Archive

カンヌで9分半の喝采を浴びたこの作品

勤めていた工場が閉鎖され、ティエリーは失業中。あちこちに履歴書を送り、職安で研修を受け、職探しに明け暮れる。屈辱の日々。
妻と障碍児の息子の3人暮らし、失業手当500ユーロでどうやって暮していけるのか?
アパルトマンを売ったらどうか、と職安の人に言われる。それはできない。
「今まで積み重ねてきたことが全部崩れるような気がする」
そこまでは落ちられない。
失業20ヵ月後、ようやく見つけたのはハイパーの警備員だった。万引きを捕まえては尋問する・・・それはやりがいも喜びもない仕事で、ティエリーの中には澱が少しずつ溜まっていく。

カンヌ映画祭で、9分半という最長のスタンディングオヴェーションを浴びた『La loi du marché/市場の掟』。

la loi du marche/市場の掟

監督はステファン・ブリゼ。主演のヴァンサン・ランドンは最優秀男優賞を獲得した。
フィリップ・リオレの『Well come』では水泳コーチ、同じくステファン・ブリゼの『Quelques heures de printemps/春の数時間』では尊厳死を選んだ母親と暮らすムショ帰りの息子・・・この俳優は何を演じても真実味があるのがすごい。
今回も、屈辱に耐えながら、顔を上げて生きようとするティエリーになりきっている。他の出演者もリアルで、後から全員シロウト(実際のハイパーの店員や店長、職安の職員・・・)と聞いてびっくり。
私は、ヴァンサン・ランドンの出る作品は殆ど観ているファンなので、受賞のときは家族や友達から「よかったね!」と言われたほど。30年近い俳優生活で初めての賞だから、取って欲しかった。見かけによらず涙もろいのも可愛いじゃない。

ヴァンサン・ランドン カンヌ

ダルデン兄弟の『サンドラの週末』は、自分がクビにならないよう同僚を説得して歩く女性(マリオン・コティアール)の話、
ピエール・ジョリヴェの『Jamais de la vie/金輪際』は、生きがいのない孤独な毎日をアルコールで紛らわす夜警フランク(オリヴィエ・グルメ)の話。厳しい経済不況を反映した映画が最近多い。
こういう作品は、“旅”をさせてはくれないけど、人間の尊厳を踏みにじるような今の社会の一面を見せてくれる。

『La loi du marché』
ステファン・ブリゼ監督作品
1時間33分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

猫のテスト期間:あと2日

テスト期間なんてあって無きに等しい。動物は数日一緒にいれば(よほどひどい性格じゃない限り)愛着が出て、返すなんて考えられなくなる。デパートの1ヶ月間お取替え・返品可能に似ていません?買ってから考えよう、とうちに持って帰ると、もう返品できなくなる(ちょっと違うか)。
問題は先着猫タマとの相性だけど、“少し距離を置いて一緒にいる”というスタンス。時々顔を叩き合ったりしているけど、本気じゃない。
アナイスがいたときはヤンチャで能天気な若者に見えたタマが、リュリュが来て急にオジサンっぽくなった。思慮深ささえ感じられる・・・

リュリュとタマ

ご飯をやると、リュリュはまず人のお皿から食べようとする。すごい食欲。生存競争を体験したモト野良猫だものね。タマは吹いたり引っぱたいたりせず、意外と寛容に眺めている。そうガツガツしなさんな、と言いたげに。

「リュリュって女の子みたいじゃない。名前変えたら?」と娘。
白黒だから「ウシ?」
タマとウシ・・・美しくない。却下。
仮面かぶってるみたいだから「ゾロ?」
あ、それいいかも!

リュリュ

はたして1歳(人間の7歳?)で名前を変えていいものか。自分の名前を認知しているだろうか。「リュリュ!」と呼ぶと、3回に1回くらい反応する。声に反応しているだけかもしれないけど、混乱させてはいけない、とずるずるリュリュのまま。

・・・というわけで彼はうちの住人になった。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



孤独な人生の美しい最後

ロンドン郊外の役所に勤めるジョン・メイ。地味な背広に地味なネクタイ・・・印象も陰気なら彼の仕事も陰気だ:1人で死んだ人の身寄りを探し出し、お葬式に来てもらうこと。でもジョンの努力にも関わらず、お葬式の参列者は彼1人のことが多い。

ジョン自身、ひとり暮らしだ。きちんと片付いた簡素なアパート、ひとりの夕食は、ツナの缶詰、トースト、リンゴ・・・彼のマニアックな性格や、友達も娯楽もない生活がうかがえる。
夕食の後、ジョンはアルバムを取り出す。そこには結局身寄りが見つからず、一人で埋葬された人たちの写真が並んでいる。そう、彼の人生の意味は、孤独に死んでいった人の、最後のセレモニーだけでも“美しく”すること。ジョンは故人の手紙や写真を頼りに、私立探偵のように身寄りを探す。彼はこの仕事に生きがいを感じていた。

映画『Une belle vie/Still life』

身内を見つけて、お葬式に来るよう説得する。唯一の”孤独でない”時間。
映画『Une belle vie/Still life』
photos:allocine

ある日、上司がやってきて、彼の仕事は時間がかかりすぎ成果がイマイチなのでポストを閉めることになった、と告げる。
「お葬式に誰か来ようと来まいと、死んだ人にはわかりゃしない。無駄な仕事だ」
ジョンはびっくりして上司を見返す。彼は自分の仕事に意味を見出していたし、第一、これがなくなったら彼に何が残るというのだろう?
最後の仕事は、なんと彼のアパートの隣人、1人暮らしの老人だった。ジョンは今まで以上の情熱で、老人の身寄りを探す・・・
すごく地味だけど小さい宝石のような作品、『Une belle fin/美しい最後』(原題は『 Still life』)。
アンチヒーローのジョン役、エディ・マーサンがひたすら陰気でメランコリックで上手い。孤独で無味乾燥な生活は『すべての善き人のためのソナタ』の諜報員を思い出す。
この作品、日本ではかからなそうだから最後まで話したくなるけど・・・じっと我慢(ところが。読者の方から「この映画は日本で既に公開されている」と教えていただいた。ありがとうございます!)

とにかく、心に残る御伽噺に出会ったような気分で映画館を出た。
監督はイタリア人、ウベルト・パゾリーニ。英伊合作映画。
『Une belle fin』邦題は『お見送りの作法』
1時間27分。
パリではレ・アールのCine Citeなどで上映中。お急ぎを!

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

3月初め始まった美術学校の入試がまだ続いている。5校かけているのと、1次、2次試験の間隔が空いているからだ。
先週は、第一志望のストラスブルグ美術学校(通称HEAR)の筆記試験と面接が2日に渡ってあった。筆記のテーマは「忘却は創作の助けとなるか?」
なるなる!でも、その理由とか、忘れっぽくて天才的だったアーティストを準拠しなくてはいけない。「誰も思い浮かばなかったので自分のことを書いた」と娘。彼女の物忘れは桁が違うので(「今、何月だったっけ?」)書くことはあったでしょう。
ストラスブルグは車禁止の道が多く、自転車が多く「それだけで街の音が違うのよ」 へぇー。気に入ったらしい。

月曜はパリのアールデコ。「30m」の創作、面接までは突破して、第三の“ふるい”は、試験会場でテーマが出て2時間半で創作する。
試験場では、組み立てていない箱がひとつ与えられ、テーマは「Tirer un trait」断念する、絶縁するという意味。去年は「存在と不存在」だったというから、胃が痛くなるテーマが好きみたいだ。
画材は好きなものを持っていっていい。でもカッターはダメ。「アイディアが浮かばなくて絶望して手首を切ったりしないように」それを聞いて、息子が「マジかよ!」と驚いていたけど、ありえそうだ。

娘が愛用の色鉛筆はFaber –Castell 。1761年創業!

色鉛筆FaberCastell

線はロットリングがダントツだと。

ロットリング

アールデコは応用アート専攻で入る学生が多いので「3Dのすごい創作がたくさんあった」と娘。300人が同じ試験場で受けるので、隣や前の人の創作が見えるのだ。
娘はイラスト志望なので、“過去の記憶を全部押しやっている女の子”を描いたそう。
「あんなスピードで描いたのは生まれて初めて。2時間半が10分くらいに感じられた」
この創作についての面接が金曜日にあり、それが最後だ。300人から80人が合格する。
「3次まで行っただけでスゴイじゃない」と私。
近年、名門美術学校はSciences Po(パリ政治学院)より競争率が高いといわれる。違いは、シアンスポを出れば間違いなくエリートコースに乗り、美術学校を出ても食っていけないこと。すごい違いじゃない・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

猫のテスト期間その2

リュリュは2日間、ベッドの下から出てこなかった。お腹が空くと出てきて、カリカリとキャッツフードを食べ、サッサと隠れ家に帰っていく。
「つまんない」と息子。「これじゃいつまで経っても、タマとは友達になれないよ。早く2匹を対決させたほうがいい」
「少しは猫の身になってみ。会ったこともない人に、全然知らない場所に連れてこられたらどうする?安心するまで待ったほうがいい」と私。
このように過激派と慎重派が対立する中、リュリュは3日目にベッドの下から這い出してきて、外の世界を探検始めた。

Lulu

先着猫タマは、最初“何事もなかったように”生きようとしていたが、やはり3日目に、現実に直面しようと決めたらしい。リュリュのいる部屋の前をウロウロしたり、屋根づたいにやってきて窓から観察したり始めた。

私がいない間に行われた最初のご対面は、
「リュリュは仲良くなりたいのに、タマが吹いたり唸ったりして、でもリュリュはあまり怖がらない」と娘。
その晩、私はドアを開けっ放しにした。
夜中に目が覚めると、リュリュがいない。階下に探しにいくと、何気ない様子でキッチンから出てくるタマに出会った。
「リュリュ!リュリュ!」と呼んでも反応なし。私が行きかけると、タマがそそくさとキッチンに戻ってくる。怪しい。
はたして隅の椅子の前で、“見張り態勢”になった。ネズミがいるときの姿勢だ。
四つんばいになって覗くと、追い詰められたリュリュが椅子の下に隠れている。リュリュ、出ておいで!
タマが見張り場所から離れた瞬間、リュリュは椅子の下から飛び出し、電光石火、2秒後には階段の上に立っていた。あまりの速さにホログラムかと思ったほど。飽食と運動不足でお腹が床につきそうなタマに追いつけるはずもなかった。

食っちゃ寝の連続だものね・・・
Tama

この時から2匹はかくれんぼの探りあい。片方がいないと探し、出会えば緊張してぎこちない。
「ボーイ・ミーツ・ア・ガールの始まりみたい」と言うと「まさに!」と娘( !?)。
ただし、ボーイ・ミーツ・ア・ボーイなんだわ・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

傷つき、傷つけたカトリーヌ・ドヌーヴ

5月13日に幕を開けた第68回カンヌ映画祭。
オープニング作品はエマニュエル・ベルコの『La Tête haute/昂然と』(コンペティション外作品)。
カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノア・マジメル、ロッド・パラドら主演者たちがレッドカーペットの階段を上る。

左からブノア・マジメル、濃いピンクと黒の「驚くべきドレス」のドヌーヴ、監督のエマニュエル・ベルコ、建具屋の職業学校でスカウトされ、映画出演は初めてのロッド・パラド、サラ・フォレスティエ

カンヌ映画祭 2015

フランス映画界の長老、カトリーヌ・ドヌーヴはカンヌの常連だけど、見るたびにボディの厚みと幅が増すみたいで立方体ぽくなってきた・・・貫禄が増す、というべきなんだろうけど。
と思ったのは私だけではなかった。
今週のシャルリー・ヘブドの表紙:
「クロワゼットに不審な荷物!」
「間違えた!カトリーヌ・ドヌーヴだ」

シャルリー・エブド

かなりイジワルだ。
カンヌの記者会見で、外国人記者に「この表紙をどう思うか?」と聞かれ、「イジワルでも可笑しければいいわ」と軽く切り抜けた。でも内心、傷ついただろうね。

『La Tête haute』の舞台になった北フランスのダンケルクについて、ドヌーヴは
「なんて陰気な町なの!あそこでうまく行っているのはタバコとアルコールだけ」と発言(自分だってタバコとアルコールが好きじゃない・・・)
ダンケルク市長は深く傷つき「何を見ていたのか?ダンケルクの良さがわかっていない」
この“失言”について質問されると、
「ちょっとした発言が、なぜこんなに大騒ぎされるのかしら」と苦しい言い訳。
今年72歳のカトリーヌ・ドヌーヴ。失言も体重も気にならない境地に入ったのかも。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


猫のテスト期間

Seconde chance/2度目のチャンスという動物の養子縁組サイトでリュリュを見つけた。Lulu。1歳の雄猫。猫の1歳はもうアドレッサン、子猫と同じようになつくだろうか?
友人の知り合いのうちで子猫が4匹生まれた、と聞いた。写真を送ってもらったら、手の中に入る大きさで子供たちが叫ぶほど可愛い。でも乳離れするまで2ヶ月以上待たなくてはならない。子猫だと先着猫のタマがネズミと間違えて噛み付いたりしないだろうか?
リュリュはパリから車で1時間のシャンティイーだ。
子猫たちはドルドーニュ県の町にいて、パリから電車で6時間( !?)。
子猫を待つべきか、リュリュに会ってみるか・・・深く迷う。

そこへ、リュリュの代父母が(捨て猫、捨て犬は、貰い手が見つかるまで代父母のうちに預かられている)「貰い手がないとリュリュは月末ペットショップに送られる。よかったらそれまで“テスト期間”で預かりませんか?」
それは画期的!
「先着猫と上手くいかないと2匹とも不幸だし・・・」猫好きは同じことを考えるから話が早い。

Période d’essai/テスト期間とは、会社に入社して約2ヶ月、仕事や人間関係がうまくいくか試す期間のこと。この期間中は理由なく辞めたり辞めさせていい。猫もこの制度を取り入れているとは知らなかった。
日曜日、夫とシャンティイーまで出かける。
30代前半の、眉にピアス、腕のタトゥの小柄な男性と、倍くらいボリュームのある女性のカップルが迎えてくれた。
アパルトマンの居間の半分はウサギさん(1匹)の棲家、囲いの周囲を2匹の猫が歩き回っている。ウサギが猫を怖がるのかと思ったら、反対だそうだ。

リュリュ(左)と同居猫のぺガス
リュリュ/Lulu

リュリュ/Lulu

リュリュは小柄でホッソリした綺麗な猫。
「他の人間を殆ど見たことがない」ので逃げ回って、タンスの下やテレビの後ろに隠れる。今日は連れて帰れないかも、と思ったら、ピアス夫がうまいこと捕まえて籠に入れてくれた。

うちに着くと、子供たちが待ちかねていて「わー綺麗な猫」「カワイイ!」と大騒ぎ(怖がるから騒ぐなって)。
そこへタマが「ナンダナンダ、みんな集まって・・・」という顔で現れた。
「初対面!」と、緊張して見守る中、タマはリュリュの籠をを素通りして、部屋を一周すると「ふん、何もないじゃないか」と言いたげに部屋を出て行く。
「こいつ、すごいバカかも」と娘。
リュリュはすぐに家族に気に入られた。アナイスが残していった空洞を少し埋めてくれそうだ。
問題はタマと仲良くなるか、だ。なってくれ!


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

1958年。ドイツは和解の時代で、ナチの犯した殺人にも目を瞑ろうという風潮、100人あまりの元ナチの官僚は行政機関に組み込まれていた。何事もなかったように・・・。
入りたての若い判事、ヨハン・ラッドマンにはそれが我慢できない。彼は、アウシュヴィッツにいたSSを探し出し、裁判にかけようとする。

沈黙の迷宮

膨大な資料をしらみつぶしに読み、生存者の証言を聞く。気の遠くなるような作業が数年続く。

「ぎょっ、これが全部資料?!」
沈黙の迷宮

その上、
「ドイツは新しい章を始めたんだ」
「せっかく癒着した傷口をまた開くようなことをするな」
「ドイツの若者たちが、自分の父親は殺人者だったのかと疑うことになっていいのか?」
上司や周囲に反対され、脅されてもヨハンの決意は変わらなかった。
子供を人体実験に使った医師や、ガス室行きの選別をした人間をのさばらせておくわけにはいかない。

大多数が目を瞑ろう、口を閉ざそうという空気の中で、自国の汚点を明るみに出そうとした勇気と執念。
強制収容所を生き延びた人たちが証言する場面は、思わず目が熱くなる迫力だ。
そしてついに1963年、アウシュヴィッツの“執行人”たちの裁判が始まる。

『Le Labyrinthe du silence/沈黙の迷宮』。イタリア人監督Giulio Ricciarelli/ジュリオ・リッチアレリの、事実をもとにしたフィクション。初めての作品でこの完成度!
ヨハンは、現実に関わった3人の判事を1人に凝縮したそうで、演じるアレキサンダー・フェリングがすごくいい。

彼女ができたことはできたけど、会う時間があまりない。

沈黙の迷宮

5月3日、ダッハウ収容所解放70周年記念にアンゲラ・メルケルが出席した。ドイツの首相では初めてとか。
「ドイツは過去にあったことを決して忘れない」
実際に体験した世代はいなくなっても、70年が経っても、過去の“過ち”は認め、伝えていく。同じことを繰り返さないために。
「日本は過去の侵略の事実を認め、相手国が納得するまで謝罪するべきだ」という村上春樹氏のセリフを思い出した。

Le Labyrinthe du silence
Giulio Ricciarelli監督作品
2時間3分
フランスで4月29日封切り

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ