Archive

田舎の埋葬式

私が会いに行った翌日に義父は亡くなった。
「死にかけている人は直前になると死ぬ時を選べるんだって。会いたい人に会えて安心したんじゃない」と友達に言われたけど、私が優先順位のそんなに上にいたとは思えない。
口から食べ物をとることができなくなっていたし、呼吸をするのもしんどい様子だったので、“その時”が来たんだろう。
トップ5には入っていなくても、私のことは「気に入っていた」と家族が言う。20年以上のつき合いで距離はあまり縮まらず、最後までvousvoyer-丁寧な話し方だった。
年老いてますます気難しいイジワル爺さんになっていったけど、みんなが「また始まった」とうるさがる昔話を私は面白がった。だから結構よく話を聞いた。

埋葬式が4日後に行われた。実家から歩いて5分くらいの村の教会に親戚と親しかった村の住民(村の人口140人)が集まった。
棺が担ぎこまれると、その上に「子供たちと義娘から」「孫たちから」と書かれた花束が置かれる。
義父の秘蔵っ子だった夫の弟が挨拶した:1928年、シャンパーニュ地方のこの村に生まれてからの人生を要約し、希望通り自分の村で村の人に囲まれて亡くなって幸せだったはずだ、と。重くなくて時々ユーモラスないい挨拶だった。
聖歌を歌うために“選ばれた”村の女性2人の1人がびっくりするくらい音痴だった。
緊張すると笑いが止まらなくなるという性癖のある娘は、笑いをこらえるのに苦労していた。

お葬式のとき、お酒を酌み交わすのは何処も同じで、ここはシャンパーニュだからシャンパンだ。
会葬者がゾロゾロうちにやってきてシャンパンがふるまわれる。午後の4時からポンポンとボトルが開き、90歳を越える義父の友達や従兄弟までがグイグイとグラスを空ける。30度を越える暑い日だったので私は1杯でけっこう回ったのに、みなさんごリッパ。
14年前、義母の埋葬で会ったきりの遠い親戚たちと再会する。
「亡くなった奥さんとやっと再会できるのね」と誰かが言うと、
「うちの父は、母が亡くなった後すぐ老人ホームに入ってね、気落ちしているだろうと見舞いに行ったら、もう他の女性の手なんか握ってるの」
「ヤダー!ギャハハ・・・」
などと盛り上がって、宴は7時すぎまで続き、近しい人たちが残って夕食になだれ込む。

死者との別れをこうやって“お祭り”にしてしまうのが、残る者の知恵なのかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

スポンサーサイト

日焼けは命がけ

男も女も老いも若きもフランス人は日焼けが大好き。海辺に行くとパラソルもささず、表・裏、また表と日焼けに専念する男女がマグロのように並んで横たわっている。帽子に日傘、手袋までして防御する日本人の目にはシュールな光景であろう。

calais.jpg

街中では日焼けサロンが繁盛。UVマシンを備えているエステサロンも多いし、Point Soleil(ポワン・ソレイユ)とか日焼けサロンチェーンは不況知らず。うちから50m四方に日焼けサロンが2件。人工日焼けした人たちが自慢げに出入りしている。

この機械にサンドイッチにされ裏・表を焼く
200905100532_zoom.jpg

肌の老化や皮膚がんの危険など、日焼けの害が叫ばれて久しいけど、日焼けファンにはあまり聞こえないらしい。
・・・ということで強硬手段:上院で日焼けサロンを禁止する法案が提案された。

フランスでは若い女性の悪性黒色腫が増えていて、推定で年間16人~76人が死亡しているそうだ。その主犯とみなされているのが日焼けサロン。社会・健康問題相マリソル・トゥレーヌは日焼けサロンの規定を硬化することを発表した。
ところで日焼けサロンの料金はいかほどなんでしょう?と、メジャー・チェーンのPoint Soleilを調べたら料金は5段階。
ベーシック:日焼けのエコノミークラス、10分間6ユーロ。
クラシック:初心者にお薦め。10分間10ユーロ。時間が長くなるほど料金はお得になり、例えばクラシック30分は26ユーロ。
プレミアム:リピーターや荒れた肌(!)にお薦めのカテゴリー。心地よい日焼けタイムとムラがなく長持ちする日焼けをお約束。10分間13ユーロ。
エクセランス:さらに快適で寛げる(ベッドが特別?)日焼けタイムで、ムラなくより奥深い日焼け。10分間16ユーロ。
プレスティージュ:さらに快適で寛げるデラックス・コース。さらに奥深く均一な日焼けをお約束。10分間20ユーロ。

高くなるにつれて”奥深い”日焼けをお約束・・・つまり悪性黒色腫の発生性を高めるのをお約束みたいではないか?飛行機のファーストクラスのほうがエコノミーより死亡率が高いという記事を思い出す。

ところでフランス人ってなんで日焼けが好きなんだろう?バカンスに行ける、というステイタスの誇示? 
「よく日焼けしてるわね」というセリフは賛辞だものね。
引き締まって見える、という意見もある。命がけの引き締まり・・・

そういう私も日焼けは大好きで、日本人の友達にあきれられる。最近はさすがに注意しているけど、以前はガンガン裏表焼いてパリに戻ってきていた。
ところが。パリにいる東洋人は中国、タイ、ベトナム・・・と色々で肌の色も少しずつ違う。日焼けしたって私がカンボジア出身とみなされれば「地黒なんだわ」で、「よく日焼けしてるわね」にはならないのだ。
日焼けへの情熱が落ちたのはそれがきっかけかも。ま、落ちて良かったんだけど・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

旅立つ人たち

息子が友達と日本に出発する。私が一緒だとなかなか日本語をしゃべらないし、キャンプとか山歩きとか私とではゼッタイにできないことを計画しているし、1ヶ月の一人旅で少しは大人になるだろうし、とにかくスバラシイ。
と内心喜んでいたけど、昼間はバイトに出かけ、夜は夜遊びに忙しく、なかなか準備をしない。どころか、
「東京から遠くなくて、あんまり疲れないハイキングコースがあって、疲れたらあまり高くないキャンプ場があるとこ、知らない?」(知るか!)とか
「東京で誰か泊めてくれる友達、探してくれる?」とか、ちょっと虫が良すぎるじゃない?
それでも突き放せないのが母親というソンな生き物。
私は息子が遊び歩いている深夜、1m85の大男2人を受け入れてくれないかと東京中の友達にメールを送り、キャンプ場やハイキングコースを探し、おかげで日本地図のお勉強になった。

前日になって案の定、「テニスシューズに穴があいてる」とか「パンタクール(短ズボン)がシミだらけ」と言いだすので、夕方2人で買い物に走り、旅行中に読む本も選んだ:カフカの『審判』は村上春樹の『海辺のカフカ』がエラく気に入って読みたくなったから? モーパッサンの短編集にイギリスの推理小説。それに私が村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』を加える。仏語タイトルは『La fin des temps』(時代の終わり)だ。もともとよくわからないタイトルなのに直訳したらもっとわからないものね。

夜は一緒に行く友達も泊まりに来て、2時近くまでパッキング。寝袋まで持っていくのでスーツケースは、蓋に2人乗らないと閉まらないくらい満杯だ。
少し眠って5時にたたき起こす。朦朧とした男子たちはテントを担ぎ、スーツケースを転がしながら5時半に発っていった。Bon voyage !

送り出した後、私は2時間電車に乗って、田舎の義父に会いに行く。
94歳になる義父は歩けなくなってから急速に弱り、数日前から何も食べられなくなった。お医者さんは「いつ亡くなってもおかしくない」というので、せめて意識のあるうちに会っておきたいと。
枕元に行くと、私のことがわかったみたいで、何か言おうとするけど声が出てこない。
口の形から、「ボン・ヴォワヤージュ」だろうか?・・・そういえば私がパリから着く度、「ボン・ヴォワヤージュ(いい旅)をしたかね?」が最初のセリフだった。
「ええ、いい旅をしたわ」。
また口が動く。夫の名前を呼んでいるようだ。
「今日は一人で来たの。アランはあさって来るわ」
義父はしゃべる努力で疲れたというようにグッタリ目を閉じた。

2つの旅立ちに立ち会ったような日だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。



70年前の今日、ユダヤ人一斉検挙

1942年7月、ナチはヨーロッパ諸国のユダヤ人の大掛かりな検挙を思い立ち、この作戦に『春風』という美しい名前をつける。ヴィシー政権下のフランスでは仏警察がこの作戦を行い、7月16日17日でユダヤ人13000人を逮捕した。
主にフランスに亡命していたユダヤ人で、そのうち4000人以上が子供だった。彼らは15区にあるVelodrome d’Hiver(冬季競技場)に収容され、脱走しようとする者はすぐ射殺された。自殺者もでた。

1942年7月16日の冬季競技場
2091503_dbeccf6c-cec1-11e1-a698-00151780182c-001.jpg

殆ど飲まず食わずの5日間の後、ユダヤ人たちは一旦フランスの収容所に送られ、その後アウシュビッツに送られた。その数は、1942年にフランスからアウシュビッツ行きとなったユダヤ人42000人の4分の1に当たるそう。

ひとつの民族を忌み嫌って抹殺しようする悪魔的行為に、フランスが進んで加担したこの一斉検挙は『Rafle de Vel d’Hiv/冬季競技場の一斉検挙』と呼ばれ、長い間“隠したい汚点”だった。
それを初めて認めたのがシラク大統領。1995年のこと。
70周年の今日、法相C・トビラは、シラクの勇気ある行為を称えた。そのシラクさん、好きな大統領だったのに認知症で久しく姿を現さない。日本が大好きで相撲ファンで、愛犬の名前はSumo、日本に愛人がいて子供もいるという話は、官僚の間では“公然の秘密”だったそうだけど本当だろうか?ありそうな話だけど、大統領を辞めてからもマスコミにすっぱ抜かれないのが不思議だ。

話は逸れたけど、フランスでも若者(18-24歳)の60%が“聞いたこともない”という“冬季競技場の一斉検挙”。
こういう歴史の汚点が繰り返されないために、ネオナチやファシズム抑止のために、もっと語られるべきだ。
この事変を描いた映画『Elle s’appelait Sarah/彼女の名前はサラ』はフランスではヒット。日本では『サラの鍵』というタイトルで昨年末公開になった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

妻3人、娘4人

友人の中年男性は3人の妻と作った4人の子供がいる(一度に3人ではなく、ひとりずつ順番に)。
前前妻との間に娘2人、今日20歳レナと15歳のアメリ。アメリは娘と仲がいい。
前前妻と別れた後で、15歳年下のポーランド人の女性-子供のベビーシッターだった-と一緒になり、セーヌに浮かべた船で華やかな結婚式を挙げ、娘が生まれた。そして別れる。
間もなく20歳年下の女性-彼の秘書だった-と一緒になり、2年前にまた娘が生まれた。まだ別れていない。

3人の女性はタイプは違うものの、みんな綺麗、彼は特別ハンサムでもセクシーでもないので、「どうしてだろうね・・・」と娘は不思議がる。でもモテるってそういうことなんだよ。

さて、週末は現妻と4人の娘に囲まれてハーレムのような暮らし、と思いきや、買い物やご飯作りに追われて大変らしい。その上、母親たちは揃ってあまりお金がないので、娘たちから「ソルドに行くからお金ちょうだい」「○○にバカンスに行きたい」とせがまれ、「いくら稼いでも追いつかない」と嘆いている。モテるのも考え物だ。

彼は音楽プロデューサーだけど、この度、初めて映画を撮った。前前妻との娘2人が主演で、前妻とその子供も出演し、現妻がポスターを作り・・・と家族総動員だ。
“主演”のアメリがうちに遊びに来たんで、
「どういうストーリー?」と聞くと
「ストーリーはないの」
「・・・・じゃロマンスとかアドベンチャーとか、ジャンルでいうとナニ?」
「どれにも当てはまらない」
と、掴みどころがない。
撮影にちょっと立ち会ったという娘に言わせると「2人の人が色んな話をする日々のスケッチの繋ぎ合わせ」それに、トリュフォーやゴダールへのオマージュがかぶっているという。
フランス人は、そういう映画作るの好きなんだよね。うまくいけば感情移入できるし、そうじゃないと自己満足で終わってしまう。
でもアメリに言わせると試写に来た人たちはみんな気に入って感動していたと。
「私も泣いちゃった」というので、たくさんの人が観て拍手されて感激の涙かと思ったら、「そうじゃないの。アップで映った自分があんまり綺麗なんで、えっこれがアタシって感激して泣けたのよ」
「・・・・・」
彼女は顔立ちも可愛い。小さいときから歌手や俳優になりたくて、演劇学校にも通っている。しかし俳優になるには、自分の綺麗さに感動してして涙が出るというナルシストさも必要なんだ、と気づいた。
映画のスクリーンに自分のアップが映ったら、私なら隠れたくなるものね。
彼女の3年後、5年後が楽しみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
肉屋で働きながら気楽な一人暮らしのデヴィッド、42歳。若かりし日、彼はお金のために精子バンクに何度か精液を売って、結構な額を稼いだ。ドナー名は“スターバック”。

20079900.jpg

折りしも、ガールフレンドが妊娠し“永遠の青年”の生活に終止符を打ち、身を固めようかというとき・・・・彼の精子でできた子供達が、スターバックが誰か知りたがっている。彼の精子は質が良くて、子供の数は533人!ということを知りたまげる。

”子供たち”の集合写真!
19956005.jpg

匿名でいたい反面、“自分の子供たち”を知りたいデヴィッドは、533人のひとり、またひとりを遠くから見に行く。
子供のひとりが監視員をするプールに通い、メトロの通路で歌を歌うもうひとりに拍手を送る・・・
そしてガールフレンドには自分に533人”子供がいる”ことを告げられず悶々とする。

『Starbuck』はカナダの監督ケン・スコットの作品。
どこにでもいそうなオジサン・デヴィッドの、ユーモラスで愛情深いキャラがとても良く、533人の子供という荒唐無稽な話にけっこう真実味がある。ってことはシナリオもいい。

もうひとつ面白いのがカナダのフランス語。イントネーションが違うし、単語もしばしば違うので、時々、字幕で”フランス語の翻訳”が入るほどだ。お薦め映画。

話題にはなったけど観ないほうがいいのは『Dictator/ディクテーター』(と言えるのは観てしまったからだけど)。

20096200.jpg

『ボラット』『ブリューノ』に続くラリー・チャールズ(監督)とサシャ・バロン・コーエン(主演)コンビのコメディ。
北アフリカのワディヤ共和国の独裁者アラディーンが、お忍びでNYにやってきて繰り広げるチン騒動・・・シナリオなんてないに等しく、下ネタ(フランス語では”ベルトの下”ギャグ)の連続。それもしばしばグロテスクで重い。

途中で出たくなったけど一緒にいった友達の手前、がまんして最後まで観たら、その友達も出たかったけど私の手前、がまんしたそうで、なーんだ、そんなら一緒に出れば良かったね。観てソンした。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
「おばあちゃんが老人ホームで死んだ」という知らせをアルモンが受けたのは、愛人宅で、手品の練習をしていたとき。
ベルト(と書くと変だけど、Bertheは今は時代遅れのファーストネーム)おばあちゃんはすごく控えめな人で、いることさえ忘れていたほど。しかし、亡くなったという知らせを聞いて、思い出がどっと蘇る。アルモンが情熱を傾ける手品だっておばあちゃんから受け継いだものなのだ。
ブリューノ・ポダリデスの『アデュー・ベルト-おばあちゃんの埋葬』の話。

妻と薬屋を経営するアルモンは、そこから歩いて5分の愛人宅の間を行ったり来たりしている。

20089763.jpg

手品の趣味は妻にはバカにされるけど、愛人には拍手喝采される。離婚に踏み切り、愛人と一緒になろうかとなびいていた彼だが、おばあちゃんの死はすべてを“中断”してしまう。

お父さんは認知症なので埋葬の手続きを一手に引き受けるアルモン。妻とネットで葬儀屋を探すと、「リモコンで動く棺おけ(担がなくてすむ)」とか「エコロジー木材の棺おけ」などが現れ、ピンと来ないので地元の葬儀屋に出向く。
そこはハイクラスな雰囲気で、ドラキュラに似たオーナーが現れ、棺おけセレクションは実物大ヴァーチャルで画面に映し出される。“今までの棺おけの概念を覆す”長方形棺おけ(日本はそうなんだけどね)、“フィリップ・スタルクデザイン”という白い繭型棺おけ・・・予算に応じて色々ある葬儀メニューの中から、ドラキュラは“トワイライト”を薦めるのだ。

左がアルモン、愛人(ヴァレリー・ルメルシエ、いるだけで可笑しい)、右が葬儀屋役で登場する監督
20089776.jpg

今は亡き伊丹十三氏の『お葬式』もそうだったけど、一生に一度のセレモニーがユーモラスに描かれる。でもけっして茶化しているわけではない。老人ホームに荷物を取りに行って発見するおばあちゃんのラブレター、手品の道具・・・死者への愛情や思い出もしんみりと描かれる。

アルモンを演じるのは弟のドゥニ・ポダリデス。コメディー・フランセーズの舞台俳優で、とりわけモリエールの『守銭奴』が2009年から大ヒット。すぐに完売になりまだ観ていないけど、型破りの守銭奴なんだとか。
シナリオも書き、お兄さんと組んだ映画もこれが4作目。サルコジの選挙戦を描いた『La Conquete』ではサルコジを演じた。
小柄で風采も大したことないけど不思議な魅力があり、女が「ほっておけない!」と思うタイプだ。
ゲラゲラ笑って温かい余韻を残す作品。最近観た映画の中では1位かも。日本でもかかって欲しい。

『Adieu Berthe ou l’enterrement de meme』
ブリューノ・ポダリデス監督作品
1時間40分
フランスで公開中


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ