FC2ブログ
Archive
汗で顔のトリコロールが半分流れ、声が枯れた息子は、昨晩8時過ぎにガールフレンドと現れ、一緒にシャンパンを飲み、また出かけて行った。

叫び過ぎ、踊りすぎ、飲み過ぎの一夜が明けると・・・メトロ駅の名前が変わっている。

Notre Dame des champs/ノートル・ダム・デ・ション→ Notre Didier Deschamp/わたしたちのディディエ・デション。

フランス勝利でメトロ駅名が変わった
photo:france bleu

若い(平均年齢25歳)選手たちのあの冷静さは、ディディエ・デションの功績が大きい。
フランス代表チームの選手として(1998年)、そして監督としてW杯優勝した3人目になった。さてあとの2人は誰?
(答えはブラジルのマリオ・ザガロ、フランツ・ベッケンバウアー)

ただ、デションは「歯をなんとかすべき」という声には同感。

ディディエ・デシャン


メトロ2番線のホームは
Charles De Gall Etoile/シャルル・ドゴール・エトワール→On a 2 étoiles/わたしたち、☆がふたつ

フランス勝利でメトロ駅名が変わった
photo:france bleu

フランス代表のユニフォームに今まで☆ひとつだったのがふたつに。息子が「買う!」と言っていたのはコレなのね。

Nikeの星ふたつユニフォーム
photo:Reuters

今日は朝からシャンゼリゼのNike前に、二つ星シャツを求める人の行列ができた。ところがNikeは本日閉店(シャンゼリゼ通り選手パレードの人出を懸念して閉めている店が多い)、二つ星は8月に発売で注文はネットのみ、というメッセージに300人余りのファンはブスっ。

Bercy/ベルシー→Bercy les bleus/ベルシー(メルシーが訛ってる)レ・ブルー

フランス勝利でメトロ駅名が変わった
photo:france bleu

ほかにもChamps Elysees Clemenceau/シャンゼリゼ・クレマンソー→Deschamps Elysees Clemenceau/デシャンゼリゼ・クレマンソー、キャプテン&ゴールキーパーのロリスを称え、Victor Hugo/ヴィクトール・ユーゴ→ Victor Hugo Lloris/ヴィクトール・ユーゴ・ロリスなど全6か所。

RATP(パリ交通公団)職員が寝ずに考えたか、準々決勝あたりから用意始めたか知らないけど、こういうアホな遊び心、大好き。でもこの改名、一日だけかも。
もし日本が勝ったら、“日本橋→日本勝ち”とかするかな?しないでしょうね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
クロアチアは手強くハラハラの95分の末、フランス勝利、20年ぶりにワールドカップ優勝!フランス中沸き返っています。
彼らの技はもちろん、これだけの期待、プレッシャーに押しつぶされず戦った選手たちに拍手!

ワールドカップ、フランス優勝
photo:europe1

さて時計を一日巻き戻し、7月14日パリ祭のパレード。
コンコルド広場で、マクロン大統領を中心に並んだ招待客たちの前で、“カルーセル”と名付けられた行進、というより舞踏が始まった。バイク、馬、人間が一糸乱れず前進し、交差し、曲線を描く。何週間も練習したとはいえ、それぞれ速度が違う3者が、どうしたらシンクロできるの!?と感心して見ていたら、憲兵の乗ったバイク2台軽く接触、1台が転倒してしまった。

パリ祭パレード
photo:francetvinfo

TF1のアナウンサーが思わず「Merde !」
バイクは重くて2人がかりで起こし、無事“舞踏”を続けたけど、転倒した憲兵はショックだったでしょうね・・・可哀そう。
「このほうが人間的といえますね」とアナウンサー。
最後に、転倒した憲兵が「ドジっちゃってすみません」という顔でマクロン大統領に微笑み、マクロンは「気にしない気にしない」と笑顔で頷き、拍手が一層大きくなった。

その後、パトロール機9機が飛び立ち、空をトリコロールに染める。これが好きな私は見とれてすぐには気づかなかったけど、左の色が違ってない?

パリ祭パレード

Twitterですぐに指摘され、「今回は、パトロール機に戦地で負傷した兵士を乗せている。彼らが流した血の象徴」という苦しい説もあったけど、実は単なる間違い。
飛行機には赤か青の色素を搭載するが、「色を積み間違えました。ごめんなさい」と空軍中佐。
人間的というよりフランス的?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ