FC2ブログ
Archive

暑すぎて停電!

おとといの夜、息子と彼のガールフレンドとご飯を食べて、おしゃべりしていたら突然真っ暗になった。
洗濯機も食洗機も使ってないし煮炊きもしてないし、なぜ停電?
携帯の明かりを頼りに-いろんなものにつまづきながら-配電盤を見に行ったら、何も落ちていない。
外に出た息子が「建物全部真っ暗だよ。でも隣の建物は明かりがついてる」
私も外に出ると、上の窓から女性が顔を出し「お宅も?」「全館停電みたいですよ」

中庭とか廊下の公共の場の電気はつくけど、タイマー なんで1分足らずで消え、すぐ闇になる。
「ローソクはあったか?」と夫。
「・・・・」
「ほら、誕生日の!」と息子。ケーキの上に立てるヤツ?あんなの何本あったって・・・。

上の階から“電気に詳しそうな”雰囲気の男性が降りてきて、夫と建物の配電盤を見に行った。でも落ちていない。
こういう停電は初めてではないけど、大概15分くらいで復旧する。今度のは30分経っても暗いまま。
詳しそうな男性がEDF(フランス電力)に電話したら「これから復旧作業して夜中の3時ごろまでかかる」というお返事。原因は“暑さ”・・・パリでは、いやフランスでは大半の家にクーラーがないから、その関係がイマイチわからんが、まあ暑さのせいで色んなことが起こるんでしょう。

電気がないとネットは通じない。テレビも観れない。冷凍庫の中身は大丈夫だろうか?
トイレに行くにも携帯の明かりが頼りで、何もできない。
豪雨で何所帯が停電、というニュースを聞くけど、その苦労の100分の1くらいわかる気がした。

夫は「もう寝る」
私はやっと1本見つけたローソクで本を読みはじめたけど、けっこう眼が疲れるんだわ。
4時ごろ、家中に煌々と明かりがついて目を覚ました。こういうことにならないように全部消したつもりが、逆に点けてたみたい。ドジ。
翌朝外に出たら、こんな大掛かりなことが行われていた。

左の青い箱が応急の供給源?

パリの停電

コードは建物の中まで続いて、扉は開けっ放し。

パリの停電

コードの行きつく先には「電圧設置、死の危険」!というテープがグルグル巻き。慌ててその場を離れた。

edf4.jpg

コードの束は2件隣りまで延々と続いているので、停電はうちの建物だけではなかったらしい。

パリの停電

夜中にこれだけ作業したのね、ご苦労様。
2日経った今日も、「死の危険」のままだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ