FC2ブログ
Archive

だんだん怖くなる『優しい歌』

若い夫婦、ミリアムとポール。2人目の子供が生まれてから産休を取っていたミリアムは社会復帰したくなる。
育児と家事に疲れた主婦になりたくない。
「まだ子供が小さいのに」「ボクの稼ぎでやっていけるのに」と夫は渋々だったが、愛する妻の希望だ。
Nounou(乳母)を探すことにする。
何人目かに面接にやってきた中年のルイーズ(カリン・ヴィヤール)は、経験があり、子供の対応は自分たちより慣れている。信頼できそうだ。

果たして仕事の一日目、ミリアムがうちに帰ると、子供たちは大人しく遊び、うちの中はきれいに片付いていた。
申し分のない乳母をみつけた、と満足の2人。

ルイーズは次第に領域を広げていく:子供たちのしつけをし、ピクニックに連れて行き、長女のお誕生日会を企画し、夕食の支度もする。

『ヌ-完璧なベビーシッター』映画

ミリアムは母親の役割をひとつひとつ取り上げられ、「私は産んだだけ?」と当惑する。
それでも仕事は面白く、専業主婦に戻る気はさらさらないのだ。

産みの母(レイラ・バクティ右) VS 乳母(カリン・ヴィヤール)

『ヌ-完璧なベビーシッター』映画

一方ルイーズはボロいアパートに一人暮らし。
愛する配偶者、やりがいのある仕事、可愛い子供・・・ミリアム&ポールの持っているものをひとつも持っていない。
孤独を埋めるのは彼らの子供たちだけ。日増しに大きくなっていく執着と嫉妬。
ルイーズが決して“申し分のない乳母”ではないことにミリアム&ポールも気づきだした。でもそれは遅すぎた。

『Canson douce』。優しい歌。邦題『ヌヌ 完璧なベビーシッター』。
2016年にゴンクール賞を取ったレイラ・スリマニの本の映画化だ。

『ヌヌ-完璧なベビーシッター』映画

プレスと観客の批評はあまり良くないんだけど、私にはけっこうよくできた作品だった。期待しなかったせいもある。
「スバらしい」「傑作」と言われて観るとがっかりすることがあるものね。

原作は「遅すぎた。赤ん坊は既に死んでいた。姉ももう長くはなかった。2人を殺してから、乳母は自分の喉にナイフを突き立てた。でも死ねなかった。彼女は死を与えることしか知らなかったのだ。」(拙訳)から始まり、ネタバレも何もないけど、映画は嬰児殺しを最後に持ってきている。

殺人に至るルイーズの心理変遷が原作より描かれている気がした。カリン・ヴィヤールがやっぱり上手い。
「女優生活30年で初めて、この役がどうしてもやりたいと思った。映画化の権利を買ってくれと頼んだ」というだけあって役に投資している。彼女はいつも上手いけど。
階級の差という壁、憎しみと表裏一体の過度な愛情・・・深いテーマの作品。お奨めです。

CHANSON DOUCE
リュシー・ボルルトー監督作品
主演:カリン・ヴィヤール、レイラ・バクティ、アントワーヌ・レナルツ
1時間40分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ