Archive
管理職だった夫のサム(エドゥアール・ベール)が突然リストラに。以来サムは、息子のために作ったテントの中に立て篭もった。

2年後。貯えは底をつき、サムは相変わらずテントの中(でもテントは居間の真ん中にあり、お腹が空けば出てくるので“引き篭もり”と呼びづらい)。娘はピアノのコンクールを控えているのに、ピアノも売り払った。

妻マリー(サンドリーヌ・キベルラン)は一家4人を食べさせるのに四苦八苦。頭を絞ったサバイバル法が“お買い物サービス”。
娘は、上の階に住む老婦人のアパルトマンでピアノの練習をさせてもらっている。その代わりにスーパーで買い物をしてあげる。母親は、娘と一緒にスーパーに行き、老婦人の買い物リストと同じものを買う。先に払って出た娘がこっそりレシートを渡し、母親はレジを通らずにスーパーを出る。見咎められてもレシートを見せればいい(そういうテがあったのね!)
この作戦の弱点は、ひとり暮らしの老人の買い物なので、子供が好きなものがなく量も少ないこと。そして何より、子供を“盗み”に巻き込んでいることだ。
「ママンがやっていることは絶対しちゃだめよ」と諭したり、
「神様は全部見ているの。私たちのしていることは生きるために仕方ないと思ってるわ」と母親は支離滅裂。

娘役の女の子、不思議な美しさがあって上手い。

仏映画『Encore Heureux』

失業中でもテント暮しでも、子どもたちはパパが大好き

仏映画『Encore Heureux』

ある日、娘がピアノの練習をしている最中に、老婦人が急死した。とほぼ同時に、サムが金儲けの画期的な手段を思いついた、とテントから出てきた。一家の運命は急変する・・・

水曜に封切りになった『Encore heureux /まだ幸せ』

仏映画『Encore Heureux』

リストラ、欝、引き篭もりという重いテーマを、監督のブノア・グラファンは、奇想天外なおとぎ話に仕上げた。
信憑性はないけど役者がいい。2枚目と3枚目のキャラを使い分けるエドゥアール・ベールが、ボサボサ髪、無精ひげ、むくみ顔でクマみたい。自分の甲斐性のなさと、妻を失いたくない気持ちに-コミカルに-引き裂かれる。
ヒステリックに孤軍奮闘する母、サンドリン・キベルラン。この生活に、動かない夫にウンザリしながら、言い寄るお金持ちの男に心引かれながら、家族への愛情で繋ぎてめられている。
現実的な妻と、ファンタジーな夫(こういう男、時々いる!)。実はこのカップル、去年から実際にカップルになっている。

荒唐無稽なストーリーなのに、なぜか納得してしまう。愛情があれば何とかなる・・・

ENCORE HEUREUX

ブノア・グラファン監督作品
主演:サンドリーヌ・キベルラン、エドゥアール・ベール、ビュル・オジエ
1時間33分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
NGO(非政府組織)『Move for kids』は、内戦で孤児になった子供たちを助けるためソマリアにやってきた。リーダーのジャック・アルノーとその彼女、ボランティアの看護婦、医師、ミッションを撮影するジャーナリストがメンバー。

しかし、最初から予定通りにことが運ばない:飛行機が故障し、4X4で砂漠を横断していると、ゲリラの銃弾が飛んでくる。孤児がいると言われた村にいなかったり、5歳以下と年齢制限をしているのに、どう見ても10歳以上の子供がいたり、自分の子供を押し付けてくる母親がいたり・・・村長、ガイド、飛行機の手配人は、札束を出さないと本当のことを言ってくれない。

しかし『Move for kids』のほうも実は二枚舌だった。表向きは、孤児たちを施設で預かり、現地で教育する。実際は、養子を探しているフランスのカップルのたちのために、孤児たちを連れ帰ろうとしている。しかもカップルたちは、このミッションにお金を出している。養子縁組は受け入れ側の厳しい審査があり、縁組が決まらない前に、お金を出させることは違法だ。“子供をお金で買う”に等しくなってしまう。
その上、ソマリアには出生届がないので、書類に記されている子供の年齢を信じていいものか。年齢がわからない子もいて、歯の生え方で推定するしかない。第一、子供たちは本当に孤児なんだろうか?
そのため『Move for kids』の内部でも足並みが揃わず、口論と重苦しい沈黙が繰り返される。途中で帰っていく医師や看護婦もいた。1ヶ月の猶予がどんどん過ぎていく・・・

2007年、NGO『Arche de Zoé/ゾエの箱舟』がチャドで孤児脱出を試みた。事の結末を覚えている方もいるはず(私は忘れていた)。その事件を映画化した『les Chevaliers blancs/白い騎士たち』。

映画『Les Chevaliers blancs/白い騎士たち』

“人道的支援活動”と謳った行為の裏側、善人だか詐欺師だかわからないリーダー、ジャック(ヴァンサン・ランドンがすごく上手い。何の役をやってもハマる俳優)、アフリカの貧困、“袖の下”を払わないと動かない人々・・・などあまり知らなかった世界が描かれる。

映画『Les Chevaliers blancs/白い騎士たち』

リーダーの彼女役、ルイーズ・ブルゴワン。いつも不機嫌だけど、子供を抱くと優しい表情になる。

映画『Les Chevaliers blancs/白い騎士たち』
photos:allociné

食べ物も衛生状態も不十分で、学校にも行けない子供たちは、先進国の子供たちと違いすぎる。
お金が絡んだ“支援活動”だったかもしれないけど、やせ細った子供たちをお風呂に入れ、食事を与え、健康診断をするメンバーたちの熱意は本当だったのでは?人間はみんな黒と白の中間だから・・・
楽しい映画ではないけど、観たあとに色々残る。

les Chevaliers blancs
ジョアキム・ラフォース監督作品
主演:ヴァンサン・ランドン、ルイーズ・ブルゴワン、ヴァレリー・ドンゼル、レダ・カデブ
1時間54分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



ボウイの死、伝説の最後の章・・・

12日前の朝、目覚まし代わりのラジオをつけたら「デヴィッド・ボウイの思い出・・・」というアナウンサーの声。なんでボウイの話?どうして思い出 ??とパッチリ目が覚め、すぐ後のニュースで彼の死を知った。ウソ・・・
ガンだったなんて知らなかった。
間もなく友達から最初のメールが来た:シンジラレナイ

その日は多くのラジオが(ニュース専門のフランス・アンフォまで)一日中ボウイ特集を組み、私は一日中スマートフォンでラジオを聴き続け、涙を流した。12日前。
その後の一週間、殆どの雑誌の表紙がボウイになる。フランスにボウイファンがこんなにいたの?(私だけじゃなかったの ?!)

中でも保存版はリベラシオンの見開きの写真。新聞丸ごと『ボウイの生と死』特集

デヴィッド・ボウイ訃報

すぐに買いに行ったら、キオスクのオジサンが「来ると思ってたよ」
ちょっとシワの寄った新聞を取って「アイロンがなくてごめんね」

ル・モンドの週刊誌『M』の特集、「ボウイと私たち」

デヴィッド・ボウイ訃報

Nouvel Observateur 『L'OBS』は「ボウイのように自由」

デヴィッド・ボウイ訃報

50年のキャリア中(よく考えると私がファンになってから40年)、宇宙を漂うアンドロジニアスな姿で登場したボウイは、ソウル、80年代ポップスシンガー、かってのエキセントリックがウソのようなダンディなロックシンガー・・・と変身し、常に驚かしてくれた。1月10日の突然の死まで・・・最後の章まで彼は驚きを準備していた。
2014年の秋から死の宣告を受けていたことも、どこで-ロンドンの自宅か、病院か、NYのラファイエット・ストリートの家か-亡くなったのかも漏らされなかった。

そして遺言状のような最後のアルバム。中でもLazarus(キリストの奇跡で蘇るラザロ)、ヴィデオクリップはひどく陰鬱だけど、彼の音楽は不滅というメッセージ?
ボウイ・マニア(色々な歌手がボウイの歌をアレンジ)を買おうと思ったら、フナックは最後のアルバム以外全部売り切れだった。
フランスにこれほどボウイ・ファンがいたなんて!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ニースでタクシー運転手をしているサムソンは、ある日空港で美しい中年女性を乗せる。お互いに好感を持ち、2人は言葉を交わす。彼女は調香師でグラースに住み、娘が待つ家に帰るとこだ。家に着いたとき、お金が足りなくて「ちょっと取ってきますからコーヒーでも飲みませんか?」と彼女。サムソンはコーヒーは辞退してトイレを借りる。
その夜、彼女の娘が誘拐された。
トイレにサムソンの指紋があったことから彼に容疑がかかる・・・

フランス映画 レダ・カデブ

・・・聞くと、面白そうな予感がするでしょう?その上、主演のレダ・カテブは好きな俳優。
『ヒポクラテスの子供達』(2014)で、アルジェリア移民の孤独な医師がとても良かった。その前はジャック・オディアールの『預言者』、ウーサマ・ビンラーディン殺害ミッションを受けた特殊部隊の話『ゼロ・ダーク・サーティ』の冒頭、全裸で拷問される捕虜も彼だ。
独特の温かさと、いろいろ考えていそうな(哲学的な?)雰囲気があって、こういう友達がいたら・・・と思わせる。

批評がやけに悪いのも顧みず、この映画『Arrêtez-moi là/そこで捕まえてくれ』を観にいった。結果は・・・批評に耳を傾けておくんだった。

サムソンは“美しい中年女性”の後、酔っ払った女の子を乗せ、その子が車中で吐いた。彼は車を徹底的に掃除するはめになる。これが裏目に出て、トイレの指紋だけでなく、“誘拐の証拠を消そうとした”として(早くも!)手錠がかかる。

捜査に関わる刑事2人が無能を通り越して“クズ”なんだわ。

フランス映画 レダ・カデブ

誰でもいいから犯人を仕立てて“事件解決”にしたい。まぁどこの国にもそういう刑事はいるだろうけど、決定的なのは、誘拐事件なのに、誘拐された少女を探す、が全くスッポリぶっ飛んでいること。
弁護士がまたアホで(笑えるけど)重要な弁護ポイントをすべて無視。

フランス映画 レダ・カデブ

レダ・カデブは隅々まで上手いけど、どんな名優もこのシナリオは救えない。フランス警察と司法制度が“こんなにヒドイ”と宣伝しているような映画で、よく内務省から苦情が来なかった。ま、今、それどこじゃないだろうけど。
監督とシナリオ作家は撮影の最後になって「ヤバイ!“少女”を忘れてた」「もう時間も予算もない。このまま公開しちゃおう」ということになったのか?批評で言われるまで気付かなかったとしたら救いようがない。

レダ・カデブが好きで、結末が知りたい方はどうぞ!

Arrêtez-moi là
ジル・バニエ監督作品
主演:レダ・カデブ、レア・ドゥリュカー、ジル・コーエン
1時間34分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





本当テロと真似テロの見分け方

シャルリー・エブドからちょうど一年後の1月7日、ほぼ同じ時刻(正午)、外にいた私はけたたましいパトカーのサイレンにヒヤリとした。「また何かあったの?」
携帯のラジオをつけると果たして「18区の警察署に武装した男が侵入しようとし、警官が発砲した・・・」

肉屋の挽肉包丁を振りかざし、Goutte d'orの警察署に入ろうとしたその男は、見張りの警官が「止まれ!」「下がれ!」と繰り返しても突進してきて、警官は発砲、死亡した。男の上着から電気線のようなものが出ていて、もしかして自爆ベルト?! 爆発物処理班が呼ばれ、周囲の商店は閉り、住民は外出禁止になって、物々しい警戒網が張られたが、結局“ニセ物”と判明。

le-quartier-de-la-goutte-d-or-a-paris-le-7-janvier-2015 (560x373)

持っていた犯行声明によると、男はチュニジア人の“ジハーディスト”、タレック・ベルガセム、20歳。盗みの前科者と指紋が一致し、その時(2013年)はサラ・アリ、20歳、モロッコ出身、住居不定となっていた。さらに調べると、男は7つの名前を持ち、名前ごとにヤク密売、傷害などで捕まっている。国籍も時にシリア、しばしばモロッコ、チュニジア、グルジア・・・

写真の顔は、どうみても20歳には見えず「30はとっくに過ぎてる顔ですね」とニュースキャスター。第一、2013年に20歳で、3年後も20歳なんて・・・

jihadiste (560x315)
photo:BMFNews

警察は「性急に結論を出せない」と言いつつ、“精神異常者の単独犯行”に傾いている。
「この犯行は、今日のテロ行為が千変万化であることをよく表している」とパリ検事。つまり、複数犯でしっかり計画されたテロ行為の他に、精神異常者や、ジハードのプロパガンダに触発された人の単独犯行があるということ。
肉屋の包丁+オモチャの自爆ベルトで、大勢の警官、憲兵を出動させ18区住人を震撼とさせるなんて・・・本物だけでもたくさんなのに、いい加減にしてほしい。

追伸:30年も私に付き添ってくれたデヴィッド・ボウイ(の音楽)。最後のアルバム発売の2日後、それまで“生”にしがみついていた手を放したように亡くなった。哀しい。
先立ったファンたちにあの世で歓迎されているかも・・・ご冥福を祈ります。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

全くレベルの違う個人的なことでは、アナイスが旅たったことが一番大きな、一番哀しい出来事だった。その喪失感からまだ立ち直れていない。
数ヶ月は、アナイスが死んだ動物病院の近くを通る度に涙が出たし(いつもサングラスをバッグに入れていた!)黒い毛糸玉のような姿のないベッドにも泣けた。私の脚の上で寝ていた、ぬくもりのある重み(その体重がどんどん軽くなっていった・・・)も懐かしい。
ああ、私は重症の猫好きだ。と同時に、アナイスほどかけがえのない猫にはもう出会わないかもしれない。

5月に捨て猫アソシエーションから買ったリュリュは、可愛くてユーモラスな猫だけど、野良猫をしていたせいか、誰かになつくということがない。ご飯をくれる人なら誰でもグルグル言う。お客さんが来ていると怖がって現れない。
クリスマスに甥っ子2人が来て息子と騒いでいたときは、深夜になっても出てこなかった。男子グループにいじめられたトラウマでもあるのかな?

猫好きが知れ渡って、友達が年末に岩合光昭氏の『世界ネコ歩き』(クレヴィス)を送ってくれた。
NHK BSの人気番組の書籍化で、世界中の、あらゆる種類の猫があらゆるポーズで・・・番組が見たい。

表紙がタマに-中年太りのお腹まで-そっくり。「アンタ、密かにモデルのバイトした?」

『世界ネコ歩き』

こちらはタマ本人

タマ

もう一冊プレゼントされたのは『さよなら、ちょうじろう』(KKベストセラーズ)

『さよなら、ちょうじろう』

猫好きのイラストレーター、小泉さよさんが愛猫ちょうじろう(という重厚な名前)を看取るまでを綴った本。
イラストが可愛くて猫の表情や姿がリアルで、でも読み出したらアナイスが重なって、閉じてしまった。もう少し時間が経ったら最後まで読みます。

元気だった頃のアナイス・・・

アナイス

「リュリュ!何してるの!?」

リュリュ

さて話はガラリと変わり、11日(月)オーガニックコスメ、ドゥース・アンジュヴィンヌのカクテルをします。ロワール河のほとりで手作りされる100%植物性美容液、香りやテクスチャーをお試しになりたい方是非お越しください。私もずっといます。
招待状ご希望の方(なくてももちろん大丈夫です)は、contact@french-code.comまで。

1月11日18時~21時
Bureau de presse Isabelle Roque

4bis, Passage Landrieu 75007
メトロ:エコール・ミリテール、アルマ・マルソー

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


その日。彼女は学校に娘を迎えに行くため、いつもより早くシャルリー・エブド編集部を出た。
出るなり、数人の男に囲まれ、編集部に通じるドアのコード番号を押せ、とカラシニコフを突きつけられる。

彼女はCocoというペンネームの風刺画家。

シャルリー・エブド一年後

カメラに向かってしゃべりながら、表情は変わらないのに涙が溢れてくる。まるで彼女の意思と関係ないように、涙は溢れ続ける。
「銃声が聞こえた。確実に殺されると思った。娘には二度と会えない・・・」
奇跡的に彼女は生き延び、被害者であると同時に「彼女がコード番号を押さなかったら、12人が惨殺されることはなかった」という心無い批難も受ける。
「あの状況は、なってみないとわからない・・・」とCoco。大半の人は「自分が彼女の立場でも同じようにした」と擁護するけど、罪悪感はずっと消えないだろう。彼女の人生は変わってしまった。

1月7日のシャルリー・エブドのテロ犠牲者のオマージュとして撮られた『l’Humour à mort/命がけのユーモア』。

シャルリー・エブド一年後

ドキュメンタリーは、1月11日のフランスあげての大デモ行進で始まる。
『それまで眠っていたフランスが目覚めた・・・』ほんとうにそういう印象だった。

Cocoの他に編集部の生存者が、長い付き合いだった犠牲者たちの思い出を語る。それまでにもテロ行為や脅迫を受けていた風刺画家たちは、危険を十分感じていた・・・
カタルシスの意味で作られた作品が、11月13日の同時テロで別の意味を持ってしまった。

今週の水曜日に出るシャルリー・エブド。亡くなったシャルブ、カブ、オノレ、ウォランスキー、ティニョーと現在の風刺画家たちのデッサンを集めた記念号。いつもの2倍、36ページで同じ料金、3ユーロで100万部刷られる。
『一年後:殺人者は相変わらず逃げている』

シャルリー・エブド特別号

この表紙は出る前から論議を呼んでいる:「宗教と過激派、イスラム教とイスラム原理主義を混同している」
確かに、ふつうのイスラム教徒が偏見の目で見られ生きにくくなって、いい迷惑だ。
「シャルリー・エブドは描きたいことを描く権利がある。私は、この雑誌が憎しみのプロパガンダであると思う権利がある」
表現の自由の擁護と、シャルリー・エブドの内容に賛同するのは全く別のことなのだ。こういう意見が聞かれるようになったのは安心。

とにかく。自由に、人生を楽しんで生きたいという願望は、負の力より強いと信じつつ、みなさんの新しい年が平穏で、小さな幸せに満ちていることを願っています。
今年もどうぞよろしく!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ