Archive

田舎の週末:哀しい春景色

大酒飲みで大食漢、“節制”という言葉を知らなかった従弟のジャン=ピエール。
3-4年前からそのツケが回ってきて、糖尿、心臓、大腸がん・・・がんは無事取り除けて、お医者に40㎏痩せるように言われた:130㎏を90㎏に(身長は183㎝)
「40㎏なんて!最初からやる気をなくすじゃない。“まず10㎏”とか言えなかったの ??」
「ほんとにバカ医者!」と、奥さんのマリー・フランスと言い合ったものだけど、果たして酒量は減らず体重も変わらなかった。

あの時やめてればねぇ・・・
でも彼としては、好きなだけお酒が飲めず食べられない人生なんて、ありえなかったのかもしれない。第一職業がシャンパン造りだもの。

そして去年の暮、肝臓がんが見つかった。フランスでは一番生存率が低いと言われているガンで、それを聞いた人はみんな「ああ・・・」と絶句した。
先週、化学療法のためにトロワの病院に入院したけど、始める前に昏睡状態になってしまった。
「会うなとは言わないけどチューブだらけだし・・・いい思い出を残しておいたら?」と奥さんのマリー・フランス。
夫は会うのを躊躇っていたし、電話を切ったあと考え込んでいたら、
「会ってさよならを言いたいんでしょ?」と娘。
「うん・・・」
「じゃ行って手を握ってあげて」
「そうだね、会わないとぜったい後悔する」
と土曜日に病院に駆けつけ、目を覚まさず苦しそうに呼吸するジャン=ピエールの手を握っていた。
日曜日、パリに帰る電車に乗ったとたん、電話が鳴った。“マリー・フランス”の表示を見ただけで内容はわかっていた。

親戚の中で一番仲がよく一番近しかった。田舎に行く愉しみは、彼とマリー・フランスに会うことだった。
あんなに頑丈で陽気だった人が、なんてあっけなく死んじゃうの?
パリまでの2時間、私はぐしゃぐしゃに泣いて、検札に来た車掌さんが恐れをなしてパスするほど。ちゃんと切符持ってたのに。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ