Archive
主要なセザール賞(最優秀映画・監督・女優・男優・シナリオ)はミヒャエル・ハネケの『愛・アムール』が独占し、2日後のアカデミー賞でも外国映画賞を取った(日本では3月9日公開)。

『セザールの夜』ではハネケもジャン=ルイ・トランティニャンも欠席。ステージに上がったのは女優賞のエマニュエル・リヴァひとり。深紅のドレスが似合って、凛としてそれは美しかった。

セザール女優賞エマニュエル・リヴァ

セザール名誉賞のケヴィン・コスナー、渋くて品格があって惚れ直す・・・

セザール女優賞エマニュエル・リヴァ+ケヴィン・コスナー

ノミネートされていた作品(全部観たけど)の中で、一番ずっしり残ったのはステファン・ブリゼ監督の『Quelques heures de printemps/春の数時間』。
ムショ帰りのアラン(ヴァンサン・ランドン)は行くところがないので母親(エレーヌ・ヴァンサン)のうちに転がり込む。
夫に先立たれてひとりで暮らしている老母は、家を綺麗に掃除し、買い物をし、ひとりのご飯を作り・・・誰の世話にもならずリッパに生活している人。それだけに大きな図体の息子-しかも仕事を見つけるのも難しい前科者-に静かな生活をかき乱され苛立つ。息子のほうも、何かにつけ文句をいう母親が鬱陶しい・・・というわけで口論が絶えない2人。

険悪な空気が伝わる一場面
ステファン・ブリゼ監督『Quelques heures du printemps』

ある晩、薬を探していた息子は、母親が脳腫瘍に罹っていて、スイスでの「介助自殺」に申し込んでいることを知る。彼女は自分の死ぬ時を自分で決めようとしていた。
愛し合っていないわけではないけど傷つけ合う、親子関係の難しさと、「介助自殺」に向かって進む2人の姿、深く共感する作品。
そして母親の最後のセリフ、「うちの鍵、渡したわよね?」のリアルさに硬直する。

母親役のエレーヌ・ヴァンサンは女優賞にノミネートされていた。ある日、ラジオ番組に出ていて、この映画の話になったら突然泣き出した。インタビュアーがびっくりして「ど、どうしたんですか?!」
彼女曰く、この役を演じられたことは自分にとってすごく大きな意味があり、思い出す度に涙が出るのだと。

『愛・アムール』は確かに優れた作品(あれを愛と呼ぶか、忍従と呼ぶか意見の分かれるとこだけど)だけど、こっちもひとつくらい賞を取って欲しかった。テーマは非常に近い。
老いる、病と闘う、自分の死期を決める、決められるか・・・いずれ誰もが直面する問題、こういう作品が少しずつ増えてくるでしょうね。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
馬肉入りラザーニャ事件で、一時営業停止になった食品加工会社スパンゲロ/Spanghero。
19日には、D.G.C.C.R.F.(競争・消費・詐欺防止局)とO.C.L.A.E.S.P.(環境・公共衛生侵害防止局)が、総勢20人が本社を捜査。昼過ぎから21時まで、幹部を尋問してパソコンのデータを調べて、持ちきれないほどの資料を抱えて去っていたとか。
オランド大統領自ら「これらの資料が証明すれば、法的制裁に訴える」
・・・といっても馬肉は良質たんぱく質で馬自身には責任はない。牛肉と称して、遥かに安い馬肉を28社に卸していた詐欺行為が問題だ。イギリスのアンケート調査では「肉を食べるのをやめた」という人が7%(というのも行き過ぎ)。

一方、ネットにパロディ画像がいろいろ登場していて笑っちゃう。

”すべての人に結婚を”法案可決!
「わたしたち、フィンダスで出会ったの・・・」
フィンダス パロディ2

「馬はどんな風がお好き?」
「友達として」「ラザーニャの具として」
フィンダス パロディ5

「とっとと進まんかい!ぐずぐずしてるとフィンダス行きだぞ!」

フィンダス パロディ3

一番、笑ったのはコレ!
「また不正表示(料理名はウサギの猟師風):この調理品に猟師は入っていません」
フィンダス パロディ1

暇な人が多いのね。でもそれを送りあって喜んでる私たちも暇ねぇ・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ナントのクレーンの上に3晩籠城してすっかり有名人になったお父さん、セルジュ・シャルネイ。
彼にはナントも腹が立つ。息子に会いたいという気持ちはわかるけど、息子ブノアの気持ちは全く無視されているじゃない。お父さんが地上40mでストをしているのを知って(TVニュースで毎日報道された)母と息子(6歳)はすごく動揺したし、報道陣から隠れなくてはならなかった。
しかも、お父さんがのぼりに書いたメッセージは「ブノア、パパのいない2年間」と、息子の視点。自分のために・・・と罪悪感を持ったにちがいない。
児童精神科医に言わせると「こういうショックは子供に一生消えないトラウマを残す」そうだ。

しかも、このお父さんは過去に2度、無断で息子を連れ去っている。親のエゴのさえたるもの・・・にも拘わらず、マスコミは大騒ぎしてクレーンの下に待機し、ヘリコプターまで飛ばした。4日目、セルジュ・シャルネイの要求に応じた女性権利と家庭問題の各相(ともに女性)が、父親の権利を護る団体に会ったので、クレーンを降りることに。地上に降りたときは拍手で迎えて英雄扱い。ウソみたい。

クレーンに籠城の父親

これに気をよくしたお父さん、
「3晩、クレーンの上で過ごしたご感想は?」というアホな質問に、父親の主張が聞き入れられないのはまったく腹が立つ、と。
「あんたたちメディアに“女たちの閣僚”がいう数字を流してもらいたくないね。ナジャ・ヴァロー=ベルカセム(女性権利相)もドミニック・ベルティノティ(家族問題相)も、わたしらの税金で大臣になったんじゃないか」
“数字”とは離婚したカップル中、子供が母親の家を“主たる居所”にしている率のこと。女性大臣は76.8%と言ったのに対し、彼は85%と主張。

女性権利を護る大臣がいるのはスバらしい。名前は長ったらしいけど、可愛いので顔は覚えやすいナジャ・ヴァロー=ベルカセム
フランス女性大臣

家族問題を扱うドミニック・ベルティノティ
フランス女性大臣2

この暴言を家族問題相ドミニック・ベルティノティは、
「男尊女卑的な発言で、自分の信用を落とし、彼が訴えたいことを損ねている」
まったくその通り。

このお父さん、籠城中は「自分はハンガーストライキをしているんじゃない。誰も食べ物を運んでこないのはケシカラン」といったり、滅茶苦茶なんだわ。

不当に子供から遠ざけられている父親が少なくないのは事実。離婚訴訟で子供が小さい場合、どうしても母親が有利になるが、長じてもそのまま、というケースが多いだろう。
彼らの正当な言い分が、こういう「子供のことを考えずエゴで女性蔑視な父親」に代表されてしまうのは本当に残念だ。
フランスのメディア、しっかりしろ!報道する前にちょっと考えたらどうなの!

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

14年連続で東京が不動の一位・・・

The Economist Intelligence Unitという機関が毎年発表する“生活物価が高い都市ランキング”。食料品、衣服、電化製品、交通費、家賃、教育費、医療費、電気・水道代、ガソリン、娯楽費・・・など160項目を、130都市で比べている。
1位:東京
おお、懐かしい、ネオンの東京!
東京

2位:大阪
東京は14年連続一位に輝く(?)。フランスに比べて日本の交通費は倍くらいの印象。家賃も絶対高い。先日ビジネスで大阪から来たグループに
「例えば20平米くらいのスチュディオで家賃はいくらくらい?」と聞かれ、
「区によって差があるけど、高い区だと1000ユーロ・・・」
のけぞるかと期待したら、みんなで顔を見合わせて「高くない・・・」
さて、
3位:シドニー(オーストラリア)
4位:オスロ(ノルウェー)

オスロ

5位:メルボルン(オーストラリア)
6位:シンガポール
7位:チューリッヒ(スイス)
8位:パリ
9位:カラカス(ヴェネズエラ)

カラカス

10位:ジュネーヴ(スイス)

1位と2位を占めた日本もスゴイけど、オーストラリアってそんなに物価が高いの?だだっ広いし、農作物もゴロゴロありそうだけど。知りませんでした。
20%のインフレ、カラカスの急上昇、NYとロンドンが10位以内にいないのもビックリだ。
NYの物価指数を100とすると東京は152、ジュネーヴが124とか。

ところで最下位の国達は?都市を言われても国名がすぐ出てこない!地理のお勉強にもなる。
130位:ムンバイ(インド、元のボンベイ)とカラチ(パキスタン)
129位:ニューデリー(インド)
128位:カトマンズ(ネパール)
126-7位:ブカレスト(ルーマニア)とアルジェ(アルジェリア)
125位:コロンボ(スリランカ)
例えばパン1kgを比べると、アルジェは1.89$、東京9.06$、無鉛ガソリン1ℓ、アルジェ0.28$、オスロで2.06$。アルジェリアの最低保証賃金は180$、フランスは1430ユーロ(週35時間)=約1900$だから10倍以上!

しかし。アルジェリアはあまりに危険だ・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

《すべての人に結婚を》法案の修正案(訳:重箱の隅つつき)が5000以上あって、その審議が1月29日から109時間続いた。週末もぶっ通しで連日午前2時とか5時まで(フランス人もやる気になれば仕事するじゃない!)なにしろ1981年の死刑廃止以来の大改革とあって、オランド政府は気合が入っている。そこに5000以上のチャチを入れた野党もアッパレだ。
全部見終わった9日、法相クリスティアーヌ・トビラには与党はもちろん、野党の一部まで拍手を送った。
ヤレヤレ・・・と思ったその日に馬肉騒ぎの勃発。同じ大臣が関わっているわけじゃないけど、政治家は忙しい。

大手冷凍食品メーカーFindus/フィンダス(フランスではファンデュスと発音)の人気商品、ビーフラザーニャに馬肉が入っていることがイギリスで判明したんだって、と、娘に言ったら
「だからどうなの?カーボン紙に味付けしたのが入っていたならイヤだけど(そういうことをした国もいたっけ)」
ごもっとも。フランスには馬肉屋があるし、日本人も馬肉を食する。問題は、イギリス人にとって馬は“大切なお友達”で。食べるなんてもってのほか。私たちが犬や猫を食べるようなもんだ。

Findus ビーフラザーニャ

どっちみち馬が悪いんじゃない。昨日もラジオに馬肉業者が出て、馬の肉は美味しいし、牛肉より脂肪分が少ない良質のたんぱく質である、と力説していた。問題は詐欺行為だ:ルーマニアで馬肉の価格が下落した。つまり牛肉と称して馬肉を入れることで一儲けしている業者がいるってこと。

ビーフラザーニャに馬肉

Findusは牛肉をフランスの食肉加工会社Comigelから輸入していて、Comigelは同じくフランスのSpangheroから仕入れている。Spangheroはルーマニアの食肉処理場から肉類を仕入れているが、その間にオランダとキプロスの仲介業者が入っている・・・という入り組んだ流通工程。
Findusは「自分達は知らなかった、騙された」と犯人X(誰だかまだわからない)を訴えるそうで、Spangheroも「知らなかった、訴える」。
一方ルーマニア首相は「自分の国でそのような不正行為は行われていない、犯人扱いされて気分を害している」
先に「ウチじゃない」「訴える」と言ったほうが勝ちみたいな・・・
農業相、消費相、食肉業者が鼻をつき合わせた今日の会議では「不注意か、詐欺行為かまだわからない」と慎重な態度。48時間以内にもっと明らかにすると。でも馬肉の価格がそんなに下落したなら、後者でしょう・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
「2004年にシャトレ劇場のディレクターに就任したときから念願だった」とジャン=リュック・シャプラン。
彼がオペラ座のバレエ理事をしていた80年代の後半に、出張で行った日本で若い玉三郎を“発見”。
その優雅さとひとつひとつの動きの正確さと完成度にぶっ飛んだ。
彼曰く、玉三郎が舞台で見せるのは「女性ではない。男性が抱く完璧な女性のイメージ」
なるほど。
しかし、1986年以来パリ公演をしていない玉三郎を呼び寄せるのは、ミッション・インポッシブルだったそう。その間に人間国宝になっているし、彼のスケジュールは3年後まで詰まっているし、公演の条件(技術的+財政的)をクリアするのが難しい。その上、玉三郎は松竹と契約しているので(そうなの?)“公演依頼”が本人のもとに届くまで、ほとんど障害物競走で、ジャン=リュック・シャプランの依頼がどの障害物で、どんな理由でコケたかわからぬまま、時間が経った。
シャプランの新たな作戦:数年前から玉三郎が和太鼓集団“鼓童”の芸術監督をしているのを知った彼は、2012年、シャトレ劇場に“鼓童”グループを呼び、接待、ホテル、パーティ・・・と最大限の気配りで迎える。その公演に同伴してきた玉三郎が、自分からシャプランに会見を申し込んだ。
「この度の皆さんのご親切に驚き、25年ぶりにパリの夜(!)と再会して感動した。アヴァンチュール(=パリ公演)を試みる準備はできている」
シャプラン氏は狂喜し、カレンダーを取りに走り(国立劇場の予定も3年先まで決まっている)「2015年か2016年・・・」と言いだすと、人間国宝は、
「いや、3年後に自分の身体がどうなっているかわからない。来年やりたい」
こんなチャンスは逃がせない。私は翌年の公演予定から、動かせるものを-それが何だったかは言えないが、一番煮詰まっていなかった企画-を動かし、2月公演が決まった、と得意げなシャプラン。
玉三郎ほどのスターが移動するときは、アシスタント、弟子、各種スタッフ、楽器、衣装、舞台装置、『牡丹亭』の中国人役者60名・・・の大所帯。さてパリ公演はハウ・マッチ?の質問にシャプラン氏は「言えない」。でも、オペラやミュージカルの公演より安いそうだ。

7日、私と夫はシャトレ劇場で『地唄』を観た。
シャトレ劇場

2度と観れないかも、と一番高い席(90ユーロ!)を奮発したけど、それでも舞台は遠く、オペラグラスを奪い合う。
最初の『雪』はあまり動きがない舞で、謳いも子守唄のようで、夫はイビキをかき出した。映画館で眠っても誰も何も言わないけど、人間国宝を観にきた芸術的インテリな方々、前列全員が振り向いて「シーッ」、その度にこづいて起こす、の繰り返し。90ユーロ払って寝るな!

最後の『鐘ヶ岬』が素晴らしかった。

玉三郎 パリ公演『地唄』

幕が開いて、満開の桜が現れただけで観客はどよめく。
この桜の花、紙で作ると重すぎてドサッと落ちる。ハラハラと散ってくれない、と日本から運んだもの。
身体の動き、手の動き・・・ひとつひとつがなまめかしい。セクシーな女優が裸になってもあまり感じないけど、心乱されるのは男性だから?
黒子が後ろに回ったとき「脱がせるわよ」と夫に言うと、何を期待したのかパッチリ目を覚ました。
最後の挨拶の、どこか可憐な女らしさも何度見ても飽きない。観客は総立ち。
しかし短い!20時10分に始まって終わったのが21時40分。その3分の1は着替えのための幕間だった。欲求不満を抱えて立ち去る。美しさは儚いのだ。

地唄は7日で終わり、2月11日~16日は同じくシャトレで崑曲『牡丹亭』
玉三郎 パリ公演


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

その時、私はジーン・・・

出かける仕度をしていたら、あまり授業がないらしくうちでブラブラしている息子が、アナイス(猫)を抱いてでてきた。
「ずっと待ってるんだよ、君が帰るのを」
「誰が?」
息子だったら気持ち悪い。この年頃の子供は、親がいないと喜ぶのがふつうだ。
「アナイス。よく窓に座って、ママンが帰るのを待ってるんだ」
えっ!ハチ公じゃあるまいし、そんな可愛いことをしているとは知らなかった!感激して、駆け寄って、キスしようとしたら案の定、そっぽを向かれた。

窓のアナイス

次のジーン。
ソルドの間でもデパートの“1ヶ月お取替え・返品可能”は実に魅力的な条件。今年は長く着れるワンピースをひとつ。私は迷ったワンピースを2着とも買って、1ヶ月じっくり迷おうと。ところが1ヶ月って早く経つのね。取捨選択の日が迫り、息子と娘に着て見せることに。
「よく見て、率直な意見をいって」
兄貴はコンサバ、妹はアヴァンギャルドなので両者に見せるとちょうどいい。
夫に聞くと、「どっちも買っちゃえば」と無責任なことを言う(「買ってあげる」とは言わない)。両方買えれば苦労しない。

まずJil Sanderの黒いワンピース。これと全く一緒じゃないけど、下半身はこういう感じで丸首。

ジル・サンダー

ラインが好きなブランドだけど値段設定が高すぎ、この前買ったのはジル・サンダー自身がデザインしていた頃だから、今は昔・・・2004年!それが50%オフで365ユーロ。
ふーん、という顔の2人。

対するのはやっぱりシンプルなラインが得意なMichael Korsのウールのワンピース。やはり50%オフでほぼ同じ値段。
マイケル・コース

「絶対こっちがいい!」と2人とも異口同音。
ジル・サンダーのほうに傾いていた私は意外というかガッカリというか・・・
「なぜ?どうして?理由を述べよ」
「さっきのはなんかクリスマスツリーみたい」と娘。
クリスマス・ツリー!!
「なんかボコボコした感じだった・・・」と息子。
ボコボコ?!」でも言いたいことはわからないでもない。

娘「こっち(マイケル・コース)は身体の線が実際より綺麗に見える」
それはどーも。
息子「完璧なプティット・ローブ・ノワール。la petite robe noireと言えば、BHVで・・・」と彼は笑い出す。
「こちらには置いてませーん。リヴォリ通りのセフォラにはあるかもよ」と店員(男子)の口調を真似るので、ゲルランの香水la petite robe noireのことだとわかった。
「どっちみち高すぎて買えなかったけどね」
アンタ、一体どのガールフレンドにそんな香水をプレゼントしようとしたの!?といいかけて、クリスマスの前、朝帰りで眠そうな兄を妹が起こし、2人で買い物にでかける姿が蘇った。
「えっ?もしかして私に香水を買ってくれようとしたの?」
「うん、でもすごく高くて(私だって免税店でしか買わないもの)、結局CD3枚になったの」と娘。
びっくりしてジーンとしていると、そのジーンを読み間違えた娘が、
「香水のほうが良かったよね、Tant pis!(残念)」
そうじゃないの、CD (Phoenixと Massive attackの2枚組)すごくいい選択だった。何より色々探してくれた時間と気持ちが嬉しいのよ。

子供を育てるのって腹が立ったり、心配したり、私は“忍耐の女王”と思うことが多いけど、時々こんな思いがけない“贈り物”が用意されていて、だからヤメラレナイ。
追伸:かくして“クリスマスツリー”は返品の運命に。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

『イングロリアス・バスターズ』でヒトラーに復讐を果たしたタランティーノ、“復讐”というキーワードは変わらず、今度は1858年のアメリカ南部、奴隷の地が舞台の西部劇、『ジャンゴ 繋がれざる者』。

タランティーノ『ジャンゴ』ポスター

自称歯医者のドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は、山道で出会った奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)を自由の身にする。ヨーロッパ出身のキング・シュルツは、実は5-6年前から歯医者はやめて、賞金稼ぎが本業。ジャンゴを解放したのは、大枚の賞金がかかっている3人組奴隷商人の顔を彼が知っているからだ。その代わり、富豪の農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)宅で奴隷になっているジャンゴの奥さんを救い出すことを約束する。

奴隷からカウボーイに変身するジャンゴ
タランティーノ『ジャンゴ』 ジェイミー・フォックス

教養があって口が達者で、口を開くと同時に銃もぶっ放すキング シュルツは信頼できそうで、ジャンゴは一緒に旅をする。“鎖に繋がれず馬に乗った黒人”は行く先々で注目され、怒りを買った。

2人はカルヴァン・キャンディの邸宅に迎えられるが、そこでは奴隷をどちらかが死ぬまで闘わせ、それを見物して楽しむという恐ろしい暇つぶしが行われていた・・・

『イングロリアス・バスターズ』でエスプリに富んだ残酷なマルチリンガルのSS将校を演じたクリストフ・ヴァルツ(↓)が再び圧倒的な存在感。私は目が離せなかったけど、娘はジェイミー・フォックスが「すごくセクシーだった」というから、きっと年齢によるのね。

この渋い魅力、君の歳ではわかるまい・・・
タランティーノ『ジャンゴ』 クリストフ・ヴァルツ

ジャンゴ役は最初ウィル・スミスが挙がっていたそうで、予定が合わなかったのかタランティーノの気が変わったのか忘れたけど、とにかくジェイミー・フォックスで正解。諦念と悲壮感が漂っているところがリアルだ。

ディカプリオが演じる残虐なサディスト、キャンディもとてもいい。悪役がよく似合う。

タランティーノ『ジャンゴ』 レオナルド・ディカプリオ

タランティーノらしいユーモアと音楽(ジム・クロスの『I got a name』!)。撃ち合いシーンのバイオレンス(バケツ何杯もの血しぶき!)も健在だが、奴隷を痛めつける場面のバイオレンスは“別物”として撮っている彼の視点が感じられる。本人がチョイ役で登場するけど、一回り太って、演技が下手なのがご愛嬌。
タイトルは1966年のセルジオ・コルブッチのマカロニ・ウエスタン『ジャンゴ』へのオマージュ。主演のフランコ・ネロも今回ちらっと出ている。
とにかく2時間45分、1分も退屈させない。ブラヴォー!

『Django unchained』
フランスで公開中
日本は3月1日公開



ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ