FC2ブログ
Archive

日本語の生徒さんたち

日本語を教えていたナタン君は日本に発ち、それっきり帰ってこなくなった。ご両親の心配が的中したってこと。彼が懐かしいけど、その後、生徒さんは増えて今3人。

ひとりはエルメスで働くイタリア&フランスハーフ、じゃなくて“ダブル”で、日本人と結婚している。
大坂に住んでいたので関西アクセントのチャーミングな日本語を話す。
彼女とはJLPT(日本語能力試験)の準備をしていて、そのテキストを使っている。

彼女が来ると、猫たちがやってきて膝に乗ったりノートの上に座ったりする。
「アンタたち去勢してるのに、若くて綺麗な女性が好きなのね!」と言いたくなるけど、動物は動物好きをすぐに嗅ぎ分けるのだ。
彼女はエルメスのサンダルやアクセサリーをつけていて、
「素敵!社員バーゲン?何%オフ?」
時々(しょっちゅう?)エルメス談義になる。
授業料もらっておしゃべりして悪いけど、今でもエレガンスを保ち続けているブランドはエルメスくらいではない?

もうひとりの生徒さんは、もと英語教師でリタイアした女性。
貸し部屋をしていて時々日本人が滞在するので、日本語を習いはじめて2年。
彼女とは「まるごと」という教科書を使っている。「まるごと」は話す・聞くを優先して文法説明は殆どない。

彼女が来ても猫が寄って来る。
「2年前に17歳猫が死にました」
やっぱり。
「猫かいたい。でもアレルギーの人来るから」
なるほど。

タマは彼女のバッグの上で寝てしまった。アザラシのように。

IMG_20190914_154110.jpg

もうひとりはアイウエオから始める全くの初心者。Appleに勤めていて、
「日本が好きで日本語をマスターして東京のAppleに転勤したい」
・・・目標は高いほどいいです。
彼女とは「みんなの日本語」を使う。

つまりレベルもまちまちなら使う教科書もそれぞれ違い、従って準備も異なる。
あまり採算が取れないのが難だけど、日本語を教えるのは楽しい。
しかしなんと難解な言語!母国語でよかった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ