Archive
数年前、体重が106㎏に達した夫は、ついにダイエットを決心、フランスで有名なデュコン式を選んだ。
Dukan/デュコンという医者が広めたもので、炭水化物、脂質を取らず、タンパク質を大量に取る、プロテインダイエット。最初の1週間は、すべての炭水化物はもちろん、果物も野菜まで禁止。朝昼晩、ひたすらタンパク質だけ食べる。朝:タマゴ3個、昼:白身魚400g、夜:ステーキ2枚・・・みたいに。付け合わせがなくステーキだけ食べるなんて私にはできないけど、夫は「空腹感がなくていい」。なにしろタンパク質であれば“食べ放題”、食事と食事の間に小腹が空けば、これも食べ放題。

フランスではダイエット食品:カニかまぼこ

カニかまぼこが、こっちではSurimiという名前で売られ、シュリミと発音されている。
最初、何のことだかわからず「シュリミって何よ」「カニのスティックだよ、日本から来たんじゃないの?」

デュコン先生によるとカニのシュリミで作られた、つまりタンパク質のスティックであると。この値段(20本入り2.5ユーロ)でカニのわけないだろう。つなぎの澱粉も多いし・・・でも夫は、かにかまぼこ発祥の地から来た私の意見など聞かず、シュリミを毎日パクパク食べていた。
最近になって、このシュリミ/カニスティックは実はカニではなく、安いアラスカ・シロイトダラの粉末と澱粉、塩、砂糖、山ほどの化学調味料からできている。食べないほうがいい、という記事が出て、さすがの夫も買うのをやめた。ヤレヤレ。

魚の身30-40%(ホントかね)、ジャガイモか小麦の澱粉5-10%(もっと入ってそうな味だけど)、卵白0-10%、菜種オイル3-6%・・・

フランスではダイエット食品:カニかまぼこ

デュコン式ダイエットは、一時すごく流行って、デュコン・ブランドのシリアルや調理品がスーパーに出回り、デュコン先生はひと財産成した。でも数年後の調査で、80%の人がリバウンドして元の体重に戻っていることがわかった。その上、医師たちが、ビタミン、ミネラル不足、腎臓、心血管疾患の危険があると言い出して、最近静まっている。だってフランス人に「肉食べ放題」なんて言ったら、大変なことになる・・・夫は10㎏痩せたけど、やっぱり取り戻して、今99.7㎏。「100㎏以下だ」と自慢している。

シュリミの他にも『食べないほうがいいスーパーの食品』がいくつか出ていたけど、それはまた続きで!

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
電車に乗ってどこかに行くにはご機嫌なお天気の週末。でも行先は病院だ。
夫の従弟のジャン=ピエールが、心臓バイパス手術をしてトロアに入院している。成功率99%以上と聞いても“心臓の手術”は心配する。その上、ジャン=ピエールは麻酔から48時間覚めなかったので、家族はハラハラした。
「牛一頭を眠らせるくらいの麻酔をかけるからだ!」とジャン=ピエール、彼は120㎏ある。
「麻酔から覚めるときがすごかったね。赤や緑のライトが点滅するナイトクラブみたいなとこにいて、音楽がガンガン鳴って・・・」
「きれいな女の子に取り囲まれて?」
「・・・それはなかった」
病室に座ったジャン=ピエールは、むくみが取れて前より元気そうに見える。でも咳やくしゃみをするとすごく痛そう。胸を切っているんだもの。
食事は塩も砂糖もだめで「昼はグチャグチャに茹でたカリフラワー(味付けなし)に靴の底みたいな子牛のステーキ(同様)、食えたもんじゃない!デザートのヨーグルトだけ食べた」
普通の病人なら、「かわいそうに」と、家族や友達が食べられそうなものを持ってくるとこだけど、彼の場合は「そりゃよかった」になる。
冠動脈の閉塞も、足腰が痛くてまともに歩けないのも肥満が一番の原因だから。これまで何度もお医者さんに警告されながら、暴飲暴食をやめなかったので、いわば自業自得。
不味い病院食のおかげですでに16㎏痩せたそうだ。
「120-16=104㎏?」
100㎏近い夫が、ジャン=ピエールの横ではほっそり見えるのに。
「いや、手術前は138㎏あったんだ」
「 ・・・・」

奥さんのマリー・フランスはシャンパーニュの村から往復1時間半かけて毎日お見舞いに来ている。
「明日は、畑のブドウ(収穫真っ最中)ひと房と庭のトマトが欲しいんだって」
ワインにするブドウは糖分が低く、彼女の“庭のトマト”は塩もオリーヴオイルもなしで美味しい。田舎の人たちは美味しいものを知っている。

jp_mf - Copie

病院の廊下の壁には、俳句の仏訳が書かれていた。
「盗人に取り残されし 窓の月」良寛
訳だと「立ち去った盗人が忘れたのはひとつだけ:窓の月」

haiku

「夏河を超すうれしさよ 手に草履」与謝蕪村
サンダルだと浮かぶ情景が全然違ってくるような・・・
短い言葉が映像を結ぶ俳句。フランス語に訳すと同じ印象にならないと思うけど、病院の廊下に登場するほど人気なのはすばらしい。

haiku


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



子供の知能は母親から!

・・・ではないかと日頃から感じていたけど(!)この度、科学的に立証されたんだと。
アメリカの専門誌『Psychology Post』に発表されたとこによると、それは遺伝子の問題(そのぐらい言われなくても):女性はX染色体を2つ持っているけど男性はひとつしかない(お気の毒に)。知能はこのX染色体の中にあるという。
もうひとつ、1994年から13~22歳の子供の行動を調査した結果も、子供の知能程度は、母親の知能指数により影響される、という結果だそうだ。

子供の知能は母親から
Dorce et Gabbanaのデフィレ

フランスのお父さんはよく「うちの子供、知性は僕から、美しさは母親から受け継いだ」といい、おだてているように聞こえて実は自慢しているんだけど。娘が聞いたら「差別的発言!」と怒るであろう。

Elle.frに出た記事は「もちろん、他の要因:環境、愛情、知能の発達を刺激する遊び・・・もある」と認めつつ「女性は笑い、男性は歯ぎしりする」結果と言っている。
でも・・・よく考えると“諸刃の剣”だ。子供の成績がいいとか試験に受かったときは「ほら見ろ」と笑っていられるが、その逆の場合は、父親が「やっぱり」とほくそ笑むことに・・・
現に、子供が悪いことをしたとき、父親は「君の息子(娘)は・・・」、母親も「あなたの息子(娘)ときたら・・・」と相手のせいにするくらいだから。

せっかく科学的に立証されたけど、あまり大声で言わないほうがいいみたい。大体、自分の知能指数なんて覚えていないし。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


クラシックバレエが好きな人向きの映画?と躊躇っていたら、娘が観に行って「すごくよかった、絶対観て!」

2014年、パリ国立オペラのディレクターに就任したバンジャマン・ミルピエが、創作バレエ『Clear, Loud, Bright, Forward』を仕上げていく舞台裏を撮った『Relève : Histoire d’une création/交代:ある創作の物語』

バンジャマン・ミルピエ『Releve』

ミルピエ/Millepied・・・1000の足、運命的な名前。ニューヨーク・シティ・バレエのエトワールダンサー、コレグラフ(振付師)。
彼と16人の若いダンサーが創りあげていく40日間が「-39日」「-38日」とカレンダー式に綴られる。

現代的感性を持った若いバンジャマンは、オペラ座という歴史ある制度の“埃を掃ってくれる”と期待された。
練習中、彼は怒鳴らない、ダンサーたちの健康を心配する、振り付けは“主役”がいない、いや16人全員が主役。ヒエラルキーがない。北アフリカハーフの女子を選んだのもバンジャマンが初めて。それまでオペラ座のダンサーは白人しかありえなかった。
どれだけ練習したのか、彼らの動きは同じ人間とは思えない(なんであんなに回転できるの ?! サルサで2回まわっただけでクラクラするのに)。クラシックとモダンが共存した振り付けで、飛び、旋回し、寄り添い、交差し、絡み合うダンサーたちの美しさ。

バンジャマン・ミルピエ『Releve』

バンジャマン・ミルピエ『Releve』
photos:allociné

日が迫るにつれて、衣装、舞台装置も決めなければならない。アシスタントが「バンジャマンいる?5分前までいた?」「バンジャマン見なかった?」と追いかけ回す。時間との戦い。でも彼はいら立ちやプレッシャーを見せない。
ついにGALA講演の日が来た・・・

ご存知の方はご存知のように、バンジャマン・ミルピエは今年2月にオペラ座に辞表を出した。
(表向きの)理由は、“ディレクターの仕事にあまりにも時間を取られ、自分にとって一番大切な創作の時間がない”。でも、彼のもたらそうとした“新しい風”が、オペラ座という因習、強いヒエラルキーの世界と折り合えなかったのでは?誰でも想像すること・・・

バンジャマン・ミルピエ『Releve』

バレエ好きじゃなくても息を呑む美しさ、感動する努力と情熱。バンジャマン・ミルピエの澄んだ目、暖かい視線(奥様のナタリー・ポートマンが冒頭で一瞬現れる)・・・
下記の2映画館で上映中。お早めに!

Relève : Histoire d’une création
ティエリー・ドゥメズィエール、アルバン・トゥルレー監督、
ドキュメンタリー、2時間
パリの上映館:MK2Beaubourg、MK2Odéon

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







「死ぬ前にしたいことは・・・」

「Before I die, I want to…. 」「Avant de mourir, je voudrais…」というメッセージボードがパリのリヨン駅に現れたのは8月初め。

Before I die I want to...

Before I die I want to...

「愛する人と夢を実現したい」
「世界一周」
「世界の平和」
「億万長者」
「最後にセックスして、すぐに死ぬ」
「スカーレット・ヨハンソンにキスする」
「xxと子供を5人作る」
私が夕方通りかかったとき、ボードはもうびっしり。毎晩、SNC(国鉄)職員が消して、新しい“したいこと”に席を譲る。

Before I die I want to...

このメッセージボード、「不吉なアイディア」「特にテロがあった後に・・・」という反対派、「タブーである死について考える機会」という肯定派がいるそうだけど、恋を告白するのに利用している人(多い)、真面目に考えた人(「私のプリンスと支援活動に出かけたい」)、ふざけたメッセージ(「一度だけ電車に遅れないよう着きたい」)などなど、「死」より「夢」。不吉な感じはない。でも大胆な企画だ。
もっとも、職員が時々見に来て、猥褻、過激なものは消しているそうだ。

コンセプトはリヨン駅で発祥したものでは全然なく、Candy Changという中国系アメリカ人アーティストが考えたもの。
2011年、大切な人が亡くなったとき、彼女は近くの空き家の壁をメッセージで埋め尽くした。
「死と生について考え、個人的な願望を公開する参加式プロジェクト」とチャングさん。
今では世界70国に広がっていて、フランスではラ・ロシェル、ベルフォール、アヴィニヨンにもあるとか。

ボードの前にしばらく立ってメッセージを読んでいたら、立ち止まる人がけっこういる。
私ならなんと書くだろう?「怖さを忘れてスキーをする(骨折してから怖くてやっていない)」
前なら、「デヴィッド・ボウイとダンスを踊る」とか言いそうだ。故ミッテラン大統領は「ジュリア・ロバーツと朝食を一緒にする」が夢だったというから。
もうちょっとマシな考えは浮かばないものかね・・・と娘に話したら、「孫の顔が見たい、とか思い浮かばないの?! まったく!」
なるほど、孫の顔か。そういうのもあった。
昨日通ったら、ボードはなくなっていた。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

第一次大戦直後、ドイツの小さな村。アンナは、戦死した婚約者、フランツのお墓りを毎日欠かさない。
お墓と言っても、フランツの遺体は戦地フランスで埋葬され、中は空っぽだ。
戦地から帰ったら結婚するはずだった。身寄りのないアンナは、それ以来、フランツの両親と一緒に暮らしている。
ある日、彼女は自分以外にお墓に来て花を置いている人がいるのに気づく。その男性-フランス人-は、フランツの両親の家に訪ねてきた。フランスはドイツの敵国、ひとり息子を殺した国民には会いたくない、と父親は一度追い返すが、母親にとりなされて渋々うちに入れる。
彼、アドリアンは、フランツのパリ留学時代の友人だったといい、訥々と思い出を語る。時々言葉に詰まるような話し方は、友人の死に打ちひしがれているように見えた。
両親は涙しながらも喜び、アンナは、感受性が強く美しいアドリアンに少しずつ惹かれていく。でも物語はそんなに単純には終わらない。アドリアンは重い秘密を抱えていた・・・
フランソワ・オゾンの最新作『FRANTZ/フランツ』

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』

アドリアンは『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネイ(すごく上手い)、アンナ役のポーラ・ビアはクラシックな美しさ。

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』

フランソワ・オゾン『FRANTZ/フランツ』
photos:allociné

それだけでも絵になるけど、絡み合いすれ違う2人の気持ちが細やかに描かれ、当時の独仏の関係もわかる。“人を傷つけないための嘘”もこの映画のモチーフのひとつだ。
前作『彼は秘密の女友達』(ロマン・デュリスが女装)、『17歳』(高校生の売春)、その前は『まぼろし』(夫の死を受け入れられない妻)、『8人の女たち』(アガサ・クリスティ風の推理物をミュージカルで)・・・と色々なテーマを撮ってきたオゾン。彼の円熟期と言える、詩情とメランコリーあふれる作品。お奨め!

『FRANTZ/フランツ』
フランソワ・オゾン監督、仏独合作
主演:ピエール・ニネイ、ポーラ、ビア
1時間54分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



案ずるより易し、レーザー治療

案ずるより易し、レーザー治療
時々、左目の隅に閃光が走る。これは話に聞く網膜剥離の症状では?ヤバい。

7月末は、黒い点がチラチラした。眼科の先生に電話したら、ふつうは1か月待ちなのに「すぐ来い」と言われ、眼底検査をした。結果、
「網膜剥離じゃなくて、硝子体が落ちてるだけ」と先生。
「ハエが山ほど降ってきたら、電話して」
日本では飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれているけど、こっちでは蚊じゃなくて“ハエ”。ハエが山ほど!想像しただけでぞっとする。

今度は本物かも。電話して「閃光が・・・」今度も最後までいう必要がなかった。「すぐいらっしゃい」
瞳孔を開く目薬をさして、マダム・フィガロのモード特集を半分も読まないうちに(半分以上広告だけど)世界がぼやけてくる。
果たして「あなたが閃光が見えると言ってる場所がちょこっと剥がれてる」
翌日、レーザー治療をすることになった。
「レーザーって・・・」
「レーザーで裂けているところを焼くわけ。あまり気持ちよくないけど、痛くないよ」
「気持ちよくないって?」
「明日のお楽しみ!」

翌朝、医院に行くと「いらしゃーい」と先生。「お金、先に払ってね。200ユーロ」
この先生に会うたび、奥田英朗の伊良部先生を思い出す。小柄でぽっちゃり、いつも上機嫌で、口が悪い。
待合室にはレーザー治療をする女性と男性が2人待っていた。2人とも初めてじゃないらしく、網膜剥離体験談が盛り上がっている。初心者は黙って聞く。
瞳孔を開く目薬をいつもの3倍差して、200mくらい離れた別の眼科医院に行く。“伊良部先生”のとこには、レーザーを置く場所がないからだ。歩きながら網膜剥離先輩の男性が、
「来年、引退されるという噂を聞きましたけど」(ギョッ)
「そう、来年の12月」
「その後、何をされるんですか?コンサルタントとか?」(するわけないだろ)
「まさか。ゴルフ」(ほらね)

レーザーは女性、男性、私の順で、待っている間「カタカタカタ」という音が聞こえてくる。「あれがレーザーの音」と男性。
やっと私の番になって「先生は5分で済むといったけど、前の2人はずっと長かったですね」
「あの2人は前科者だから。動いちゃだめよ」
強い光が立て続けに光る。でも全然気持ち悪くはないので、予行演習かと思ったら、ちゃんと始まっていた。日本人は我慢強いのだ。
途中で、別の女医さんがのぞきに来て「うまくいってます?」
「うん!めちゃ楽しい」「???」
終わってからしばらく左目が開けられない。“伊良部先生”は一緒に帰ろうとしばらく待ってくれた。優しいとこもあるらしい。

夜、レーザー治療をしたと言ったら、「だから変な目!」と娘がゲラゲラ笑いだした。ヒドイ!少し伊良部先生を見習え!
「パソコンや携帯画面の“青い光”がよくないんだってよ。今になるわよ」という脅しも効き目がなく・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



今週ニュースに毎日登場のジェローム・カユザック。
2012-13年、エロー内閣(ヴァルスの前、オランダ大統領就任最初の内閣)の予算相だった時、彼がスイスに隠し口座を持っていることを 、デジタル新聞Mediapartがすっぱ抜いた。後日ラジオのニュース番組に出たJ・カユザックは全面的に否定、アナウンサーに「あなたの目をまっすぐ見て言います:スイスに口座は持っていない、持ったこともない」

Mediapartは、確固たる証拠がないとすっぱ抜かないので定評がある。カユザックは議会でも否定し続け、それでも2013年3月に予算相を辞任した。
一か月後、カユザックは作戦変更、「そういえば隠し口座、持ってました」と白状、社会党を追放になる。
この年、「あなたの目をまっすぐ見て」(les yeux dans les yeux)が流行語になった。

カユザックは脱税、マネーロータリングなどで軽罪裁判所送りに。予算相として、脱税防止対策の法案を準備していたというから、ほんとにふざけた話。

「脱税と戦う」だって・・・

ジェローム・カユザック

彼はもともと国立病院の外科医だった。皮膚科医のパトリシアと結婚し、植毛専門の整形クリニックを開業(そのほうが儲かるから)。キャッシュで植毛代を払わせ、ひと財産成した。

パトリシア・カユザック、彼女もスイスに隠し口座を持っていた。

パトリシア・カユザック

若い時から社会党員で、97年から本格的に政治活動を始め、ロット・エ・ギャロンヌ県の議員に当選し、社会党副書記長、そして大臣まで上昇。野心家なのは認めるけどね。

そのカユザックの裁判が月曜に始まり、初日から爆弾発言:スイスの隠し口座はミッシェル・ロカールの政治運動資金のため開いた。
ミッテラン大統領時の首相だったミッシェル・ロカールは、カユザックの師であり、助言者だった。今年7月に他界している。
裁判官はこの供述を信じないし、ミッシェル・ロカールの側近だった政治家たちは、
「途方もないウソ、ロカール氏が亡くなって間もないというのに」
「当時カユザックは全く知られていなかった。誰が彼にそんなことを頼む?」。
オオカミ少年のウソは有名だ。それにしても、亡くなって何も言えない自分の恩師を、逃げ口実に引っ張りだすなんて!卑劣だ。
「吐き気がする」とヴァルス首相。するする!実刑判決が下るべきだ。

話は全然違って、エル・オンライン掲載の、私にとって「パリジェンヌとは何か?」です。どう思われますか?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ENA (エリート官僚養成学校) に進もうとしている良家の息子、パリ郊外に住む学生や失業中の男女・・・社会的カテゴリーも人種(フランス、アラブ、アフリカ)も様々な若者グループ。RERやメトロで移動する彼らの行動をカメラは分刻みで追う。時刻が画面に出る物々しさ。彼らは、単独か2人組で警備の厳重な建物に入り込み、爆弾を仕掛ける。携帯電話をゴミ箱に捨てる。

ベルトラン・ボネロ『Nocturama/ノクチュラマ』

予定の時刻、内務省、銀行、デファンスの企業ビル、証券取引所広場に並んだ車が爆発炎上。同時多発テロだ。

テロ後、犯人グループは深夜のデパートに隠れ、夜が明けるのを待つ。薄明りの中に佇むマネキンたち、美しくディスプレイされた高級品、家具やベッド・・・消費社会のメタフォールは磁気のように彼らを吸い寄せる。彼らの標的は“消費社会”だったはずなのに・・・ブランド物の服を試し、高価なワインを開け、音質のいいオーディオをつけ踊る。

ベルトラン・ボネロ『Nocturama/ノクチュラマ』

ベルトラン・ボネロ『Nocturama/ノクチュラマ』

ベルトラン・ボネロの『Nocturama/ノクチュラマ』。

ベルトラン・ボネロ『Nocturama/ノクチュラマ』

シナリオはシャルリー・エブドのテロ前に書かれたそうだけど、その後に起こったことでこの作品の観方は変わってくる。
それはともかく。接点がなさそうに見える若者たちが、どうやって出会い、どういう過程を経てテロ行為に至るのか語られない。犯人たちが緊張した顔で、ひたすらパリの中を移動するだけの前半は恐ろしく長い。

デパートに逃げ込んだ後半はまだ許せる。壁に並んだテレビが映し出す爆発場面。「僕たちがやったんだ!」という高揚から、次第に恐怖に変わってくる。「僕たち、捕まって殺されるんだろうか?」
テロ前・テロ後の映像はあるものの、薄っぺら、空虚だ。
結局、何が言いたかったわけ?現代の若者の絶望?その表現?(若者たちが怒るよ!)

この作品のタイトルは最初『Paris est une fête』(ヘミングウェイのエッセイから『パリは祝祭日』)に決まっていたけど、2015年11月13日の同時テロ以来、パリ市のスローガンになったので変更。

ボネロさん、『メゾン ある娼館の記憶/l’Apollonide : souvenirs de la maison close』(2011)『Saint Laurent』(2014)はよかったのにね。不可解なのは、ル・モンド、Télérama、Inrockなど、いつもは同感できるメディアの批評がいいこと。それで観ちゃったわけだけど。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



フランソワ・オランドが見つけ、可愛がり、育てた、と思っていたエマニュエル・マクロン。
2012年大統領選を控えたある日、ミッシェル・サパン(現財務相)に連れられて朝食会に現れたこの若者にフランソワ・オランドは目を留める。パリ政治学院、グランゼコールのエリートコースを進み、会計検査官を経て投資銀行Rothschild&Cieに入りトップまで上り(200万ユーロ稼ぎ)、私生活では24歳年上の高校教師との愛を貫いた、北仏アミアン出身の“天才児”マクロン。

エマニュエル・マクロン

頭の回転の速さ、物おじしない態度、いつもにこやかで感じいい。間もなく大統領になったオランドは34歳のマクロンを大統領の官房秘書に据え、G20、G8、欧州評議会などに連れて行った。彼の若さ、リベラルな考え方がますます気に入ったオランドは、2年後、2014年に経済相に据えた。シンデレラ・ボーイ・・・

経済相になったマクロンは最初はおとなしくしていたけど、「若いフランス人は億万長者になりたいという欲望を持つべき」「伝統的な左派の考え方では現実に対応できない」など、ちょこっと挟む一言に、伝統左派はいら立つ。そのツケが回ってきたのは『マクロン法』の可決。日曜営業や長距離バスの自由化で経済活性化しようという法案は社会党内にも反対者がいて、ヴァスル首相は共和国憲法49.3を行使して、評決なしに通さずをえなかった。
自分の利益のために“可愛がった”のに、マクロンは、だんだんオランド大統領の手に負えなくなってくる。そして今年4月、マクロンは“左派でも右派でもない”政治運動En marche !(進行!)を発足。現役大臣としては前代未聞、そんなことやってよかったの?
8月30日、大統領に辞任届を出す。オランドは引き留めようとしたらしいけど、政治野心に燃えて走り出したマクロンをもう誰も止めることはできない。

心配なのは、髪がこれ以上後退しないか・・・

エマニュエル・マクロン

飼い犬の手を噛まれる?
ブルータスよ、おまえもか?
「父親を“殺して”独立していくのは珍しくない」とパリ市長のアニー・ヒダルゴ。
火曜日の辞任以来、メディアはマクロンの一挙一動に注目している:果たして8か月後の大統領選挙に出馬するか?
大統領の器なのは確かだけど、早すぎる、政策がない、ちょっとナルシストすぎる気がする。サスペンス・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから20年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書2冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ