FC2ブログ
Archive

修羅場の日曜日

子供たちのゴッドファーザーやマザー、ずっと会っていなかった友人との夕食は、娘の引っ越しや、ワールドカップ(大事な試合があると息子はテレビにくぎ付け)などの難関を乗り越え、日曜日になった。

うちの家族は4人だったはずが、子供にそれぞれ彼女、彼ができて気がつくと6人になっている。
「座って食べるなら6人呼んで12人が限界。立食ならもっといける」
「立食は疲れる」と夫。
では12人。
「メニューは前もって作れるもの:2種サーモンのテリーヌ、オッソブーコ」
「ママンはチョコレート好きじゃないから、抹茶チーズケーキも作ろうか」
とデザート係の娘。おお、素晴らしい!

日曜の昼頃起きた娘は、まず“日曜日一日開いているスーパー”探しから始めた。前途多難。
午後4時。テーブルはこういう状態に。”修羅場”という言葉を思い出した。

dessert1.jpg

私の担当はもうできてるから余裕で写真なんか撮ったけど、果たして20時までに準備終わるの?
オッソブーコのカレー煮込みは大勢のときの定番。見かけはイマイチだけど実は美味しい。

osso bucco

「ギャッ、チーズケーキは一晩寝かさないとダメなの忘れてた!ごめんね」と、はかなく却下。

18時。チョコレートケーキの土台ができた。オーブンには私のテリーヌが入っているので順番待ち。娘イライラ。

dessert2.jpg

土台2つを重ね、間と周囲にチョコレートソース。

dessert3.jpg

18時半。テリーヌ完成。これを3つ作った。

terrine.jpg

息子と彼女が“手伝いに”到着。「シャワー浴びる」「着替えたい!」それは“手伝う”とは言わないよ。

予想通り20時きっかりに娘のゴッドファーザー、セルジュがマダムと到着。エプロン姿の私を見て「あら、早すぎた?」
それから他の人も到着して、アペリティフ、夕食・・・と嵐のように時は過ぎ、午前1時近く「終電!」と慌てて帰り出すまで、出来上がったケーキの全身写真を撮るのも忘れ・・・最後の一切れ!

gateau chocolat

最後のひとりは明日、娘さんがバカロレアの初日。「ちょっと迷ったけど、私がいないほうがプレッシャーが少ないだろうと思って」
正しい。貼りつかれるより、千鳥足で帰ってくる母親の方がラクに決まってる。

一緒に食べて、飲んで、たくさんしゃべって・・・ああ、楽しかった、と深夜のお風呂。話に夢中であまり食べる暇がなかった私はお腹が空いてきた・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ