FC2ブログ
Archive

日本へ片道チケット

息子が約1年の予定で日本に発っていった。
出発前の1週間は引っ越し(いない間、アパルトマンを人に貸すので)掃除、荷造り、そして連日のように送別会で走り回り、引っ越し荷物は当然うちに来るので、居間は足の踏み場もない状態になった。

選り分ける時間がなくて全部運び込んだので、うちで「これはエマユス*」「これは捨てる」。
プラスチックボックスのひとつを開けたら「ギャー!」
マフラーやセーターが虫に食いまくられ、しかも虫が生息している。即、箱ごとゴミ箱!
数年前から息子のセーターが虫に食われるので防虫剤を渡していたけど、一方で虫を育ててたのね。全く世話はない。

猫たちはさっそくスーツケースへ!

リュリュ&タマ

「寂しくなるわね」何人から言われたけど、あまりピンとこなかった。
長期で日本に行くのを彼がとても喜んでいたから。
出発前の慌ただしさのせいもある。

飛行機が飛び立って10時間後に「もうすぐ台北に着く?」とEVA airのフライトインフォメーションを見た。
地図で見るパリと日本の距離に「ああ、遠くに行ったんだ」と私は初めてブルーになった。
自分が行き来するときには距離なんて考えない。だからすごく主観的な距離なのだ。

「寂しさ」は概して思いがけない時にやってくるもんだ。娘がアングレームに引っ越したときは、夥しいメイク用品がなくなってスッキリした浴室を見たときだった。
戻ってきたので再びメイク用品だらけになっているけど。

*Emmaus/エマユスはピエール神父が作ったアソシエーション。使わなくなったものを持ち込むと、それを売って貧困救済の資金にしている。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ