FC2ブログ
Archive
日本語の生徒さんのひとり、イザベルは全くゼロから日本語を始めた。
つまり、ひらがなから覚えるわけだから、「あいうえお」の表を目の前において、ひとつひとつ探しながら読む。
忍耐強い人だ。

「犬を連れてきていい?」というので、「猫がどう反応するかわからないけど、いいわよ」

すごく大人しい柴犬の雌。何見てるの?

ジューン

なるほど。リュリュは1時間半、この場所で待機していた。

リュリュ

イザベルはAppleの社員で、夢は日本のAppleで働くこと。
エライ!夢は大きく持て、だ。

でもどうしてそんなに日本なのか、というと旅行で行ったときの印象が強烈だったから。
「初めて日本に行ったときは、お金がなかったからChina Airで行ったの。そしたら成田に着いた時スーツケースがない!上海に忘れてきたっていうの。仕方なくAirbnbに行ったけど、着替えも化粧ポーチもなくて泣けてきた」

Airbnbにシャンプーがあったけど、「緑色で髪が緑色になったらヤダと思って」近くの美容院に行く。
美容院のご主人は英語が話せたんで、スーツケースのことを話したら、心配して空港に電話してくれたり、夜は池袋に連れていってくれてご飯をご馳走してくれた。
その美容院は家族経営でおじいちゃん、おばあちゃんもみんなに親切。
「2日後、大阪に発つ直前にスーツケースが届いたの。別れるときみんな涙ぐむくらい仲良くなった」

さて大阪。イザベルは観光地より地元の人がいるところに行きたくて、居酒屋に入った。
真ん中に厨房があり-つまりオープンキッチン-その周りを大きなカウンターが囲んでいる。
殆ど満席のカウンターに「ちょっとつめてくださーい」とお店の人が場所を作ってくれた。
さて何を食べようか、と見回すと、
「手書きの紙きれが下がっていて、それが全部漢字!最初、お店のお守りかと思ったら、それがメニューなの」
途方に暮れていると、カウンターの対面にいた女の子の3人づれがさかんに手招きしてる。
「それに気づいたお客さんたちが全員立ち上がって、私が彼女たちの隣に座れるようにひとつずつズレてくれたの。ウソみたいでしょ!」
3人の女子は英語が話せたので、無事にご飯を食べ、
「その中のひとりがなんと大阪のAppleストアに勤めてたの。運命的な出会いよ」

彼女はその翌年また日本に行き、美容院ファミリーと3人の女子と再会し、より仲良くなる。
「だからどうしても日本語が話せるようになって日本に住みたいの」

ナタンやイザベルのように旅行で行った日本に魅了されて「住みたい」と思うフランス人が、けっこういるみたい。
すばらしい。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ