FC2ブログ
Archive
2018年にブリジット・マクロンにかかった額は27万9,144ユーロ(約3360万円)です、と会計監査院。

といってもひとりで使っているわけでなく、彼女を補佐している人たちの給料だ。まず顧問2人、秘書2人。彼らはファーストレディと内外の要人とのアポイントを調整し、その準備をし、エリゼ宮での昼食・夕食会、大統領との外国訪問などの準備もする。
ただし外国訪問の費用は“大統領職”の出費につけられるので、約28万ユーロには入っていない。

ヴァンドーム広場の旧貴族館、オテル・エヴルーの6室は「マダム・ウイング」と呼ばれ、ブリジット・マクロンがオフィスにしている(エリゼ宮は狭すぎる?)
そこに上記の4人やセキュリティグループ(ボディガード)、そして「手紙係」が働いている。
ブリジット・マクロンが2018年に受け取った手紙は19500通。全部読むのか、返事は書くのか、書くなら誰が書くのか・・・気になることは明らかにされていないが、手紙係として7人(!)が雇われた。

さてもっと気になるヘア・メイク代も28万ユーロに入っていない。これも大統領職の出費として、エマニュエル&ブリジット・マクロンまとめて、毎月同じ人に税込み5200ユーロが払われている。
さらに気になるブリジットの服。ご存知のようにニコラ・ジェスキエールが好きでルイ・ヴィトンのドレスやスーツが多いけど、これはすべて“貸出し”。プライベートの服は買うだろうけど、公の場で着る服はきっちり返しているそうだ。

大阪G20のオレンジドレス。スタンドカラーが好きみたい。ある年齢から首を見せない、賢い選択。

ブリジット・マクロン
photo:abaca press

7月14日のパリ祭パレード。彼女、髪の毛まとめたほうが似合うと思うけど、バラシていることのほうが多い。

ブリジット・マクロン
photo:public

彼女の着こなしは“国際的に賛辞”されていて、2018年のベストドレッサーのひとりに選ばれたとか。
トランプ大統領が来仏したとき、ブリジットに「あなたはナイスバディ」と言ったそうだけど「アンタには言われたくない」と言いたかったでしょうね。

さてブリジット・マクロンの費用は過去のファーストレディに比べてどうかというと、
ベルナデット・シラクは約96万ユーロ。
カーラ・ブルニーは顧問&秘書8人抱え43万7,400ユーロ。
フランソワ・オランドのガールフレンド、ヴァレリー・トリエルヴェレールが23万6,900ユーロ。

つまりブリジットはリーズナブルな出費と言えるけど、ベルナデット・シラクのときにはジレ・ジョーヌなんかなかったものね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ