Archive

重くて激しい『沈黙』

日本より3週間遅れで封切りになったマーティン・スコセッシの『Silence/沈黙-サイレンス-』

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』

1633年.ポルトガルの宣教師、ロドリゲスとガルペは、彼らの師であるフェレイラ神父を探しに日本に旅立つ。キリスト教を布教するために日本に滞在したフェレイラ神父が、棄教したという噂を2人は信じられない。
密かに九州の村に辿りついた2人は、隠れキリシタンに匿われ、彼らがヒステリックなほどに告解と罪の許しを請うのに驚く。

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』

そして踏み絵を拒んだ信者たちが拷問のあげく死んでいくのを目のあたりにする。
これらの死は無駄ではないのか?神は彼らの叫びを聞かれたのか?これほど苦しんだ人々を前に神はなぜ沈黙しているのか?
揺らぐ信仰に必死でしがみつくロドリゲス。彼も捕らえられ、檻に放り込まれる。

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』
photos:allociné

日本政府にとって2人のしていることは、布教というより“植民地開拓”なのだ。既に確立している仏教を、他の宗教に取り替えようとしている狂信者なのだ。
『日本には偉大な自然以外存在しない。人間を超越するものはないのだ。キリスト教の神の概念は、日本人には理解できない』とロドリゲスはやがて気づく・・・

この映画、キリシタンの拷問や処刑のシーンがかなりショッキング。踏み絵は歴史の教科書にあったと思うけど、こんな残虐なことをしていたんだ、と。
でも考えるとユグノー戦争などヨーロッパの宗教戦争でも多くの人が虐殺されている。終わりなきパレスチナ問題、今日では、イスラム教の名のもとに殺戮を続けるジハードたち。宗教をめぐる戦いは過激だ。

スコセッシはこの作品で善悪の判断を示さず、日本人をカリカチュアもしない。
私は日本で僅か1%と言われるクリスチャンの家庭で育った。特に熱心だったおばあちゃんがこの映画を観たら何と言うだろう?
結局、信仰は自分の中にあるもの、踏み絵を踏んでも、信仰を変えることはできない、という気がした。

登場人物の中で、井上筑後守(イッセー尾形)が特に光っていた。狡猾で、ユーモアがあり、憎めない。夫もさかんに『あの俳優はすごい!』。イッセー尾形さんは『意地悪ばあさん』などテレビドラマに出演していて『長谷川町子物語』では、私が生まれる前に亡くなった祖父の勇吉役。私は見てないけど、なんか親近感。

Silence
マーティン・スコセッシ監督作品
主演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、リーアム・ニーソン、イッセー尾形、浅野忠信、窪塚洋介
2時間40分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ