Archive

泣きたい人の映画

ニュヨーク郊外の問題ある高校に臨時教師としてやってきたヘンリー、と書くと、フランス映画『パリ20区、僕たちのクラス』のアメリカ版?と思われるかも。でもトニー・ケイの『デタッチメント 優しい無関心』の視点は全然違う。

affiche_20120225084236.jpg

アグレッシヴに反抗する生徒たちの前でヘンリーは無力に感じるが、彼の言葉は不思議と生徒たちに伝わっていく。それは、今は亡き母親と祖父に育てられた彼が幸福でない子供時代を送ったから?
ある日ヘンリーは、帰り道で出会った若い娼婦を連れて帰る。乱暴された傷の手当をし、ご飯を食べさせ、泊まらせる。次の日も、また次の日も・・・

19964492_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-20120106_011414.jpg

教室と、祖父が入院している病院と、娼婦を泊めている彼のアパートが交互に描かれ、子供時代の断片的な映像が挟み込まれる。
エイドリアン・ブロディの悲壮感漂う痩身が“作品の主軸”、いくら悲壮感漂っても、それだけで涙は出ないが、泣きたい下地はできる(この役、ブロディ以外考えられない)。
そこへ2つの別れ:圧倒的な娼婦との別れ。胸が張り裂けそうに泣き叫ぶ彼女の声に観客の半分は泣く。私は滂沱の涙。いずれ別れなければならないとわかっているとき優しくするのは却って残酷だ、ということ。

そして祖父との別れ。過去に母親と何かあったことを察しつつ、唯一の肉親である祖父を毎日のように見舞うヘンリー。肉体も心臓も弱り、いつ蝋燭の炎が消えてもおかしくない。祖父は、若いヘンリーの重荷になりたくない一方で、孫を一人残していく不安もある・・・

19964501_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-20120106_011417.jpg
photos:allocine

最近、批判精神に燃えている息子は目を腫らして帰ってきた私に、「泣かせるための映画だ」。
確かに・・・でも泣くだけでなく、希望のある後味を残すいい映画だと思った。人間の深い孤独を埋められるのは人間だ。

Detachment
トニー・ケイ監督作品
主演:エイドリアン・ブロディ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト

禁じられた子供の名前

生まれた子供にTiteuf(ティトフ)と命名しようとした親に「待った」がかかり、結局つけられないことになった、という記事があった。
ティートフは子供に人気の漫画の主人公、子供にドラエモンと命名するのと同じようなものだ。

これじゃからかわれるよね・・・
70711_DAXCQ15ESFI3O1WA5SI33WGMM8XU1W_titeuf_H145012_L.jpg

却下の理由は「子供が名前のためにからかわれ、生涯ハンディキャップになる危険性がある」。
それは同感だけど、親は自由に名前をつけていいんじゃなかったの?と調べたら、基本的には自由につけられるんだけど、子供の人権に拘わるような名前に出会うと戸籍係が共和国検事代理に連絡することになっているそうだ。そういう名前を禁止する法律がちゃんとある。
今回は、そこから家裁に行き、判事が「ダメ」と判断。どうしてもティトフとつけたかった親が控訴したので最高裁判所まで上がっていった。
今までにデモン(悪魔)、メガーヌ(姓がルノー!)などの名前が却下されている。

日本に住む日仏カップルの知人が長男に桃太朗と名づけた。学校で苦労しそうな名前と思ったけど、日本にはそういう法律がないってこと?(と書いたら、日本にも「悪魔ちゃん命名騒動」というのがあったことを友人が教えてくれた。)

カトリック国のフランスでは聖人の名前をつけるのが通常で、毎日、誰の聖人の祝日か書いてあるカレンダーがある。子供は誕生日に加えて、自分の名前の聖人の祝日にもお祝いしてもらえる。
最近は英語の名前も多いし、うちの子の友達にはオセアンヌ(Ocean=大洋、男の子)、プロスペール(Prospere=繁栄しているという形容詞。男の子)、ユーロップ(Europe=ヨーロッパ、女の子)など壮大な名前がいる。

以前はメインの名前に後に、女の子なら両親の祖母の、男の子なら祖父のファーストネームをもらう習慣があった。夫はアラン・ヴィクトール・ルネと3つ名前がある。
子供は日本語の名前も持っていて、メールアドレスやFacebookでは日本語の名前を使っている。
ひとつしか名前がないのは私だけで、もうひとつくらいあっても良かったな、と。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
・・・という記事によると:
香辛料:カンポ(Kampot)の胡椒
カンボジアで栽培される、食通曰く「世界一の胡椒」。有名シェフが使っているそうで、その風味は格別。種の成熟度によって黒か赤か白になり、フルーティさとコクが微妙に違ってくる。

赤と白はどうした?
vracpoivre.jpg

肉:神戸牛(でた!)
神戸牛は和牛ともよばれ(和牛=神戸牛?他にも和牛があるでしょう、と調べたら、案の定、“神戸・近江・松阪・米沢・前沢牛がブランド牛で、誰と誰が1位~3位はちゃんと決まっていないらしい。でも三大というと神戸・松坂・近江がよく挙げられる”そうだ。)、極め付きの柔らかさで世界一美味しい牛肉と言われる。なぜ美味しいかというと、牛はビールを常食とし、酒で何時間もマッサージされる(ビールでマッサージじゃなかった?)こうすることで脂が周囲に固まらず、肉の中に満遍なくいきわたる。栄養の観点からも神戸牛は優れている:コレステロールが少なく、普通の肉の脂肪分の半分(コレ、絶対違うと思いません?あの霜降り肉の脂肪分が半分なんて!)

魚:フグ
テトロドトキシンの中毒作用がある危険な魚だが、日本の美食界に欠かせない重要人物。日本の厚生省認定の国家免許がない調理できないので、フグを食べさせるレストランは限られている。その味より、死の危険を冒して食べることが、この魚を更に珍重にしている。

チーズ:オッソ・イラティ
2011年のワールド・チーズ・アワードで1位に輝いたフランス・チーズ(チーズコンクールで中国のチーズが1位になったりしたらフランスの恥、世も末!)バスク地方の雌羊ミルクのチーズで、加熱しないで作られる。1980年からAOC認証(アプラシオン・ドリジーヌ・コントロレ=原産地統制呼称)。ほのかにアーモンドの香りがする特徴ある味わい。

ossau-iraty-fromage.jpg

果物:マンゴスチン
熱帯林の住民がよく食べているマンゴスチンは『神の果物』『果物の女王』とも呼ばれる。紫がかった皮に白い果肉、甘みと爽やかな酸味。自然の抗酸化作用に優れている(女房を質に入れても食べたい、といわれるのはドリアンだっけ?どっちが美味しいんだろう・・・)

mangoustine5.jpg

5大“食べておくべき”に日本の食材が2つ(情報の正確さには欠けるが)は素晴らしい。
この中で食べたことがあるのは、神戸牛、フグとオッソ・イラティ。つまり残り2つ食べればいつ死んでいいことになるわね・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。


少し前のル・モンド誌に日本で高級ブランドの売り上げが上昇したという記事があった。タイトルは「高級品で悪運祓いの日本」(日本人に反感を買いそうだけど、注意を引こうとするメディアのタイトルはこんなもんだ)。

第一の理由は、震災後、婚約・結婚が急上昇したこと。その結果、エンゲージと結婚指輪がすごく売れて高級ジュエリーブランドに“思いがけぬ幸運”をもたらした。
3.11の後、日本人が人との絆を大切に思うようになったことは知っていたけど、なるほど指輪が必要になるんだ。“風が吹けば桶屋が儲かる”と同じような構図。
銀座のカルティエは週末だけで1万人のお客を記録。このブームを感知したルイ・ヴィトンはロレンツ・バウマーがデザインしたエンゲージリングを日本で先行発売した(バウマーは斬新なデザインで評判。どんなリングであろうと探したけど見つからなかった)

もうひとつの理由として、婚約・結婚をしない人も高級品を買って自分を慰める傾向。
「仙台のルイ・ヴィトン店にも、高級品で“災難祓い”をしようとする顧客が戻ってきた」とル・モンド誌。
慰めるというより“明日のことはわからない。今という時を享受しよう(前から欲しかったものを買おう)”という気持ちからではと思う。
私がスキーで怪我したとき、お医者さんから「大腿骨ですんで良かった。頭を打っていたら大変なことになっていた」と言われた。比較にならない災難だけど「明日のことはわからない、今を大事にしなくちゃ」と思ったものだ(何か買っておくべきだった・・・)
コンサルティング会社べイン&コンパニーは、2012年、日本の高級品市場は2%増と予想しているとか。
シャネル・ジャポンの社長は、
「震災の後数ヶ月続いた“自粛モード”はだんだん薄れてきて、日本人は普段の習慣を取り戻した」
「うちにとってはここ3-4年来で最良の年になるだろう」とはPPR(グッチ、YSLなど包括するグループ)の社長。彼曰く、「日本は世界一難しい。靴の底に小さな傷があっても売れない。日本で商売ができれば、世界中どこにいっても怖くない」そうでしょうね。

何十年も高級ブランド売り上げで世界一だった日本。リーマン・ブラザー倒産で景気が激しく落ち込み、アメリカに一位の座を譲った。同時に日本人の高級品の買い方が違ってきた。

エルメス・インターナショナルの副社長は、
「日本人は何でもかんでも買わなくなった。本当に必要なもの、欲しいものを選んで買うし、同時にユニクロでセーターを買ったりする」
ブランドで全身固める時代は終わったってこと。
「我々は長いこと欧米人を真似していたが、日本人独自の表現、スタイルを見つけなければならないと理解した」とは資生堂名誉会長・福原義春氏。
東京でメトロに乗ると数人が同じLVやプラダのバッグを持っている、という時代は終わり(今、中国がそうだとか)“成熟期”に入った感じだ。

買い方は変わっても、購買力が戻ってきた。自粛して買わなければ、国に税金が入らないわけだし。
かってない災難から立ち直ろうとしている日本が伺える記事だった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

ダンスを習う男子観察

ダンス教室に来る女性は普通の(という形容詞もヘンだけど)女性が多い。
平均年齢層は若く、25歳くらい。中年過ぎの女性はだんだん来なくなる人が多い。

一方男性はいくつかタイプがあって面白い。まず、
イケ面の若い男:付き合っている彼女がダンス好きなので習いにきているという雰囲気が私のクラスには2人いて、2人とも女性にすごく優しそうなタイプ。私がステップを間違えて「あ、ごめん」と言うと「いや、ぼくが間違えた」。
回る方向を間違えても(2回に1回は間違える。自分がここまで方向音痴とは思わなかった)クスクス笑うだけ。その笑い方に「チッチ、下手なヤツ」というニュアンスがなくて大らかだ。あるいは私が可笑しいってこと?

彼女がいなそうなタイプ:一人は想像するに学校教師。40歳前後。一緒に踊るとき号令をかけないと気がすまない。私が間違えると容赦なく注意する。
「君がここまで来ないと手が掴めないじゃないか」
「はい、先生」
もうひとりは言っちゃ悪いけど、いかにもモテなさそうな中年のオジサン。別のクラスにいたが、このクラスは女性のほうが多いと聞いてすぐ引っ越してきた。

老化防止?:60過ぎのムッシューは、一緒に踊るたびに「腕をもうちょっとこう」とか「肩がどうのこうの」と動きを直す。その度に触りまくるし、私より特別上手いというわけじゃないので「ナニ、このオジサン・・・」と思っていたある日、
「僕は3年目なんだ」
「は?」
「このクラス、これで3度目ってこと」
「じゃ同じことを同じ先生で3度目?」
「僕の歳じゃ、そうしないと覚えられないんだ」
エライ。突然そのオジサンに尊敬の念が沸いた。

ただヘンな男:40~45歳くらいに見えるその男性は、目線がいつも相手の下の方、胸のあたりを見ている。私の胸を見たって大したものはないんだけど、なんかその目が据わっていて居心地悪い。仕方なく私も下のほうを見て踊ると、縫い目のないすごく上質の靴を履いていた。

ダンス教室が出会いの場所としてブレイクしたのは5-6年前。パリのダンス教室は満員御礼で、コレットまでがダンスのソワレを企画した。今はちょっと静まって、ダンス教室自体が出会いの場所ではなく、他で釣るために習いに来ている人が多い。

私のモチベーションは田舎の結婚式や誕生パーティ。延々と飲んだり食べたりの間で、お腹ごなしとアルコール飛ばしをかねてダンスタイムになる。唯一の娯楽“村のダンスパーティ”で鍛えたおじさん・おばさん達がそれはカッコよくステップを踏むのを見て、わたしも踊れるようになりたいな、と。そういえばダンスを習いだしてから、パーティのご招待が全然来ない・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

原発推進者たちの50年のウソ

原発を40年以上持続させるには、実現不可能な投資か電力消費量の大幅な減少が必要、という会計検査院の報告が出て、 “原子力発電は安い”という定論が覆される。この調査は、福島の事故後に心配になって始められたらしい。
原発反対者、エコロジストや左派は「それ見たことか!」

原発が40年以上、今の消費量を生産すると過程すると、第三世代原子炉を11基の建設が必要であるとか。
それには研究・開発も含めて550億ユーロの予算が必要で、今までに費やした予算を含めると1180億ユーロに上り、そこに現存の(老朽化した)原子炉58基の解体費用184億ユーロを加算すると・・・もう計算器ではゼロが足りないすごい世界になる。

目下1ユーロ=100円で計算しやすいので、最初の数字を日本円に換算してみると、550x100=55000億円。って兆になるんじゃないの?と調べたら「1兆円は何億円になるんでしょう?」という質問をしてくれた私のような人がいて、正解は1兆円=10000億円、550億ユーロ=5.5兆円となる。
今でさえ多額の借金を抱えたフランス、こんなお金どこから出てくるのよ。

この報告について、産業相のエリック・ベッソンは、「でも原子力による発電は他の手段に比べて安い」。
さらに「現存の原子炉の解体と廃棄物処理の費用については不明な要素があり、政府はそのコストを減らそうと努力している」と、空しい声明を発表した(もともとこの人好きじゃない。)

一方、原子力監視機構は「“原子力は他を引き離して一番安い”と提唱し続けた原子力推進者たちの50年の嘘が暴かれた」
原発推進のサルコジ内閣には痛い報告結果。

会計検査院がやったのははコスト面の調査だけど、安全性という大きな問題がある。
原子力発電に75%依存しているフランス。それに代わる案もなく、極左派のように「減らせ」「やめろ」というのも無責任だけど、強引に推進できない状況になってきた。ようやく・・・

折りしも大寒波で電気消費量が急上昇。エネルギーの必要性と有難みが身にしみてわかり、同時に先行きの不安も募るというもの。ブルル・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ