Archive

夏のお奨め映画:続き

フランス映画が観たい人:『太陽がいっぱい/Plein Solei』修復版
テレビで何回もかかってストーリーはすっかり知っているけど、修復版が大きなスクリーンで観れるとなると見逃せない。トム(アラン・ドロン)は、イタリアで長いバカンスを過ごす大金持ちの息子フィリップ(モーリス・ロネ)とその彼女マルジュ(マリー・ラフォレ)とお近づきになる。お金のないチンピラのトムを軽蔑しつつ、どこにでも連れて歩くフィリップ。3人は船でクルージングに出かける 。フィリップはふざけてトムを救助ボートの上に放り出し、忘れてしまう。炎天下を漂ったトムは、火ぶくれ、脱水状態で船に引き上げられる。陰険なフィリップの仕打ちにトムの復讐心が膨れ上がる。

当時はモノクロだった。
『太陽がいっぱい』

当時(1960年)のアラン・ドロン、モーリス・ロネ、マリー・ラフォレのなんと美しいこと!彼らのファッションも素敵:シンプルなシャツとズボン、裸足にモカシンの男達。マリー・ラフォレの水着、赤いボーダーのTシャツ、チェックのワンピース・・・すぐ真似したくなるこの時代のモードは古びないのだ。

『太陽がいっぱい』修復版

ロミー・シュナイダーが2秒ほど登場する。“目の離れたちょっと田舎っぽい女の子”が後に美しいオーラの大女優になるのだ。
ルネ・クレマン監督作品
パリで公開中

リアルなサスペンスが好きな人へ:『ハイジャッキング/Hijacking』
インド洋を航海するデンマークの船がソマリア人に乗っ取られる。ハイジャッカーたちは7人の船員と引き換えに1500万ドルを要求する。船舶会社の社長ピーターはハイジャック交渉のプロを呼び、ハイジャッカーと交渉を始める。すぐに要求額を払うと「もっと出せるんだ」と敵は思って、人質を釈放しない(知らなかった)。第一1500万ドルという額は払えないので、桁がひとつ違う額から交渉が始まる。
船上では、持病のある船長が倒れ、料理人のミケルが交渉の矢面に立つ。歩み寄りがないまま、2週間、1ヶ月、2ヶ月・・・と時間が経ち、船員たちは体力的・精神的に弱ってくる。社長ピーターはなぜさっさとお金を払ってくれないんだ?
『ハイジャッキング』ポスター

一方、ピーターは船員たちの命、家族からのプレッシャー、身代金の交渉、会社の運営・・・に立ち向かう。
このピーター(Solen Malling)のキャラがすごい。感情を見せず、冷徹で隙がない。
あまりお友達にはなりたくないけど、頼りになりそうな・・・

『ハイジャッキング』

珍しいデンマーク映画。スターも出ないし地味な作品ではあるけど、隅々までリアル。
Tobias Lidholm監督作品
公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

暑すぎるから映画館へ:この夏のお奨め

頭が空っぽになるホラー娯楽映画:『ワールド・ウォーZ/World War Z』
世界に蔓延しだした謎のウィルス。妻と2人の娘と車に乗ってたジェリー(ブラッド・ピット)もその実態を目撃する。元国連捜査官で経験のあるジェリーに白羽の矢がたたる:猛スピードで広がるウィルスを食い止めろ。
人類を危機から救わなければならないけど、家族のそばにいて護りたい。しかし人類が絶滅すれば、家族も死ぬ・・・と任務を引き受けるジェリー。

ワールドウォーZ World War Z ポスター

人間の数に鳥肌立つシーン。どうやって作るんだろう?
ワールドウォーZ World War Z

特写もすごいし、ブラッド・ピット(私はジョニー・デップ派であるが)が人類を救うために奔走する(そしてペプシが人類を救う!お見逃しなく)2時間。ブラッド・ピットと同行するイスラエルの女兵士(ダニエラ・ケルテス)がすごく綺麗。
マーク・フォースター監督作品
パリで公開中
8月10日日本公開

カップルに疑問を持つ人に:『ビフォア・ミッドナイト/Before midnight』
セリーヌとジェスは2人の子供と、ギリシャの島の友人宅でバカンスを過ごす。パリに戻る前日、友人たちが素敵なホテルで“子供なしの一夜”をプレゼントする。久しぶりに2人だけでロマンチックな夜を・・・のはずが、積み重なった鬱憤が噴出して、別れる別れないの口論に。

ビフォア・ミッドナイト Before Midnight

リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離』(1995年)『ビフォア・サンセット』(2004年)の続編で、サンセットより倦怠した夫婦をジュリー・デルピー(1990年からアメリカに住んでいて、フランス人にしてはビックリの英語をしゃべり、文句の多いコケットな妻がぴったり)とイーサン・ホーク(シャツの半分がズボンの外に出ているなりふり構わなさまでセクシー)。車の中で、友人たちとの最後の夕食で、ホテルで・・・アクションがなく会話だけの映画なので、そういうのが苦手な人にはお奨めできないけど。
夕食の席で、救急病院の看護婦をしていた女性のセリフ:昏睡から覚めたとき、女性は殆ど100%、まず子供や家族の安否を尋ねる。男性は-殆ど100%-まず自分のイチモツを確かめる。それから家族の安安否を尋ねるの(ホントかね)。
・・・男と女が違う生き物であるのを納得する作品。
パリで公開中

ちなみにパリの映画館は“クーラー効きすぎ”“ないよりマシ”“クーラー故障”の3通り。この暑さだから3番目はさすがに貼紙がしてあったり、チケット売り場で知らせている。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

早熟な子供たち:体験編

「子供は1歳頃から性に関心を持つ」と言われるけど、ま、フロイトの国だからね、と話半分に聞いていた。
でも子供と付き合っていると、それほど誇張でもなさそうだ。

娘が2歳になったばかりの頃、保育園でテオという男の子と仲良くなって、いつも一緒に遊んでいた。テオの両親は、2人の仲をなぜか奨励して、「保育園の幼馴染がそのまま続いて、一緒に暮らすってケースもあるのよね」などと、冗談ではない顔で口走ったりする。
ある日、テオ家にご飯によばれ、9時ごろ、2人の幼児を子供部屋に寝かせた。ヤレヤレと親たちがお酒を飲んでいたら、子供部屋を覗いた息子(7歳)が駆けつけてきて、
「2人が同じベッドに寝てる!」それがどうした?
再び偵察に行った息子が「でも安心して!オムツは取ってない!」
「・・・・」

ある日、仕事仲間の女性とお昼を食べたとき、
「もしある朝、娘さんの部屋から男の子が出てきたら、あなた何て言う?」
「何て言うって・・・まずボンジュール」
「その後は?」
「うーん、でも外で起こるより、うちでやってくれたほうがいい」と答えてから、
「ところで娘さん、いくつ?」
「3歳」
親も先走りしすぎるってこと。

息子は、男子の常で多くを語らない。親も「秘密の庭」に触れないようにしている。小学生だった娘が「毎朝、同じ女の子と学校に行ってるよ」とか時々教えてくれた。
「どんな子?」
「オシリの形がいい子」
小学生なら「かわいい」とか「目が大きい」とか言いそうだけど、早くもオシリや脚の形に注目するわけね。なるほど。

娘が12歳くらいのとき、男の子が遊びに来た。「ずっと会ってなかった幼友達」だそうで、一緒に晩御飯を食べた。その時の夫ときたら、
「どこの学校に行ってるの?」とか「ご両親は何をしているの?」・・・とまるで尋問。年頃の娘の身辺を心配するお父さんのカリカチュアで、笑いを堪えるのに苦労した。
さてご飯の後、
「“幼友達”が泊まっていってもいいかって」
「えっ」と夫は顔色を変える。
「でもまだ子供だから・・・」
「13歳で妊娠した例もあるぞ」
「でもダメだって言ったら、こっちが“ソレ”を勘ぐってるみたいで・・・」
「それもそうだ・・・」
というヒソヒソ話の末、泊まっていった。

それ以来、夫の頭には「幼友達=要注意」という公式ができたようで、その子が来ると「アイツは気に食わん」という顔になる。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


早熟すぎるフランスの10代

エイズの危険、避妊、ネットに溢れるポルノ、ソーシャル・ネットワークへの依存・・・という時代に生きるアドレッサン(10代)の性を考える学会が2月に開かれ、そのタイトルが『学校、セックス&ヴィデオ』。似たようなタイトルの映画、なかったっけ?
その時に行われたアンケートの結果は:
ファースト・キス
ただのチュッは日常的にやっていることだから、本格的キスのこと。女子は14歳、男子は13歳半が平均。1990年代に生まれた子供は、彼らのおじいちゃん・おばあちゃんの年代(1930-40年生まれ)より3年早く体験していることに。

初体験はファースト・キスの約3年半後
女子は17歳半(1956年には20歳半)、男子は17歳2ヶ月(1956年は18歳8ヶ月)

“一線を越える”きっかけ
「好きだから」「愛情から」は43%(女子)、20%(男子)。「欲望から」は26%(女子)、44%(男子)。
一方、相手に愛情を感じているのが必要、と答えたのは女子の60%。男子40%。行動に移すことより、自分の感情を伝えることに羞恥心がある、と学会は分析するけど、娘の「友達に自慢するためにやっちゃう子が多い」という分析のほうが当たっているような。

避妊
中学・高校生に避妊の必要性が叫ばれているけど、現実にはガードしないで性関係が始まり、慌てて親が産婦人科に連れていくケースが多いとか。事後3日、または5日以内に飲む救急避妊薬も出ている。緊急を要する薬だから、未成年は薬局で処方箋なしで買えるとか。ただし1回だけ。

ピルの安全性
妊娠した15-24歳のなんと3分の2がピルを飲んでいた。そのうち3分の1は「1回も忘れたことがない」。ピルってそんなに頼りにならない避妊法なの?!

未成年の中絶
の数は1990年から2005年の間に42%も増えているという。避妊忘れのアクシデントばかりではないらしい。早く大人になりたい?そんなに生き急いでどうするの?(早く老けるわよ)。
とにかく高校生の女の子を持つ親にとってはギクリとするアンケート結果。

試しに「女の子の初体験って平均17歳半なんだって?」と娘に言ってみたら、
「それ、前にも言ってたじゃん」とか言われて言葉に詰まった。え?前にも言った?
娘にとってはデザートにアイスクリームを食べるか、イチゴとヨーグルトにするかが当面の問題のようであった。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





夢と現実

前から欲しいと思っているBottega Venetaのバッグ。革を編んだ定番で、色は夏にも似合うベージュ・・・と叫んでみても、誰もプレゼントしてくれる気配がない。2000ユーロ以上と高いけど、ホラ、誕生日とかに数人がお金を出し合って金額の張るものを贈る“団体プレゼント”の気配すらない。

ボッテガ・ヴェネタ

仕方なくdépôt-vente(セカンドハンド)や、ヴィンテージショップで探してみるが、ボッテガのバッグは殆ど出ない。たまに出てもムラサキとかグラデーションになってるやつとか、合わせるのが困難な色ばかり。

それならばネットで探そう。例えばnet-a-porter。高級ブランド&有名デザイナー400を集めたサイトで、2000年ロンドン生まれ。今年の4月にフランス語バージョンがオンラインになった。
月間ユニーク・ヴィジター500万(自称)、2012年の年商額4億ユーロ(公認)。ブランド店やデパートの脅威だ。
このサイトにはボッテガの定番バッグが出て、お店で買うより安いけど、でかいサイズばかり。横幅50cmの週末旅行に出かけるようなバッグは、身長が175cmくらいないとバランスが悪い。

心配になるくらい安い値段でブランドバッグを売っているサイト、2006年に中国で立ち上げられたというsacmarque。正価の10分の1くらいで「卸値でご提供している」そうだけど、じゃどこで儲けているんだろう。フランスで言うように“運搬のトラックから落ちた”商品?ニセ物?返品や返金の条件も書かれていない。
http://www.sacmarque.fr/

というわけで、“ボッテガ・ベージュ”衝動が起こるたび、サイトを一回りしたり、セカンドハンド店を覗いたりするけど、そこで止まってしまう。夢は現実にならない。

昨日、アルシーヴ通りに行くためにBHVデパートの中を横切った。冬は暖房、夏は冷房がきいているから、という口実でデパートの地上階を横断するんだけど、これは時に危険な罠。シルエットの綺麗なロングカーディガンを着たマネキンが、まさに私の横断線上に立っていて、買ってしまったこともあった。
そして昨日は、入った扉のまん前にラフィアを編んだバッグがぶら下がっていた。すごくシンプルで軽くて、本や雑誌も入るサイズ。革じゃなくてラフィア(ヤシの一種)だけど、編んであることに変わりなく、色はベージュ。45ユーロ!

ラフィア編みバッグ

これでこの夏のボッテガ衝動は治まりそう。デパート横断も危険なばかりではないってこと。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



をChallenge誌が発表した。
単位がmilliard(10億)の世界なんで、ゼロの数を間違えないように気をつけなければ・・・
1位:ベルナール・アルノー
毎年一位の座で微笑むのはLVMH社長。Louis Vuitton, Moët Hennessyの略だが、この他にもGivenchy 、Kenzo、 Céline、 TAG Heuer Dior Parfums・・・などモード、アルコールの高級ブランドを買収し、さらに膨れ続ける企業グループ。世界に2545の店舗、従業員8万3500人(2010年の数字)。創立者で34%の株を所有するアルノーの資産は243億ユーロ(約3兆1590億円)。
最近ではエルメス株を買ってこの家族経営企業を牛耳ろうと企み、裁判沙汰になっている。
老けてみえるけど今年64歳。眉まで白くなって・・・金持ちは苦労が多い?
ベルナール・アルノー

ランブイエの森にあるアルノー邸。プールとテニスコート、シャトーのような庭園、屋内プールにフィットネスルーム。
ベルナール・アルノー邸宅

2位:リリアンヌ・ベタンクールとその家族
ロレアル創立者の相続人、ベタンクール一家の資産は232億ユーロ。用益権を持つ母リリアンヌがボケていてあちこちにお金をばら撒く、と娘が監視下に置いたことから、ボケている・いないの争いに。“ばら撒いた”お金をゲットした人たちの中にサルコジもいた。3年前、新聞の「夏の人気連載小説」になったベタンクール事件だ。

シワの数は隠せないが、若いころ綺麗だったであろうと思わせる91歳
リリアンヌ・ベタンクール

3位:ジェラール・ミュリエズ
スーパー・ハイパーチェーンAuchan社長。Leroy Merlin(日曜大工、ガーデニング用品チェーン)Décathlon(スポーツ用品チェーン) Kiloutou(何でもレンタルチェーン)も傘下。彼の資産は190億ユーロ。82歳。

4位:ベルナール・ピュイクとエルメス一家
エミール・エルメスの孫にあたるベルナールとデュマ、パトリック・ゲランのエルメス一族がHermès Internationalの株62%を所有する。174億ユーロ。中国人が押しかけて、ケリーもバーキンも在庫切れというのに資産は増えていない。Why?

5位:セルジュ・ダッソーとその家族
マルセル・ダッソーの孫セルジュは、航空機で有名なダッソーグループの名誉会長。その他、ル・フィガロ、ソフトウエア会社ダッソー・システムなどが傘下。ファミリーの資産は128億ユーロ。

父マルセルが1966年に建てた邸宅は・・・プチ・トリアノンの縮小コピー!プール、テニス、18ホールのゴルフ場つき。
ダッソー邸宅

・・・頭がくらくらしてくる、このヘンでやめておこう。これだけ持ってたら財産管理だけで大仕事。利子で永久に暮らしていけるんじゃない?

アメリカのForbes誌が出した日本の長者番付では、1位がユニクロ(ファーストリテイリング)社長で資産約1兆5000億円。パチンコ、IT関係、消費者金融が上位だ
フランスでは“貧困線”に位置する人が人口の50%だから、貧富の差がすごいということだ・・・ベルナール・アルノーは、オランド大統領の高所得者に75%課税案で、税率の低いベルギーに逃げ出そうとして大バッシングを受けた。

*ユニクロ柳井社長の資産のゼロの数を大幅に間違えていました!失礼しました。ご指摘ありがとうございます。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

66万5000人の受験者がドキドキして待っていたバカロレア(大学入学資格試験)の結果が今日発表になった。息子は4年前だし、娘は来年なので直接関係はないけど、今年は当たり年か、出来が悪い年だったのか・・・?

「あった!」と抱き合う母と娘。文部省の公式サイトに全合格者名が掲載されるようになって、こういう光景も減ってきた。
バカロレア合格発表

哲学バックの試験問題は、
文系バックL
①言語は道具でしかないか?
②科学は、事実を立証することに止まるか?
③デカルトの『Lettre à Elisabeth/エリザベトへの手紙』の抜粋の解釈

理数系バックS
①政治に興味を持たずに倫理的に行動できるか?
②仕事は自己の認識を可能にするか?
③ベルグソンの『La pensée et le mouvant/思考と動き』の抜粋の解釈

それぞれこの中からひとつ選んで起承転結に自分の考えを述べる。持ち時間4時間。
友達と「私だったらどれを選ぶか」を話していて、
「バックLの①なら何か書けるかも」
「Sの②も行けるかも。でも何を引用する?」
「Sの①は、政治家こそ倫理的・道徳的に行動していないから(詐欺行為、隠し口座、強姦未遂!)この問題、おかしくない?」
ゲラゲラ・・・なんて笑っていたけど、笑ってる場合ではない。問題はどれをとっても“真っ青”だ。年によっては問題の意味さえわからないのがあった。

それでも2013年の合格率(一般バック、職業バックひっくるめて)は70.2%、昨年の66.9%を凌ぐ。“名門高校”は軒並み98%、99%の合格率(そのレベルを下げないために地元の“怠け者”より、越境してくる優秀な生徒を取る傾向にあって、それもまた問題なんだけど)。

この高い合格率の訳は、20点満点で半分取れば合格できる点。“橋にも棒にもかからない”場合はともかく、採点者がなるべく点をあげようとするからだと思われる。

年々問題になっているのが、合格者の社会的格差。合格者の72%が教職者の子供、68%が上級管理職、20%が有資格労働者、13%が無資格労働者の子供、失業者の子供は9%・・・
“フランスは階層社会”をくっきり浮き彫りにする数字だ。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


男性が好きなショーツ!

長年1位を占めていたストリングが脱落、といういいニュース。あんな履き心地の悪いもの、よく履くわねと思っていた。
フランスではTバックがString、普通のショーツがCulotte、ボクサーショーツがShortyと呼ばれている。タンガやブラジリアンもあるけど、Tバックのファミリーだ。写真を貼ればわかりやすいけど、ポルノ記事と思われそうだ・・・
さて1位はShorty/ショーティ。スポーティで10代の子がよく履いていて、人気のキャラクターがプリントされていたりするアレ?そんなのが好きなわけ?・・・と思ったら全然そうではなくて、アンケートに答えた男子44%が“好き”なのは、ヒップが半分見えて、素材はレース。つまり限りなくタンガに近い。それをショーティと呼んでいいの?

こういうのはダメなんだ。しかも5枚セットなんて・・・
ボクサーショーツ

2位はTバック/ String
ずっと1位に輝いたTバック、そんなに簡単にトップ3から落ちない。まだ31%の支持、それでも売り上げは落ちているそうだ(ショーツ全体の30%から25%)。

3位:なし
いきなり3位でアンケート会社も驚いたノーパンティ。アメリカからやってきた流行で、カンヌでエヴァ・ロンゴリアも実践していたとか。“風通しがよく衛生的にもいい”(風でスカートがめくれたらどーする?)
不況も手伝って(ショーツを買わなくてすむ)この流行は上昇の気配。エヴァ・ロンゴリアが経済的理由で履いていないとは思えないが。
ノーパンティ信仰はフランスにもあって、義父母の世代は夜寝るときパジャマ・ネグリジェの下に何も履かない人が多かった。やっぱり“風通し”を重視していたみたい。今でも子供には寝るときパンツを履かせない親がいるものね。

4位:ショーツ(フルバック)
履き心地は一番で女性が好きなお尻をすっぽり包むショーツは男性に人気がない。わかる気もするけど、Tバックを履いたことのないヤツらの言いそうなことだ。

5位:ガードル/Gaine
お腹を引っ込めるためハイウエストまでカバーするショーツ。この“レトロさ”を好む少数はTVシリーズ『Mad Men』のファン?

ガードル

さて色は47%が黒、34%が純白。一方、女性の3分の2が「男性は赤のランジェリーが好き」と思い込んでいるとか。闘牛士と間違えてない?

素材は85%が“コットン”が好き。これはコットンのパンツしか履かない男性たちが、他の素材を知らないからではないか、と思われる。
1年間のランジェリー平均予算は女性98ユーロ、男性・・・22ユーロ!男性にも履かない人が増えていたりして・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ