FC2ブログ
Archive

マリモの世話係

日本に発つ前夜に息子が、
「これは特別に君に託したい」
この子は昔から人に頼むのが上手だった。
「特別に」と言われると、自分が選ばれたみたいな気持ちになって、こっちがお礼を言いそうになる。
同じようなセリフで植物を預かった夫も誇らしげだ。主客転倒。

わたしが“託された”のは小さいジャムの瓶に入った、
「何コレ?」
「マリモ」

マリモ

マリモと言えば、北海道の阿寒湖!懐かしい名前だ。

でもマリモってもっと大きくなかった?
「少しずつ大きくなるんだって」
「どこでもらったの?」
「マレーシアで買ったんだ。10ユーロくらいで」
彼がマレーシアに行ったのは1年以上前だ。
「それから大きくなったの?」
「多分少し」

世話は一か月に一度水を取り換え、取り替えた後しばらく蓋を開けておくこと。
「水を取り換える度にぼくを思い出してよ」
一か月に一度!母親って生き物はね・・・と顔をみると、息子もジョーダンだよ、とニタニタ笑っていた。

・・・というわけで、マリモの小瓶はスノーボールのコレクションに仲間入り。
日本のネットで見たら「水は一週間に一度換えてください」だって。
私が預かったのと同じ大きさ(直径1㎝くらい)は500円前後なので、10ユーロ(約1200円)はぼったくりじゃない?
しかしほんとに大きくなるのかね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ