Archive
地方の町に暮らすヴァンサンは、限られた世界で平凡な毎日を送っている:お父さんから受け継いだヘア・サロンで髪を切る、口うるさい母親の買い物をし一緒にご飯を食べる、太った猫の世話をする・・・パリで就職した“恋人”は、週末帰るといいつつ毎度ドタキャンが続き、半年も会っていない。

ある日、たまたま入った食料品店の女主人にヴァンサンは見覚えがあった。
「どっかで会いませんでした?」
「いいえ」

映画 『ロザリー・ブルム』

いや、絶対会っている、と確信するヴァンサンはその女性、ロザリー・ブルムを尾行し始める。
彼女は町外れの一軒家に、人目を忍ぶようにひっそり暮らしていた。

映画 『ロザリー・ブルム』

ところがそのヴァンサンもまた尾行されていた。

映画 『ロザリー・ブルム』

この“尾行する/される”がもたらす物語を、ヴァンサン、ロザリー、その姪のオード(写真上)の3人がそれぞれのヴァージョンで語る。観ているほうは、パズルが少しずつ出来上がって、絵柄が見えてくるような面白さ。
カミーユ・ジュルディ(知らなかった)のバンド・デシネが原作になっている『ロザリー・ブルム』

映画 『ロザリー・ブルム』

孤独で、勝気で、訳ありそうなロザリーを演じるノエミー・ルヴォヴスキー。人生に疲れたよう雰囲気と、相反する明るさが同居する。どんな過去を持つ?と想像力を掻きたてて上手い。
ヴァンサンはテレビのお笑いタレントとして登場したキアン・コジョンディ。母親は懐かしいアネモヌ。『サンタクロースはクズ野郎』から何十年?イジワル婆さんがピッタリ。
監督はジュリアン・ラプノー、『シラノ・ド・ベルジュラック』『ボン・ヴォヤージ』のジャン=ポール・ラプノーの息子だ。

平凡なルーティンの生活に波風を立て、ぽっと明かりを灯す人間関係。『アメリー』を思わせる、現実味ある御伽噺で、ほんわり温かくなる。お奨めです。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

初体験、シナゴーグの結婚式

うちの斜め向かいにあるシナゴーグ(ユダヤ人教会)に、私は一度も入ったことがなかった。
去年1月の連続テロ以来、入り口には、銃をかまえた兵士が4-5人立っている。その隣が小学校なので、子供を迎えに来る親たちが、兵士にお菓子の差し入れなどしている。

日曜日にはよく結婚式をやっていて、花を飾った、長さが2倍くらいあるロールスロイス(だと思う)がけたたましいクラクションを鳴らして道を占領する。朝市の帰りに、結婚式にぶつかり、着飾った人たちを観察することはあった。

もう10年近いつき合いの、経理士のセルジュは信心深いユダヤ人。一緒にご飯を食べるとき、カシェール(儀式に従って屠殺された清浄な肉)だけ、甲殻類も「清浄じゃない」と食べない。私が海老をパクパク食べるのを、気味悪そうに見ている。
この前に会ったら、なんだかほっそりしていた。
「6kg痩せた」
「どーして?」
「娘が結婚するから」
「どうしてあなたが痩せるの?」
「だって娘に付き添って歩くのは僕だもの」
なるほど。「そうだ、君にも絶対来て欲しい」と招待状をもらったのだ。

兵士の横をすり抜け、バッグの中身をチェックされて中に入ると、聖堂の扉の前に人がたむろしている。入るべきか待つべきか・・・何しろ初めてなんで全然わからん。そこへ、教会の職員が出てきて、「花嫁が入場するから道を空けて!」
そして、コチコチに緊張したセルジュと、満面の笑みを浮かべた花嫁が現れた。セルジュが目で「中に入れ」と合図するので、聖堂に入って座ると、何人かの人がジロリと私を見る。見回すと、右側は男性、左が女性に分かれていて、私は、白いキッパを被った男性の席に座っていた。失礼、失礼!「男女席を同じうせず」の世界なのね。

花婿が祭壇で待っていて、父親に連れられた花嫁が入場するのはカトリック教会と一緒

シナゴーグ結婚式

その後、ラビ(ユダヤ教区の長)が2人、祝福の演説をした。カトリックの結婚式よりくだけた、親密な感じだ。
1872年に建てられたシナゴーグはなるほど美しい。

シナゴーグ結婚式

シナゴーグ結婚式

式の終わりのほうで、中年の女性が入ってきて私の横に座った。大幅に遅れて来る人がいるものだ、と思っていたら、その女性、花嫁・花婿を見て「やだ、この結婚式じゃない!」
復活祭の3連休なんで結婚式が混み合っていて、次の式に来た人だったのだ。
「あなたたち、すごく遅れているわよ」
そんなこと、私に言われても・・・
というシナゴグ、初体験だった。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





悪魔の弁護人、マリーさん

坊主頭、鋭い目つきのベルギー人Sven Mary/スヴェン・マリーが、先週金曜日に逮捕されたサラ・アブデスラムの弁護を引き受けた。11月13日のパリ同時テロ実行犯のひとり、唯一の生き残りだ。どこに弁護の余地があるんだろう、と思うけど、彼は、誰もが断るような凶悪犯を弁護することで、ベルギーでは有名人、週刊誌の表紙に載ったこともある。今回サラ・アブデスラムの弁護で世界的な有名人になるわけだ。

サラ・アブデスラムの弁護士

このマリーさん(という名前が全然似合わない)はすぐに戦略を打ち出した:私のクライアントはパリ警察に引き渡されたくないと言っている。第一、ベルギーはフランスの前に“跪く”のをやめるべきだ。

さらに予審中の秘密を公表したとして、パリ検事を訴える(百何十人という死者を出したテロリストがそういうことできるの?)これはサラ・アブデスラムが逮捕直後に、「スタッド・ド・フランスを爆破するつもりだった。でも中止した」と供述したのを、パリ検事フランソワ・モランがメディアに発表したこと。

パリ同時テロがブリュッセル近郊で何年も前から準備されていたのを、ベルギー警察が気付かなかったことで批難されている。その報復・・・
批難といえば、ドナルド・トランプは「ベルギー警察がサラ・アブデスラムを拷問していれば、ブリュッセル同時テロは避けられた」
この人の暴言、にも拘らずあの人気は腹が立つのを超えて恐ろしい。

マリー弁護士はサラ・アブデスラム弁護を決めてから、100通以上の罵り、脅迫メールを受け取っている。
火曜日は「テロリストの弁護をするなんて許せん」と路上で暴力を振るわれた。マリーさんは口が達者なだけではなく腕力もあって、相手を組み伏せたとか。
警察のボディガードは断ったけど、さすがに「同僚に迷惑をかけたくない」と弁護士事務所を一時閉めた。

木曜日、彼は戦略を変え「クライアントは一日も早くフランスに護送されたがっている」。
表向きの理由は「フランス警察に釈明したい」。3ヶ月後と言われていた引渡しがグンと早まり、4月はじめにサラ・アブデスラムはパリに連れてこられる。戦略変更の本当の理由は何なんだろう?

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




猫、春を探す

うちのアパルトマンは建物の地上階にあるので、エレベーターを待ったり階段を使わずに済むから出やすい。ということは、入りやすい。つまりドロボーにとって入りやすい。現に数回入られた。

もうひとつの難点は太陽の光が入らないこと。それでも春分の日が近くなると、午前中、床に陽だまりができる。

あ、春になった!と私たちより先に気づくのが猫たち。

猫のリュリュ

この陽だまりが日ごとに大きくなっていく。今はまだこのサイズ・・・
どいたどいた!ぼくの番

猫のタマ

タマはここにも陽だまりをゲット

猫のタマ

「ここもあったかい」「リュリュ、花瓶倒したら怒るよ!」

猫のリュリュ

地上階は猫たちにとっても“外出しやすい”。娘曰く「しつけのいい」タマは、外で用足しをする習慣だけど、風の冷たさにすぐ駆け戻ってくる。
春までもう少し・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

この部屋が“全世界”だった『Room』

ジョイはまだ眠っている息子のジャックに囁く。「今日であなたは5歳よ」
2人でバースデイケーキを焼く。何をするのも一緒の母と息子・・・なぜなら2人の世界はこの部屋だけだ。
狭い空間で、2人は体操し、ご飯を作り、洗濯し・・・頭がおかしくならないように“生活”しようとしている。

映画『ルーム/Room』

映画『ルーム/Room』

ジョイを誘拐した男、ニックは毎晩、部屋に来て彼女を強姦する。ジャックはその“結果”だ。
ある日、2人はついに脱走する。
しかし、ジョイが予想したように“自由になったら普通の生活ができて幸せになれる”わけではなかった。

恐ろしくリアル、息詰まる心理ホラー『Room』。

映画『ルーム/Room』
photos:allociné

リアルなのは、この作品がエマ・ドナヒューの同名小説の映画化で、小説はオーストリアで実際にあった2つの事件を元にして書かれている。そのひとつは『フリッツル事件(オーストリアの実娘監禁事件):ヨーゼフ・フリッツル(1935年生まれ)が、実の娘エリザベート(1966年生まれ)を24年間、自宅の地下室に監禁し、肉体的・性的暴力を加え、7人子供を産ませた。ヨーゼフ自ら改造した地下室は妻もその存在を知らず、エリザベートの失踪届けを出していた。
2008年、エリザベートの長女が病気で意識を失い、ヨーゼフが病院に連れていくことを承諾したことから、この犯罪が明るみに出る。
もうひとつ、やはり誘拐され、8年間自然光の入らない地下室に監禁されたオーストリア女性の事件を組み合わせ、後はエマ・ドナヒューの想像力で『Room』が生まれる。
女性を幽閉して強姦する“病人”、それも何年、何十年と隠しおおせるなんて・・・想像しただけで息が詰まりそうだ。

彼女が描きたかったのは“捕らわれの身”、そして24時間一緒で、逃げ道も隠れ場もない母と子の関係:憎しみ、支配、保護の欲動、そして純な愛情・・・
この共生関係を説得力ある演技で見せたブリー・ラーソン(ジョイ役)にオスカー最優秀女優賞(当然の受賞!)。ジャック役のジェイコブ・トレンブリーもびっくりするくらい上手く、見とれるほど美しい。

Room
レニー・エイブラハムソン監督
主演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブリー
1時間58分
フランスで公開中
日本公開は4月8日

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




9日の水曜日、主催者発表で50万人、警察の数字は22万4000人の全国デモ。主旨は労働法の改正案に反対。

パリ、レピュブリック広場

労働法改正案反対デモ、パリ

デモには大学生・高校生も目立った。

労働法改正案反対デモ

2日後、ヴァルス首相は学生組合代表と話し合いをするが、学生側は法案の撤回を求めて平行線・・・
確かに労働法改正は、これから社会に出て行く学生たちに最も関わる。でも高校生が法律改正案に反対デモなんて、日本じゃ考えられない。私が高校生のとき、法律なんて別世界の出来事だった。

デモで意思表示をすることがインパクトを持つ(オランド大統領&ヴァルス首相が改正案の改正に頭をひねっているというから)・・・よく考えると、これが民主主義ではないかと。そして、国民が不満を持っていても諦めてはいない、ということ。

ところで、労働法改正案とは、何を改正しようとしているのか?

〇徒弟(見習い)の労働時間
現在、18歳以下の徒弟(古い言葉!)は、一日8時間、週35時間以上働かせてはいけない。労働基準監督官と医師が特別認めた場合だけ、一日10時間、週40時間まで延長できる。

労働法改正案では、労働基準監督官と医師の許可が必要なくなる。労働時間は改正前と同じ。

*フランスの職業学校の多くは、仕事の現場での“実践”と学校で勉強する“理論”を組み合わせている。例えば、2週間学校、2週間見習い。

〇社員の労働時間
現在、一日10時間を越えてはいけない。会社の仕事増大の折、『一時的に』12時間まで働いていい。

改正案では、『一時的』が削除され、恒久的に10時間以上働かせていい。サラリーマンは拒否できない。

〇残業手当
現在、原則的に、残業手当は最初の8時間+25%、それ以上は+50%支払われる。が、会社と社員間の合意で、最低+10%まで下げられる。残業手当は年内に支払われなければならない。

改正案では、会社は社員の合意なく、残業手当を+10%まで下げられる。残業手当は3年以内に支払われればいい。

〇解雇保証金
現在、不当に解雇された会社員は、解雇保証金に加えて、プリュドム(解雇による係争の裁判所)の保証金(最低6か月分の給料)を得ることができる。

改正案では、解雇保証金は変わらないが、プリュドム保証金に上限が設けられる。

〇雇用者側:CDDの税金値上げ

CDD(セーデーデー)、CDI(セーデーイー)は日常の会話でよく聞かれる言葉。前者は、期間限定、後者は期間不確定の雇用契約。
現在、不況を反映して、契約の80%がセーデーデー。つまり「あと〇ヶ月後に契約が終わる。その後は仕事がない」という不安定な社員が多い。

改正案では、CDIを増やすため、雇用者が払うCDDの税金を高くする。
・・・が主旨。

就業時間をちょっとでも長くしようとすると大騒ぎになる。この国で、仕事は美徳ではではなく、遊び、余暇は同じくらい大切、は私も賛成だけど、かってない不況の時代。ひとりひとりがそのあおりを受け入れててもいい、という気もする。
ただ法律で決まってしまうと、後で変えるのが大変だしねぇ・・・
いずれにせよ、組合側は月末にまたデモを予定している。

同じ日にSNCF、RATPなど鉄道関係も間引き運転のストをしたけど、これは改正案とか関係なく、いつもの賃上げ要求だった。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





あれから一年・・・

「今日、何の日だか知ってる?」と家族に聞いたら、
みんな「知らない・・・」
アナイスのお命日じゃない !! 涙が枯れるほど泣いた日を、どうして忘れられる?
「えー、もう1年になるの」と娘。
私にはもっと時間が経ったような気がするけど。
今でもあの黒猫のことは私にとって「デリケートな話題」になっている。

アナイス

アナイスが死んで2ヵ月後に、リュリュがやってきた。
動物愛護施設に拾われた捨て猫で、1歳という年齢に引っかかったけど、ゾロのような顔、可愛すぎて年齢はぶっとんだ。

リュリュ

10ヶ月前、いずれリュリュがアナイスやタマのようになつくであろうと、私の首に抱きついてグルグル言う日が来るであろうと期待していたけど・・・
やっぱり生後2-3ヶ月で引き取らないとダメなのかな。それとも性格?
リュリュは絶対だれにも抱かれない(最高5秒)、食べものをもらう時しかグルグル言わない、人間と一緒に寝ようとしない(どこで寝ているか不明)・・・つまんない!

こういう図には絶対ならない。

タマ

「3匹目を飼う」と言いだして、家族の反対に合う。
「リュリュがいじめる危険がある」と娘。確かにリュリュは闘争心強そうだ。
「3匹目もなつかなかったらどーする?」と息子。
そんな・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




失業中、妻と別居中のエディは持て余す時間を、アルコールで紛らしている。
ある晩、バーで女の子をくどいた後、数人の男達に囲まれメチャクチャ殴られる。病院で目を覚ますと妻と息子が付き添っていた。

警察から被疑者に見覚えがあるか聞かれ、並んだ男達の中から、エディはアメッドを指差す。職安で会った“虫の好かない”アラブ系の男は、理想の容疑者だった。

映画『je ne suis pas un salaud』

エディは暴漢たちを相手に戦って負傷した、ちょっとしたヒーロー。再び妻子と暮らし始め、妻の働く家具・インテリアチェーンで仕事にありつく。
アメッドは無実を主張するが、エディはもう後戻りできない。この事件の“お陰で”得たものを手放せない。でも呵責は、エディを日に日に蝕んでいく・・・

映画『je ne suis pas un salaud』

エディ役のニコラ・デュヴォシェルは『Polisse/パリ警視庁、未成年保護部隊』で負傷する刑事、日本未公開『Pour une femme/ひとりの女のために』は兄貴の奥さんを好きになる帰還兵・・・と、影のある2枚目が多かった。この『Je ne suis pas un salaud/オレは卑劣な男じゃない』では 卑劣ですさんだ“汚れ役”。自分の弱さとフラストレーションをお酒で紛らし、実は幸福な家庭生活を望んでいるのに、逆方向に突き進んでいく男になりきっている。
監督のエマニュエル・ファンキエルはエディをしばしば鏡やガラス窓を通して撮っている。それが彼の疎外感、社会から受け入れられていない感覚と重なる。

愛情は残っているけど、エディに危険を感じる奥さん、メラニー・ティエリーも上手い。

映画『je ne suis pas un salaud』
photos:allociné
主役の2人はすごくいいけど、ストーリー自体は、新聞の三面記事を読んだような後味を残す。この作品が現在のフランスの一面を描いているから?その一面は暗い。
ニコラ・デュヴォシェルが好きな私は、観てよかったけど。
彼はリュディヴィーヌ・サニエとの間に娘を儲けて別れ、ローラ・イサーズという女性との間に娘ができて、また別れ、目下、モデルのアヌーシュカ・アルシフと一緒に暮している。35歳だから遍歴はまだまだ続きそう・・・

Je ne suis pas un salaud
エマニュエル・フィンキエル監督作品
主演:ニコラ・デュヴォシェル、メラニー・ティエリー
1時間50分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

すっかりオイル漬けの理由

ずっと化粧水かセラム→クリームのケアが主流だったとこへ、ここ数年、色々なコスメブランドがオイルを出し、『神々しいオイル』とか『驚異的なオイル』という名前をつけて競っている。なぜ今、オイルが人気なんでしょうね・・・

一番古いケア
紀元前6000年、エジプトの女王、ネフェルティティやクレオパトラが既に使っていた、ということは太古の昔から肌への効用が証明されている。古代ローマの博物学者、大プリニウスは、アーモンドオイルがシワを防ぐと絶賛していた。
近代では1920年代にヴェレダがマッサージオイル、50年代半ばにルネ・フュルテレールがヘアオイルを出した。その後、しばらくクリームの全盛期が続く。

少量&簡単
湿った肌に3滴で十分、というふれ込み。顔の面積にもよるだろうが、使ってみるとなるほど数滴で顔中をカバー。肌が薄い膜に包まれたような感じで、その後、何もつけなくていい。めんどくさがり屋向き。遅く帰って、ローション、セラム、クリームなんかやってられるか、という時にも嬉しい簡単さ。

べたつかない
最近のオイルは成分と製法の違いで、よりリキッド。ドライオイルと謳っているようにつけ心地がサラッとしている。何が違うかというと、ミネラルオイル(鉱油)を使っていない。ミネラルオイルの代表はワセリンやジョンソンのベビーオイル。毛穴を塞いでしまうそうだ。そこで植物油。クラランスは、はしばみオイル、ランコムはアプリコットオイル(アプリコットに油分があったの?)、コーダリーはブドウ種子・・・これらのオイルの脂肪酸が肌に効く。

最初は試供品で時々使っていたのが、今ではすっかりオイル漬け。
個人的には、顔、髪、ボディに使える万能オイルより、顔専門のオイルのほうがいいような気がする。
今、毎晩使っているのは、ドゥース・アンジュヴィヌのマニフィカ。加熱せず(脂肪酸が壊れない)“一番絞り”の美容液オイル。香りがよく、これ一本ですむので高めだけど経済的。

さて(大好きな)ピンきり:
Guerlain/ゲルラン オーキデ・アンペリアル
デトックス&皮膚蘇生。ウォーター層とオイル層に分かれた美容液。120ml、195ユーロ
高すぎ。

ゲルラン、オーキデ・アンペリアル

資生堂 フューチャーソリューション LX
名前の通り、エイジングケアの最新テクノロジー。75ml、150ユーロ(日本価格は税抜き15000円)
資生堂フューチャー・ソリューションLX



Body Shop オイル・オブ・ライフ
ボディ・ショップのフェイスケア。メイクを落とした後すぐ使う2層オイル。160ml、16ユーロ
ここまで安いとちょっと考える・・・
ボディ・ショップ、オイル・オブ・ライフ

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村











プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ