FC2ブログ
Archive

ホラーな田舎の夜

私は家族の中で最も田舎に行かない。大きな理由は運転ができないことだ。
高校を出たとき、友達の何人かが教習所に通い出したので、私も!と早速。ところが、友達がスイスイ運転しているのに、私はエンストを繰り返し、車をぶつけ、中央分離帯を乗り越えたこともあったっけ。
「なんで足元ばっかり見てるの!前を見なさい」と教官。
「だってアクセルとブレーキ間違えたら大変だから・・・」
と私的には正当な理由があったんだけどね。
10時間、教習所内で乗ったとき、教官が、
「あんた、外に出たら一日に一人轢き殺すよ」
この一言で私は「やめます!」
フランスに住むようになってから、東京の教習所が厳しかっただけで、ここならできるかも・・・と何度か思った。その度に家族が、「僕は絶対乗らない」とか「教官に賛成だ」と言うので、結局トライせず今日に至る。

夫の実家があるシャンパーニュ地方の村は、人口200人足らず。村の名前と郵便番号だけで郵便物が届く世界だ。パン屋もカフェもない。子供たちは、近くの町まで往復30kmの坂道を自転車で行くけど、その体力もなく、パンを買うのも人に依存する。ひどく不便。
村の周囲は見渡す限りのブドウ畑
田舎の家

この週末、久しぶりで行ったら「随分来なかったね」「冬はイヤだって言ってたけど(-10度くらいまで下がる)、暑くなっても来ないじゃない!」と会う人ごとに言われる。忘れられないようにもうちょっと来なくちゃ・・・

着いた晩は従兄妹夫妻がご飯を食べに来た。12時ごろ、2階の寝室に引き上げる。最近イビキのボリュームが上がった夫は階下の寝室に寝ている。「つまり2階には私ひとり」ということに気付いた。寝室の横は大きな物置で、誰も滅多に入らない。
なに怖がってるの、バカみたいと言い聞かせ、推理小説を読み始める。間もなく眠くなって本を取り落とし、スタンドを消す、と真の闇だ。この田舎村には街頭もないので、外から差し込む光がない。眠かったのがパッチリ目が覚めてしまった。
また電気をつけて本を読み出したとき、部屋のドアがぎーっとひとりでに開いた。ギョッ。
3年前にこのうちで亡くなったお義父さんがもし出るとしたら、絶対階下に出るはず。お義父さんの部屋は下だったし、危ないのは夫が寝ている部屋だ、と言い聞かせる。
私は、廊下を点検し、ドアをきっちり閉めてベッドに戻った。

しばらく本を読んでいたら、突然スタンドが消える。電球がとんだのかと、手探りで天井の電気をつけると、こっちもつかない。今日、何度か停電になったけど、夜中になるな!
もう踏んだり蹴ったり、眠るどこじゃない。
幸い懐中電灯があったので、その明かりで本を読むことにする。でも懐中電灯の明かりでできる影ってなんか不気味なのよね・・・
夜が明けて外が明るくなったら眠ればいい、と開き直ったら、いつの間にか眠っていた。

自分がこんなに怖がりとは知らなかった。また田舎に来ない理由がひとつできちゃった・・・

夫が子供の頃は、庭の右隅にある小屋がトイレだった。夜行くのが怖かったそうだ。ワカルワカル・・・
田舎の家


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
アーカイブ