Archive

新内閣の“韓国スター”

『Ki m Jong-su、フランス内閣初めての韓国人大臣!』韓国のメディアが興奮したおかげで、フルール・ペルラン/Fleur Pellerinは自分の韓国名を知ったとか。
ジャン=マルク・エイロー首相の新内閣で、“中小企業・技術革新・デジタル経済”担当大臣に任命されたフルール・ペルランは38歳の若さ、切れ長の目のアジア美人。新大臣の中で一番注目を集めている。

fleur-pellerin-afp-578898-jpg_396581.jpg
photo:afp.com/Lionel Bonaventure

“韓国人”と言っても、彼女の言葉を借りると“生後6ヶ月で孤児になり、ソウルに捨てられていたところをフランス人家族に拾われ”フランス文化と教育制度で育てられたフランス人。それ以来一度も韓国に足を踏み入れたことがなく、韓国語も全くしゃべれない。
1970年代、韓国では経済危機のため多くの子供が養子に出された。「この任命はその哀しい過去を思い出させると同時に、韓国人が優れていることを世界に誇れる」と韓国の某新聞。
“誇れる”どころかブっとぶのが彼女の学歴。16歳でバカロレアを取得し、ESSEC(エセック経済商科大学院大学)に入学。名門グランゼコールで、それだけでも十分なのに、21歳で卒業できちゃったからと、これも超名門校、パリ政治学院に入学、公共サービスを選択。さらに24歳で究極のエリート官僚養成校、ENAに入学。現大統領フランソワ・オランド、その元パートナーで2007年サルコジと大統領選決選で争ったセゴレーヌ・ロワイヤル、現外務相ローラン・ファビウス、前首相フランソワ・フィヨンなど大物政治家の多くがこのENA出身者だ。でも彼らはもともと政治家家系で、16区あたりのアパルトマンで何不自由なく育った選ばれた人(エリート)たち。“6ヶ月に捨てられていたのを拾われ”努力を重ねて上昇したフルール・ペルランとはワケが違うし、このキャスティングをした新内閣もなかなか。
テレビのインタビューで見たけど、険しい道のりにもかかわらず、“おしん”的なとこ(古いかしら)がなく、明るくて物怖じせず、「(大臣の給料30%カットについて)この仕事でこの給料はほんとに安い!」
“自分は全くフランス人”だけど、鮮やかな色の服装はやっぱりルーツのせい?黒やグレイが多い女性官僚の中で華やかだ。

左:国土・住居平等相セシル・デュフロ、女性官僚に多い黒っぽい服装。
中:社会・健康問題相マリソル・トゥーレーヌもお洒落。52歳に見えない!
右:フルール・ペルランは鮮やかプリントが好き。
968710.jpg
photo:Reuters

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
スポンサーサイト

エールフランスとぎっくり腰

“ぎっくり腰”という言葉は、それになる時の感覚を見事に言い表しているネーミングだと、なる度に感心する。
フランス語では crise de sciatique が当てはまるみたいだ。sciatique は坐骨神経痛のことなので、坐骨神経痛の発作。
発作がついているので突然激しく痛む、というニュアンスはあるものの“ぎっくり腰”の表現力には及ばない。
・・・なんてことを考えるのもなったからで、以前なったのは、妊娠8ヶ月で引越しをして何か取ろうと屈んだ時。つまり歴然とした原因があったわけだけが、今回はジワジワとやってきた。
最初の日はただの腰痛かもしれないと期待して痛みが去るのを待ったけど、全然去ってくれない。
カタツムリくらいの速度でしか歩けないし、座ったり立ったりする度、ギャッというほど痛いので、オステオパシーの先生のとこへ行くことにした。

オステオパシーは日本で一昔前に流行ったカイロプラクティックのようなもの。頭を掴んで90度曲げたり、先生が体重をかけて骨の歪みを直したりするので、最初は折れるんじゃないかと不安になる。
カイロプラクティックは無資格だけど、フランスにはちゃんと養成学校(6年!)があって修了資格が出る。ただし健康保険からは医療行為と認められていない。つまり保険が効かない。でもぎっくり腰にはてきめん効くのだ。
脚を骨折してから、オステオパシーで骨をポキポキやられるのは怖い、と遠ざかっていた、と言うと、先生は引きつった顔で笑い、
「そんなの心配しなくていい、全然関係ない」
そして何の容赦もなく、捻じ曲げたり脚をグルグル回したりした。
サドマゾの30分が終わって、
「なぜcrise de sciatiqueになったんでしょう?」と聞いてみた。
「重いものを持ちました?」
「全然」
「バランスをくずすようなことは?」
「してません」
「長時間、飛行機に乗ったとか?」
「(ハタ!)12時間・・・」
「じゃそれですよ、原因は」
「でももう2週間も前のことなのに・・・」
「座り心地の悪い姿勢で長時間座って腰に負担がかかり、パソコンの前に座りっぱなしの毎日の生活で少しずつ悪化したってとこでしょう」

そういわれてみると、エールフランスの座席は乗るたびに狭くなるような気がする。
違う便(JAL)に乗った夫は、「座席は広いし食事が断然美味しかった」と言っていた。
その話を日本で友達にしたら、
「でも落ちるから・・・」
JALは他の航空会社に比べて事故が多いんだって。

ぎっくり腰と事故と、どちらを選ぶかと言われたら・・・まぁ迷う人はいないだろう。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
オランド大統領の新内閣発足。
総理大臣にはジャン=マルク・エローが任命された。ナント市長で、国民議会社会党会派のプレジデントもしているけど、全国的に名前が知れた人ではないので“アンチ・ヒーローの首相”と言える。
続いて発表された34人の大臣は、名前を知らない人も多く、羅列しても全然面白くないのでしないけど特筆すべきは2つ。
-34大臣中17人が女性:初めての男女半々、スバラシイ!

何人知ってるかな・・・
120516211204142_61_000_apx_470_.jpg
PHOTO:AFP

-大臣の給与30%カット:カット後の月給は9940ユーロ(100万ちょっと)。首相の月給も同じく30%減で14910ユーロ(約150万円)。責任と激務を考えるとまぁいいか。
さらに大臣の経費も10%カット。倒産・失業者が溢れる時代に即し、金遣いの荒かったサルコジ内閣と一線を画する処置。

総理に続く№2である外務相にはローラン・ファビウス。ミッテラン政権下、最年少(37歳)で総理になり(ただし8ヶ月と3日間)その後、社会党書記長、国民議会長など務めたキレ者。かなりの皮肉屋。全外務相アラン・ジュッペとの交代劇では、
ジュッペ:「嵐で航海の難しい海の舵取りを任せます」
ファビウス:「美しい街(ジュッペは元ボルドー市長)にお引き取りください」

424089.jpg

それに先立ったエリゼ宮”権力交代”では、サルコジとカーラ・ブルーニ(白いTシャツに紺のパンツスーツという頑張って簡素なスタイル)が現れ、車で走り去る。と同時にオランド新大統領がヴァレリー・トリエルヴィレールを伴って現れた。
結婚していない恋人が“ファーストレディ”として公式のセレモニーに現れる、この自由さが好きだ。6年来一緒に暮らしている事実上“妻”、結婚というひとつの形式にこだわって正式、内縁と分け隔てしなくていいじゃない。
それはそれとして、
「どーしてフランスの政治家は揃って美女をゲットするんでしょうねぇ・・・」という米ジャーナリストのコメントが可笑しかった。

ヴァレリー・トリエルヴィレールはジャーナリスト。
valerie-trierweiler-pl.jpg

政治家&ジャーナリストの組み合わせはけっこう多い:ドミニック・ストロスカーン&アンヌ・サンクレール(一時フランスで一番セクシーな女性1位にも選ばれた)、ベルナール・クシュネール&クリスティーヌ・オクラン 、アルノー・モントブール(今回の大統領選左派候補者の一人、新内閣で“生産性復興”大臣)&オードレイ・ピュルヴァール・・・政治家は過密なスケジュールだから、出会う女性といえばジャーナリストやTVキャスターくらいってことだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
カンヌの映画祭は、まだ公開されていない映画が審査されるので「この映画、すごく良かった。賞を取れ!」と感情移入ができない。私達の興味といえば、スターのドレスやジュエリー、「この女優、顔が変わった」「リフティング?」「ボトックス顔!」などと騒ぐくらいだが、それでもカンヌと聞く初夏の訪れを感じて心が騒ぐ。

今年のカンヌは5月16日から。期待されるフランス勢はこんな感じ。

シャルロット・ゲンズブール:ラース・フォン・トリアーの『アンチクライスト』で最優秀女優賞を取ったのが3年前。去年は同じ監督の『メランコリア』でカンヌに現れ、今年は『Confession d’un enfant du siecle』(世紀の子供の告白)がノミネート。
アルフレッド・ドゥ・ミュッセの原作の映画化。19世紀初め、若い遊び人(ミュージシャンで元ケイト・モスの彼、ピート・ドハーティ)と恋に落ちる未亡人役。

melancholia.jpg
photo:『Melancholia』 Allocine

レオス・カラックス:30年間に5本の作品(何で食べている?)、仏映画界の異端児。
『ボーイ・ミーツ・ガール』(1984)『汚れた血』(1986)『ポン・ヌフの恋人』(1991)の3部作はそれなりに有名。3作ともカラックスの分身と言われるドゥニ・ラヴァンが主役だった。
『ポン・ヌフの恋人』で演じたジュリエット・ビノッシュと一緒に暮らしていたが、あまりに長くかかった撮影が終わったときは彼らの間も終わっていた。
1999年『POLA X』以来13年ぶりの長編『Holy Motors』がコンペティション参加。ひとつの生からまたひとつに生へと旅する変な生き物の物語とか。“変な生き物”といったらドゥニ・ラヴァン!2007年『TOKYO !』の短編、メルド氏も恐ろしくヘンでした・・・

ビノッシュがまだあどけない顔、『ポンヌフの恋人』
amants du pont neuf
photo:Allocine

ジャック・オーディアール:も、寡作な監督だけど作るたびに高い評価。日本で公開されたのは『天使が隣で眠る夜』(1994)、『真夜中のピアニスト』(2005)はアカデミー賞作品賞、セザール最優秀作品賞他を取り、『預言者』(2009)はカンヌで審査員賞グランプリ。
2012年は『De Rouille et d’Os』(錆と骨)。ちょっと怖そうなタイトルはボクサー(男)と、ハンディキャップになったイルカ調教師(女)との類稀な愛の物語。
この作品、水曜日に封切りになるので、オーディアールはラジオで何回かインタビューされていた。今年60歳というのに声がすごく若くてカッコいい!

ね、素敵でしょ?『預言者』受賞のとき。
jacques-audiard.jpg
photo:Express

アラン・レネ:大御所レネは90歳でも疲れ知らず。お気に入りのファミリー(ピエール・アルディティ、ランベール・ウィルソン、サビーヌ・アゼマ)で撮った新作は『Vous n’avez encore rien vu』(あなたたちはまだ何も見ていない)。かって上演したお芝居を、同じ役者でもう一度立ち上げようとする劇作家のお話。

赤シャツがトレードマーク、アラン・レネ
alain-resnais.jpg

マリオン・コティアール:一番ハリウッドなフランス女優。クリストファー・ノランの『The Dark Night Rises』を撮り終えた後、ジャック・オーディアールの『De Rouille et d’Os』(錆と骨)で主人公の女性役。殆どすっぴん、車椅子で演じる。

marion cottillard
photo:『De Rouille et d’Os』Allocine


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
5月8日、フランソワ・オランドとニコラ・サルコジは仲良く(のワケない)第二次大戦書勝利記念の式典に出席した。あと数日の退出大統領と、これから5年間の新大統領・・・並んだ2人の身長が同じなのに気づいた。でもサルコジは上げ底の靴を履いているから、オランドのほうがかすかに高い?身長でも僅差で勝った!

サルコジは大統領選の前に「落選したら政治界から足を洗う」と言っていた。政治家になるために生まれてきたようなキャラ、他に何ができるんだろう?
sarko430.jpg
PHOTO:AFP

彼の余生を心配しているはずもないけど、聞いてびっくり、サルコジには、これから先何もしなくても食っていける種々の特典が与えられる:
① まず解雇(?)補償6000ユーロ(これは「ケタ間違ってない?」と思うくらいの額)
② 前大統領は憲法評議会のメンバーとなり、その手当てとして月額11500ユーロ(約120万円)
これは一度大統領になった人なら終身(!)もらえる手当て。オランド大統領はこの制度を廃止すると言っているが、廃止が議会で可決されても、過去に遡って手当てを止めることはできない。つまりサルコジは滑り込みセーフで手当てゲット。

③ 家具・設備つきの“官舎”
④ 警察のガードマン2人
⑤ 運転手2人つきの車
⑥ 秘書、アシスタント、史料係など少なくとも7人の協力者
③から⑥は、ミッテラン大統領時の首相だったローラン・ファビウスによって1985年に決められたものとか。
さらに、
⑦ エール・フランスのビジネスクラス、SNCF(フランス国鉄)グリーン車、ただで乗り放題。
⑧ 外国に赴いたときは現地のフランス大使に迎えられ、大使館の宿舎に泊まる。

この総額が年150万ユーロ、国民の税金から出ているわけだから何とも腹立たしい限り。
家賃なし、交通費なし、協力者に給料なし、旅行はタダ・・・に加えて奥さんカーラの印税がちょこちょこ入ってくるわけだから、ほんとに何もしないでも暮らしていけるじゃない!と言っても、何かするでしょうけど・・・オランドとの票差が僅かだったので(51.62対48.38)、前言を翻して意外と早く政治界にカムバックするのでは?が目下の噂だ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

買ったモノ、食べたモノ

「買い物は好きじゃない」などと言っていたくせに、友達夫婦(特に奥さん)は後半、怒涛のように買い捲った。
子供7人孫8人の大家族なのは認めるけど・・・

で、何を買ったかというとやっぱり日本グッズ。
浅草で浴衣5枚、子供用のズボンつきキモノ2枚。日本風図柄のTシャツ5枚。
鎌倉で古着の着物、着物の生地で作ったストール2枚。一見しょぼい店なのに入ったらオーナーが見つけてきた古着の着物や着物地の和小物がたくさん。古着の着物は一瞬私も欲しくなった。日曜日の朝、こんなのを引っ掛けたら私だってしとやかに見えるのでは?
そしたら「ママンはそんな生活してない」と娘に一蹴された。はぁそうですか。
浴衣は夫が「ホテルで盗め」とアドバイスしたが、やっぱり買いたいと。浅草の裏道でみつけた浴衣は「2000ユーロかと思ったら2万ユーロだったわ、ハハハ」(訳:2000円と思ったら2万円だった)
合羽橋で塗りのお盆(「これにクロワッサンとコーヒーを乗せてベッドで朝ごはんするの」)、お椀や木のスプーン多数。料理人の着物風上っ張りとズボン、前掛け。

料理サンプルも買いそうになったけど、値段(1万円前後)を見て諦める。
CIMG2573-001_430.jpg

渋谷のロフトで扇子10本・・・そして最後の日にこれらを入れるためのスーツケース1個。

私の買い物:原宿のTOPSHOPでシャツ、浅草で買ったバッグはおみやげ、鎌倉で着物地のストール5000円。
おみやげはこの3倍くらいもらっちゃった。
CIMG2593-001_430.jpg

食べたものは80%が和食。食事時間が9時頃と遅いので居酒屋みたいなところが多かった。
一番美味しかったのは神楽坂の『てっ平』。人ひとりが通れるくらいの狭い路地にある、旬の野菜と“ちょい干し”の魚のお店。近くには有名作家が缶詰になったという旅館『和可菜』もあり、ビルが立ち並ぶ表通りから一歩入ったところに、昔の姿が残っている。

焼いただけのしいたけやナス、味醂に2時間漬けたというサバや鮭、切っただけのフルーツトマトなど感激的に美味しかった。食べるのに夢中で写真も頭からぶっとんだ。
日本の友達と6人で行ってあれやこれや分け合って、「足りたかな?フランス人って、ひとりで一皿食べるじゃない」と彼女が心配するので、「大丈夫、お腹一杯」と答えたのだが・・・
後日「あの店にもう一度行きたい」と言いだした。「魚を一匹、ひとりで食べたい」「トマト丸ごと食べたい」・・・やっぱり友達は正しかった。

発つ前の夜、マンションの窓から最後の東京の夜景を眺める。春の、ブルーの夜空。
私にとっては「帰る」というより「行く」国になってしまったけど-いやそれだけに-あの人に会いたかった、あそこにも行きたかった、とたくさんの心残り。人ごみや街の匂いまで懐かしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
娘に付き合って渋谷の109に行った。
自社ブランドの服+濃いメイク+付けまつげ+恐ろしく高い(値段ではなく)ヒールを履いた店員さんたちが、「ラッシャイマセエー」「オヤスクナッテマァース」とひっきりなしに叫んでいる。そんなに広くない店内なのに携帯電話で連絡を取り合い「○○、出ます」とトイレ(?)に行く時も断っていく。
これに比べたらフランスの店員は眠っているに等しい。

フランス友達がびっくりしたのは:
-ホテルで荷物を運ぶのが女性で、掃除をするのが男性(フランスの逆)
-成田のリムジンバスに深々とお辞儀をする係員
-トイレが多くて綺麗
-自動販売機とコンビニの多さ(夏、冷房を減らすよりコンビニの数を減らしたほうが節電になるのでは?)
-コンビニでタバコを買うとき「20歳以上です」のボタンを押させるような形式主義(友達は白髪。誰が見ても60歳以上)

そして買い物に時間がかかること。日本人のほうがテキパキしていて仕事が早いと自慢していた私にも意外であった。
友達夫婦は典型的な再構成家族。両方離婚していて前のパートナーとの間に2人ずつ子供がいて、2人の間には3人の子供。その子供たちの何人かも離婚して別のパートナーと暮らしている。結果、子供7人、孫8人。扇子を買えば10本、とお土産の数がハンパでない。それをレジに持っていき「別々の袋に入れてください」と言うと、見本を出してきて「包装紙はどれになさいますか?」「そんなにどうでもいい」と友達。そうも言えないので、じゃコレとコレ。それで終わりかと思えば「リボンの色はどういたしましょう?」どうでもいいという言葉を呑み込み、見ると4色あり、私もついその気になり組み合わせを考えてしまう。さらに「ポイントカードはお持ちでしょうか」ノン。「お作りしましょうか?」ノン・メルシー。さらに別の係りが包装を終えるのを待つとゆうに15分は経過している。
これはフランス人から見た日本だけど、日本人の目から見たフランス人の生活『パリのふつうの生活』が本になりました。ブログを本にしただけでは-ブログに行って読めばいいわけだから-誰も買ってくれないので、大幅に書き下ろしを加えています。パリジャンの口説き文句、要注意!子供スリ集団、パリのトイレ:噂と現実、ニセ日本レストランの見分け方・・・などなど。

img-426173733-350.jpg

ワカメちゃんのモデルにもなったけど、悪ガキだった私は、カツオのモデルになることのほうが多かったような・・・講談社から出ています。
この週末に店頭に届いたそうなので、読んでいただけたら非常に嬉しいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ