FC2ブログ
Archive
お風呂場の“娘のコーナー”には、ティーツリー、ラヴェンダー、パルマロサグラスなどなど、エッセンシャルオイルが並んでいる。

aromazone2 (2)

「ラヴェンダーは枕に数滴たらすとよく眠れる、ニキビにも効く。ティーツリーは風邪のひきかけにハチミツと飲むの。パロマロサは殺菌効果、コブや青あざにはイモーテル・・・」
ふむふむ。
私が、爪が折れやすいと言ったら、Ricinという植物油を薦めてくれた。
「まつげにもつけたら?増強するって」
私のまつげがどうだって言うの?
Ricinの日本語訳を調べたら「ひまし油」!ひまし油って日本では下剤じゃない。私の知る限り、爪やまつげにはつけない。

このフィトテラピー(植物療法)ブームは、自然志向のボボだけでなく全国的。市場は毎年20%増だそうだ。
エッセンシャルオイルを扱う薬局が増え続け、オデオンのAroma Zoneはいつも混んでいる。この写真じゃわからないけど。

Aroma zone/アロマ・ゾーン
photo:challenges.fr

ここには植物性オイル、エッセンシャルオイル、植物の粉末が揃っていて、自家製コスメのレシピも紹介している。このDIY(Do it yourself)もウケていて、娘も原料を買って自分で作ると言うんで、
「でも餅は餅屋っていうじゃない」
「なに、モチワモチワって?」
「何でも、その道の専門家に任せるのがいいってこと」
「フン」

フィトテラピーに詳しい友人に言わせると「Aroma Zoneのエッセンシャルオイルは質がちょっとねぇ・・・」
たしかに安い:オーガニック・ラヴェンダー200mlで3.9ユーロ、ティーツリー30mlが5.5ユーロ。娘が色々買っているはずだ。
高い方が効くというわけじゃないけど、質の違いは当然あるはず。

オーガニック・エッセンシャルオイルを組み合わせたドゥース・アンジュヴィヌの美容液マニフィカを使っているけど、値段はもとより、ランクの違いを感じる。最初は「薬草っぽい」と感じる香りもやみつきになる。

自家菜園のオーガニック薬草をエッセンシャルオイルに漬け込んで作っている。

ドゥース・アンジュヴィヌ
photo:douces angevines

「40種以上のオイルを調合するなんて薬草学の専門家じゃないとできないでしょ」
「でもママンが使ってるのはエイジングケアでしょ。あたしには必要ないのよ」
今度は私が「フン!」と言う番だった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ