Archive

田舎の週末:贅沢な自給自足

ボルドーやブルゴーニュと同じく、シャンパン造りをしている人たちの財産は土地。彼らはボロは着てても、石造りの大きな家に住み、「どこまでがオタクの庭?」というくらい広い庭に囲まれ、その背後の丘陵にはブドウ畑が見渡す限り。眺めていると目の奥まで綺麗になりそうな鮮やかな緑だ。

CIMG2876-001.jpg

シャンパン製造業者はリタイアしても、ブドウ畑を貸してその上がりの何%をゲットする。貸す期間は18年か36年。できのいい年もあれば今年のように激しい雹が降ってブドウ畑の一部が全滅という年もある。

雹が降って10分の間にこんな姿になった隣村のブドウ畑。
CIMG2713-001.jpg

長いタームで経験を積んでいかないとダメな仕事なのだ。“急がない”“時間をかける”というフランス人の特徴もこんなとこから来ているのかも。

シャンパンの輸出量はここ20年ずっと上昇で、2011年の前年比を見ても9.3%増。なのでシャンパーニュ地方の人たちはそこそこリッチだが、そのリッチさが違う:衣食住の食と住の豊かさ。
従兄弟のうちに遊びに行くと、庭に生った不恰好なトマトに、窓辺で栽培しているバジルの葉を摘んで、極シンプルで感激的に美味しいサラダが出てくる。台所のオーブンでは狩で捕ったイノシシの腿肉の香ばしい香り。

デザート用に木苺を摘む。
CIMG2895-001.jpg


納屋を改造した“食料貯蔵庫”には庭の果物のコンポートやジャム、キノコ、狩猟で撃ちとったジビエの煮込みなどの瓶がズラリ。冷凍庫は2台。
CIMG2893-001.jpg

「近くの農家でいい地鶏を見つけたから12羽買って冷凍してある」というケタの違う買い方で、突然だれか訪ねてきてももてなせるようになっている。どころか何も買わないで1ヶ月はラクに暮らせそう。

その上、シャンパンは飲み放題だから従兄弟は120kgになり、奥さんもデブじゃないけど豊かな腰周り。
「あんた、体重何キロなの?」と奥さんに聞かれて、答えるよる早く従兄弟がピタリと当てた。
「どうしてわかったの!?」と驚くと「狩をするからや」
長年、狩猟をする彼は、撃ちとった鹿やマルカッサン(イノシシの子)を持ち上げると重さがわかるようになったんだと。獣と一緒にしないで欲しい。

“友達用寝室”のベッドはいつも準備ができていて、シーツは太陽のいい匂いがする・・・つまり、そこで過ごす時間の豊かさを大切にした暮らし方だ。少しはマネしたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

スポンサーサイト
2週間続けて週末、田舎の実家の片付けに来ている。
家中くまなく掃除機をかけ、天井のクモの巣まで(クモさんまで!)吸い取る。窓を全部開け放し、シーツやナフキンを洗う。古い雑誌、賞味期限切れの缶詰・・・いろんなものを捨てる。

7月末に亡くなった義父は貴重な教訓を残してくれた:彼のように老いてはいけない!
とにかく口うるさい人で、子供を連れてくると「足音がうるさい」「ドアをバタンと閉めるな」「庭で遊ぶと芝生がいたむ」「花が折れるからボール遊びをするな」・・・どこからともなく現れては、ことごとく禁止した。

これが「禁じられていた庭」
CIMG2711-001.jpg

冬は零下10度まで下がる寒さ、私が暖房をつけっぱなしにしていると「不経済」と怒られた。
耳が遠いけど補聴器は「老人ぽく見えるからイヤ」。食卓では人の話はよく聞こえないから、一人でしゃべり、それもドイツ文学や、誰も聞いたことのないドイツ詩人の話なので、みんな黙りがちになった。
当然、子供達の足はだんだん遠のいた。

自分の生活スタイルを守るのが大事なので、友達づきあいも少なく、いきおい孤独な晩年になったけど、だからといって方針を変える気配はなかった。

仕事しか趣味がない人で、ドイツ文学教師を退職してからも、論文を発表したり、亡くなる前の5年間は生まれ故郷の村の歴史を500ページの本にした。
映画も観ず、テレビはニュースだけ。すごい音量にしないと聞こえないので、一緒に観る人は耳を塞いでいた。
小説を読んでいる姿は見たことがなく、読むものと言ったらル・モンドくらい。綴りの間違いを見つけては投書していた。さすが元教師。
食べ物に関しても偏狭で“エキゾチックなもの”(すなわち日本のご飯)はすべてノン。昔、一度お寿司を出したら、バゲットと一緒に食べたっけ。
趣味・娯楽がない人だったんで、寝たきりになってからは、夫いわく“天井を見て過ごすしかない”。仕事一辺倒の日本のお父さんたちも、この危険性ありでは?

お義父さん、ごめんね。でも本当のこと。反面教師でも、貴重な教訓を残してくれたわけだ:たくさんの趣味と好奇心を持ち続けること。人間関係を大事にして世界を狭めないこと・・・
でも、今はエラそうなこと言ってても、自分が年とったらどうなるかわからない。お義父さんと言い勝負のイジワルばあさんになったりして・・・なりそうだ。

住民200人の村の教会墓地。いつも花がいっぱい。

CIMG2878-001.jpg

これ何だかわかります? 昔の洗濯場。

CIMG2707-001.jpg

近所の人と義父の思い出話をして、彼の意外な面も発見した。お隣さんは元銀行員で、アフリカ諸国あちこちに転勤になり、コートジボワールで若い奥さんを見つけて戻ってきた。リタイアして田舎に引っ込んだ彼は71歳、妻35歳!褐色の肌の美しいクリスティーヌに義父はご執心で、庭でとれた木苺を「奥さんに」と届けに来ていたそうだ。カワイイじゃない!
それからカーラ・ブルーニのファンだったとか。あんましカワイクないけど。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

その日にあったこと、何をして、誰と会って、腹が立ったこと、嬉しかったことを話す、「実は浮気しちゃった」なんてことまで打ち明ける・・・つまり“透明である”のがカップル長続きの鍵、と言われていたのは一昔前のことらしい。

「男(女)友達と一杯やった、前妻(夫)と食事をした、というようなことは言わないほうがいい。“秘密”の部分があることが、関係を持続させる秘訣だから」が最近の心理学者のアドバイスなんだって。
「だって、今日はどこで誰と何をして、何を食べて・・・なんて話したら、子供時代に母親に根掘り葉掘り聞かれたのを思い出すでしょう?マンネリ化のもと」と某精神分析家。なるほど。

その説によると、
言わないほうがいいこと:
仕事の後で前の彼(女)に会った、など深みにはまっていない小さな秘密は言わない。問い詰められても軽く受け流し“自由である”ことを実感しよう。

言ったほうがいいこと:
高いものを衝動買いしちゃった、とか、お金に関することは白状したほうがいい。会社を首になった、も言うべき。毎朝、出かけていくふりなどしないこと。病気が判明した、も隠さない。困難を一緒に分かち合うのは絆を深める。

タイミングを選んで言うべきこと:
“一時の出来心”の浮気なら自慢しない(!)ほうがいい。カップルが本当に上手くいっていないとき、「私が浮気するようじゃ、私たちの間、もうダメよ」のように白状する。

ふーん・・・すなわち、小さな秘密は「残業で遅くなった」とウソでごまかし、お金や病気の相手の助けを必要とすることは言い、浮気したことは別れる捨て台詞にとっておく・・・なんだか逆に関係を悪化させそうなアドバイスに思えなくもないですが・・・やってみるか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。


サルコジ・マラケシュ・黒ビキニ

大統領選に敗れたあと、外国をあちこち豪遊していたサルコジとカーラ・ブルーニ。マラケシュの、モハメッド王Ⅵ世のおうちに泊まっていたとき、このパラスにいたく関心を示し、2度も訪れた、とLe Pointがすっぱ抜いた。

maisonsarkozy-595886-jpg_408881.jpg
photo:le Point
場所はマラケシュのラ・パルムレ(リッチ層の邸宅が集まる地区)の一画で、1500㎡の邸宅にはお客用スイート・ルーム8部屋、シネマ室、マッサージサロン、21mx7mのプール。夫妻の寝室は100㎡で幅3.6mの巨大ベッドがあり窓からの眺めが素晴らしいそうだ。
お値段は5~600万ユーロ(約6億円、モロッコ値段!)。今のところ元大統領夫妻は手付けも何も払っていない。

マラケシュのラ・パルムレといえば、DSK夫人アンヌ・サンクレールが御殿を購入したのもこの一画。2年かけて(膨大な工事費もかけて)大改装し、そこに招待された社会党書記長マルティーヌ・オブレイはその豪華さに度肝を抜かれ「こういう豪勢な暮らしをしている人に左派を代表させることはできない」と思ったとか。

さてサルコジ、選挙中は“前回勝利の日、フーケツでしたパーティ(富裕層や大企業社長を招いた)を後悔している”とか殊勝な顔で言っといて、その舌の根も乾かぬうちにこんな豪邸を「買っちゃおうか」などと思うんだから、懲りないヤツだ。
一方、フランソワ・オランドは大統領になって100日目に行われたアンケートで「満足している」と答えた人が過半数を割った。同じく100日目、サルコジに「満足している」は70%だったというけど、フィガロ紙(右派)のアンケートだものね。この結果を絶好の機会と、右派がオランド攻撃をしたことは言うまでもない。

オランドとヴァレリー・トリエルヴィレールはバカンス中隠し撮りしたVSD(ゴシップ週刊誌)を訴えたとか。
訴えるほどすごい写真でもないけど・・・
VALERIE-TRIERWEILER-FRANCOIS-HOLLANDE-VSD-e1344588336501.jpg
photo:VSD

メディア好きのニコラ&カーラは訴えず。ファーストレディって黒ビキニがキマリらしい。
それにしてもどーしていつも手を繋いでいるのか?幼稚園の遠足じゃあるまいし・・・
sarkozy-carla-plage.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

フランスで22時から始まったロンドン閉会式は、大ブリティッシュ・ロックショー。マッドネスやペットショップ・ボーイズ(え?生まれてなかった?)、ジョージ・マイケル、アニー・レノックス・・・と80年代の懐かしいロックからジェシー・J、ミューズ・・・その度にステージの装置が変わり、ダンサーたち(4000人のボランティア!)が彩る。
スポーツというより音楽の祭典で、すなわち私は釘付けになり、猫がネズミを咥えて帰ってきたのも気づかなかった。

・・・なのにデヴィッド・ボウイは登場せず。TOPモデルのデフィレへの繋ぎに『Fashion』が流れ、スクリーンに映像が出ただけ。セ・パ・ジュスト!
ceremonie-de-cloture-jeux-olympiques-londres.jpg

7年前、パリもオリンピック開催都市として手を挙げていてロンドンに敗れたんだけど、これがパリだったらどんなフィナーレをしたんだろう?ジャン=ポール・グードかな?
音楽ではダヴィッド・ゲタ、ミレーヌ・ファルメール、ジョニー・アリデー(よしてよ!)・・・到底イギリスに叶わない、なんてことを娘と話しながら観ていたけど、限りなく装置が変わりミュージシャンが交代し(イギリスの音楽アーティスト、みんな出たがるんでみんな出したらこうなった?)、前衛的な花火もボンボン上がって、これだけのスペクタクルに一体いくらかかったんだろう、天文学的な数字に違いないと心配になってきた。

cc31_38a33d6143cfca92742754317a932d99.jpg

2ceremonie-de-cloture-jeux-olympiques-londres.jpg
Photos:melty.fr

ロンドン五輪に総額いくらかかったかというと、90億リーヴル、115億ユーロ。日本円にすると1兆1500億円(間違ってません?こういう計算は苦手)・・・と聞いてもピンとこないけど、7年前に決められたオリンピック予算の倍以上と言われれば、ほらね、やっぱりお金かけすぎじゃない!その中でもこの壮大な閉会式は大きな額を占めているはず。

デヴィッド・キャメロン首相は「オリンピックはこれからの数年に165億ユーロをイギリスにもたらす」と豪語しているそうだけど、今日のロンドンは”お祭りの翌日の二日酔い”気分とか。
イギリスの経済学者に言わせると、
「オリンピックのようなメガ規模のイベントはツーリズム、雇用の増加、給料アップのような経済成長指標に反映されにくい」
「3ヶ月間は急速な経済成長をもたらすがその後フェイドアウトする。長いタームでのインパクトを期待するのは難しい」

一方で、交通手段の安全性や選手村の設備まで優れたオーガナイズであったし、この国の予想以上のイベント力を世界に示し、真夏の夜の夢(フランスとの時差は1時間)を見せてくれた。
選手村にはヨーロッパ一のショッピングセンターが造られ、宿泊施設は来年から売りに出されるそうだ。
テレビの前で暮らしていた娘は「あー終わっちゃって悲しい」としんみりしてから、「4年後はアタシ19歳ってこと!?なんて恐ろしい!」
あんたが恐ろしかったら、こっちはどうなるのよ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

世界最古の裸のビーチ

ボルドー北西のモンタリヴェは、世界で一番古いナチュリスト(ヌーディスト)海岸である、という記事が、海岸に寝転がって読んでいた新聞に載っていた。

1950年に始まったこのビーチ、当初バンガローが3つ、何組かのフランス、ドイツ人カップルだけだったが、今日では毎夏1万1000人から1万5000人のバカンス客がやってくる。

fkkmer1__076706000_1927_12102007.jpg

そして今、裸でバレーボール。えっ写真が小さすぎる?
217922_427585693958882_327427346_n.jpg

60年の間に、スーパー、商店、クラブが次々とでき、バンガローには電気が引かれ、洗濯機(何を洗濯するんだろう?)があるとこも。この消費社会化を古くからの常連は「本来の意味が失われる」と嘆いている。というのも、ヌーディズムというのは、エロティズムとは全く関係なく、『自然への接近、他人への尊厳、シンプルと簡素』が元祖エスプリなんだそうだ。
確かに、服で隠れているから想像する、のがエロティックなのであって-着物姿のうなじとか、裾から覗く足首!-最初から一糸纏わぬ姿はエロティックとは関係なさそうだ。

話を戻して、モンタと呼ばれているこのビーチ、世界最古だけに、古くからの常連はかなりの高齢だ。45年来の常連、ピエールは87歳、「死ぬまで来る」。
写真の方、80歳のポールは神父で、1952年から毎夏来ている。
「47kgの枯れ木のような身体、日焼けしてなめし皮のような皮膚に無数のシワ・・・」と記事は書いているが、ありのままの身体、年齢を受け入れることもナチュリスト精神のひとつなんだそうだ。

1740984_4_1090_frere-paul-nom-d-emprunt-80-ans-l-un-des_a587c6d41cd55daad5942aed1bcc2eac.jpg
photo.le Monde
一方、26歳で美しいバディのダンサー、エミリーは、
「私の職業にとって老いは怖いものだけど、ここに来てから、年齢に拘わらず身体はいいもんだって思えるようになった」
ナチュリストの両親と来ている19歳のスザンヌは、
「服を着ているときはもっとすごいと思いがちだけど、裸になってみると(老人は)そんなに醜くない」
なんか言いたい放題だけど、ま、率直でよろしい。
「服を着ていたら、うんと年上の人に話しかけにくいけどここでは気安く話せる」という22歳男子もいたけど、それは同じポリシーを持った人たちの連帯感ではない?

とにかく私にはご縁のなさそうなビーチだ。どんなに面積が小さくてもビキニをつけているほうが、見ていても居心地がいいし、人の水着を品定めする楽しみもある。羞恥心を忘れたオバサンが時々トップレスになるくらいでちょうどいい。第一、水着を選ぶ楽しみもなくなるじゃない!と、私はやっぱり消費社会の人間だ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

ボーリューの小さな駅にはコート・ダジュールの各駅停車の電車が止まる。
ニース・アンティーブ・カンヌ・グラース・・・その先はアヴィニオンまで。通過駅の名前を眺めているだけで夏の香りがしてきてウットリ。逆方向はモナコ・マントン、そして終点はイタリアの町、ヴェンティミーリア/Ventimigliaだ。
前回登場の元ホステス・マダムが「ヴェンティミーリアはいいわよ、物価も安いし金曜日には市が立つの」と言っていたし、ここまで来たからには電車で25分のイタリアまで行ってみよう。往復11ユーロ。

マントンを過ぎたあたりで携帯電話で遊んでいた娘が「イタリアに入った!」
国境を越えるとすぐイタリアのプロヴァイダーにバトンタッチされるのだ。

ヴェンティミーリアの駅を出ると、サーモンピンクの建物がごちゃごちゃと並ぶ活気のあるイタリア風景。

Ventimilla-001.jpg

駅前通りはまっすぐ海に続き、海岸には広い公園が木陰を作っている。

parc-001.jpg

この町の名所は11世紀に造られたカテドラル。旧市街の、窓から洗濯物がぶら下がった細い路地を上っていくと、工事現場の片隅にそのカテドラルが立っていた。知らなかったら通り過ぎるとこだ。今から千年前の建造物なんだからもう少し丁重に扱っていただきたい。

ロマン様式のまあナンてことないカテドラルですが・・・
cathedrale-001.jpg

カテドラル前に木のオブジェが並んでいるので、当時の滑り台かしら?と近づくと、なんと中世の拷問道具がさりげなく陳列されている。その隣には九柱戯(昔のボーリング)とか遊び道具もあって、なんかコンセプトのわからない展示だ。

tortures-001.jpg

とにかく食って泳いで寝るだけだったところへ“カルチャーな見学”を果たした私たちは満足。
お客の一人もいないレストランでパスタを食べた後、夫は昼寝をしにフランスに帰り、私は娘たちと海岸に行く。

バービーを持って遊びにきた女の子、すごく可愛かった。
filleavec Barbie-001

名前すら知らなかったこの町ヴェンティミーリアのことが新聞に大きく載ったのはその翌日のこと。
人口3万ののどかな田舎町は、なんとマフィア、それも世界で最も凶悪な犯罪組織のひとつ、カラブリアのNdranghetaの巣窟。建設・不動産業界に力を入れているこの(発音不可能な)マフィア組織は、レストランや店舗を買占め、応じないと家や店舗に火をつけ、“マフィア根絶”を掲げる議員のもとには弾丸3つ(1つは議員、あとの2つは秘書用)を送りつけてきたとか。

突然、誰もいなかったレストランはマネーローンダリングじゃないかとか、カテドラル前の拷問道具も脅しじゃなかったのかとか思えてきて・・・生きて帰還できてよかった!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

税金天国、モナコ

ボーリュー/Beaulieuからモナコ、マントンまで運賃1ユーロのバスが出ている。
モナコ、モンテ・カルロ=コート・ダジュールの優雅なバカンスというイメージがあり、1ユーロにも惹かれて行ってみることにした。
バスがやってきたが「満員」の表示。乗せてくれない。立っている人はチラホラで、何をもって満員というのよ、運転手の気分?また10分待ちだ。前のバスにも乗れなかったというマダムとおしゃべり。
「ボーリューのスーパーやマルシェはパリより高いけど、これはバカンスシーズンだけでしょ?」と聞くと、
「いいえ、年中なの。あたしはバスに乗って他の町まで買出しに行き、ボーリューではミネラル・ウォーターしか買わないのよ」だって。
日本で言ったら元ホステスみたいな玄人っぽい雰囲気のマダムはボーリュー在住。肩を出した黒いロングドレスに足首にパールがついたサンダル、推定年齢60歳。
「モナコに着いたらFNACのあるショッピングセンターに色々お店があるわよ」
彼女は45分バスを待って、歩いて5分の次の駅で私に手を振って降りていった。元ホステスは歩かないのだ。
さてモナコで降りてみると、所狭しとビルが立ち、そのビルたちは書割のようなチープな豪華さで、その狭間に「これでもか」というようにビルを建設中のトンデモナイ町。

monaco2-001.jpg

炎天下の中を当てもなく歩くのもイヤなので、元ホステスに教えられたFNACを-なんでモナコまで来てFNAC?と思いつつ-捜し求める。途中に大きな公園があるけど、その公園までディズニーランドのように人工的。
ようやくFNACがあるショッピングセンターに着くと、そこはウソっぽいシャンデリアが輝き、どことなくケバい服やブランド品の店が並んでいる。
モナコはご存知の通りタックス・ヘヴン(税金天国)、億万長者が集まるとこういうことになるのね。

Monaco-001.jpg

こんなとこにいてもしょうがないと更にバスに乗ってマントンまで行く。もとはモナコ公国の領土で、1860年フランス領になった。建物がイタリアっぽく、遥かに風通しよく美しい。
南仏のよろい窓はこんな風に3段階になっていて、日光を遮る。

Mentonhotel-001.jpg

延々とと続く海岸。水着をもってくればよかったと悔やむ娘たち。下に着ていけばって言ったじゃない!

Menton-001.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。

“美しい場所”の海岸にて

Beaulieu sur mer/海の上の美しい場所、という町に来ている。ニースとモナコ、大バカンス都市の間にある 控えめな町はコート・ダジュールの穴場。10年前来たときもそうだったけど、今ではさらに深い穴場となり、バカンス客目当ての貸しアパルトマンやレストランは嘆いているというけど、閑静でうれしい。
アパルトマンを借りたとき、海岸もスーパーも歩いて7-8分と聞いて喜んだ。着いてみれば町自体がどこへでも歩いて7-8分の小ささ。小さな郵便局、パン屋2件、肉屋1件、人口は3700人。

“蟻の海岸”と呼ばれる入り江のビーチ。蟻と呼ばれたことのある日本人としてはカチンとくるネーミングだけど、プライベートビーチのようで悪くない。
日焼けが肌に悪いとかUVサロンが近々禁止になるというニュースが他人ごとのように、ガンガン焼く人ゴロゴロ寝転がっている。

topless-001.jpg

トップレスもちらほら。60過ぎのオバ(ア)サンがトップレスで歩き回っているので「ほーやってくれる!」と眺めていたら、単に水着を脱いで着替えているとこだった。
「羞恥心がないってことよ」と娘。

ベビーカーもビーチに。赤ちゃんも日焼けに付き合わされる。
pousette-001.jpg

肌老化を気にするオジサンはパラソルを。
parasol-001.jpg

花びらのようなペディキュア。
pieds-001.jpg


私は上半身を日陰に入れて、海を眺め本を読み、時々少し泳ぐ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ