Archive
小さい子供のいるウチには必ずあるキャラメル・バー、Carambar。1954年に北フランスで生まれ、最初はソフトキャラメルとカカオだったのが、次第にコーラ、イチゴ、オレンジ、サボテン(!)とかバリエーションが増えた。
どれも工場大量生産の人工的な味で、なんでこんなものが?と思うが、キャランバーが嫌いという子供には出会ったことがない。大人でもノスタルジーで食べているのがいる。森永ミルクキャラメル?

元祖キャランバー。1960年に5サンチームが今は0.15ユーロと20倍に。
キャランバー/Carambar

包みの内側にジョークやナゾナゾが印刷されているのも人気。例えば:
-お母さんがジュリーに言いました。
「弟に少しソリを貸してあげなさい」
「ハーイ、じゃ上りは弟で、下りは私ね」
-音もなく落ちてくるものは?

-「あくびをする」の未来形は?
「眠る」
・・・と、たわいないものだけど(えっ全然おもしろくない?その通り。つまらない冗談の代名詞にまでなっていたらしい)、この« blague Carambar »は1969年に始まり、「ジョークのないキャランバーなんて・・・」くらいに制度化していた。ところが21日、
「・・・ジョークは少し古びてきた感があり、この度止めることになりました。綴りや算数の教育的クイズに変える予定」というお知らせが、100人あまりの影響力あるブロガー、Twitter、TV番組などに送られてきた。
途端、ジョークを惜しむ人たちの雪崩現象を引き起こし、FacebookにはCara mbarジョークを救うページができた。
そしたら25日、Carambarのプレスが「あれはジョークだった」と発表。
「本当は4月1日まで引っ張る予定だったけど、あまりの反響に予定より早く種明かしをすることにした。ジョークは短いほどいい」

「ジョークの終わり、はジョークでした。メルシー」だって!
キャランバー/Carambar ジョーク

つまりこれはマーケティング戦術だったわけ。数日間、“Carambar”はブログやTwitterで一番登場する言葉になり、ニュース番組まで取り上げたから大成功というわけだ。
・・・なんかハメられた感じ。
コミュニケーション専門家に言わせると「ジャーナリストではないブロガーを“利用”した悪質なウィルス性マーケティング」。第一、ふつうの広告キャンペーンよりはるかに廉価、ゼロの数が違う。Carambarジョークを救おうと躍起になった人たちは怒っていることだろう。
今のネットワークの力は、意に反して利用されると腹が立ちますよね・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

肌は日本、歯並びはフランスの勝ち

奥歯が虫歯になって歯医者さんに行ったら、親知らずがまだあった(!)のが見つかって、抜くのが趣味みたいなその歯医者は嬉々として抜いてしまった。
麻酔が切れたあと、そんなに痛みはしなかったけど、24時間、口の中は血の味がして、ドラキュラになった気分。ニンニクを見ると逃げ出したりして・・・

その後、虫歯の治療を始めたんだけど、何しろ奥の奥なので、「すごく難しい」と歯医者。それが仕事だろうが。
「あなたの頬が柔らかすぎてやりにくい」とか(頬が硬い人なんでいる?)、
「舌が邪魔だ」(それも抜きたい?)とか文句ばっかり。
最近、離婚した(正確には奥さんが去った)と聞いたけど、その腹いせを患者にしないで欲しい。
そしたら今日は「あなたの歯は普通じゃない」と言いだすので、さすがに私は起き上がり、
「“普通じゃない”って?」
「つまり噛み合わせが少しズレているってこと」
「でも完璧な噛み合わせの人なんていないでしょう?」
「確かに。でもあなたが10代の頃に矯正していたら、もっとマシだったかも」(ホントに気に障ることをいう医者だ)
しかし、そこで私はハタと気づいた。

日本女性と仏女性を比べると、肌がダントツに日本の勝ち。日本人は紫外線に注意して日に当たらないようにするし、もともとシワができにくいし、食べ物も関係あるに違いない。髪の毛も日本人のほうが綺麗だと思う。しかし。歯並びは(男性も)フランス人の勝ちだ。
矯正が一般に行われていて、歯医者は子供の歯並びが悪いと、すぐ矯正専門医に送り込む。乳歯がすっかり永久歯に変わった12-13歳頃から2年間、子供は矯正器具をつけて暮らし、初めてのキスをする頃には綺麗な歯並びになっているというわけ。
なぜ一般化されているかというと、保険が効くからだ。矯正は平均3000ユーロくらいかかるけど、健康保険と相互保険(mutuelle)で殆ど全額戻ってくる。
ジュリア・ロバーツのように大口開けて笑える歯並びの人たちを見ていると、歯の美しさに敏感になるし、美的だけではなく、老後にも大切ということだ。

娘は2年間、痛いとか眠れないとか文句を言っていたが、やっと矯正器具が取れて、そのお祝いまでさせられた。晴れて、初めてのキスをしたかどうかは知らないけど・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ソーシャルネットワークとの相性

「仕事に有利だから絶対入ったほうがいい」と薦められて、LinkedInというソーシャルネットワークに登録したのは・・・もう2年前、もっと前かも。Mixiも続かず、Facebookも放ったらかしの自分の習性を顧みもせず・・・
案の定、何もしないのでネットワークは20数人のまま月日が経った。
その間、LinkedInからは「○○さん、×○さんを知りませんか?」とか、「プロフィールを改善する方法」とか「あなたへのアドバイス」(何もしないからアドバイスは山ほどあろう)とかメールが来ていて、それが最近、とみに頻繁になったような。
数日前、また「○○さん、×○さんを・・・」というメールを見て、一念発起。
ページに行ってみると「あなたの知っているこの人たちと繋がりましょう」というタイトルで、名前がズラリ。殆どは知らない人か、以前会ったことのある、昔の同僚の知り合いとか。友人が数人いて夫の名前まであるじゃない(毎日Facebookにかじりついている娘をからかいながら、自分でもやってる!)。
この人たちに今まで反応せず悪かったんじゃないか、と思い「全員にコンタクトする」をクリックする。

そしたら数分後、雪崩のようにメールが落ちてきた。
その多くは「今あなたは○○さんと繋がりました」で、え?私は「招待メール」を送っちゃたの?
友人のひとりからは、
「Takako、君のことは大好きだし、君のプロフィルは実際に見るほうがいい(“横顔”とプロフィルをかけてるわけ、ハハ)。こういったネットワークを信じないし、それに登録するのは僕の個人的信条に反するんだよ。君の仕事に役に立つのはわかるけど、僕はお誘いに応えることはできない」
とか、
「あなたにメールアドレスを渡した覚えはない。どこから入手したのか?!」という怒りのメール(ごもっとも。ご迷惑だった方、ごめんなさい)もあり、ああ、大変なボタンを押してしまった・・・
当のLinkedInは「その調子、頑張って!」今、それどこじゃないのよ、放っといて!

夜、夫が「なぜ“招待”を送ってきたの?」
「なぜあなたがリストの中にいたの?登録してるからでしょ?」
「してない」
「・・・・」
「あ、○○から来たメッセージに返事をしたから、それかも!」
夫も、ソーシャルネットワークが「個人的信条に反する」という友人も、LinkedInを介してきたメールに触れてしまったのでリストに入る運命になったというわけだ。
力づくでくっつけたがる仲人みたい。
瞬く間に“承認”した人の多さにもびっくりする。

私は昔から使用説明書とか保証書とかをちゃんと読まないので、後から「え!知らなかった」ということになる。全然直ってないじゃない。こういうネットワークに向いてないんじゃないか、やめたほうがいいかも、と思う一方、突然ネットワークが増えて嬉しくないこともないような・・・微妙です。

追伸:”LinkedInを介してきたメールに触れてしまった”人だけでなく、私のメールボックスにあるアドレスにも招待が送られていることが判明した。そこまで侵入するって合法なんだろうか?Facebookも同様だというから、知らなかったのは私だけ?ああ、やっぱり私には向いていない・・・受け取った方たち、お騒がせしました。ごめんなさい。でも危険な者ではありません・・・



ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

無名の監督と俳優、低予算の名作

ジャン・デュジャルダン&セシル・ドゥ・フランスの『Möbius/モビウス』(エリック・ロシャン監督)、アニエス・ジャウイ&ジャン=ピエール・バクリの『Au bout du conte/御伽噺の終わりに』(アニエス・ジャウイ監督)。人気俳優の待たれたフランス映画2本にガッカリしていたところ・・・見たことがない俳優の出る、聞いたことのない監督の仏伊合作映画『les Equilibristes』がすごく良かった。“曲芸師”という意味だけど、サーカスのお話ではない。

仏伊映画『les Equilibristes』

ジュリオは市役所で働く40男。愛する妻と2人の子供と平凡で幸せな生活を送っている。
ある日、一度だけの浮気がバレてしまう。奥さんはどうしても飲み下すことができず、顔を合わせれば口論になる毎日。子供も心配しだすので、「一時的にぼくはウチを出よう」
ジュリオは年老いた母親と2人で暮らす友達のアパートに転がり込む。でも「お袋に気づかれないように」物置部屋で暮らすのは長く続かない。
娘がアパート探しを手伝ってくれるが、1200ユーロ(!)の公務員の給料で借りられるのは貸し部屋くらいだ。とても子供たちが遊びに来れる広さではない。

一見パンク、しっかり者の娘。ジュリオ役はヴァレリオ・マスタンドレア
仏伊映画『les Equilibristes』3

仕方なく一泊20ユーロの宿泊施設に移る。そこは火を使ってはいけないので料理ができず、安い店を選んでも食費にお金がかかる。奥さんにはお金を渡さなければいけない。
同僚にお金を借り、仕事に行く前に市場で野菜の積み下ろしのバイトまで始める。でも身体がもたない。どんどん堕ちていく生活の中で、自尊心を保とうとするジュリオ。こんな姿を子供に見せてはいけない・・・

監督はIvano de Matteo/イヴァノ・デ・マッテオ。なるほど、ちょっと押されればバランスを失い落ちてしまう人間の危うさは曲芸師の綱渡りに似ている。
主人公が少しずつ“壊れて”生きる意味をなくしていく様がリアルで、シナリオがいい。

浮気がバレた後、家族は夕食にピザを注文する。配達人が間違えて頼んでいないピザが届くが、ジュリオは「それでいい」と受け取る。
「私がアンチョビーが嫌いって知ってるでしょ!」と妻。
「50過ぎの疲れたピザ配達人で、突っ返すのが可愛そうだった」
「ピザ配達には思いやりがあるのね!」と椅子を蹴立てて出て行く妻。
こういう口論、すごくありそうだし、私もやりそうだ。

不況で世の中が欝なときに、こんな映画を観たら落ち込みそう、と思いがちだけど、逆に勇気づけられるような作品。堕ちるとこまで堕ちた人間を引っ張りあげるのはお金じゃなくて人間、それも自尊心や意地で身動きが取れなくなっている大人ではなく、まっすぐにぶつかってくる子供なのだ。

les Equilibristes
Ivano de Matteo/イヴァノ・デ・マッテオ監督
1時間53分
パリで公開中


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
娘の学校では毎年、Porte Ouverte(一般公開日)がある。普通の公立高校とは違って、美術学校なので、3分の2以上の生徒は職業学校として入ってくるから、と言ってもわかりにくいですよね。私も最初、よくわからなかった。つまり、中学を終えて、高校→バカロレア→大学と進まず、CAP(職業適性資格)やBMA(職業学習終了資格)を取ろうとする人たちだ。大学を出ても深刻な就職難の時代、”手に職を”は利口な選択。

この美術学校には、ジュエリーデザイン、ブロンズ・メタルデザイン、空間デザイン、装飾家具・インテリアオブジェ・・・などの科があり、一般公開日にはそれぞれの科が作品を展示し、実演してみせる。
訪れるのは入学を希望している子供とその親。そして「うちの子が学校で何をしているのかわからん」という在校生の親たち。

黒地に黄色が案内係の在校生
パリ美術学校Boulle

学校から生まれた作品。家具が得意。
パリ美術学校Boulle 2

在校生は、学校のロゴマークのトレーナーを着て交代で案内係になり、見学者の質問に答える。
娘が案内係をする日、夫と一緒に行ってみた。かなり沢山の見学者。娘は質問に答えるのに忙しく相手にしてくれないので、家具デザイン、ジュエリーデザインなどの科を見て回る。
家具はデッサン、マケット、出来上がった椅子やテーブルが展示され、ジュエリーはデッサンをもとに金属を曲げたり削ったりの実演を披露している。広大な校舎と設備、学べるもののバラエティ・・・フランスはアートに力を入れている国だと改めて感心する。しかも国立なのでタダ、学食のお金しか払っていない。

去年、工事が終わったばかりの新校舎。
パリ美術学校Boulle 一般公開日

休憩時間になった娘を落ち合ったら、
「みんな、同じ質問をするのよ」
「なに、その質問って?」
「入学願書の手紙に何を書けば受かるのかって」

この学校は入試がなく、中学の成績と『lettre de motivation』-なぜこの学校に入りたいか動機を説明した手紙-だけで決まる。このモチベーション・レターには“何を学びたいか”より、“自分が学校に何をもたらすことができるか”を強調しなくてはいけない。
親子で夜中の1時までかかって書いた娘の『lettre de motivation』には、先祖まで遡りアーティストと呼べる人に総出演してもらい、さらに“日仏バイカルチャーの感性”とか・・・(よく言うよね)。

この学校は応用アートが専門なのに、娘は、
「やっぱり絵が好き。イラストや漫画が描きたい」
「それじゃ食べていけないぞ」と夫は脅かすけど、
「まだ15歳よ。もう少しウロウロと迷わせてやったらいいじゃない」と私。
「でも時間はすぐ経つ」
「大丈夫だって。答えは突然降ってくるものよ」
「降ってくるってどこから?」
超現実的な夫と、そうじゃない私。話にならん・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

美術高校に入った娘、早くも2年生になった。こっちが年とるはずだ。
先月、Bac blancと呼ばれるバカロレアの模擬試験があった。フランス語の口頭試問と筆記で、課題になった文学作品についてコメントを言ったり、質問に答えるというもの。
ランボーの詩集、ボーマルシェ『フィガロの結婚』、パトリック・モディアーノ『Dora Bruder/1941年、パリの尋ね人』、ラ・フォンテーヌ『Fables/寓話』の5冊が課題になっていた(高校生にモディアーノを出すのね!)。

筆記試験は「ちょろい」んだそう。
バカロレア模擬試験

「何もしゃべれなかったらどうしよう!」と娘は口頭試問を恐れている。アンタみたいなおしゃべりが何も言えないわけないじゃない。ソレとコレとは別、と言われれば、まぁそうだけど。
何度かシミュレーションに付き合わされた。つまりワタシが先生役。
課題の中で一番好きなランボーの「谷間の睡眠者」を選ぶ。中原中也の訳で有名だけど、口語で要約するとこんな詩だ。
“川のせせらぎが聞こえ、太陽が降り注ぐ谷間の草の上に若い兵士。口をかすかに開き、うなじは青い草の中に埋まり、眠っている。足は水仙菖の中に突っ込み、病気の子供のように微笑みを浮かべて眠っている。自然よ、彼を暖めておくれ、彼は寒い。陽光の中で、手を胸の上置き、眠っている。右のわき腹に赤い孔が2つ・・・”
「この作品をコメントしなさい」
「のどかな自然と死んでいる若い兵士のコントラスト・・・情景がまざまざと浮かび、ランボーの悪(戦争)に対する皮肉な目が感じられる、スゴイ詩だ」
私ならそう答えて、後は何も言うことはないけど、持ち時間は10分!
この作品の位置づけとか、形式とか、言葉の使い方とか、もろもろに触れなくてはいけないわけ。
親も勉強になる。
口頭試問はくじ引きでコメントするものが決まるが、運よくランボー(でもこの詩ではなかった)に当たったとか。
「じゃ、上手くいったでしょ?」
「まあね・・・」
子供は用心深い。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


Passion/パッション
ブライアン・ド・パルマによる仏映画『Crime d’amour/愛の犯罪』(2010年)のリメイク。
マルチナショナルのIT企業、美しくて有能な女上司クリスティーヌ(ラッシェル・マカダム)を崇拝するイザベル(ノーミ・ラパス)。でも女上司はそれを利用して、イザベルの業績を自分のものにしてしまう。そういう汚い手を使われたら、黙ってはいられない、と反撃に出るイザベル・・・
女の戦い、嫉妬、復讐の物語は、最後の20分(15分かも)が長すぎた。ヒッチコックと比較されるサスペンスの名監督が、ラストで場内から笑いがおこるようじゃダメでしょ!
元映画『Crime d’amour/愛の犯罪』(クリスティーヌ・スコット・トマスとリュディヴィーヌ・サニエ主演)に軍配。

美しく背徳的なポスター、最後に笑う映画と誰が思うか?
映画『Passion/パッション』

Passion
Brian de Palma/ブライアン・ド・パルマ監督
1時間40分
フランスで上映中

Hitchcock/ヒッチコック
「サスペンスの巨匠」と呼ばれ、絶頂期にあるアルフレッド・ヒッチコック。次の作品は今までと違ったものに・・・とシリアル・キラーの話を思い立つが、プロデューサーも友達も反対する。妻であり共同執筆者でもあるアルマは、一度思い立ったら後に引かないヒッチコックの性格をよく知っている。失敗を覚悟で夫を助け、2人で映画を作り上げる。こうして生まれたのが、ヒッチコックの作品の中で一番有名になった『サイコ』だ。
顎とお腹に器具を入れ(義顎と義腹?)、半眼閉じた目つきといい、ヒッチコックに似せようと努力したアンソニー・ホプキンス。アルマ役(こんな影の女がいたのね)のヘレン・ミレンも上手く、名作が生まれた裏話はそれなりに面白いけど、やっぱりできあがった名作には敵わない。

ポスターも50年代レトロ
映画『ヒッチコック』

こういう映画をBiopic(ビオピック)と呼び、テレビやラジオで最近よく耳にする。何それ?Biographie(伝記)の一種?と調べたら、「biographical motion true picture」を縮めたものだった。
アラフォーとかセクハラとか、外来語を縮めるのは日本だけの特技かと思っていたら・・・

Hitchcock
Sacha Gervasi/サーシャ・ガヴァシ監督
1時間38分
フランスで上映中、日本は4月5日ロードショー


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ