Archive

56のアレルゲンを“背負う”3日間

紹介されたアレルギー専門医(allergologue/アレルゴローグ、発音しにくい)は孤高のインテリという風情の女医さん。
まずスクラッチテスト。両腕にペンで印をつけ、針で引っかき、ダニ、動物、花粉、カビのアレルゲン代表選手を数滴たらして15分待つ。たちまちすごく痒くなってきて、2箇所が蚊に刺されたようになる。一番腫れたのはダニ。
じゃ二番目は誰?「猫!」「ギャッ!」
「猫を飼ってるんですか?」(ダニを飼ってるんですか?とは聞かなかった)
「はあ、2匹」
「その猫と・・・」
「できません!」
猫たちは家族の一員(二員)。猫と別れるくらいなら腫れた瞼と一緒に生きていく覚悟だ。それにアナイス(先着猫)はもう10年同居している。
「でもアレルギーは突然始まるんですよ」と孤高の女医。

数日後にパッチテストをする。アレルゲン(38種!)+使っているデマキ、洗顔剤、化粧水、クリーム、ファンデーション、アイライナー、シャンプー、ボディクリーム、洗剤、マニキュア、香水・・・を数滴ずつたらしたパッチを背中に貼る。コスメに関して自分はシンプルな人間、と思っていたけどイヤハヤ。新製品のテストもするのでリストはかなり長くなった。背中がもっと広ければ良かった。

test.jpg

全部で56のアレルゲンの重荷を、72時間背負うことになった。
背中が部分的に痒くなる、でも掻いてはダメ。猫か、ダニか?それとも使っているコスメに反応している?
背中を濡らしたら「一からやり直し」と脅されているので、シャワーだって至難の業だ。

3日後、孤高の女医のもとに駆けつける。もう1時間もガマンできない。バリバリとパッチをはがした(ああ、快感!)女医さんは
「Rien !」「は?」
「どれにも反応していない」
「・・・ということは?」
「接触によるアレルギーではないってこと」
最近、香水・香料にアレルギーをおこす女性が増えているそうで、
「あなたはそうじゃなくてラッキーだわね」
それより猫が犯人でなくてラッキーだ。
結局、テストの結果を持って、ヒッピーの生き残り皮膚科医のもとに舞い戻ることになった。
たらい回しは続く・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
一年くらい前から、瞼が痒くて腫れるようになった。サングラスが必要なくらい腫れたかと思うとすーっと引くのがアレルギーっぽい。腹が立つのは、「すごく腫れてるでしょ?」と聞いて「そう?いつもと変わらないけど」と言われるとき。まあ、他人は、本人が思うほど注意して見ていないってことだけど。

人の写真だけど、こんな感じ。
アレルギー

とにかく。最初はコンタクトレンズのせいかも、と眼科に行った。
伊良部先生(奥田英朗の小説の主人公)に似た眼科医は、
「コンタクトのせいじゃない、アレルギーだね」
「じゃ、アレルギー専門医のとこで、アレルゲンを探したほうがいいですか?」
「そんなもの、いくつテストをしたって見つかるわけないでしょ」とアレルギー医が聞いたら怒りそうな発言で、軟膏だの目薬だの処方してくれた。

瞼の腫れや湿疹によく処方されるのがこのSterdex。一回ずつのチューブになっている。

300px-Sterdex.jpg

でも改善の兆しはない。痒みと腫れは波のように寄せては返す。「治りません!」と“伊良部先生”のとこに行くと、また別の目薬を処方してくれて、でも症状はあまり変わらい。我慢できないほどじゃないし、人前に出れないほどでもないし、眼科の予約は取りにくいしで、数ヶ月が経った。

伊良部先生に見切りをつけた私は、皮膚科に赴く。70年代ヒッピーの生き残りみたいな先生は、
「これはアレルギーではなくて皮膚真菌症かも」とコーチゾン系の軟膏を出してくれた。
フランスの皮膚病治療は(日本もそう?)、最初の1週間~10日間は薬を毎日つける、次の2週間は一日置き、次の2週間は3日置き・・・つまり、治ったかに見えても急にやめないで、フェイドアウトしていくのがキマリ。

私も忠実にキマリを守り、そうするうちに夏が終わった。でも痒み・腫れは終わらない!
ヒッピー皮膚科医のとこに行ったら、
「じゃ、アレルギー専門医のとこに行ったほうがいいかも」
私は最初から、そう言っただろうが!何という回り道、たらい回し・・・(続く)


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

この夏にラジオでよくかかった『Formidable』
「素晴らしい、素晴らしい。
君は素晴らしかった。そして僕はすごく惨めだった。
僕たちは素晴らしかった。
ベベ、ごめん、マドモアゼル
あなたをくどこうとは思わなかった、誓って本当だ・・・」

“Formidable/素晴らしい”と“for minable/すごく惨め”をかけたリフレイン、女にフラれた男の歌。
Rを強く発音する太い声に、中年のフランス人歌手の顔を思い浮かべた。そしたら、27歳のヒップホップ・エレクトロの歌手。ベルギー人で名前はストロマエ。カフェオレ色の肌に果てしなく細長いボディの・・・ベルギー人?実は父親はルワンダ人、彼が小さいときに出て行って、1994年のルワンダ虐殺で死亡する。ベルギー人の母親は1人で5人の子供を育てた。
11歳から音楽に興味を持って、Académie Musicale de Jetteでソルフェージュと打楽器を習い、15歳でラップを始める。ファーストフードQuickで働きながら学費を稼ぎ、音響エンジニアの勉強をした。
・・・という経歴。
『Formidable』のヴィデオクリップは、真昼間、ブリュッセルの繁華街で泥酔した男(ストロマエ)がヨレヨレになっているのを隠しカメラで撮ったもの。
「このクリップで僕は落ち込んで今にもぶっ倒れそうだ。でも声をかけてくれたのは2人だけで、他の人たちは眺めるか、見てみぬふりをしていた。僕だって彼らの立場だったら無関心を装ったと思う。でも絶望や涙は僕たち人間の一部で、かえって美しいものだ思う。シワやたるみと一緒。困難を生きてきた価値だ」スバラシイ!
歌詞は、
「ちょっと坊や、
世の中には悪人も善人もいないんだよ。
ママンがうるさいのはおばあちゃんになるのが恐いから。
パパが浮気するのはママンが年とったから・・・」
と続く。27歳の青年がこういう詞を書くとは・・・

このクリップはネットに出て3日間で300万人が観た。
「でも教訓じゃない。自分にも他人にも教訓を与えるのはいやだ」とストロマエ。
この歌には『ceci n’est pas une leçon/これは教訓ではない』というサブタイトルがついている。

彼の初めてのヒットになった2010年の『Alors on danse/じゃ踊ろうか』はラップっぽい。

ふざけた名前(ストロマエはマエストロの倒語)、ポップなルックスに、諦めのある暗い歌詞、一時代前のシャンソン歌手(ジャック・ブレルが引き合いに出される)のような歌い方。このミスマッチが、今の時代の心境に合い、相対化できるのか、とにかく人気の人。彼の歌は「異世代を近づけた」とも言われる。
その通り。最初、子供たちが聴いているのを「ナニコレ?」と思ったけど、聴くうちにすっかり深みにはまっていた。

彼の顔、誰かに似てる、と考えていたら・・・
ストロマエ
スカーレット・ヨハンソン!
スカーレット・ヨハンソン

と子供たちに言ったら、スカーレット・ヨハンソンが一番好きな女優の息子は「一緒にしないでくれ」とむくれ、ストロマエを美しいと思う私は「ゼッタイ、似てるって」・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

高級ジュエリー店強盗が相次ぐニースでまた一件。11日、裏道にある小さな宝石店に2人組が押し入り、武器を突きつけて金庫の中身を奪い、スクーターに乗って走り去ろうとした。主人(67歳)は、猟銃を持って飛び出し発砲。2人組のひとりに命中し、死亡させてしまった。

『BIJOUTERIE』の看板の、ほんとに小さな店
ニースの宝石屋さん

店主は“正当防衛”を主張したけど、ニースの検事曰く“正当防衛が該当するのは、本当に生命が危険に晒されていた場合。犯人たちは逃げようとして、背中を見せていたところに、店主は猟銃を持ち出し、発砲した。この行為は復讐とみなされる”
殺された犯人は前科が10以上ある18歳の若者。店主は殺人罪で勾留された。

・・・というニュースが流れて間もなく、Facebookに「ニースの宝石屋さんを応援しよう」というページが現れた。被害に遭ったことのある宝石屋(「強盗に入られたとき、自己防衛しようとするのは当然」)や、「67歳のオジサン、よくやった!」・・・など金曜日までに60万人の“J’aime”、週明けにはファンの数は150万に膨れ上がった。

それに勇気付けられた店主の弁護士は、assignation à domicile(刑務所ではなくて、自宅に禁固される)を要求しているとか。
なぜ“ニースの宝石屋さん”がこれほど人気者になったのか?
この店は去年10月も強盗に入られていることや、ニースにジュエリー強盗が頻発していること、“ニースの宝石屋さん”に前科がなく、善良そうなふつうのオジサンであること・・・?状況はともかく、殺人を犯した人でしょ?どこかおかしい・・・

ここは、個人がすぐ武器を取り出して報復するアメリカではない。“犯罪は法が裁く”国だ。
アメリカのアイオワ州では目の不自由な人にも武器所持免許が出るようになった。武器所持に関して差別をなくす主義だそうで。また、女性用のピストルが流行りで、恋人や奥さんに最高のプレゼントだとか。キティちゃんでもついていそうな可愛いピストルが武器店で並んでいるのが報道され、これらのニュースは当然「シンジラレナイ」という受け止められ方だった。“ニースの宝石屋さん”異常支持はパラドクサル・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




原発で働く男達を描いた『Grand central』

アルバイトを転々としたガリーは原発作業員の仕事を見つける。若いし体力はあるし、危険が伴ってもサラリーがいい。採用されたガリーは、先輩に色々教えてもらいながら新しい仕事に張り切る。原発の近くに設けられた仮設に寝泊りし、昼も夜も仕事仲間と暮らす毎日。ガリーは先輩トニのフィアンセ、キャロルと惹かれ合い、人目のない林の中や川辺で逢瀬を繰り返す。
原子炉の間近での作業は、正確さと速さが命。廃棄物の入った容器を倒してしまうなどのアクシデントもある。ガリーは少しずつ汚染されていくが、チームから外されるのを恐れ、測定値をごまかして作業を続ける。一方トニは、自分の女とガリーの関係を疑いだす・・・

映画「Grand Central」

今年のカンヌ映画祭、「Un certain regards/ある視点」参加作品『Grand central』。原発の中の様子をここまで描いた映画は初めてとか。毎日、汚染の危険にさらされながら働く男達の姿や、放射濃度の厳しいチェックや、浴びてしまったときのパニックは息詰まるようだ。

監督・シナリオのレベッカ・ズロトヴスキーは33歳の女性(美人!)。原発のセットを造るのはお金がかかりすぎるし、稼動している原発で撮るのは危険が大きい、と探しまくって、ウィーン郊外に使われていない原発を見つけて舞台にした。元原発作業員が技術コンサルタントとして撮影に参加した。
「原子力発電に賛成・反対のメッセージはない。原発で働く男達の現状を描く社会的映画を作りたかった」と監督。「ガリーとキャロルの恋物語は、男だけの閉鎖社会をかき乱す要素として入れた」。

ガリー役のタハール・ラヒムは『アン・プロフェット/預言者』の主役。人種差別や権力争いの激しい刑務所で、のし上がっていくアラブ系青年を描いた映画で、小柄で一見目立たないタハールが放つカリスマ性にみんな驚いた。

タハール・ラヒム

キャロル役は今、すべての雑誌の表紙を飾っている、といっていいレア・セイドゥー。一時代前の女優のオーラがある演技派(しかし視線はこの美しい谷間に!)

レア・セイドゥー

監督のレベッカ・ズロトヴスキーがシナリオを書きだしたとき、福島の原発事故が起こった。「毎日、どんどんニュースが入ってくる中、この映画を作る必要性を確信した」。
日本人にとってはもちろん、原発の多いフランスに住む人にもズシリと重い内容で、こんな危険な装置を続けていいのか?と思う。「賛成・反対のメッセージはない」と言っても、ちゃんとあるような気がする:放射性物質も不倫の恋も、ある一線を越えると取り返しがつかなくなる・・・

ところで、この映画のタイトル、“Grande centrale”なら大原発という意味だけど、“Grand central”(大きな中心点?)という抽象的なタイトルになっている。

『Grand central』
レベッカ・ズロトヴスキー監督作品
出演:タハール・ラヒム、レア・セイドゥー、オリヴィエ・グルメ
フランスで公開中


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

10年間の結婚の末、別れることになったカップル。離婚調停は順調に運び、揉めたのは“養育権”だけ・・・といっても猫の。結局、交代で飼うことで合意に達した。なついた猫の養育権は子供のと同じぐらい諍いのタネになっている、という記事を読んだ。
フランスでも猫好きが増えていて、2011年には「一番好きな相棒は?」アンケートで、宿敵の犬を抜いて1位になった。
愛猫サロモンの11歳の誕生日を盛大に祝ったというシャルロットは2人の子持ち。でも、サロモンを「モン・ベベ」「一番かわいい子」と呼ぶ。
「だってサロモンはお財布からお金をくすねたりしないし、ドラッグに走る心配もないし、女の子をうちに連れてきたりしないから」
彼女の息子は4歳のとき、喘息になり、お医者さんから、猫がアレルギーの原因のひとつだから、飼うのをやめたほうがいいと言われた。
「猫のほうが子供より先に来たし、別れるのは無理です」がシャルロットの答え。不思議と息子の喘息は治まり、サロモンは居座った。
うちの娘も自分の猫タマを「モン・ベベ」と呼ぶ。去勢手術をしてから食べるだけが楽しみになったのか、一日中お腹を空かせている。みんなは「デブ」「食べすぎ」と言うのに、娘は「太ってなんかいない」とついつい食べ物をやってしまう。本当に子供ができたら、どんな母親になるのか先が思いやられるような・・・

長々と寝そべっているとわからないけど、歩くとお腹が床につくほどデブのタマ。
タマ

「おばあちゃんにボン・ニュイを言いなさい」という娘のセリフにギョッとした。「だって、タマは私のベベだから、ママンはおばあちゃんでしょ」まぁ、理屈ではそうですけど。“おばあちゃん”と呼ばれるのはギクリとするもんだ。

脚の上に寝るのが好きなアナイス。
アナイス

バカンスに出るときは猫が唯一の気がかり。10分でも毎日通ってくれる人をみつけ、ワード1枚分くらいに、彼らの食生活や、性格やら“緊急連絡先”を書いて渡す(ちゃんと読む人なんていないけど)。引き受けてくれる人は、あちこちの犬の散歩や猫の世話を受けもっているので、出かける前に付け届けをしてアピールしておく、留守中には電話して生存を確かめる・・・などこう見えていろいろ気を遣うのだ。重症の猫バカ。

バカンスの終わりの空虚感は、猫に再会する嬉しさが埋めてくれる。“猫のうちに帰っていく”気分になる-猫は空間の雰囲気を作る動物だ。こんなふうに感じる人は多くて、Facebookの『J’habite chez mon chat/猫のうちに住んでいます』は18000人のファンがいるとか。
中庭に私たちの足音を聞いただけで、ドアの前に駆けつけてくる猫たち。ああ、やめられない。

猫沢エミさんの『猫と生きる』は猫好き必読の本。アナイスとタマも登場しています。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
『危険なプロット』が日本で間もなく公開のフランソワ・オゾン。8月末にフランスで封切りになったこの作品『Jeune&Jolie/17歳』 も高校生が主人公だ。

イザベル役のマリン・ヴァクトが文字通り若くて美しい。
フランソワ・オゾン『Jeune&Jolie』

モデル出身で、YSLの香水パリジェンヌのイメージモデル。素顔っぽいほうが綺麗。
YSLのパリジェンヌ

レティシア・カスタに憂いをプラスしたような、あるいはジャクリーヌ・ビセット(知らない人が多いかも)の若い頃・・・その美しさから目が離せないというように、フランソワ・オゾンのカメラは一挙一動を追っていく。

17歳になったばかりのイザベルは、バカンス地で出会ったドイツ人と“処女を捨てるため”に寝る。でもイザベルにとってがっかりの体験になった。
9月、新学期が始まる。リセHenri Ⅳはパリ指折りの名門高校だ。イザベルはネットでお客を探し、売春を始める。選ぶのはかなり年上の男性ばかり。
一見、ふつうの高校生の彼女がなぜこういう道に走るのか?
両親は離婚して、母親とその新しい連れ合いと弟の4人家族。愛され、護られ、経済的にも不自由ない暮らし。
つまりお金のためではない。彼女の稼ぎは使われず、洋服ダンスの中に貯まっていく。
夏の苦い体験を塗りなおすため?自分探しの一貫?

この“説明できない”行為こそ、アドレッサンらしいように思う。
うちの息子の部屋があまりにグチャグチャに散らかっているので「片付けろってうるさく言ったほうがいいのかしら?」と友人の精神分析家に聞いたことがある。
「息子さんの頭の中はその部屋みたいな状態なんだと思う」が彼の答え。
ははぁ・・・そりゃ大変だわ。“部屋を片付けろ”は無意味で効果のないセリフであろう。思春期の自分探しの混沌は、通ってきたはずなのに、大人は忘れがちだ。

さてこういう体験をしたイザベルが、同年代の男の子を愛せるようになるだろうか?
映画は夏から始まる四季の四章で綴られ、フランスワーズ・アルディの1960-70年のシャンソンがそれぞれの季節に流れる。
メランコリーなアルディの歌声が半世紀後の舞台に合うのは、アドレッサンにとって“今”は、たちまち“過去”になるから?イザベルの1年は、混沌を突き抜ける通り道で、彼女にとってもう過去のこと・・・でもこれは極端な例。“通過儀礼”といって、女の子がこぞってに売春を始めたら大変なことになる・・・

『Jeune&Jolie』
フランソワ・オゾン監督作品
フランスで公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ