FC2ブログ
Archive

ブラジル大統領の最低ツイート

ブラジルのアマゾン熱帯雨林が燃えている。アマゾン熱帯雨林は大気中の酸素の20%を生産する『地球の肺』、世界の17~20%の水資源(知らなかった!)。
破壊が進めば地球の温暖化につながる危険性があると言われる。
農地の拡大のため、地主が原生林に放火するのが横行していて、今年初めから今日までなんと75000件の火災が起きている。
原生林を農地にするのはブラジルの法律で規制され、放火はもちろん犯罪だ。
ところが『ブラジルのトランプ』 、極右ジャイル・ボルソナロが大統領に就任し、熱帯雨林やその中にある先住民保護区の開発を公言し、規制を緩めてしまった。

ちょうどビアリッツでG7(主要7か国首脳会議)が始まるとき、アマゾン火災が報じられ、主催国大統領のマクロンは「私たちの家が燃えている!」。大阪G7で交わした環境保護の約束を守らなかった「嘘つき」とボルソナロ大統領(右)を糾弾した。

ブラジル大統領ボルソナロ

ボルソナロは怒り、彼の支持者たちも怒った。

そのひとりが27歳年下のボルソナロの妻と、ブリジット・マクロンのあまりフォトジェニックじゃない写真を並べ、

ブラジル大統領ボルソナロ
image:le Parisien

「マクロンは嫉妬してるんだ、賭けてもいい」とツイート。
それに対し、ボルソナロ大統領は、
「彼(マクロン)を侮辱するんじゃないよ・・・大笑い」とコメント。

ブリジット・マクロンが24歳年上で、ボルソナロの妻が27歳年下であるのを暗に仄めかせ、容姿をネタにからかうなんて!それに同調するなんて、最低じゃない?
その上、ブラジル教育相は、
「マクロンはアマゾンを論じる能力はない。あれは楽天家のアホだ」
アンタたちマジ?一国家の首脳の言うことかね!

これに対し、マクロン大統領は、
「首脳は国民を代表する人物。ブラジル国民を憂いる」というコメント。

それでもG7はアマゾン火災鎮火に2000万ドル援助を決めた。それを聞いたボルソナロ、
「マクロンが謝らなければ受け取らない」
謝るべきはどっちよ、勝手にしろ。
さらに「自分の家の心配をしたほうがいい」
まったく憎々しい、と思っていたら、翌日(28日)、
「やっぱりもらう」
ブラジル国民を憂いたくな>る。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ