FC2ブログ
Archive
ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エラ・ファニング)は大学生で恋人同士。
大学の新聞に記事を書いているアシュレーは、有名作家のインタヴューでNYに行くことになり興奮している。

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

NY出身のギャツビーは“ロマンチックなNYの週末”を計画。ギャンブルで大儲けしたばかりの彼は、高級ホテルとシックなレストランを予約する。
ホテルに荷物を置くまではいいけど、そこから何事も予定通りに運ばない。
おまけに雨が降り出し、2人は離れ離れになり、それぞれ予想外の出会いをする・・・

83歳のウッディ・アレンの50作目(確か)『Un jour de pluie à New York/ア・レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

この作品、アメリカでは公開中止になった。昔の性的暴行の疑いが原因:1992年、当時の彼女だったミア・ファローの養女にウッディ・アレンが性的虐待を加えた容疑で訴えられたが、証拠不十分で不起訴になった。
忘れかけていたスキャンダルが、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ&暴行が明るみに出て「# Me too運動」が始まり、再浮上したというわけ。
フランスでは推定無罪(日本語では「疑わしきは罰せず」)、だからかどうか知らないけど公開になり、昔のウッディ・アレン節が戻ってきた、と評判がいい。たしかに『アニー・ホール』を思い出させる。
アニー・ホールではシニカルな文学青年を自ら演じていたけど、83歳じゃ絵にならん、とティモシー・シャラメに(Timothéeをティモテじゃなくてティモシーと読ませるの?)
ウッディ・アレンの身代わりにはちょっと美しすぎない?

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

個人的には、今ひとつ深みに欠け、『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフルボーイ』のシャラメのほうがよかった。

恋人アシュレーはエラ・ファニング。時にコミカルな天然美少女の役が、私には新境地に見えたけど、

エラ・ファニング
photos:allociné

上手いか、下手かで意見が分かれるところ。
日本では公開が決まっていないようだけど、お奨めです。

Un jour de pluie à New York
ウッディ・アレン監督作品
主演:ティモシー・シャラメ、エラ・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ・・・
1時間31分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ