FC2ブログ
Archive

東駅ホーム全力疾走

シャンパーニュの田舎の従妹に会いに行くので、東駅で電車を待っていた。

Gare de l'Est、東駅。名前の通りフランスの東方面の電車が発着する。

パリ東駅/Gare de l'Est

いつもなら2時間で着く距離が、8月線路工事のため、他の線を乗り継いで4時間近くかかる。でも約束したから行かねばならぬ。

午後2時36分発の電車のホーム番号が、10分前になっても表示されない。おかしい・・・と思って電光掲示板を見ていると「30分遅れ」。
アララ、まともに着いても夕方6時なのに。
お昼を食べ損ねた私はポールでシーザーサラダとパンを買い、電光掲示板を睨みつつ食べていると「1時間遅れ」
「!?」
先に行っている夫に電話して従妹との夕食を翌日に延ばしてもらう。7時に着いて買い物してご飯作ってたら10時になってしまう。

私の周囲には同じ電車に乗る人がいて「今度は“1時間半遅れ”って出るんじゃないですか」と冗談を言っていたら、現実になった。
この電車は永久に発たないかも。他の手段を講じなくては!
駅には10人くらいのSNCF職員が“インフォメーション役”でウロウロしている。でも誰に聞いても首を傾げて、駅の端っこにあるSNCFのオフィスに行ってくれ。

スーツケースをゴロゴロ引きずってオフィスに行き、番号を取って自分の番を待つ。
国鉄のミスで予約した電車に乗れないのに、なぜ解決策は向こうから来ないのか?

「なんとしてもこの駅に着きたい」と窓口のオジサンに言うと、
「では、TGVでランスまで行き、そこから各駅でショーモン、そこでまた乗り換えて・・・75ユーロになります」
東京から掛川に行くのに、名古屋まで新幹線で行き戻ってくる、というようこと。
高いけど最初のチケットは払い戻しになるし、第一迷っている暇はない。「ランス行きTGVは後6分で発車します」
お金を払い、チケットを受け取るとオジサンはにっこりして「28番ホームです」
「!!?」
現在位置は1番ホームの前なのだ。
ヨーイドンで私は走り出した。人をかき分け、ぶつかりそうになり、息を切らして28番ホームに着くと、改札のドアが閉まったとこ。
「安全のため発車2分前に閉めます」と駅員さん。
ふざけるんじゃないよ!1時間半遅れの説明は全くなく、75ユーロ払って別の電車に乗ろうと言うお客の鼻先で改札閉めて喜んでんの !?
そこまでは言わなかったけど、私はよほど険しい顔をしていたに違いない。
3人いた駅員は顔を見合わせ、「マダム、最初の扉から乗ってください。急いで!」
チケットのバーコードでスルスルとドアが開く。駆けつけると、乗客のひとりがスーツケースと私を引っ張り上げてくれ、同時にTGVの扉が閉まった。
不幸中の幸いと言うべきか。
それにしてもフランス国鉄!これが日本だったら責任者が辞職しているとこだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ