

ペッピー役のベレニス・ベジョ、気丈で暖かいイイ女!
theArtist.jpg

落ちぶれて・・・
theArtist2.jpg
photos:allocine
無声映画のスターは、映画を離れても無声の世界に棲んでいる、という撮り方が面白い。
モノクロの画面は美しく、セリフに代わる仕草や表現法が新鮮。ペッピーがジョージの楽屋に忍び込み、彼の上着を愛撫するシーン!どんな言葉より雄弁だ。
ジャン・デュジャルダンは『OSS117』(007のパロディ)など3枚目のイメージが強いけど、シリアスな役もなかなか。過去の栄華と自尊心を抱えて落ちぶれていくスターが似合っている。モノクロ画面で見ると、かなりの美男であることを再認識。

この映画のヒット理由のひとつが、“フランス人が静寂を求めている”ことの表れだとか。
口の減らない彼らが“沈黙は金なり”などと言いだしたのが可笑しい。いつまで続くことやら・・・

忘れてはならないのがジョージと寝食をともにする犬!最優秀男優賞(犬はオスと仮定して)は、犬が取るべきだったと思うほど大熱演。

『The Artist』
ミッシェル・ハザノヴィシウス監督作品
1時間40分
フランスで上映中


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

ギリシャの運命

会社が倒産すると、その会社はなくなるわけだけど、国が倒産するとどうなるんだろう?
膨大な負債を抱えたギリシャ、この国を救ってユーロ圏を守れるかが毎日ニュースのトップで伝えられる。
10月26日から26日にかけてブリュッセルでEUとユーロ圏の首脳会議。メルケル独首相とサルコジ大統領がパワフルに協調、“メルコジ”というカップル名がついたほど。恐ろしい迫力で民間銀行を説得し、ギリシャ債務を50%削減することに同意させた。
仲むつまじくヒソヒソ話、G20のメルコジ
d8d39eb2-05a6-11e1-9a21-3fbaf0fe1b2f.jpg
photo:Thomas Coex/AFP

生まれた立ての愛娘、ジュリアちゃんの顔を見る暇どころか寝る間もなくギリシャ債務減少策をまとめ、大統領選に向けてポイント獲得、一安心にみえたサルコジ・・・ギリシャ首相が債務減少策を国民投票にかけると言い出し愕然となった。目下、カンヌのG20で奮闘中だ。

もしギリシャがユーロ圏から脱退することになったらどうなるか?
ギリシャは昔の通貨ドラクマに戻り、そうなると55%の平価切下げは免れず、そうなると輸入額が高騰し、経済活動が恐ろしく停滞する・・・と聞いても、経済に疎い私には「はぁ、そうですか」としか言えないけど。

理解できるのは、ギリシャが抜けたらドミノ現象になりかねないということ。
ギリシャの次は誰?ポルトガル、イタリア、スペイン・・・アイルランドも負債額は少なくない。フランスだって景気は悪い。
カンヌのG20では、ギリシャのユーロ圏脱退説が“もうタブーではなくなった”とか。

経済学者の中には、経済状態の違うこれだけ多くの国をひとつの通貨にまとめることは不可能で(10年早く言えばいいのに)、ユーロ自体をやめるべきという意見もある。
せっかくここ2-3年、フランに換算しなくても済むようになったというのに・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ