Archive
2003年、『アラブの春』革命以前のチュニス。
バイクに乗った男が、歩いている女性のお尻を切り裂く、という事件が立て続けに起こった。被害者11人。
「後ろからバイクが近づいてきて、一瞬何が起こったのかわからなかった。間もなくお尻に鋭い痛み、触ったら血が流れていた」
被害者たちの特徴は、ピッタリした(しすぎた)ジーンズとかミニ(すぎる)スカートとか、扇情的な格好をしていたこと。

映画 challat de Tunis

女嫌いの犯行?政府の手先?それともただの都市伝説?犯人はChallat(切り裂き人)と名づけられ、解明されないまま10年が過ぎる。
女性監督Kaouther Ben Hania(カウテール・ベン・ハニアと発音?)は、この事件の“ドキュメンタリー”を撮ることにする。
映画で顔はほとんど見せないけど、なかなか可愛い。
映画 challat de Tunis

当時すごく噂になったのに、Challat(シャラ)を目撃した人はひとりもいない。街角やカフェで男性にインタビューすると
「セクシーな格好をしていれば切られて当然」という答えが少なくない。
「ドキュメンタリー映画のシャラ役」キャスティングをすると志願者が集まってくる。その中で「実はボクがシャラだった」という男子は「母親を除いて、女はみんな娼婦」とうそぶく。シャラは英雄なのだ。

この事件にインスピレーションを得てヴィデオゲームを作った男子もいる。お尻をナイフで切ると点数が加算、ヴェールを被った女性を切ったら減点になる。単純そうなゲームで私にもできそうだ。

映画 challat de Tunis

ムスリムの長老は、「悪は口から入る(アルコール、タバコ、ドラッグ)が、女も悪を仲介する」と堂々と言い切る。つまり男は元来、欲望のある生き物で、それを扇情する女は悪の仲介者というわけだ。
男だけじゃない。若い女性が「新品」か「中古」か見分けるというヴァージンメーターを売り歩くオバサンもいる。
アラブのムスリム国の中で最も女性解放が進んでいるといわれるチュニジアで、革命10年後に、結局何も変わっていない?・・・
“ドキュメンタリーを作る”過程を撮ったドキュメンタリー風フィクションという二重構造、ユーモアと皮肉に溢れ、予算は少なく、ピリッとエスプリの効いた作品。

『le Challat de Tunis』
Kaouther Ben Hania監督作品
1時間30分
パリの小シネマで上映中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

子猫探し

アナイスが旅立って1ヶ月半になるんだ。
“個人火葬”を頼んだ後、遺灰がなかなか戻ってこなかった。口の悪い友達に
「猫一匹丸焼きにするのにそんなに時間がかかるのか?」と言われ、獣医さんに電話したら
「あら、戻ってきてるわ」だって、まったく。
ボルドー色の箱に入った遺灰を持って帰ると、子供たちが「お菓子?チョコレート?」
中身を知ると「ギャッ」「うちに置いたら怖くない?」
私と夫は顔を見合わせた:ちゃんと遺言を残しておかないと、何をされるかわかったもんじゃない。

田舎の庭に埋葬するまで、アナイスは私の戸棚の中。眼が潤む回数はさすがに減ったけど、まだいろんな場面が蘇る。
残されたタマ、台所の“見張り場所”で帰りを待つのはさすがにやめたけど、さびしそうだ。時々思い出したように、ベッドの下を点検している。

日光浴が大好き。サングラス買ってあげようか?

タマ

そろそろ友達を見つけてあげなくちゃ。アナイスはえり好みが激しかったけど、タマは猫づきあいが良さそうだし。
でも猫探しは簡単じゃない。アナイスを見つけるまで1年以上かかったのを思い出す。

まず獣医さんの掲示板を見ると、6歳とか10歳とかお年寄りの猫ばかり。子猫は?と聞くと、「パリの猫はみんな手術してるから」なるほど。
それで猫を飼っている友達、子供の友達、夫の友達やその元妻など当たったけど、子猫はいない。
友達の友達の家族の獣医さんが「猫や犬の養子縁組をするマジメなサイトがある」。Rêve de chiens、犬の夢 ?! 

犬猫養子縁組サイト

サイトには犬、猫、イタチ、齧葉目!までいる。子猫は15匹くらいで、殆どに「RESERVE/予約済み」のマーク。
「子猫を探している人はすっごく多いから、すぐもらわれる」と電話に出た女性。
「今、出産シーズンなんで毎日見てチェックしたほうがいい」
決断する前に猫と会えるのか?と聞くと、「それは難しい。バゲラ(一列目の右端の猫)なんてまだレユニオン島にいるから」
そこまで捜索範囲を広げないと、子猫は見つからないってこと?
黒い子猫が飛行機に乗って、はるばるパリまでやってくるのを想像した。
さて猫のお値段は、
2ヶ月~1歳:280ユーロ
1歳~2歳:250ユーロ
2歳~5歳:220ユーロ
5歳以上:随意の寄付金、最低50ユーロ

猫の世界でも若いほどいいの?と一瞬憤慨したけど、人間とは訳が違う。子猫から飼ってなついてほしいよね、私だってそうだもの。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

エピナルの美術学校から一次審査に受かった通知がきた。フルネームはEcole Superieure d'Art d'Epinal。
「すごい田舎」「死ぬほど退屈」と脅かされていた町で、娘は筆記試験と面接を受ける。
エピナルまではナンシー乗り換えで3時間。試験は朝8時からなので、前の晩は泊りだ。数少ないホテルから学校に近そうなHotel Azurを取る。ヴォージュの山中で、何が悲しくて“紺碧ホテル”!
面接で作品を見せるので、7kgもある画板を抱えて娘は出かけていった。

翌日の昼ごろ、「帰りの電車の時間、調べてくれる?」と電話。
「だって帰りは友達が車に乗せてくれるって・・・」
「待ってたくないの、面接は16時頃終わるからその後の電車、教えて!」
「午前中はうまく行ったの?」
「まぁまぁ」
16時56分発の電車があるけど、果たして間に合うだろうか?

「間一髪で乗った!昨日3時間しか寝てないし、お昼もまともに食べてないんでボロボロ」のSMS。
休んだことのない”金曜日のサルサ”を例外的に休んで、ご飯を作った。

20時過ぎに帰ってきたボロボロの娘によると:
まず行きはナンシーから乗り換えの番線のアナウンスがなく、やっと見つけた電車はギューギューの満員で、もう一本電車を出すというアナウンス。半分くらいの乗客はそっちに移ったのはいいけど、電車は発車せず40分の遅れ。ホテルに7kgの画板を置き、友達と(幸い、娘の予備校から3人が受験している)レストラン探しに出たけど、20時すぎで道には人っ子ひとりいない。やっと見つけたビストロは誰もいなくて、主人と奥さんがトランプで遊んでいる。注文を取りに来た主人は、白いTシャツの前が汚れていて(そこで手を拭いているらしい)、その下からお腹がはみ出している。でも“今日の一皿”のエスカロップはまあまあだった。
翌朝、8時から3時間半の筆記試験:「アーティストはデジタル・テクニックをどのように利用できるか?」。
お昼を食べに外に出ようとしたら、学校の職員が「お昼を用意してあるんだけど・・・」それはご親切に!と中庭に行くと・・・朝焼いたらしく冷たいメルゲス(1人1本!)を、昨日買ったらしきパンに挟んだだけ。それを寒くて小雨の降る中、立ったままで食べた。「あんな惨めな食事は初めて!」まだお腹が空いていて、カフェに入る。

学校のサイトはアートでお洒落、なのに実物はそうじゃなかったらしい。

エピナル高等美術学校

午後は面接が16時15分まであり、7kgを担いで駅に駆けつけると切符を買う人の行列。やっと自分の番になったのが16時54分。ホームまで走って飛び乗ったと同時に扉が閉った・・・
「とにかく一刻も早く帰りたかった。あんな町に住んだら1週間で欝になる・・・」
と、すごい勢いでご飯を食べながら娘は語った。
これで“滑り止め”がなくなった。どうするのよ?

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ル・ペン父、“タオルを投げる”

「パパ、もう辞めてよ」「パパに向かって何を言う!辞めんぞ」とどっちも譲らず、どうなることか?と思われた極右FNの父(モト党首)と娘(元党首)。
ところが月曜の朝、父ジャン=マリーはあっさり「地方議会選挙の出馬を放棄した」。

「放棄する」に、France Info のニュースは「jeter l’éponge」という表現を使っていた。
「タオルを投げる」がどうして「放棄する」なのか、前から不思議に思っていた。語源は何なんだ?
Epongeと言われてすぐ浮かぶのはタオルよりスポンジだ。食器を洗うスポンジ、メイク落としのスポンジ・・・
ル・ペンお父さんが食器洗いをしていて、あまり洗うものが多くて、「もーやめた!」とスポンジを投げる=放棄する・・・なんかイメージに合わない。ましてやメイク落としのスポンジなんか・・・
で、「jeter l’éponge」の語源を調べると、ボクシング用語。コーチがリング上でタオルを投げると、ボクサーに代わって“試合をやめてくれ”の合図になる、ところから来ている。

ル・ペン父も、負けるのが見えて“タオルを投げた”というわけ?意外と引け際がいいのね。でも最後まで聞くと、
「自分の代わりの立候補者としてマリオン・マレシャル・ル・ペンしか考えられん」という条件。
マリオンはジャン=マリーの孫娘で、マリーヌの姪に当たり、若干25歳。
息子と同じ、パリⅡ大学に通っていた。「見たことあるよ」だって。

マリオン・マレシャル・ル・ペン

要するに、娘は歯が立たないので、孫娘を懐柔しようという魂胆。転んでもただでは起きない。
したがって、祖父だろうが孫だろうが、結局何も変わらない・・・どころか、祖父&孫娘VS娘、という家族抗争じゃない。
ヤダヤダ・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


「ガス室(ナチによるユダヤ人虐殺)は第二次大戦中の“ささいな出来事”だ」
という発言が物議をかもしたのは1987年。
4月2日、RMC(テレビ)で、同じセリフを蒸し返したジャン=マリー・ルペン。
「粗野な挑発」「自殺的発言!」娘でFN党首のマリーヌが激怒したのも、まあ当然だ。パパ、いい加減にしてよ!

でも父は黙らない。数日後、極右雑誌Rivarolのインタビューで、
「ペタン元帥(ヴィシー政権でドイツに協力した)を裏切り者と思ったことは一度もない」
「私たちはあらゆるレベルで移民に統治されている」(首相マニュエル・ヴァルス、パリ市長アンヌ・ヒダルゴはスペイン移民)
「ヴァルスはフランス人になってたかが30年、私は1世紀前からフランス人だ。ヴァルスのフランスへの愛着は何なんだ?あの移民がすべてを変えたかね?」
などなど言いたい放題。これにはマリーヌの(デカい)顔が引き攣った。
政治界の悪玉だった極右フロン・ナショナルを善玉に変身させようとする彼女の努力が水の泡だ。
マリーヌは父に、プロヴァンス・アルプ・コートダジュールの地方議会選挙に出るのをやめろ、さらに辞任しろと言いだした。

こんな時代もあったのにね。政治的対立に血縁関係が絡むとスゴイことになりそうだ・・・

マリーヌ&ジャン=マリー・ルペン

1972年にFNを立ち上げたジャン=マリーは今年87歳。2011年に党首を娘に譲ってからPrésident d’honneur /名誉党首の肩書き。
(早速)アンケートによるとFN支持者の67%が「もう退いたほうがいい」と答え、74%が「彼がメディアに出るのは党にとってハンディになる」
本人は辞める気も黙る気もなく「家族に裏切られるとは!」と怒っているらしい。

社会党第一書記長ジャン=クリストフ・カンバデリが、
「父ジャン=マリーの言っていることがFNなんだ。父は声を大にして言い、娘は隠そうとしているだけ」と言っていた。
これでFN弱体化?と期待したけど、逆の影響もありだ:悪玉の父を排除してFNのイメージアップ!
それを考えると、もっと失言しろ、と悪玉を応援したほうがいいかも・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

映画ザッピング:現実は小説より怖い

2013年1月、ドキュメンタリー映画監督のローラ・ポアトラスはCitizenfourというコード名の人物からメールを受け取る:NSA((National Security Agency/アメリカ国家安全保障局)が違法で行っている大掛かりな盗聴について話したい。

ローラはGuardien誌のジャーナリスト、グレン・グリーンワルドとともに香港のホテルに赴き、シチズンフォーことエドワード・スノーデンと出会う。アメリカ政府から公訴された彼は、香港に亡命していた。

スノーデン(左)とジャーナリスト、グリーンワルド
シチズン フォー/Citizen four2

NSAとCIAのIT技術者だった彼の口から、世界中の市民のコミュニケーションが、極秘に、非合法に、盗聴されていた事実が明らかになる(『アンゲラ・メルケルの携帯電話もやられてたんだ』『ほんと?! 電話してみた?』と笑っちゃうやり取りも)。

世界一の強国、アメリカを敵に回してまでスノーデンが告発を決めたのは、この”大規模な監視”が民主主義の脅威だからだ。一見控えめなこの若者の勇気、そして彼の恐怖もヒシヒシと伝わってくる:ホテルの火災警報ベルが鳴っただけでビクッとする。
職員3万人と言われるNSA。ここから睨まれたらビビるよね・・・
シチズンフォー/Citizenfour NSA
photos:allocine

スノーデンは自分で画策した「盗聴されたり暗号がバレないテク」も披露する。
スパイ小説よりサスペンスな現実・・・映画の終わりのほうで現われるオバマ大統領の顔が悪人面に見えてきた。

私のパソコンやクレジットカードの履歴を調べ、電話の会話を盗聴すれば、何を調べ、読み、誰にメールし電話し、会い、何を買ったか・・・は手に取るようにわかるだろう(それに興味を持つとしたらNSAもよっぽどヒマだ)。
私たちの個人情報は、巨大くもの巣の中にしっかり取り込まれていて、それを盗聴・盗見するシステムを考えるだけでいい・・・
ドキュメンタリー部門でアカデミー賞を取ったこの作品、今のところ日本で公開予定がないらしいのは残念、というか「どうして?」

追伸:4月6日、NYの公園にエドワード・スノーデンの銅像が現れた。

Snowden銅像

不法な設置だったので取り除かれた、その数時間後に、今度は銅像がホログラムで現れた!
民主主義を護ろうとしたスノーデンは英雄だ。

『Citizen four』
ローラ・ポアトラス監督ドキュメンタリー
1時間54分
公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


フランスで18歳になる・・・

のは、日本の20歳、成人になるということ。以前は21歳だった。若者が成熟する年齢は上がっているのに、成人年齢が下がった。考えればパラドクサルだけど、社会的理由でこうなった:18歳で働いている若者に、自分の健康保険番号や、独立した銀行口座が持てないのはおかしい。

さて、娘が18歳になった週の週末に、私たちは2日間うちから追い出されることになった。
「だって18歳は重要なお祝いなんで(うちでも“重要に”祝ったんだけどね)30人くらい呼んで盛大にやりたい」そうで、準備と本番と片付け・掃除で2日間いなくなって欲しい、と。
準備といっても若い子のパーティは食べ物は殆ど出さない(ほんとに)。それぞれご飯を食べて夜の10時頃から始まる(宴が終わるのは朝の5時頃)。飲み物(アルコール)は招待された子がたっぷり持ってくる。
じゃホストは何を準備するかというと、
*音響とフロア:家具を取り払って踊れる場所を作り、スピーカーを設置し、音楽を準備。
*家の保護:絵や花瓶やオブジェが壊れたり汚されたりしないように、地下室などに隠す。家具をビニールシートで覆う。
と、騒ぎの大きさが予想できる厳重なプロテクション。嵐の前・・・

私たちは土曜日の朝から一泊で地方にでかけた。日曜の午後、娘から電話。
「何時に帰ってくるの?」
「夜の9時半に着く電車」
「わかった」
この電話の後で「さぁかかれ!」の号令とともに大掃除が始まったと推察する。
夜、うちに着いたとき、居間の真ん中に掃除機、台所にはバケツとモップが放り出されているくらいで、一見被害はなさそうだ。
娘と兄貴が台所で何か作っている。遅く帰った親たちにご飯を作っている、と喜んだのも束の間。
「そういうことは早く言っちゃえよ」と兄貴。
「だって・・・」と突き合っている。
「何、壊したの?」「レンジ」
4つあるレンジの2つが点火しないんだと。
「だから一度には作れないの。自分たちのを先に作るからちょっと待ってて」とサーモンのグリル、ほうれん草にマッシュルーム入りリゾットを作っている。私たちは後回し。
2人して「君のレシピのリゾットは美味しい」とか「サーモンの焼き方がバッチリ」と褒めあって、世話はない。

深夜、物置部屋に入ると、物干しスタンドにかけてあった洗濯物が綺麗にたたまれていた。
「あなたが片付けてくれたの?」と聞くと、
「違うの、○×(男子)がね、酔っ払って洗濯物をたたみ始めたの。その後、パンツを頭からかぶって踊り出して・・・」
とゲラゲラ思い出し笑い。誰のパンツをかぶったか聞くのを忘れてしまった。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


マチュー、25歳、作家志望。引越し屋のバイトをしながら作品を書いて出版社に送りつけるが、「残念ながらあなたの作品は・・・」という決まり文句とともに戻ってくる。フラストレーションの日々、で始まる『Un homme idéal/理想的な男』

ある日、他界した老人のアパルトマンを片付けに行く。彼の書斎で、アルジェリア戦争中の日記を見つけ、興味をそそられる。うちに持ち帰って読み終えたマチュー、「よく書けている・・・」
彼はそれを丸ごと盗作し、「黒い刀」と題して出版社に送った。
作品はたちまち名門出版社から出てベストセラーになり、賞を取る。彗星のように現れた天才作家。

映画『Un homme ideal/理想的な男』

若い文学評論家アリス(しかも親は大富豪)を彼女にし、人生バラ色に見えたけど、長くは続かない。

映画『Un homme ideal/理想的な男』

まず次の作品が書けない。“真っ白なページ”が3年(!)続く。
そして盗作に気付いた人が現れた。
ウソをウソで隠し、追い詰められるマチュー、というサスペンスなんだけど信憑性・・・ゼロ:
-アルジェリア戦争を全然体験していないのに、日記を丸ごと盗作して誰も疑問に思わないの?
-出版社が次回作のため、たっぷり前金を払っていることになっているけど、出版不況の今日、一回ヒットを出した新人作家に前金を払うはずがないでしょ。
-刊行後、3年経って盗作に気付くなんて、反応がすごく遅くない?・・・などなど。

それでもけっこう満足して映画館を出たのはピエール・ニネイのせい?
監督の誰かが「俳優とは“見ていたい人”」と定義していた。彼は上手いし美しい。まさに“見ていたい人”。
彼は最近、コメディーフランセーズ脱団を発表した。敷居の高い劇団、もったいないような気がするけど・・・イザベル・アジャーニは今でも脱団を後悔しているそうだ。
とにかく。シナリオはウソっぽいけど、舞台になる南仏の光も心地よく、後悔しない。

『Un homme idéal』
ヤン・ゴズラン監督
ピエール・ニネイ、アナ・ジラルド主演
1時間37分、フランスで公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ