Archive

田舎の週末:夫の“緑の手”

義父は田舎の家でよく庭仕事をしていた。子供が庭でサッカーまがいのことをしていると、「芝生が傷む」「薔薇の枝が折れる」とうるさかったもんだ。
夫にも庭仕事を教えようとしたけど、
「親父の教え方が威圧的で全然やる気にならなかった」(義父は大学の先生だった)。

ところが義父が亡くなったとたん庭仕事に目覚めた。長すぎた反抗期に終止符。
そういえば夫の妹は、父親に「魚を残すな」と言われてから、一切魚介類を拒絶。お義父さんが亡くなった後も反抗は続いている。
とにかく。夫は、薔薇を植え、リンゴの木を害虫から護り、従弟に倣って菜園まで作り、一挙にavoir la main verte(緑の手を持っている=庭仕事が上手い)になった。

トマト、イタリアンパセリ、シブレット、ミント、タイム・・・
庭の菜園の香草を摘んできて料理する従妹を羨ましいと思っていたら、それも夢ではない。
あまり期待しないでトマトを齧ったら、びっくりするほど美味しい。朝市で買う1㎏6ユーロいくらのより美味しいくらい。

田舎の庭

見かけはtomate grappeに似ているけど味は遥かにいい。

田舎の庭

「なんていう種類を植えたの?」
「知らない・・・種の袋を捨てちゃった」

左はオゼイユ(スカンポ)。酸味と苦みがクリームとよく合って、一昔前サーモンのオゼイユソースはビストロの定番だった。
オムレツに入れても美味しい。右は異常繁殖したミント。

田舎の庭

右の隅に見える小屋は昔のトイレ。「子供時代、夜トイレに行くのが怖かった」と夫。そりゃそうだ。

田舎の庭

「コスモス(手前の花)って秋に咲くんじゃなかった?」
「え、何?この花の名前?」
“花の名前を知らない男たち”の例にもれず、夫も薔薇とチューリップしか知らない。
あと桜・・・日本の桜に魅せられて、庭の隅に桜の木を植えると言い出した。
「村はずれの花屋にもう注文してある」
「なんて種類の桜?」
「“日本の桜”」
「・・・・」

ジャン=ピエールが春に亡くなって未亡人になったマリー・フランス。時々電話をしているけど、意外と落ち込んでいない。
庭仕事、家の中の整理は限りなく、ブドウ畑の手伝いに駆り出され、家族や近所の人とご飯によんだりよばれたり。
「田舎の人ってそうなんだよ。悲しんでぼーっとしてたら畑は枯れるし、生きていかなくちゃいけない」
それに村の住人たちの連帯は都会よりずっと強い。
数カ月ぶりに会ったマリー・フランスは日に焼けて元気そうだった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ