FC2ブログ
Archive

男たちが好きな“オモチャ”

通常2時間半の道程を6時間、でもまだ目的地に辿りついていない。実家の村から50㎞のショーモンという駅に降りた。

まだ夜の7時というのに人っ子一人いない駅前広場。

chaumont.jpg

誰も迎えに来なかったらどーしよう?とポツンと座っていると、10分ほどで夫の車が見えた。

翌日は、私の苦労を報いるようないい天気。義父が「サラの庭」と呼んでいた地所に行き、鶏に追いかけられ、

jardin de Sara

ミラベルの木をゆすって果実を拾い、

jardin de Sara2

今年の夏は暑く、太陽をたくさん浴びたミラベルは甘い。でも浴びすぎるとトマトも果実も皮が厚くなるのを発見。

ミラベル

人間の肌と一緒だ。

夫は、舞台の大道具を作っている友達と来ていて、2人で家のあちこちを修理している。
「ぼく達のSexshopに行こう」というので一緒に行ったら、ブリコラージュ(日曜大工)の大スーパーだった。

ご存知の方はご存知のように、フランスにはブリコラージュが好きな男が多い。
納屋や荒れた空き家を買って、少しずつ工事してセカンドハウスにしてしまった友達が何人もいる。

釘だけでこの豊富さ。

bricolage1.jpg

スコップ、シャベル、鍬・・・・

bricolage2.jpg

2人は興奮して店内を走り回り、新しい“オモチャ”を見つけて喜んでいる。まさに“ぼく達のSexshop”であった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ