Archive

永遠に別れるのにかかる時間

ベルリン。夏。サシャは仕事に出かけるため起きる。彼女は30歳そこそこ。隣のロランスはまだ眠っている。
アトリエに出かけ仕事をするサシャ。夕方、うちに向かう途中、サシャはパッタリ倒れて・・・死んでしまう。

若すぎる、突然すぎるサシャの死は、一緒に住んでいたロランスにとっても、家族にとっても受け止めがたい。
恋人が亡くなって初めて、ロランスはサシャの家族(フランス人)と近しくなる。サシャの妹ゾエは結婚して、子供が1人いた。
「ゾエの耳がサシャのと同じなのに気がついた」と友達につぶやくロランス。
「あなた、耳なんか注意してみる人だったの?」(村上春樹?)
「いや、別に・・・」

映画『Ce sentiment de l'été』

パリ。1年後の夏。ロランスはゾエに会いに行く。
サシャのことを話すのはまだ重く、2人は言葉少なに歩く。ゾエは夫と別居していることを告げる。
2人が持っている感情は、大切な人を亡くした者同士の同類愛?それとも他のもの・・・?
ゾエもロランスもその感情に名前をつけることができない。

映画『Ce sentiment de l'été』

ニューヨーク。さらに1年後の夏。ゾエがNYで働くようになったロランスに会いにくる。
ゾエは離婚したことを告げる・・・

『Ce sentiment de l'été/あの夏の感情』は、会話や沈黙、視線・・・を通して、“死別”を受け止める過程、それにかかる時間を、3回の夏を通して描いている。
映画『Ce sentiment de l'été』

これといって何も起こらず、時に退屈に感じる場面の積み重なりが、次第に形をなし、最後で意味を持ってくる。
監督はフランス人、Mikhaël Hers(ミヒャエル・ハース?)。こういうデリケートな映画、よく作れたな、と。
・・・作れたのは、ロランス役のアンダース・ダニエルセン・リーのせいかも。

この俳優を初めて見たのは、ヨアキム・トリアー監督の『オスロ、8月31日』(2011)。

映画『Oslo, le 31 août』
photos:allociné

依存症治療センターから外出許可をもらい、オスロの町で48時間を過ごすジャンキーの話。ドリュ=ラ=ロシェルの『Feu follet/ゆらめく炎』が原作で、ルイ・マルが『鬼火』で映画化している。
澄んだ目、明るい笑顔とは対照的に、頭の中は陰鬱で悲観的な青年を、それは地味に、繊細に演じたアンダース・ダニエルセン・リー。私は一度でファンになり、この作品、3回観た。

彼はノルウェイ人で37歳、本業はお医者さん(!)。楽器もいくつか弾けて、ジャズポップスのアルバムを出している。ヨアキム・トリアーの最初の作品(2006)に出た後、ノルウェイで一番セクシーな男性のランキングに入った(注目したのは私だけじゃなかった・・・)
『Ce sentiment d’été/あの夏の感情』でも「演技してないんじゃない?」と思うくらい自然で、存在感がある。
後々まで残る作品、お薦めです。

Ce sentiment de l'été
ミヒャエル・ハース監督作品
主演:アンダース・ダニセルセン・リー、ジュディット・シェムラ
1時間46分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
マイケル・ストーンは妻子のある50代の男性。『どうしたら彼らを助けられるか?』という営業マニュエルの著者だ。
このテーマで講演をするためシンシナティにやってきた。
はたから見ると、社会的にも私生活でも成功しているのに、マイケルは平凡な毎日に欝状態になっている。

突然別れた前のフィアンセを呼び出したり、息子のおみやげを買うのにセックスショップに入ったり、と奇怪な行動。
ホテルの部屋に戻った彼は孤独に押しつぶされそうになり、階の部屋を次々にノックする。

映画『ANOMALISA/アノマリザ』

たまたまドアを開けたのは、翌日の彼の講演を聞くため遠くからきた2人の女性だった。

映画『ANOMALISA/アノマリザ』

そのひとり、引っ込み思案でコンプレックスを持ったリザに、マイケルは惹かれ、自分の部屋に誘う・・・

映画『ANOMALISA/アノマリザ』
photos:allociné

マリオネットをストップモーションで撮っている。アノマリー+リザで『ANOMALISA/アノマリザ』。
なぜこういうテーマをアニメにしたんだろう?
答えは観る間にわかってくる。
マイケルを取り巻く人たち(タクシーの運転手、ホテルのボーイ・・・)がみんな同じ顔をしている。マリオネットの顔は、上半分、下半分別々に動くようになっていて、それが仮面のような、時に顔がバラバラになりそうな印象を与える。
狂気の崖っぷちにいるマイケルは、ミッシェル・ウェルベックの主人公を思わせる。
彼を取り巻く“悪夢のような”世界が、マリオネットだからこそリアルに伝わる、という不思議。
こんなの一度も観たことのない、すごい・・・

シナリオは『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』のチャーリー・カウフマンと聞いてなるほど。後者は、記憶除去手術を受けた男女(ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット)の哀しいお話だ。
『アノマリザ』は今年のアカデミー賞、最優秀アニメにノミネートされている。これが取らなきゃ誰が取る?

ANOMALISA
チャーリー・カウフマン、デューク・ジョンソン脚本・監督
1時間30分
サン・ミッシェルのMK2ODEONでまだ上映中、お急ぎを!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


エルヴィス・プレスリー

1977年8月16日の夜、悪食で知られる彼は“いつものように”アイスクリーム4スクープとチョコチップクッキー6枚を食べたと言われる。しばらくして気分が悪くなり、消化不良かと思ったら心臓麻痺だった。

エルヴィス・プレスリー

マリリン・モンロー

36歳で、睡眠薬のオーバードーズで亡くなった伝説的セックスシンボル。1962年8月5日、最後の食事はマッシュルームのファルシとドン・ペリニヨンと推測される。
彼女のイメージにピッタリすぎ、かえって信憑性がない・・・

マリリン・モンロー

クレオパトラ

彼女の死因は明らかにされていない(当たり前!)けど、古代文書によると毒物による自殺説が有力。紀元前30年8月12日、クレオパトラの最後の食事はイチジクであっただろうと。

アラ、あなただけカラーなの?

クレオパトラ

ナポレオン
1821年5月5日、サント・ヘレナ島に投獄されている間に死亡した。原因は胃がんと言われる。最後の食事はベーコン、レバー、すい臓のソテー、卵、トマトのグリルと言われる。
臓物が好きだったのね。子供の日に死んだとは知らなかった。

ジョン・レノン

1980年12月8日、自宅の前で射殺された。最後に食べたのはビーフのサンドイッチ。

ジョン・レノン

マイケル・ジャクソン
2009年6月25日に心臓停止で亡くなったポップの王様。チキンとほうれん草のサラダが最後の食事。

ウィットニー・ヒューストン

ビバリーヒルズのホテルの浴槽で死亡しているのが見つかった。2012年2月11日、彼女はルームサービスで、ハンバーガー、チキンのサンドイッチとフライドポテト、ハイネケンとシャンパーニュを注文(ひとり分?)
映画『ボディガード』は良かった・・・

ウィットニー・ヒューストン

フィリップ・シーモア・ホフマン

2014年2月2日、オーバードーズで死亡しているのが見つかった。前夜は知人達とレストランでハンバーガーを食べた。
それにしてもアメリカ人って、サンドイッチとハンバーガーしか食べないの?

フィリップ・シーモア・ホフマン

ダイアナ妃

1997年8月30日、ダイアナは愛人ドディ・アルファイドとパリのホテル・リッツに到着。マスコミの数がすごくて食事に出られずルーム・サービスでオムレツ、舌平目と野菜を取る。ドディのアパルトマンで寝る予定だったので、ホテルの裏口からメルセデスで出発。帰らぬ人となる。

このちょっと寂しげな美しさ、夏目雅子さんを思い出す。

ダイアナ妃

自殺は別として、人間、一瞬先に何が起こるかわからない。
さて今夜は何を食べようか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


養子の難しさ

2015年、フランス人が外国からに養子にとった子供、赤ちゃんは815人。国ではベトナムが筆頭で108人、コロンビア、コートジヴォアール、ロシア、ハイチ、中国と続く。

私が住む建物にも、ロシアから養子をとったシングルマザーが住んでいる。赤ちゃんのとき来たロベールは今9歳。養子は難しいと聞くし、想像に難くないけど、このロベールは学校でもうちでも全然言うことをきかないとか。頭はけっこう良さそうだけど。

中庭を荒らして夫にこっぴどく怒られたし、うちの猫を木の枝で叩こうとしたときは私が飛び上がった。公園の砂場で、他の子供たちに砂をかけて喜んでいるのを、息子が目撃した。
母親にも問題ありで、いつもヒステリックに怒鳴っている。階下に住む女性は、騒音苦情で警察に電話したことがあるといっていた。でも母親の怒りは全然効き目がないみたい。大体、ある年齢以上になった子供を叱るとき、逆上したら負けだ。
母親の怒鳴り声、ロベールがそれにに負けない迫力で泣き叫ぶのが中庭に響く。その直後に、鼻歌なんか歌っているからかなりのスゴモノだ。

用もないのにうちのベルを鳴らすのは、いくら言ってもやめない。
「オオカミが出た!っていう少年の話、知ってる?」
「知らない」
「『オオカミが出た!』って叫んで、村の人たちが助けに駆けつけて、でも毎回ウソだったの。そしたらある日、本当にオオカミが出て、助けを呼んでも誰も来てくれなかった。またウソだと思ったから」
「ふーん」
「だからむやみにベル鳴らすのやめなさい。本当に開けてほしいとき、『またイタズラだ』と思って開けてあげないわよ」
「本当に開けてほしいときって?」
「鍵を忘れてうちに入れないとか、怪しい人に追いかけられてるとか」
ロベールはちょっと考え込む顔で帰っていったけど、ベル鳴らしはやめなかった。時間のムダ。

先週またベルを5回くらい鳴らすんで、仕方なくドアを開けると、
「SPA(動物愛護教会)のために寄付を集めているので5ユーロちょうだい」
その手に乗るか。
「学校の先生が寄付を集めろっていったの?」
「そう」
「じゃ先生か学校の手紙があるでしょ」
「・・・・」
「先生のサインがある『子供たちが寄付を集めています』って手紙がないと、お金出せないわよ」
「手紙はうちにある」
「じゃ持ってきて」

手紙なんてあるわけない、一件落着、と思ったら15分後にまたベル。
「先生の手紙、いつもと違うんだ」
「違うって?」
「その・・・ちゃんとした紙じゃないってこと」
「いいから見せて」
ロベールが差し出した紙は、学校で生徒が使うレポート用紙に、すごく子供っぽい字で、
「どうぶつをたすけるのをたすけてください」と一行。その下に「ニャーオ」とサインされていた。
怒るのを忘れて吹きだしそうになった。
「ちょっと私のことバカにしてない?」
クビを横に振る。
「これを先生が書いたって、私が信じると思ったの?」
肩をすくめる。
「なんで5ユーロいるの?お母さんにもらえないの?」
「・・・・」
可笑しい“先生の手紙”を私はとっておきたかったけど、
「それ返して」とロベール。「ほかで使うから」
今度は私が「・・・・」となる番だった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


舞台は19世紀末。ジョルジュ・フーティは、田舎のサーカスでピエロをやっている。ある日、モト奴隷の黒人、ラファエルと出会い、デュオを組むことに決める。肌の色から芸名は“ショコラ”。
白人ピエロが黒人ピエロのお尻を蹴飛ばすナンバーは大当たりし、“フーティ&ショコラ”はベル・エポックのパリで有名になる。

急にお金持ちになったショコラは賭け事にはまる一方、お尻を蹴飛ばされてばかりいる役にうんざりしてくる。舞台俳優になりたいという野心・・・でも時代は黒人に対して根強い差別があった。ショコラの落下が始まる・・・
19世紀末から20世紀初頭、フランスで初めての黒人タレントとして有名になったショコラの人生が初めて描かれる『ショコラ』

オマール・シイ『ショコラ』

奴隷の子として生まれたショコラは、両親とキューバに送られた。両親は大農場から脱走し、10歳のショコラは農園に売られる。そこの主人は、馬のブラシで彼の身体をこすり“白くしよう”とした。14歳で脱走したショコラは、沖中仕、炭鉱夫、荷物運びなどを転々としてフランスにたどり着いた。そこでフーティと運命的出会いをする。

本物の”フーティ&ショコラ”、1900年のイラスト

footit et chocolat

オマール・シイ『ショコラ』

ショコラ役は、あのオマール・シイ、フーティを演じるジェームス・ティエレはチャーリー・チャプリンの孫。子供の頃、父親が運営するサーカスに出ていたのでピエロのナンバーもプロだ。そしてピエロ独特の哀しさが漂う。

オマール・シイはどうかというと、フィジカルな役者なんでサーカスの場面は、チャプリンの孫に負けない存在感。長身と真っ白な歯を見せる笑顔で観客を魅了する。
でも人生が悲劇に転じ始めると、イマイチ真実味がないというか、感動を呼ばない。明るすぎ?

カールヘアが可笑しい・・・
オマール・シイ『ショコラ』
photos:allociné

監督は俳優のロシュディ・ゼム。

夫の父親は何かドジをしたとき、「ああ、私はショコラだ」と言っていたそうだ。ショコラの死後に生まれたのに、その表現だけは残っていた。それほど有名だったってこと。
人物描写がちょっと平坦なビオピック。フーティはゲイで、ショコラに気があったことも「知っていた人はわかる」くらいにしか触れられていない。
でも、”忘れ去られていた”ショコラの運命が描かれ、当時の風俗や人種差別のひどさがわかる。そして、パリの街は、そのまま時代物の映画の舞台になるんだ、と。キャストの豪華さも見もの。

『Chocolat』
ロシュディ・ゼム監督作品
主演:オマール・シイ、ジェームス・ティエレ、オリヴィエ・グルメ、クロティルド・ヘスム
1時間50分
フランスで上映中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


「次の日曜日に右派の予備選挙があったとしたら、次の候補のうちあなたは誰を選びますか?」というアンケート。
15ヶ月後に迫った大統領選。予備選挙では、それぞれの政党からひとり、候補者を選ぶ。

2万人にアンケートした結果はご覧の通り。

仏大統領選、予備選挙


最近ヒステリー気味のサルコジを離してトップのアラン・ジュッペ。

アラン・ジュッペ

シラクが大統領だったときの首相、UMP党首、サルコジ大統領時は環境相、外務相・・・現在はボルドー市長。
経験豊か、落ち着いていて信頼できそうな人柄だ。唯一の欠点は年齢:現在70歳。
「アラン・ジュッペが予備選挙のトップになるのは、ジャンヌ・モロー(88歳)がセザール新人賞の候補になるのに等しい」なんてイジワルな発言もあるけど。

1989年、44歳だったジュッペは「75~80歳になってもやめない議員は恐怖だ」と発言したらしい。彼が大統領になれば71歳~76歳までだ。グルノーブルの商科大学で学生たちの質問に答えたとき、そのことを問われて、
「私は75歳でも80歳でもないから、まだ余裕がある。アメリカの大統領候補で、若い人の人気を集めているバーニー・サンダースは私より5歳も上だ」(実は4歳上)
「でも私は一任期しか務めない。万が一バイオテクノロジーがすごく発達して、臓器を全部取り替えられることにならない限り・・・」
最近、政界の人たちは大統領選のことしか念頭にないみたい。メディアもひっきりなしにアンケートをやっているし(日本人はこれほどアンケート好きじゃない)。

現在の左派内閣は悪評なので、どう考えても、ジュッペ、サルコジ、マリーヌ・ルペンの争いになりそうだ。それなら年齢なんかどうでもいい、ジュッペしかないじゃない・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

日本で「冬はお鍋!」のように、冬の家庭料理の代表であったポトフ。“肉と野菜を入れてコトコト煮ればひとりででできる”(実はそれほど簡単じゃないけど)料理を作る家庭が減り、レストランのメニューからも消えつつあるとか。
パリで美味しいポトフを食べれるレストランは両手で数えられるくらいしかなく、フィガロによると、1位は2区のDrouant/ドゥルーオン。ゴンクール賞が発表されるので有名なレストランだ。

ポトフ
photo:JC.Marmara/Le Figaro

しかし。ポトフは庶民的な田舎料理、白いテーブルクロスの格式ある店で食べる料理ではない、と思う。しかも20ユーロ!ウチで作ろう。

【4人分】
牛肉:1~1,2kg
砂地の人参:500g
ポワロ葱:4本
カブ:4~8個
ジャガイモ:6~8個
ブーケ・ガルニエ
*牛肉はMacreuse(マクルーズ)、 Gîte(ジット)、Paleron(パルロン)、Basses Côtes(バス・コート)などから2種類、500gずつ塊で買う。2種類入れるのは違うテクスチャー-ジットはゼラチン質があり、バス・コートは少し霜降り-を楽しむやめ。煮込み用の牛肉は1kg 12~14ユーロ。

牛肉の部位

4人で1kgも?と思われるかもしれないけど、ポトフは翌日や翌々日がより美味しい。お煮しめやすき焼きと一緒。

① それを塊のまま、クルーゼのような厚手煮込み鍋に入れ、水をヒタヒタに入れ、ポトフー用ブイヨン、ブーケ・ガルニエ(なければパセリ)を加え、中火で1~1.5時間煮る。肉と野菜を一緒に入れると、肉が柔らかくならない前に、野菜がクタクタになる。
② 少し冷めると、アクや白い脂の薄片が取りやすい。私は、ポトフの煮汁を野菜ポタージュに入れたりするので、脂は半分くらい取る。
③ 野菜はまずCarotte de sable(キャロット・ド・サーブル=砂地の人参)。普通の人参より太くて、ほっこり甘い。縦に2つに切ったりせずそのまま鍋に加え約30分。

キャロット・ド・サーブル

④ ポワロ葱と皮がオレンジ色のカブBoule d’or(ブール・ドール)、ジャガイモを入れ、ブイヨン半分と塩を足して約1時間。ジャガイモはRatte(ラット)という種類が煮崩れず美味しいけど、あまり見つからないし、小さくて皮を剝くのがめんどくさい。私はCharlotte(シャルロット)か 、皮が紫のRoseval(ロズヴァル) 。

週末にポトフを煮ていると、うち中にいい匂いが漂う。
残ったら煮返して冷蔵庫に入れ、数日後に再び。ポトフの残りをテリーヌにして出す店もあった。そこまではしないけど、冷たいままでマスタードの効いたドレッシングのサラダと食べるのも美味。お試しください。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

次は、若い大統領?女性大統領?

フランス人はアンケートが大好き。よく「〇×のアンケートに答えていただけますか?」という電話がかかってくる。
2回に1回はテーマに興味がなくて断るけど、この前は「読んでいる(観ている)メディアについて」。面白そう、とやる気になっていたら「すみません、こちら18歳~35歳対象のアンケートなので・・・」と向こうから断られた。
昨日は、「最近の政治事情について」。「今週、一番印象に残った政治的ニュースは?」「司法相クリスチャーヌ・トビラの辞職(下記参照)をどう思うか?」「2017年の大統領選、誰に投票するか?」(私は仏国籍がないので投票できないんだけ)などなど、けっこう面白かった。
その結果ではないけど、『左派の未来を代表するのは誰か?』というアンケート結果が、昨日ニュースで紹介された。
未来を代表する、つまり2017年大統領選候補ってこと。

1位:エマニュエル・マクロン 53%

次の大統領候補

2期ヴァルス内閣の経済・産業・デジタル大臣は38歳。元投資銀行家。不景気脱出のため、デパートや大型商店の日曜営業許可など掲げたマクロン法を通す。因習に囚われず、物怖じしない態度で、右派レ・レピュブリカンも“欲しい”と思う人材。2017年は早すぎるかもしれないけど、いずれ大統領になる器。彼の高校教師だった奥様は20歳年上。

2位:マニュエル・ヴァルス 47%

次の大統領候補

国会で怒鳴るのが得意で、大統領より威力を感じる。社会党の旧体制と一線を画する。53歳

3位:ベルナール・カズヌーヴ40%

次の大統領候補

2015年1月のテロ以来、メディア露出大。一糸乱れぬプレッピールック(髪は乱れようがない)で無表情。なぜか信頼感を抱かせるキャラ。

4位:クリスチャーヌ・トビラ 28%

次の大統領候補

先週一番ニュースになったのが司法相トビラの辞職。ジハードに参加するため外国に行ったフランス人の国籍を失効させる、という法案にどうしても賛同できず辞職。野党だけでなく与党からもバッシング(時に差別的に)されてもへこたれなかったけど、政治的見解の相違には“自分に忠実でいたい”と。潔い辞職で評価が上がる。
最後の日、ヴァンドーム広場にある司法省を拍手で見送られ、いつものように黄色い自転車で去っていた。
サルコジ大統領時代の司法相ラシダ・ダチは、ヴァンドーム広場の高級ブティック総ナメというスタイルだった。

5位:ナジャ・バロー=ベルカセム

次の大統領候補

モロッコ移民、父親は建築現場の労働者というサクセスストーリー。年齢(38歳)より若く見られ、何かとバッシングされるが、アクティヴに学校制度の改革、改善を進める。左派政治家の人気投票ではマクロンと1位2位を争う。

フランソワ・オランド は 22%で6位・・・

1位2位は、力量とカリスマ性もあるけど、フランス国民が政治家の世代交代を望んでいるのが明らか。
第一、フランス人の70%が「サルコジに大統領になって欲しくない」。大統領選で破れ、「政治から引退する」と宣言した人がノコノコ出てくるなんて!
先週出版されたサルコジ著書『France pour la vie』(生涯フランス)は、“当選後、大金持ちボロレのヨットでクルージングなんかしなければよかった”“農業サロンで「このロクデナシ、とっとと失せろ」なんていわなければよかった”という反省が散りばめられているそうだけど。今頃反省して、かっての支持を取り戻そうなんて・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ