FC2ブログ
Archive

ロベールの心配

中庭を歩いてくるロベールは、新しいグレイのジョギングパンツに、グレイに赤のストライプのTシャツ。よく何日間も同じ服を着ているのに、「カッコいいじゃない!元気?」
ロベールは“カッコいい”にも反応せず、「ふーん」とうかない返事。私がドアのカギを開けて振り返ると、もういなくなっていた。

その翌日。
「アスペルガー?!」
夫が、ロベールのお母さん(義母)にばったり会ったら「検査でアスペルガー症候群とわかった、ずっと児童精神科医2人に相談していたのにどっちも見抜けなかった、ヒドイ!」という話をしたそうだ。普段は口もきかないのに、夫の出版社が子供の問題を扱ったシリーズを出しているので話す気になったらしい。

ロベールは小学生の頃から「集中できない、先生の言うことを聞かない」とお母さんが嘆いていた。私も小さい頃、同じことを言われていたから「仲間じゃない」くらいに思っていた。でも程度が違ったみたい。
去年の秋、中学校に入ってからそれが顕著になったそうだ。フランスの中学校は担任がいない、科目ごとに教室が変わる、つまり自分の机がない。つまり小学校とは急激な変化。今まで担任の先生になんとか焦点を合わせて繋ぎとめていたのが不可能になった。
「アスペルガー症候群」をウィキペディアを見ると“社会的コミュニケーションの困難”:たしかに。彼には友達がいない。
一緒に歩いていて、知らない人の持ち物に突然触ったり、挨拶されても返事をしないのは、家庭教育のせいかと思っていたら。だってお母さんがボンジュールと言っても返事をしない人だから。
“狭い興味と反復行動”:その通り。一時はお小遣い稼ぎだけに興味を持っていて、口を開けばお金の話だったのが、今はバス。時間があればバスを乗り継いであちこち行っているらしい。
“知能の遅れはない”:むしろ頭がいい子だ。
フランスではアスペルガー症候群を自閉症のひとつに分類していて、約30万人と言われる。

当面、ロベールはセラピストの付き添いつきで、今の中学を続けるそうだ。
問題の理由がわかったのを良し、とすべきか。でも前途多難。ため息が出る。あの「ふーん」は何だったんだろう?
「私も妻もロベールが好きだから、何かできることがあれば、と言っておいた」と夫。
できることねぇ・・・一緒にバスを乗り継いでパリ旅行?迷惑がられるだけか・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ