Archive

床の穴、眠れぬ夜

金塊はなかったけど、より現実的な希望は残っている:ここにマンホールがあるんで床を壊さなくてもいいのでは?
「それはワタシラにはわかんない」と建具屋さん。ごもっとも。
後でマンホールを見に来た工事主任は、いや、やっぱり床を壊さないとダメだね、とすげないお返事。2つ目の希望もはかなく消えた。
間もなく、ドリルの騒音とともに床壊しが始まる。音だけじゃなく、埃もすごかったわね。周囲の家具や本は巨大ビニールの覆いがかけられ、工事の人たちはマスクをしていたけど、してないこっちはゴホゴホ。台所まで薄っすらと埃で覆われた。

・・・音が鎮まったときは、こういうことになっていた。

travaux.jpg

その夜。どこからかカサカサ、シューシューという音。夫のイビキじゃない。
気のせい?いや聞こえる。発信地はどこ?・・・と考えるうち恐ろしい事実に気がついた:うちの中に開けられた穴は、中庭の穴と繋がっている。外にドブネズミが出たからには、同じ道を通って、より暖かく食べ物の匂いがするうちの方にやってくるのではないか?ネズミの身になって考えればいかにもやりそう・・・鳥肌が立ってくる。
唯一の安心材料は足元に寝ているタマが反応しないこと。リュリュが興奮して走り回っている気配もない。
私は階下に降りる勇気もなく、ネズミは階段を上がってはこないだろう、食べ物は台所だし。もし出たらタマとリュリュが何とかするだろう・・・と言い聞かせながら、そのうち眠ってしまった。

翌朝、職人さんたちに「ネズミに出会いませんでした?」
「 ??」
「中庭を掘り返したとき、2匹も出たんですよ、このくらいのドブネズミ」と私は両手を30㎝くらいに広げる。
職人さんたちはゲラゲラ笑いだし( ?!)、
「マダム、そりゃネズミじゃなくてウサギじゃないですか?ゲラゲラ」
「マジで、ほんとにいなかった?」
「マジでいなかったね」
ああ、今夜は安らかに眠れる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ